米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 苗移植機の苗供給部構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−70633
公開日 平成8年(1996)3月19日
出願番号 特願平6−216056
出願日 平成6年(1994)9月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 中川 善清
要約 目的


構成
苗載せ台5に挿入された状態での苗供給箱4の前壁4bと底板4dとを開放可能に構成し、苗供給箱4内部の後壁側端に、苗載せ台5に装備された縦送りベルト11の長孔11aに係合可能な係合ピン7cが形成された苗押し具7を配備し、苗供給箱4が苗載せ台5に挿入され、かつ、底板4dが開放された状態において係合ピン7cが縦送りベルト11に係合して、縦送りベルト11の駆動に伴って苗押し具7が作物苗を強制後押し可能となるように、苗押し具7を苗供給箱4に対してスライド可能に装備する。
特許請求の範囲
【請求項1】 作物苗を載置収納可能な苗供給箱(4)を苗載せ台(5)に挿入可能に構成し、その挿入状態における前記苗供給箱(4)の苗供給側となる前壁(4b)と底板(4d)とを開放可能に構成するとともに、該苗供給箱(4)内部に、前記苗載せ台(5)に装備された縦送り無端回動帯(11)に係合可能な係合部(7c)が形成された苗押し具(7)を配備し、前記苗供給箱(4)が前記苗載せ台(5)に挿入され、かつ、前記底板(4d)が開放された状態において前記係合部(7c)が前記縦送り無端回動帯(11)に係合して、該縦送り無端回動帯(11)の駆動に伴って前記苗押し具(7)が作物苗を強制後押し可能となるように、前記苗押し具(7)を前記苗供給箱(4)に対して前後スライド可能に装備してある苗移植機の苗供給部構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、藺草等の苗を移植機の苗載せ台に供給させる部分の構造に係り、詳しくは、苗を供給箱と共に苗載せ台に搭載させる構造における確実な縦送り機能を得る技術に関する。
【0002】
【従来の技術】例えば、特開平5‐3711号公報で示された藺草移植機では、苗供給箱(符号4)の左右の側壁上縁に係合する苗押し具(符号21)をスライド可能に設けてあり、その自重による滑落移動の力で苗を後押しさせるようにする技術が知られている。つまり、稲の苗のようなマット状ではなく、藺草苗のように1株ずつ分かれたばら苗では、縦送り機構の強制送り力が上方の苗には伝わり難いものであるため、滑落する苗押し具で後押しすることによって、苗倒れなく確実に下方に縦送りさせるのである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、苗押し具に接当する苗は必ずしも均一な面のような状態になるとは限らず、左右で不均一に当たることもあるが、その場合では苗押し具が左右に傾いて引っ掛かって後押し機能が満足に発揮されない状態となり、確実に後押しできないおそれがあった。又、苗押し具自身が傾いて円滑に滑落できない状態になるおそれもあった。本発明の目的は、上記不都合なく苗押し具による苗の後押し機能が発揮されるようにして、確実に苗を縦送りできるようにする点にある。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的の達成のために本発明は、作物苗を載置収納可能な苗供給箱を苗載せ台に挿入可能に構成し、その挿入状態における苗供給箱の苗供給側となる前壁と底板とを開放可能に構成するとともに、苗供給箱内部に、苗載せ台に装備された縦送り無端回動帯に係合可能な係合部が形成された苗押し具を配備し、苗供給箱が苗載せ台に挿入され、かつ、底板が開放された状態において係合部が縦送り無端回動帯に係合して、縦送り無端回動帯の駆動に伴って苗押し具が作物苗を強制後押し可能となるように、苗押し具を苗供給箱に対して前後スライド可能に装備してあることを特徴とするものである。
【0005】
【作用】上記構成は、要するに苗押し具を縦送り無端回動帯によって強制送りさせることで、苗を強制的に後押しさせるものである。すなわち、苗供給箱を苗載せ台に挿入し、前壁と底板とを開放すれば苗供給できる状態となり、かつ、苗押し具を縦送り無端回動帯に係合させることができる。従って、その状態で縦送り無端回動帯を駆動させることによって苗押し具を強制的に縦送りでき、苗の後端面が不揃いであっても苗押し具で確実に後押しできるようになる。又、それによって苗押し具自体が傾いて移動不良を起こすこともないようになる。
