米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 脱穀装置のコーンケーブ構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−51853
公開日 平成8年(1996)2月27日
出願番号 特願平6−186974
出願日 平成6年(1994)8月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 田中 祐二
要約 目的


構成
扱胴の周方向に沿う円弧状の桟14を、円弧の中心軸に沿う方向に多数並列配置し、多数の線材15を、桟14の周方向に一本づつ所定のピッチで振り分けた状態で、中心軸に沿う方向の一端部側の桟14から他端部側の桟14にわたってそれぞれ貫通させ、径方向外方側に突出する突起12を線材15の端部に形成し、線材15を一端部側の桟14から他端部側の桟14にわたって貫通させた状態で、突起12を係合させて線材15の軸芯周りの回転を阻止する係合孔13を、一端部側又は他端部側の桟14に形成してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 扱胴(5)の周方向に沿う円弧状の桟(14)を、円弧の中心軸に沿う方向に多数並列配置し、多数の線材(15)を、前記桟(14)の周方向に一本づつ所定のピッチで振り分けた状態で、前記中心軸に沿う方向の一端部側の桟(14)から他端部側の桟(14)にわたってそれぞれ貫通させてある脱穀装置のコーンケーブ構造であって、径方向外方側に突出する突起(12)を前記線材(15)の端部に形成し、前記線材(15)を前記一端部側の桟(14)から他端部側の桟(14)にわたって貫通させた状態で、前記突起(12)を係合させて前記線材(15)の軸芯周りの回転を阻止する係合孔(13)を、前記一端部側又は他端部側の桟(14)に形成してある脱穀装置のコーンケーブ構造。
【請求項2】 扱胴(5)の周方向に沿う円弧状の桟(14)を、円弧の中心軸に沿う方向に多数並列配置し、多数の線材(15)を、前記桟(14)の周方向に一本づつ所定のピッチで振り分けた状態で、前記中心軸に沿う方向の一端部側の桟(14)から他端部側の桟(14)にわたってそれぞれ貫通させてある脱穀装置のコーンケーブ構造であって、前記線材(15)を、前記一端部側の桟(14)から他端部側の桟(14)にわたる長さの一対の脚部を備えるU字状に形成して、その線材(15)の両脚部を、前記一端部側の桟(14)から他端部側の桟(14)にわたってそれぞれ貫通させてある脱穀装置のコーンケーブ構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、扱胴の周方向に沿う円弧状の桟を、円弧の中心軸に沿う方向に多数並列配置し、円形断面の多数の線材を、前記桟の周方向に一本づつ所定のピッチで振り分けた状態で、前記中心軸に沿う方向の一端部側の桟から他端部側の桟にわたってそれぞれ貫通させてある脱穀装置のコーンケーブ構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上記のコーンケーブ構造では前記線材は、桟に所定ピッチで形成した線材支持用の丸孔に単に貫通させて抜け止めしただけであり、軸芯周りに回転自在な状態になっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来の構成によれば、前記線材が軸芯周りに回転自在な状態になっていたために、脱穀作業中に線材が作物から力を受けて軸芯周りに回転し、その回転に伴って作物が線材に巻き付き、隣接する線材同士間の穀粒漏下用の隙間を塞いで穀粒の漏下性能を低下させやすかった。
【0004】本発明の目的は、線材に作物が巻き付くことに起因する穀粒の漏下性能の低下を防止することができるコーンケーブ構造を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本第1発明の特徴構成は、径方向外方側に突出する突起を前記線材の端部に形成し、前記線材を前記一端部側の桟から他端部側の桟にわたって貫通させた状態で、前記突起を係合させて前記線材の軸芯周りの回転を阻止する係合孔を、前記一端部側又は他端部側の桟に形成してあることにある。
【0006】本第2発明の特徴構成は、線材を、一端部側の桟から他端部側の桟にわたる長さの一対の脚部を備えるU字状に形成して、その線材の両脚部を、前記一端部側の桟から他端部側の桟にわたってそれぞれ貫通させてあることにある。
【0007】
【作用】本第1発明の特徴構成によれば、前記線材を桟の円弧の中心軸に沿う方向の一端部側の桟から他端部側の桟にわたって貫通させた状態で、前記線材の端部の径方向外方側に突出する突起を、前記一端部側又は他端部側の桟の係合孔に係合させてあるから、線材の軸芯周りの回転が阻止される。また、本第2発明の特徴構成によれば、U字状に形成した線材の両脚部を、前記一端部側の桟から他端部側の桟にわたってそれぞれ貫通させてあるから、上記の本第1発明と同様に、線材の軸芯周りの回転が阻止される。
