米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 コンバイン
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−51846
公開日 平成8年(1996)2月27日
出願番号 特願平6−186976
出願日 平成6年(1994)8月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 牧園 晴充 / 有本 敬
要約 目的


構成
左右一対のクローラ走行装置6を備えた機体フレーム7上に脱穀装置9を搭載するとともに、機体前部に刈取前処理部10を昇降自在に連結し、刈取前処理部10の横側に搭乗運転部11を設け、機体後部に排ワラ処理装置12を設け、バランスウエイトWを、前記搭乗運転部11における運転部ステップTの前端下方に配設してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 左右一対のクローラ走行装置(6)を備えた機体フレーム(7)上に脱穀装置(9)を搭載するとともに、機体前部に刈取前処理部(10)を昇降自在に連結し、刈取前処理部(10)の横側に搭乗運転部(11)を設け、機体後部に排ワラ処理装置(12)を設けてあるコンバインであって、バランスウエイト(W)を、前記搭乗運転部(11)における運転部ステップ(T)の前端下方に配設してあるコンバイン。
【請求項2】 左右一対のクローラ走行装置(6)を備えた機体フレーム(7)上に脱穀装置(9)を搭載するとともに、機体前部に刈取前処理部(10)を昇降自在に連結し、刈取前処理部(10)の横側に搭乗運転部(11)を設け、機体後部に排ワラ処理装置(12)を設けてあるコンバインであって、バランスウエイト(W)を収容支持するためのバランスウエィト支持枠(13)を、前記搭乗運転部(11)における運転部ステップ(T)の前端下方に後ろ支点周りに上下揺動自在に設けて、下方に揺動した状態の前記バランスウエィト支持枠(13)に前記バランスウエイト(W)を収容、取り出し自在に構成し、前記バランスウエイト(W)を収容した前記バランスウエィト支持枠(13)を上方に揺動させて前記運転部ステップ(T)に沿わせた状態で、前記バランスウエィト支持枠(13)の前端部と前記運転部ステップ(T)とを、それらの間に設けた連結手段(14)によって、解除自在に連結してあるコンバイン。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】左右一対のクローラ走行装置を備えた機体フレーム上に脱穀装置を搭載するとともに、機体前部に刈取前処理部を昇降自在に連結し、刈取前処理部の横側に搭乗運転部を設け、機体後部に排ワラ処理装置を設けてあるコンバインに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上記のコンバインにおいては、機体後部側の排ワラ処理装置の重量が大きくなるために、バランスウエイトを運転座席の下方に配設して機体のバランスをとってあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記従来の構成によれば、機体のバランスを取るためのバランスウエイトを、運転座席の下方に設けてあったために、機体中心側の設計上の重心位置からバランスウェイトが十分離れず、その結果、前記バランスウェイトによる前記重心位置周りのモーメントが大きくなるように、バランスウエイトの重量をかなり大きくしなければならなくなって、機体の重量が増大しやすかった。
【0004】本発明の目的は、機体のバランスを取ることができながら、しかも、機体の重量の軽減化を図ることができるコンバインを提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本第1発明にかかるコンバインの特徴構成は、バランスウエイトを、搭乗運転部における運転部ステップの前端下方に配設してあることにある。
【0006】また、本第2発明にかかるコンバインの特徴構成は、バランスウエイトを収容支持するためのバランスウエィト支持枠を、搭乗運転部における運転部ステップの前端下方に後ろ支点周りに上下揺動自在に設けて、下方に揺動した状態の前記バランスウエィト支持枠に前記運転部ステップとの間から前記バランスウエイトを収容、取り出し自在に構成し、前記バランスウエイトを収容した前記バランスウエィト支持枠を上方に揺動させて前記運転部ステップに沿わせた状態で、前記バランスウエィト支持枠の前端部と前記運転部ステップとを、それらの間に設けた連結手段によって、解除自在に連結してある点にある。
【0007】
【作用】本第1発明の特徴構成によれば、機体のバランスを取るためのバランスウエイトを、搭乗運転部における運転部ステップの前端下方に配設してあるから、従来に比べて、機体中心側の設計上の重心位置からバランスウエイトを遠ざけることができる。その結果、従来よりも軽いバランスウエィトで、従来と同程度の重心位置周りのモーメントを得ることができる。
【0008】本第2発明の特徴構成によれば、バランスウエィトを収容した状態でバランスウエィト支持枠を上方に揺動させて前記運転部ステップに沿わせ、連結手段でバランスウエィト支持枠の前端部と運転部ステップとを連結してあるから、上記本第1発明と同様の作用を奏することができる。そして、連結手段によるバランスウエィト支持枠の前端部と運転部ステップとの連結を解除して、バランスウエィト支持枠を下方に揺動させることで、運転部ステップとバランスウエィト支持枠との間からバランスウエィトをバランスウエィト支持枠に収容したり、逆にバランスウエィト支持枠から取り出したりすることができ、バランスウエィトの重量の変更調節を容易に行うことができる。
