米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 ロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−70601
公開日 平成8年(1996)3月19日
出願番号 特願平6−210129
出願日 平成6年(1994)9月2日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】安田 敏雄
発明者 岡村 誠一 / 前山 達哉 / 内田 隆史 / 藤本 駿児 / 梅木 和美
要約 目的
線状部材を支持する取付ステーによって耕耘爪がガタついたりするのを防止し、線状部材を耕耘軸から離間して取り付けられるようにする。

構成
耕耘軸8の軸方向に沿う線状部材28を前記耕耘軸8から離間して支持する取付ステー29がそれぞれ固定されているロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構において、耕耘爪20の基端部が挿通しうる挿通孔30を前記取付ステー29に設ける。そして、この挿通孔30が嵌合凹部23Aと対応するように爪ブラケット23の先端に当接された当該取付ステー29を、前記挿通孔30を通過して嵌合凹部23Aに嵌合する前記耕耘爪20に形成した抜け止め部31で抜け止めすることにより前記爪ブラケット23の先端に固定する。
特許請求の範囲
【請求項1】 軸心回りに回転自在に支持された耕耘軸(8)の外周面に、先端に嵌合凹部(23A)を有する多数の爪ブラケット(23)が前記耕耘軸(8)の径外方向に突設され、前記嵌合凹部(23A)に嵌合された耕耘爪(20)の基端部が爪ブラケット(23)にボルト(24)締結され、この爪ブラケット(23)のいずれかに、前記耕耘軸(8)の軸方向に沿う線状部材(28)を前記耕耘軸(8)から離間して支持する取付ステー(29)がそれぞれ固定されているロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構において、前記耕耘爪(20)の基端部が挿通しうる挿通孔(30)が前記取付ステー(29)に設けられ、この挿通孔(30)が前記嵌合凹部(23A)と対応するように前記爪ブラケット(23)の先端に当接された当該取付ステー(29)が、前記挿通孔(30)を通過して嵌合凹部(23A)に嵌合する前記耕耘爪(20)に形成した抜け止め部(31)(34)で抜け止めすることにより前記爪ブラケット(23)の先端に固定されていることを特徴とするロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構。
【請求項2】 線状部材(28)を支持する複数の取付ステー(29)のうち、一つの取付ステー(29A)が当該線状部材(28)に対して軸方向移動不能に連結され、その他の取付ステー(29B)が当該線状部材(28)に対して遊びをもって軸方向移動自在でかつ回転自在に連結されている請求項1に記載のロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構。
【請求項3】 線状部材(28)を支持する複数の取付ステー(29)のうち、当該線状部材(28)の端部を支持する取付ステー(29C)が当該線状部材(28)に対して軸方向移動不能でかつ揺動自在に連結されている請求項2に記載のロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構に関する。
【0002】
【従来の技術】例えば、サイドドライブ式のロータリ耕耘装置では、軸心回りに回転自在に支持された耕耘軸の外周面に、先端に嵌合凹部を有する多数の爪ブラケットが耕耘軸の径外方向に突設されていて、その嵌合凹部に嵌合された耕耘爪の基端部を爪ブラケットにボルト締結することによって耕耘爪を耕耘軸に固定している。
【0003】この場合、前記耕耘軸に草等の長稈が巻き付くのを防止すべく、耕耘軸の軸方向に沿う長尺の線状部材を耕耘軸から離間して設けることがある。従来、かかる線状部材は、同部材の両端及び中間部を支持する各取付ステーをいずれかの爪ブラケットに固定することで耕耘軸に取り付けられており、この場合、耕耘爪を爪ブラケットに固定するためのボルトで取付ステーを共締めすることにより、取付ステーを爪ブラケットの側面に固定するようにしている(実開平4−110402号公報参照)。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来の巻き付き防止機構では、耕耘爪を固定するボルトで取付ステーを爪ブラケットの側面に共締めしているので、草等の長稈が線状部材に巻き付いて取付ステーにボルト回りのモーメントが発生すると、このモーメントによって当該ボルトが緩められることがあり、このため、耕耘爪がガタついたり脱落したりするおそれがある。