【0008】その結果、本発明によれば線材の軸芯周りの回転が阻止されるから、移送中の作物が線材に巻き付きにくくなる。
【0009】
【発明の効果】従って、移送中の作物が線材に巻き付きにくくなるから、そのような作物の線材への巻き付きに起因する隣接する線材同士間の穀粒漏下用の隙間の塞がりを防止することができて、穀粒の漏下性能の低下を防止することができるコーンケーブ構造を提供することができた。
【0010】
【実施例】全稈投入型コンバインの軸流型脱穀装置を構成するに、図1に示すように、刈取部から殻稈供給するフィードコンベア1に連通した扱室2をケース内上部に形成し、扱室2の下方に選別部3を配置し、扱室2から選別部3に穀粒を落下供給する受網(コーンケーブの一例)4を、前後方向及び周方向に複数連結した状態で設けてある。
【0011】扱室2内に扱胴5を前後向きの駆動回転軸で取付け、扱胴5の外周面に螺旋状扱歯6を全長にわたってかつ同芯状に取付け、螺旋状扱歯6を形成するに、スクリュー6aの先端側に多数の扱歯6bを適当間隔で突出付設し、扱胴5の駆動回転に伴って螺旋状扱歯6の作用で穀稈を脱穀処理するとともに後方に移送するように構成してある。
【0012】前記受網4は、図2,図4に示すように、扱胴5の周方向に沿う円弧状の桟14を、円弧の中心軸に沿う方向に多数並列配置し、円形断面の多数の線材15を、桟14の周方向に一本づつ所定のピッチで振り分けた状態で、前記中心軸に沿う方向の一端部側の桟14から他端部側の桟14にわたってそれぞれ貫通させて構成してある。桟14の周方向両端部は枠部材に固定してある。
【0013】そして、図3,図4に示すように、径方向外方側に突出する突起12を前記線材15の一端部に形成し、線材15を前記一端部側の桟14から他端部側の桟14にわたって貫通させた状態で、前記突起12を係合させて線材15の軸芯周りの回転を阻止する係合孔13を、前記一端部側の桟14に形成してある。前記突起12は線材15の一端部を折曲して形成してあり、前記係合孔13は桟14の線材貫通用孔16を長孔に形成した状態で切欠きその切欠部の一部分で構成してある。両端の桟14の端面には線材14の軸芯方向の移動を阻止するリテーナ17をボルトを介して取り付けてある。上記の構成によれば、突起12が係合孔13に係合することで、線材15の軸芯周りの回転が阻止され、線材の軸芯周りの回転に伴う移送中の作物の線材への巻き付きを防止することができる。
【0014】前記選別部3に揺動選別手段3a、風選用唐箕3b、1番物回収用スクリューコンベア9、2番物還元用スクリューコンベア10を設け、受網4から落下供給される穀粒を揺動選別手段3aにより処理し、揺動選別手段3aから落下供給される穀粒を唐箕3bの作用で風選処理し、脱穀粒を1番物回収用スクリューコンベア9からグレンタンクに送るように構成し、選別不十分な2番物を2番物還元用スクリューコンベア10から揺動選別手段3aのグレンパン8にスクリューコンベア11により戻すように構成してある。
【0015】図2及び図4に示すように、スクリューコンベア11の吐出口11aをグレンパン8の横一側方に配置し、吐出口11aからの放出方向が扱胴下側部分の回転方向と逆になるように構成し、吐出口11a及び受網4からグレンパン8への被選別物の供給分布がグレンパン8の幅方向において均一化されるように構成してある。
【0016】〔別実施例〕上記の実施例では前記線材貫通用孔16を長孔に形成した状態で切欠き、その切欠部の一部分で前記係合部13を構成したが、前記の長孔を切欠くことなく長孔の一部分で前記係合部13を構成してもよい。
【0017】前記突起12は上記の実施例における形状に限られず、例えば図5に示すように、前記線材15の一端部にピンを挿通させて構成してもよい。この場合、桟14に、線材貫通用孔16を横切るようにしてピン挿通用の溝を形成する。
【0018】前記線材15の端部に別部材を溶接固着して前記12突起を構成してもよい。
【0019】図6に示すように、前記線材15を、桟14の円弧の中心軸に沿う方向の一端部側の桟14から他端部側の桟14にわたる長さの一対の脚部を備えるU字状に形成して、その線材15の両脚部を、前記一端部側の桟から他端部側の桟にわたってそれぞれ貫通させてもよい。
【0020】本発明は脱穀専用機や軸流型でない脱穀装置にも適用できる。
【0021】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を容易にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013