Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
結束装置の紐弛み取り杆 - 株式会社クボタ
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 結束装置の紐弛み取り杆
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−51844
公開日 平成8年(1996)2月27日
出願番号 特願平6−186985
出願日 平成6年(1994)8月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 内藤 義隆 / 阿瀬 勇
要約 目的
紐ホルダーの紐ブレーキと結束装置のニードルとの間に設けられた結束装置の紐弛み取り杆において、紐弛み取り杆が大きく振れ過ぎることによる紐の弛みの発生を抑制する。

構成
基端部が固定されたバネ線からなる紐弛み取り杆9を、紐弛み取り杆9がニードル5aの作動に伴って一定以上揺動変位すると紐弛み取り杆9のバネ定数が大きくなるように構成してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 紐ホルダー(6)の紐ブレーキ(7)と結束装置(5)のニードル(5a)との間に設けられた結束装置の紐弛み取り杆であって、基端部が固定されたバネ線からなる紐弛み取り杆(9)を、紐弛み取り杆(9)がニードル(5a)の作動に伴って一定以上揺動変位すると紐弛み取り杆(9)のバネ定数が大きくなるように構成してある結束装置の紐弛み取り杆。
【請求項2】 前記紐弛み取り杆(9)のバネ定数の大きく手段が、紐弛み取り杆(9)の中間部が、紐弛み取り杆(9)のホルダー(11)から延出のストッパー(13)、又は、紐弛み取り杆(9)の基端部から延長された延長端部(9d)に接当する手段である請求項1に記載の結束装置の紐弛み取り杆。
【請求項3】 前記紐弛み取り杆(9)のバネ定数の大きく手段が、紐通し部(9a)を備えた固定の紐弛み取り杆(9A)と、この固定の紐弛み取り杆(9A)の中間部から基端部にかけて設けられた別の紐弛み取り杆(9B)の2本のバネ線からなる手段である請求項1に記載の結束装置の紐弛み取り杆。
【請求項4】 前記別の紐弛み取り杆(9B)が、固定の紐弛み取り杆(9A)に対して長さ方向に位置変更可能である請求項3に記載の結束装置の紐弛み取り杆。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、バインダーやコンバインなどの農作業車の結束装置に関し、詳しくは、紐ホルダーの紐ブレーキと結束装置のニードルとの間に設けられた紐弛み取り杆に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の技術を、図7を用いて説明すると、巻き紐を収納する紐ホルダー6からの紐aの繰り出しに抵抗を与える紐ブレーキ7と結束装置5のニードル5aとの間に結束紐aの弛み取りを行なう紐弛み取り杆9を設けてある。
【0003】従来、前記紐弛み取り杆9は、ピアノ線などのバネ線によって形成されており、そして、経路変換用のガイドローラ8やガイド杆10を結ぶ仮想直線経路に対して紐aを交差する方向に引っ張って紐に張力を与えるように機体に取付けられている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ニードルの高速作動に伴って紐弛み取り杆が大きく振れ過ぎる場合があり、斯かる場合に、紐ブレーキから紐が繰り出され過ぎて紐弛み取り杆の箇所で紐に弛みが発生する不都合があった。つまり、紐弛み取り杆はバネ定数が一定であるため、一定以上の外力が作用すると、その紐弛み取りの役目を十分に果たせなくなる。
【0005】本発明は、紐弛み取り杆が大きく振れ過ぎることによる紐の弛みの発生を抑制することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の第1の特徴構成は、基端部が固定されたバネ線からなる紐弛み取り杆を、紐弛み取り杆がニードルの作動に伴って一定以上揺動変位すると紐弛み取り杆のバネ定数が大きくなるように構成してある。
【0007】本発明の第2の特徴構成は、前記紐弛み取り杆のバネ定数の大きく手段が、紐弛み取り杆の中間部が、紐弛み取り杆のホルダーから延出のストッパー、又は、紐弛み取り杆の基端部から延長された延長端部に接当する手段である。
【0008】本発明の第3の特徴構成は、前記紐弛み取り杆のバネ定数の大きく手段が、紐通し部を備えた固定の紐弛み取り杆と、この固定の紐弛み取り杆の中間部から基端部にかけて設けられた別の紐弛み取り杆の2本のバネ線からなる手段である。本発明の第4の特徴構成は、前記別の紐弛み取り杆が、固定の紐弛み取り杆に対して長さ方向に位置変更可能である。