【0005】また、長稈の巻き付き防止作用を有効に確保するには、耕耘爪による耕耘作用に支障がない範囲で線状部材をできるだけ耕耘軸から離す必要がある。しかし、従来では、上記ボルトによって取付ステーを爪ブラケットの側面に固定しているため、線状部材を耕耘軸から離そうとすればするほど当該取付ステーのアームレングスも長くせざるを得ず、このため、上記ボルトを緩めるモーメントが発生しやすくなるとともに、線状部材を支持する当該取付ステーの支持力も低下することになる。
【0006】本発明は、このような実状に鑑み、線状部材を支持する取付ステーによって耕耘爪がガタついたりするのを防止するとともに、取付ステーの支持力の低下を招来することなく、線状部材を耕耘軸から離間して取り付けられるようにすることを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成すべく、本発明は次の技術的手段を講じた。すなわち、本発明は、軸心回りに回転自在に支持された耕耘軸の外周面に、先端に嵌合凹部を有する多数の爪ブラケットが前記耕耘軸の径外方向に突設され、前記嵌合凹部に嵌合された耕耘爪の基端部が爪ブラケットにボルト締結され、この爪ブラケットのいずれかに、前記耕耘軸の軸方向に沿う線状部材を前記耕耘軸から離間して支持する取付ステーがそれぞれ固定されているロータリ耕耘装置の巻き付き防止機構において、前記耕耘爪の基端部が挿通しうる挿通孔が前記取付ステーに設けられ、この挿通孔が前記嵌合凹部と対応するように前記爪ブラケットの先端に当接された当該取付ステーが、前記挿通孔を通過して嵌合凹部に嵌合する前記耕耘爪に形成した抜け止め部で抜け止めすることにより前記爪ブラケットの先端に固定されていることを特徴とする。
【0008】この場合、線状部材を支持する複数の取付ステーのうち、一つの取付ステーを当該線状部材に対して軸方向移動不能に連結し、その他の取付ステーを当該線状部材に対して遊びをもって軸方向移動自在でかつ回転自在に連結することができる。また、線状部材を支持する複数の取付ステーのうち、当該線状部材の端部を支持する取付ステーを当該線状部材に対して軸方向移動不能でかつ揺動自在に連結することにしてもよい。
【0009】
【作用】本発明では、挿通孔30が嵌合凹部23Aと対応するように爪ブラケット23の先端に取付ステー29を当接し、この取付ステー29の挿通孔30を通過して嵌合凹部23Aに嵌合する耕耘爪20に形成した抜け止め部31,34で取付ステー29を抜け止めすることにより、当該取付ステー29を爪ブラケット23に固定しているので、草等の長稈が線状部材28に巻き付いて取付ステー29にモーメントが発生しても、このモーメントはすべて耕耘爪20の基端部に作用し、耕耘爪20を取り付けているボルト24に影響することはない。
【0010】また、取付ステー29が爪ブラケット23の先端に固定されるので、線状部材28を耕耘軸8から相当距離を離す場合でも、当該取付ステー29のアームレングスをさほど長くする必要はない。
【0011】
【実施例】以下、図面に基づいて本発明の実施例を詳述する。図1乃至図5は本発明の第一実施例を示しており、本実施例ではサイドドライブ式のロータリ耕耘装置1に本発明を採用している。図2及び図3において、ロータリ耕耘装置1は、トラクタ2に三点リンク機構3を介して装着されており、動力受入れギアボックス4から左右に延設されたサポートアーム5の両端にチェーンケース6とサイドフレーム7とを備える。
【0012】このチェーンケース6とサイドフレーム7の下端部内側には、耕耘軸8をその軸心回りに回転自在に支持する軸受けのケース9が取り付けられ、前記ギアボックス4から前方に突出された動力受入れ軸10には、トラクタ2のPTO軸11がジョイント12によって連動連結されている。サポートアーム5の内部には、動力受入れ軸10とギア13とを介して駆動する伝動軸14が内装され、この伝動軸14の一端に、チェーンケース6の上部に内装されたスプロケット15が固定されている。このスプロケット15と、耕耘軸8の一端に設けたスプロケット16との伝動チェーン17が巻き掛けられ、これによりPTO軸11の駆動力で耕耘軸8を回転駆動するようにしている。
【0013】なお、トラクタ2内部のPTO軸11への動力伝達系には図外のワンウェイクラッチが介装されており、このクラッチによって耕耘軸8が回転駆動方向(図3の矢印A方向)に空転可能とされ、反対方向には空転しないようにすることで、PTO動力伝達系のギアへの衝撃を小さくしている。また、図3に示すように、サポートアーム5には平面視方形枠状の支持フレーム18が後方に突出され、この支持フレーム18の後部に耕耘高さを調整するための接地輪19が設けられている。
