米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 芝刈機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−51834
公開日 平成8年(1996)2月27日
出願番号 特願平6−186982
出願日 平成6年(1994)8月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 松田 賢二
要約 目的
モーアを上昇・中立・下降、並びに、モーア重量より小さい上昇駆動力を付与する半上昇状態が得られるようにするとともに、半上昇状態の切換えが間違いなく行えるようにする。

構成
モーア4を一杯上昇させる上昇状態と、自由に下降させる自由下降状態と、中間で停止する中立状態と、モーア4に対するリフトシリンダ7を油圧ポンプPに連通するとともに絞り13を介して作動油タンクTへも連通してモーア重量より小さい上昇駆動力を付与する半上昇状態とに切り換え可能な弁機構Vを設け、前記弁機構Vを、レバー10操作により上昇・中立・下降の3位置に切換可能な主切換弁11と、前記主切換弁11に連係してリフトシリンダ7に作動油を供給する状態と作動油を排出する状態の2位置に切換可能な副切換弁12とから構成し、前記主切換弁11と副切換弁12との連係機構16に、モーア4を一旦接地する状態に自由下降させてから、中立操作に伴って半上昇状態が得られる融通18を設けてある。
特許請求の範囲
【請求項1】 走行機体(1)に、油圧式リフトシリンダ(7)を介してモーア(4)を昇降自在に連結してある芝刈機であって、 前記リフトシリンダ(7)に対する作動油の流通状態を、前記リフトシリンダ(7)へ作動油を供給して前記モーア(4)を一杯上昇させる上昇状態と、前記リフトシリンダ(7)の作動油を作動油タンク(T)へ排出して前記モーア(4)を自由に下降させる自由下降状態と、前記リフトシリンダ(7)に対する作動油の給排を停止して前記モーア(4)を中間で停止する中立状態と、前記リフトシリンダ(7)を油圧ポンプ(P)に連通するとともに絞り(13)を介して前記作動油タンク(T)へも連通して前記モーア(4)にモーア重量より小さい上昇駆動力を付与する半上昇状態とに切り換え可能に構成した弁機構(V)を設け、前記弁機構(V)を、レバー(10)操作により上昇・中立・下降の3位置に切換可能な主切換弁(11)と、前記主切換弁(11)に連係してリフトシリンダ(7)に作動油を供給する状態とリフトシリンダ(7)から作動油を排出する状態の2位置に切換可能な副切換弁(12)とから構成し、前記主切換弁(11)と副切換弁(12)との連係機構(16)に、前記モーア(4)を一旦接地する状態に自由下降させてから、中立操作に伴って前記半上昇状態が得られる融通(18)を設けてある芝刈機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、走行機体に、油圧式単動型のリフトシリンダを介してモーアを昇降自在に連結してある芝刈機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上記のような芝刈機において、リフトシリンダに対する作動油の流通状態は、リフトシリンダへ作動油を供給してモーアを一杯上昇させる上昇状態、リフトシリンダの作動油を作動油タンクへ排出してモーアを自由に下降させる自由下降状態、及び、リフトシリンダに対する作動油の給排を停止してモーアを中間で停止する中立状態、の三状態が得られるように構成されていた。そして、芝刈り作業中においては、リフトシリンダに対する作動油の流通状態をモーアが下降する自由下降状態としておき、モーアの状態をモーアのゲージ輪が地面に接地してモーアが地面の起伏に沿って追従するフローティング状態とすることで、芝の刈り高さを所望の設定高さに揃えることができるようにしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の従来技術のように、芝刈り作業中におけるリフトシリンダに対する作動油の流通状態を常にモーアが下降する自由下降状態とし、モーアの状態をモーアのゲージ輪が地面に接地追従するフローティング状態としていると、モーア重量の全てがゲージ輪に掛かるため、芝を傷める不都合がある。