【0009】
【発明の効果】従って、本第1発明によれば、従来よりも軽いバランスウエィトで、従来と同程度の重心位置周りのモーメントを得ることができるから、機体のバランスを取ることができながら、しかも、機体の重量の軽減化を図ることができるコンバインを提供することができた。
【0010】また本第2発明によれば、上記の本第1発明と同様の効果を奏することができのに加え、バランスウエィトの重量の変更調節を容易に行うことができるから、例えば機体に新たな装置等が取付けられたり、既に取り付けられていた装置等が取り外されたりして機体の重量が変わっても、すぐに対応することができて、機体のバランス取り作業の作業性を向上させることができるコンバインを提供することができた。
【0011】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基いて説明する。図1に示すように、左右一対のクローラ走行装置6を備えた機体フレーム7上に脱穀装置9を搭載するとともに、機体前部に刈取前処理部10を昇降自在に連結し、刈取前処理部10の横側に搭乗運転部11を設け、機体後部に排ワラ処理装置12を設けてコンバインを構成してある。
【0012】このコンバインの搭乗運転部11における操縦塔Pについて説明すると、図1,図2,図3に示すように、縦断面視コの字状の左右一対の前後フレーム1a等からなる操縦部フレームFに,板金を屈曲形成してなる操縦ボックス2を立設し、その操縦ボックス2の上部に正面視門型のループ状把手3、並びに、機体の旋回操作を司る操作レバー4を装着してある。
【0013】前記操縦部フレームFのフレーム空間内に、側面視で先窄まり形状の運転部ステップ兼用の燃料タンクTを入り込ませて配置して、燃料タンクTのフランジ部5bを操縦部フレームFに固着連結してある。燃料タンクTの上面にはステップ用のゴム板8を載置してある。
【0014】そして、バランスウエイトWを収容支持するための板金製のバランスウエィト支持枠13を、燃料タンクTの前端下方に後ろ支点周りに上下揺動自在に設けて、下方に揺動した状態のバランスウエィト支持枠13に燃料タンクTとの間からバランスウエイトWを収容、取り出し自在に構成し、バランスウエイトWを収容したバランスウエィト支持枠13を上方に揺動させて燃料タンクTに沿わせた状態で、バランスウエィト支持枠13の前端部と、運転部ステップである燃料タンクT(詳しくは燃料タンクTに連なる前後フレーム1a)とを、それらの間に設けた連結手段14(図4参照)によって、解除自在に連結してある。
【0015】図4に示すように、前記バランスウエィト支持枠13は、前後左右の立ち上がり壁16を備えた箱形状に形成してあり、前後方向に沿う仕切り板15を左右中間部に設けてある。後ろ立ち上がり壁16の上部はバランスウエイトWの後端部を包み込めるように、前方に折曲形成してバランスウエイトWの後端部の上方側への動きを規制してある。そして、ブレーキペダル17を回転自在に支持する横軸18の下方で、前記左右一対の前後フレーム1a,1a間にかけわたした支持軸24(図2,図3参照)により、バランスウエィト支持枠13の後端部を上記のように上下揺動自在に支持してある。バランスウエィト支持枠13の前端部の左右には、横向きのボルト挿通孔19aと上下向きのボルト挿通孔20aとを各別に形成してある。そして左側の前後フレーム1aに形成した横向きのボルト挿通孔19bに、前記横向きのボルト挿通孔19aの芯を合わせ、右側の前後フレーム1aに形成した上下向きのボルト挿通孔20bに、前記上下向きのボルト挿通孔20aの芯を合わせて、それぞれの孔にボルト21を挿通させナット22を締結して、上記のようにバランスウエィト支持枠13の前端部と前後フレーム1a,1aとを連結してある。前記横向きのボルト挿通孔19a,19b、上下向きのボルト挿通孔,20a,20b、ボルト21、ナット22で前記連結手段14を構成している。
【0016】前記バランスウエィト支持枠13は、その後端部23を前記支持軸24との連結部よりも後方に延出して、バランスウエィト支持枠13が下方に揺動するに伴って、前記後端部23が前後フレーム1a,1aに当接するようにして、バランスウエィト支持枠13がやや前下がり姿勢になる位置よりも下方に揺動しないように構成してある。
【0017】前記バランスウエィトWは前後方向に沿う角棒状のものを左右に複数並列配置してあり、個数を変更することでバランスウエィトWの全重量を増減可能に構成してある。なお仕切り板15は左右に位置を変更調節可能に構成してある。
【0018】前記ボルト21、ナット22等によるバランスウエィト支持枠13の前端部と前後フレーム1aとの連結を解除して、バランスウエィト支持枠13を下方に揺動させることにより、燃料タンクTとバランスウエィト支持枠13との間からバランスウエィトWをバランスウエィト支持枠13に収容したり、逆にバランスウエィト支持枠13から取り出したりすることができ、バランスウエィトWの重量の変更調節を容易に行うことができる。
【0019】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を容易にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013