【0014】図1及び図2に示すように、耕耘軸8の外周面には多数の耕耘爪20を林立させてなる耕耘部21が構成され、この耕耘部21の上方はカバー22で覆われている。すなわち、耕耘軸8の外周面には、先端に嵌合凹部23Aを有する角筒状を呈する多数の爪ブラケット23が当該耕耘軸8の径外方向に突設され、この各爪ブラケット23の嵌合凹部23Aに嵌合した耕耘爪20をそれぞれボルト24締結することで、多数の耕耘爪20が耕耘軸8の外周面に放射状に取り付けられている。
【0015】爪ブラケット23の左右両側壁と各耕耘爪20の基端部には、ボルト24の貫通孔25,26が設けられていて、爪ブラケット18の嵌合凹部18Aに耕耘爪19の基端部を嵌合すると、それら両貫通孔25,26が同心状に位置決めされるようになっている。そして、同心状に位置決めされた両貫通孔21,22へ耕耘軸8の軸心方向に挿通されたボルト24をナット27で締め付けることにより、耕耘爪20を爪ブラケット23に対して固定することができる。
【0016】なお、図例では爪ブラケット23は角筒状に形成しているが、このブラケット23は耕耘軸8の軸方向に離間して相対抗する一対の板片より構成することもできる。上記ロータリ耕耘装置1の耕耘部21には、前記耕耘軸8に草等の長稈が巻き付くのを防止すべく、耕耘軸8の軸方向に沿う長尺の線状部材28が耕耘軸8から離間して設けられている。
【0017】本実施例の線状部材25は、耕耘軸8よりやや短い長尺の鋼棒からなり、その両端部及び中間部に三つの取付ステー29を備えている。この各取付ステー29は、耕耘軸8の軸方向両端部と中間部に位置する爪ブラケット23に固定され、当該線状部材25を耕耘軸8から離間した状態で三点で支持するものである。各取付ステー29は、爪ブラケット23先端の開口縁部とほぼ同じかやや大きめの長方形に形成されており、耕耘爪20の基端部が挿通しうる挿通孔30を内部に備えている。他方、耕耘爪20の側面には、当該取付ステー29の抜け止め部として作用する補強リブ31が一体に形成されている。
【0018】しかして、図1(a)に示すように、各取付ステー29は挿通孔30が前記嵌合凹部23Aと対応するよう、対応する爪ブラケット24先端の開口縁部に当接される。その後、各取付ステー29は、耕耘爪20の基端部を挿通孔30を通過して嵌合凹部23Aに嵌合する際に耕耘爪20の補強リブ31で抜け止めされ、その後、耕耘爪20の基端部をボルト24締結することによって各爪ブラケット23に固定されることになる。
【0019】本実施例では、上記のように線状部材28を支持する三つの取付ステー29のうち、線状部材28の一端部(図1(a)の右端部)を支持する取付ステー29Aは線状部材28に溶接32によって軸方向移動不能に連結されている。他方、その他の取付ステー29Bの端部には、線状部材28の外径よりも大きい内径を有する取付筒33が固着され、この取付筒33を線状部材28に套嵌することにより、取付ステー29Bが線状部材に対して遊びをもって軸方向移動自在でかつ回転自在に連結されている。
【0020】従って、線状部材28の軸方向の固定はその一端部を支持する取付ステー29Aで成されるが、その他の取付ステー29Bは線状部材28に対し軸方向移動自在でかつ回転自在に連結されているため、軸方向位置や突出方向が異なる爪ブラケット23に対しても当該線状部材28を取り付けることができる。また、その他の取付ステー29Bは線状部材28に対し遊びをもって連結されているので、線状部材28が耕耘軸8の軸心方向に対してやや傾斜していても同部材28を適切に支持できる。
【0021】なお、耕耘爪20の抜け止め部は上記補強リブ31に限られず、図4に示すように基端部の両側(片側であってもよい)に切欠き部34を形成することによっても構成できる。また、線状部材28の一端部を支持する取付ステー29Aを軸方向移動不能に連結する手段としては、溶接32以外に図5に示すものを採用できる。
【0022】このうち、図5(a)では、取付ステー29Aは取付筒33を介して線状部材28に回転自在に連結され、線状部材28の一端に形成した折り曲げ部35と線状部材28の径方向に設けるベータピン36とによって当該取付ステー29Aを軸方向移動不能としている。また、図5(b)では、図5(a)の折り曲げ部35の代わりに、線状部材28の一端を偏平に鍛造してなる抜け止め部37を採用している。
【0023】図6及び図7は、本発明の第二実施例を示している。この実施例では、線状部材28が真っ直ぐな鋼棒よりなる点で第一実施例と共通するが、かかる線状部材28を支持する三つの取付ステー29のうち、当該線状部材28の両端部を支持する取付ステー29Cが線状部材28に対して軸方向移動不能でかつ揺動自在に連結されている点で第一実施例と異なる。