【0004】そこで、上記欠点を解消する手段として、図13に示すように、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態を、リフトシリンダ7へ作動油を供給してモーア4を一杯上昇させる上昇状態と、リフトシリンダ7の作動油を作動油タンクTへ排出してモーア4を自由に下降させる自由下降状態と、リフトシリンダ7に対する作動油の給排を停止してモーア4を中間で停止する中立状態と、リフトシリンダ7を油圧ポンプP1に連通するとともに絞り13を介して作動油タンクTへも連通してモーア4にモーア重量より小さい上昇駆動力を付与する半上昇状態とに切り換え可能に構成した4位置に切換可能な弁機構Vaを設けることが考えられるが、斯かる場合には、レバーを上昇・中立・半上昇・下降の4段階に切換えるものであることから、半上昇を飛ばして下降に操作してしまうような不都合が生じる。
【0005】本発明の目的は、半上昇の切換えが間違いなく行えようにして使い勝手を良くする点にある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明では、走行機体に、油圧式リフトシリンダを介してモーアを昇降自在に連結してある芝刈機であって、 前記リフトシリンダに対する作動油の流通状態を、前記リフトシリンダへ作動油を供給して前記モーアを一杯上昇させる上昇状態と、前記リフトシリンダの作動油を作動油タンクへ排出して前記モーアを自由に下降させる自由下降状態と、前記リフトシリンダに対する作動油の給排を停止して前記モーアを中間で停止する中立状態と、前記リフトシリンダを油圧ポンプに連通するとともに絞りを介して前記作動油タンクへも連通して前記モーアにモーア重量より小さい上昇駆動力を付与する半上昇状態とに切り換え可能に構成した弁機構を設け、前記弁機構を、レバー操作により上昇・中立・下降の3位置に切換可能な主切換弁と、前記主切換弁に連係してリフトシリンダに作動油を供給する状態とリフトシリンダから作動油を排出する状態の2位置に切換可能な副切換弁とから構成し、前記主切換弁と副切換弁との連係機構に、前記モーアを一旦接地する状態に自由下降させてから、中立操作に伴って前記半上昇状態が得られる融通を設けてある。
【0007】
【作用】図2乃至図7に基いて作用を説明すると、図3は、モーアの昇降を停止する中立状態、図4は、上昇状態、図5は、自由下降状態、図6は、半上昇状態を示し、本発明の実施例では、静油圧式無段変速装置(HST)のチャージポンプからの油がリフトシリンダに供給されるようになっている。
【0008】今、レバー操作により、主切換弁11を図3に示す中立状態から図4に示す上昇状態に操作すると、副切換弁12は連係機構16の融通18により操作されず、現在のポジションを維持して、ポンプPから主切換弁11、連通路a、副切換弁12を介してリフトシリンダ7に作動油が供給されるととなる。
【0009】そして、主切換弁を図3に示す中立状態から図5に示す自由下降状態に操作すると、副切換弁12が連係機構16を介して操作され、リフトシリンダ7からの作動油が副切換弁12、連通路b、主切換弁11介して作動油タンクTに排出されることとなる。
【0010】そして、主切換弁を図5に示す自由下降状態から図6に示す半上昇状態に操作すると、副切換弁12は連係機構16の融通18により操作されず、現在のポジションを維持して、ポンプPから主切換弁11、連通路b、副切換弁12を介してリフトシリンダ7に作動油が供給されるとともに、絞り13を介して静油圧式無段変速装置(HST)Hにもチャージ油が供給することとなり、絞り13によりリフトシリンダ7に背圧が生じて半上昇状態が得られることとなる。
【0011】つまり、モーアを一旦自由下降させてからレバーを中立位置に操作すると油圧ポンプからの作動油はリフトシリンダと静油圧式無段変速装置へ供給されるのであるが、油圧ポンプと静油圧式無段変速装置との間に介装された絞りを作動油が流通することによってリフトシリンダに背圧が生じ、リフトシリンダの内圧が高くなるとともにモーア荷重より小さい上昇駆動力がモーアに付与されるようになる。それによって、ゲージ輪に掛かるモーア重量を絞りの絞り量に応じて減少させることができるようになる。また、絞りの背圧によって得られる上昇駆動力はモーア重量より小さくなるように設定しているので、地面が沈降している場合、モーアは、その自重により上昇駆動力に抗して地面に沿って追従下降するようになる。つまり、リフトシリンダに対する作動油の流通状態を半上昇状態とすることによって、ゲージ輪を浮上させない程度でゲージ輪に掛かるモーア重量を軽減することができるようになる。