【0009】
【作用】本発明の第1の特徴構成によれば、結束装置のニードルの作動に伴って紐弛み取り杆が一定以上揺動変位すると、紐弛み取り杆の揺動に抵抗が加わって紐弛み取り杆が大きく振れることが抑制される。
【0010】本発明の第2の特徴構成によれば、結束装置のニードルの作動に伴って紐弛み取り杆が一定以上揺動変位して固定のスットッパーに接当すると、そこを支点にして、又は、紐弛み取り杆基端部の延長端部との接当箇所を支点にして紐弛み取り杆が曲がるため、紐弛み取り杆のバネ定数が大きくなって紐弛み取り杆が撓み難くなる。
【0011】本発明の第3の特徴構成によれば、先ず最初に、紐通し部を備えた紐弛み取り杆の先端部が撓み、そして、紐弛み取り杆が一定以上揺動変位すると、2本のバネ線が撓みの抵抗として作用するため、紐弛み取り杆が撓み難くなり、紐弛み取り杆が大きく振れることが阻止される。
【0012】本発明の第4の特徴構成によれば、固定の紐弛み取り杆に対して別の紐弛み取り杆の接当位置を変更することによって、紐弛み取り杆が一定以上揺動変位するときの抵抗の強さを変更することができる。
【0013】
【発明の効果】上記構成の結果、ニードルの高速作動に伴って紐弛み取り杆が大きく振れ過ぎることを抑制することができ、紐弛み取り杆での紐の弛みの発生を抑制して良好な結束が行なえる。
【0014】
【実施例】図1に示すように、機体後部にエンジン1を搭載するとともに、左右一対の走行車輪2で走行する機体前部に引起し装置3、刈取り装置4、及び、機体右側部に刈取り穀稈を結束して放出する結束装置5、そして、前記走行車輪2の上方にコイル状の巻紐を収納する紐ホルダー6を配置して結束装置5のニードル5aに結束紐を供給するバインダーが構成されている。
【0015】図2及び図3に示すように、前記紐ホルダー6には、紐ホルダー6からの紐aの繰り出しに抵抗を与える紐ブレーキ7が装着されており、前記紐ホルダー6と結束装置5のニードル5aとの間には、結束紐aの経路変更用のガイドローラ8、紐の弛み取りを行なう紐弛み取り杆9、経路変更用のガイド杆10が配設されている。
【0016】図4に示すように、前記紐弛み取り杆9は、バネ線としての弾性変位可能なピアノ線からなり、先端に紐通し部9aを備え、基端部のコイル状部分9bがガイドローラ8の支持軸8aに外嵌され、その延長端部9cが、ホルダー11に設けられたピン12に係止固定されている。
【0017】従って、前記ホルダー11は、図2に示すように、機体に対して前記紐弛み取り杆9が、経路変換用のガイドローラ8とガイド杆10とを結ぶ仮想直線経路に対して紐aを交差する方向に引っ張って紐に張力を与えるように、その姿勢が設定されて固定されている。
【0018】そして、前記ホルダー10に、結束装置5のニードル5aの作動に伴って紐弛み取り杆9が一定以上揺動変位すると、紐弛み取り杆9の中間部に接当して紐弛み取り杆9の揺動に抵抗を与えるストッパー13を設けてある。
【0019】従って、前記ストッパー13に接当した後の紐弛み取り杆9は、その接当箇所を支点にして先端が折れ曲がるためバネ定数が変化し、つまり、長いバネから短いバネに変化してバネ定数が大きくなり、紐弛み取り杆9の揺動に抵抗が加わって紐弛み取り杆9が大きく振れることが抑制される。
【0020】〔第1別実施例〕図5に示すように、紐弛み取り杆9基端部の延長端部9cを、更に、紐弛み取り杆9の先端側に延長させて、その延長端部9dを、紐弛み取り杆9の撓み方向の背面から中間部に接当させてある。このようにすれば、延長端部9dの、紐弛み取り杆9に対する接当位置を変化させることができるので、紐弛み取り杆9が一定以上揺動変位するときの抵抗の強さを変更することができる。
【0021】〔第2別実施例〕図6に示すように、紐弛み取り杆9を、同じ線径の固定の紐弛み取り杆9Aとスライド自在な紐弛み取り杆9Bから構成して、スライド自在な紐弛み取り杆9Bの固定の紐弛み取り杆9Aに対する接当箇所を変更可能に構成してある。このようにすれば、一定の外力以下では固定の紐弛み取り杆9Aの先端側のみ弾性変位し、一定の以上の外力で、両紐弛み取り杆9A,9Bが弾性変位することとなる。そして、スライド自在な弛み取り杆9Bの固定の弛み取り杆9Aに対する接当箇所を変更することによって、紐弛み取り杆が一定以上揺動変位するときの抵抗の強さを変更することができる。
【0022】また、両紐弛み取り杆9A,9Bの線径を異径のものから構成しても良い。
【0023】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013