【0024】すなわち、図6(a)(b)に示すように、本実施例では、線状部材28の両端部を支持する取付ステー29Cの端部に形成した取付孔38に線状部材28の両端部を折り曲げてなる屈曲部39を挿通することにより、当該取付ステー29Cが線状部材28に対して軸方向移動不能でかつ揺動自在に連結されている。なお、当該取付ステー29Cの抜け止めは、上記屈曲部39の先端を折り返して段差部40を形成するか(図6(a))、屈曲部39の先端にベータピン41を挿通することによって(図6(b))なされる。
【0025】また、線状部材28の中間部を支持する取付ステー29Dは、取付筒42を介して線状部材に対して遊びをもって軸方向移動自在でかつ回転自在に連結されているが、後述のように線状部材28を耕耘軸8に対して斜めに取り付けられるよう、この場合の取付筒42はステー幅よりかなり短いものとされている。このように本実施例では線状部材28の両端部の取付ステー29Cが揺動自在となっているため、例えば図7に示すように、爪ブラケット23の突設位置の関係で線状部材28が耕耘軸8の軸心方向に対してかなり傾斜する場合でも、当該線状部材28を耕耘軸8に適切に取り付けることができる。
【0026】なお、軸方向移動不能でかつ揺動自在な取付ステー29Cを線状部材28の一端部のみに設け、線状部材28の他端部と中間部には回転自在な取付ステー29Dを採用することもできる。次に、図8乃至図10は、本発明の第三実施例を示している。この実施例では、線状部材28が耕耘軸8よりもやや短いワイヤロープよりなり、かかる線状部材28の両端のみに取付ステー29を設けている点で上記第一及び第二実施例の場合と異なる。
【0027】すなわち、図8に示すように、本実施例の取付ステー29Eはその幅方向一端に立壁部43を備え、この立壁部43に線状部材(ワイヤロープ)28の両端に固定したボルト44が挿通され、このボルト44に立壁部43を表裏面から締め付けるナット45が螺合されている。従って、このナット45の螺合位置を変更することにより、線状部材28軸方向における取付ステー29Eの取付位置を調整することができる。
【0028】また、図8(b)に示すように、立壁部43は耕耘爪20の懐部20A側に傾斜しており、この懐部20Aに相当する部分にボルト挿通孔46が設けられている。本実施例の線状部材28を耕耘軸8に取り付けるには、耕耘軸8の両端に位置する適当な径外方向に向いた爪ブラケット23を選び、この各爪ブラケット23に第一実施例と同じ手順で当該取付ステー29Eを固定すればよい。この場合、線状部材28の張り具合は、その中途部を図9のように耕耘軸8の軸方向中間部にある他の耕耘爪20に掛止させることで調節する。
【0029】なお、この場合、線状部材28の中途部は、耕耘爪20の歯部20Bに当たらない限り、図10(a)のようにその回転方向前側に掛止させてもよいが、耕耘時に線状部材28が耕耘爪20へ過度に押し付けられるのを防止すべく、図10(b)のようになるべく耕耘爪20の回転方向後側(懐部20A側)に掛止するのが好ましい。
【0030】なお、上記した各実施例において、線状部材28は一つの耕耘軸8に対して二本以上設けることができる。また、本発明は、上記した各実施例に限定されるものではなく、例えばセンタードライブ式のロータリ耕耘装置にも適用できる。
【0031】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、取付ステー29が耕耘爪20の抜け止め部31,34によって爪ブラケット23の先端に固定されているので、取付ステー29に作用するモーメントが耕耘爪20を取り付けているボルト24に影響することがなく、耕耘爪20のガタつきや脱落を防止できるとともに、線状部材28を耕耘軸8から相当離す場合でも取付ステー29のアームレングスをさほど長くする必要がないので、取付ステー29の支持力の低下を招来することなく、線状部材28を耕耘軸8から離間して取り付けることができる。
【0032】請求項2に記載の発明によれば、任意の取付ステー29Bが線状部材28に対して遊びをもって軸方向移動自在でかつ回転自在に連結されているので、軸方向位置や突出方向が異なる爪ブラケット23に対しても線状部材28を取り付けられる。請求項3に記載の発明によれば、線状部材28の端部の取付ステー29Cが揺動自在となっているので、爪ブラケット23の突設位置の関係で線状部材28が耕耘軸8の軸心方向に対してかなり傾斜する場合でも、線状部材28を耕耘軸8に適切に取り付けることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013