【0012】
【発明の効果】従って、本発明によれば、中立位置を挟んで一方と他方に3段切換え可能なレバー操作式で、且つ、モーアを一旦下降させてからでないと半上昇状態が得られないようにしてあることから、半上昇状態の切換が間違いなく行なわれる。
【0013】そして、リフトシリンダに対する作動油の流通状態が半上昇状態となるように弁機構を切り換えることによって、モーアのゲージ輪の接地荷重を軽減して、芝傷めを抑制し得る。
【0014】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1には、フロントマウント型芝刈機の全体側面が示されており、この芝刈機は、走行機体1の前部に設けられた左右一対の駆動輪としての前車輪2、走行機体1の後部に設けられた左右一対の操向輪としての後車輪3、及び、走行機体1の前部に昇降自在に連結されたモーア4等によって構成されている。
【0015】前記モーア4は、縦軸駆動される複数枚の刈刃(図示せず)を一連に覆うハウジング4A、及び、ハウジング4Aの前部に備えられた左右一対のゲージ輪4B、などによって構成されており、走行機体1の前部から延出された昇降リンク5の遊端部に連結されている。昇降リンク5は、ミッションケース6に連結固定されたボス部6Aに、その軸芯X1周りで上下揺動自在に枢支連結されるとともに、油圧式単動型のリフトシリンダ7の伸縮作動により軸芯X2周りで揺動駆動されるリフトアーム8にリンク9を介して吊り下げ連結されている。つまり、モーア4は、リフトシリンダ7の伸縮作動により軸芯X1周りで昇降駆動されるようになっている。また、前記リフトアーム8とリンク9との連結部には、地面の盛り上がりに対してモーア4が素早く追従し得るように長孔9aが形成されている。
【0016】前記リフトシリンダ7の伸縮作動はリフトシリンダ7に対する作動油の流通状態を切り換えることによって得られるようになっており、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態の切り換えは、走行機体1の操縦部に設けられた昇降操作レバー10の揺動操作により、図2に示すように、リフトシリンダ7と油圧ポンプPとを接続する油路Rに介装された弁機構としてのバルブユニットVの主切換弁11と副切換弁12の作動状態を切り換えることによって行えるようになっている。
【0017】次に、バルブユニットVに付いて説明すると、バルブユニットVには、上昇・中立・下降の3位置に切換可能なロータリー式の主切換弁11と、2位置に切換可能なロータリー式の副切換弁12、並びに、調節自在な絞り13が設けられており、前記主切換弁11はレバー10によって操作可能で、前記副切換弁12は、図4に示すように、主切換弁11に設けたピン14と副切換弁12に設けたカムプレート15とからなる連係機構16を介して操作されるようになっており、そして、前記主切換弁11の内部にリリーフ弁17が内装されている。そして、前記バルブユニットVのケーシングに、ポンプポートPa、リフトシリンダに連通するシリンダポートCa、タンクポートTa、静油圧式無段装置(HST)Hに連通するポートHaが設けられている。
【0018】また、前記主切換弁11と副切換弁12とを連係する連係機構16には、カムプレート15のピン14に対する係合用凹部15aを幅広くすることによって、モーア4を一旦接地する状態に自由下降させてから、中立操作に伴って半上昇状態が得られる融通18を設けてある。
【0019】次に、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態を図8に示す油圧回路図に基いて説明する。
【0020】この乗用芝刈機においては、静油圧式無段装置HのチャージポンプPからの油が前記リフトシリンダ7に供給されるようになっている。
【0021】図8に示すように、前記主切換弁11は、油圧ポンプPからの作動油をリフトシリンダ7へ供給する供給位置A、リフトシリンダ7の作動油を作動油タンクTへ排出する排出位置B、リフトシリンダ7に対する作動油の給排を停止する停止位置Cの3位置に切換え可能に構成されている。前記副切換弁12は、リフトシリンダ7に作動油を供給する供給位置D、リフトシリンダ7から作動油を排出する排出位置Eの2位置に切換え可能に構成されている。