【0006】つまり、苗送り用として元々備わっている縦送り無端回動帯の機構を利用して、苗押しと係合させることにより、新たな駆動機構を用いることなく苗押し具を強制駆動できるようになったのである。
【0007】
【発明の効果】その結果、縦送り無端回動帯と苗押し具を係合させて強制送りさせる構造工夫により、苗載せ台の苗を確実に強制縦送りでき、藺草等のばら苗を欠株無く良好に植付作動させるに適した苗の供給部を提供できた。
【0008】
【実施例】以下に、本発明の実施例を、作物苗の一例である藺草の移植機の場合について図面に基づいて説明する。図1に藺草移植機が示され、1は走行機体、2はエンジンボンネット、3は予備苗収容台、4は株分けされた藺草苗を載置収納した苗供給箱、5は苗載せ台、6は苗載せ台5下端から一株ずつ苗を取出して植付ける植付機構である。この藺草移植機では、苗をその苗供給箱4と共に苗載せ台5に装着する構造を採っており、次にその苗供給部について説明する。
【0009】図2〜図6に示すように、苗供給箱4は、左右の側壁4a,4a、前壁4b、下半分以上を欠如させての挿通部を有する後壁4c、底板4d、及び苗押し具7、挿抜板8から構成されている。底板4dは、後述する縦送り機構9と苗押し具7との係合を許す大きな孔が形成された形状であり、その前端下端の横軸心P回りで揺動開閉可能に(開放可能に)背の低い前壁4bが枢支されている。
【0010】苗押し具7は、摺接面7aと押圧面7bと左右一対の係合ピン(係合部に相当)7c,7cを備えた屈曲板で構成され、挿抜板8は係合ピン7c通過用の一対の縦溝8a,8aが形成された板状部材である。挿抜板8は、後壁4c下方の挿通部からの抜き差しで底板4dに載置するようにしてあり、底板4dの左右部分が挿抜板8の抜き差しに対するレール部10となっている。従って、挿抜板8を抜くと底板4dが殆ど消滅する状態、すなわち、底板4dが開放可能に構成されているものである。
【0011】左右の側壁4a,4aの前端には、閉じた状態の前壁4bをその閉じ姿勢に維持するために部分的に内側へ膨らましたデテント部12が形成されるとともに、後壁4c近くの側壁4aに支承された開閉レバー14と前壁4bとをロッド13で連動連結してあり、開閉レバー14の揺動操作で前壁4bを開閉操作自在に構成してある。
【0012】一方、縦送り機構9の送りベルト(無端回動帯に相当)11は、苗載せ台5の各条5Aのほぼ全長に亘る長い送り面を有して苗載せ面5aよりも若干突出した状態で配設されるとともに、苗押し具7の係合ピン7cが入り込み可能な長孔11aの列が左右一対形成されている。
【0013】次に、実際の苗補給操作手順を説明する。先ず、図3(イ)又は図4に示すように、挿抜板8を装着した状態で苗を搭載して苗載せ台5に挿入し、次に、挿抜板8を後方に引き抜いて取外し〔図3(ロ)の状態〕、それから苗供給箱4内の上端で、係合ピン7cが長孔11aに嵌まるように苗押し具7を微調整してセットする(図5)のである。植付作業が開始されて縦送り機構9が作動すると、送りベルト11と一体的に苗押し具7が下方移動して苗を強制的に後押しするようになり、滑落移動途中で部分的に苗が止まってしまう不都合なく良好に苗送りできるのである。
【0014】そして、苗残量センサー(図示せず)が作動して新しい苗を供給する場合には、苗供給箱4を引き抜けば苗押し具7も同時に取り外せるようになり、それから新しい苗供給箱4を前述の手順で装着すれば良く、苗供給箱4の交換作業が簡単である。
【0015】〔別実施例〕図7に示すように、後壁4cと底板4dとの間における左右側壁4a,4aを繋ぐ部分のない開放形状に形成し、苗押し具7を前後反対向きにした状態で苗搭載時にセットしておく、という構造でも良い。この手段では摺接面7aが後ろ向きであるから、本実施例のものに比べて苗を最後まで後押しすることが可能になる利点がある。
【0016】前壁4bを上方にスライドして苗の通過を許容する構造や、又、底板4dを無くし、挿抜板8を底板に相当させて構造でも良く、前壁4bと底板4dとが開放可能に構成されておれば良い。又、送りベルト11に突起を、かつ、苗押し具7に長孔を形成して、苗押し具7を強制送り可能に構成しても良い。
【0017】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013