【0022】昇降操作レバー10が中立位置にあるときは、主切換弁11の作動位置は停止位置Cにあり、副切換弁12は供給位置Dにあり、リフトシリンダ7に対する作動油の給排を停止してモーア4の昇降を停止する中立状態にあり、モーア4を所望の高さで維持することができるようになっている。そして、前記油圧ポンプPからの作動油は、絞り13を介して静油圧式無段装置Hにチャージ油を供給するようになっている。
【0023】昇降操作レバー10の揺動操作により主切換弁11の作動位置を供給位置Aに切り換えることによって、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態が油圧ポンプPからの作動油をリフトシリンダ7へ供給してモーア4を上昇させる上昇状態となり、モーア4を所望の高さまで上昇させることができるようになっている。斯かる場合には、静油圧式無段装置Hへの作動油の供給は一時的に停止されることとなる。
【0024】一方、昇降操作レバー10の揺動操作により主切換弁11の作動位置を排出位置Bに、副切換弁12の作動位置を排出位置Eに切り換えることによって、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態がリフトシリンダ10の作動油を作動油タンクTへ排出してモーア4を下降させる自由下降状態となり、モーア4を所望の高さまで下降させることができるようになっている。そして、前記油圧ポンプPからの作動油は、絞り13を介して静油圧式無段装置Hにチャージ油を供給するようになっている。尚、この自由下降状態において芝刈り作業を行うことによって、モーア4の自重付勢によりモーア4のゲージ輪4Bが地面に接地してモーア4が所望設定高さで地面の起伏に沿って追従するフローティング状態となり、芝の刈り高さを所望の設定高さで揃えることができるようになっている。
【0025】そして、モーアの自由下降状態において、昇降操作レバー10の揺動操作により主切換弁11の作動位置を排出位置Bから停止位置Cに切り換えることによって、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態が油圧ポンプPに連通するとともに絞り13を介して静油圧式無段変速装置Hへも連通して、作動油を絞り13へ流通させて背圧を生じさせるようにすることによって、リフトシリンダ7に対する作動油の流通状態が、モーア4にモーア重量より小さい上昇駆動力を付与する半上昇状態となり、ゲージ輪4Bを浮上させない程度でゲージ輪4Bに掛かるモーア重量を軽減しえるようになっている。
【0026】〔別実施例〕この別実施例においては、上記乗用芝刈機がパワーステアリング形式の場合、図9に示すバルブユニットV1に交換することによって、静油圧式無段装置HのチャージポンプPからの油を前記リフトシリンダ7とパワーステアリング装置PSにも供給できるようになっている。
【0027】上記実施例との相違点は、バルブユニットV1のリリーフ弁17がボール式からポペット式に変更された点と、前記リリーフ弁17を、パワーステアリング装置PSとリフトシリンダ7に対するリリーフ弁として兼用化をはかるために、ポンプPからリリーフ弁17に通じる接続ポートRaが設けられている点で相違し、その他の点については全く同じである。
【0028】パワーステアリング装置を使用する場合には、リリーフ弁17のホルダー17aをねじ込んで先端の通路を閉じ、パワーステアリング装置の作動圧が接続ポートRaを介してリリーフ弁17に作用するようになっている。
【0029】そして、この別実施例においては、ステアリング装置がマニアル式の場合にも適用できるようになっている。
【0030】ステアリング装置がマニアル式の場合には、前記接続ポートRaに盲栓をねじ込んでリリーフ弁17への油路を閉塞し、そして、主切換弁11とリリーフ弁17のホルダー17aとの間にカラー19を介在させてリリーフ圧を低く変更するようになっている。
【0031】また、モーア4としては種々の型式のものへの変更が可能であり、例えば、フレール型式のものを採用してもよい。
【0032】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013