米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 藺草ハーベスタの分草構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−47329
公開日 平成8年(1996)2月20日
出願番号 特願平7−231284
出願日 平成1年(1989)8月2日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 牧園 晴充 / 大野 隆行 / 佐藤 義彦 / 有本 敬 / 富岡 孝幸
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 機体前部に茎稈引起し装置(2)を備えるとともに、前記引起し装置(2)の前方位置の機体前端下部に固定配備した分草具(20)の後部から前記引起し装置(2)の上部に向かう斜め軸芯の周りで駆動回転する分草回転体(21)を配設してある藺草ハーベスタの分草構造であって、前記分草回転体(21)を、その断面形状が非円形であり、かつ、外周部が滑らかな曲面となるように成形した杆体で構成し、その非円形断面の中心位置の軸芯周りで回転駆動するよう構成するとともに、前記分草回転体(21)の外周部の前端側一部にのみ、茎稈巻き付き防止用スクレーパ(29)を近接配備してある藺草ハーベスタの分草構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、機体前部に茎稈引起し装置を備えるとともに、前記引起し装置の前方位置の機体前端下部に固定配備した分草具の後部から前記引起し装置の上部に向かう斜め軸芯の周りで駆動回転する分草回転体を配設してある藺草ハーベスタの分草構造に関する。
【0002】
【従来の技術】上記分草構造において、従来では、例えば特開昭61-21021号公報に開示されているように、前記分草回転体を湾曲形状に成形した棒材で構成するとともに、この分草回転体の両端を支持して、高速で公転駆動させるよう構成したものがあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来構造は、互いに激しく絡み付いた藺草を前記分草回転体で滑らかに強制分草するように考慮したものである。ところが、上記したように湾曲した棒材を高速で振り回しながら分草する構造である為に振動の発生が大きく、これが機体の運転部に伝わって作業環境を悪化させたり、周辺機器に伝わって悪影響を及ぼすことがあった。また、前記分草回転体における公転半径の小さな端部において藺草が巻き付き、藺草を引きちぎって損傷を与えたり、回転を阻害させたりする欠点もあった。しかも、細い棒材を高速で振り回す構造であるので、藺草に対して強い力で衝突して多数の折れ傷をつけてしまい品質を低下させる等の弊害もあった。本発明は、合理的改良により上記不具合点を解消する事を目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の特徴は、冒頭に記載した藺草ハーベスタの分草構造において、前記分草回転体を、その断面形状が非円形であり、かつ、外周部が滑らかな曲面となるように成形した杆体で構成し、その非円形断面の中心位置の軸芯周りで回転駆動するよう構成するとともに、前記分草回転体の外周部の前端側一部にのみ、茎稈巻き付き防止用スクレーパを近接配備してある点にある。
【0005】〔作用〕前記分草回転体は、自転運動しながらその回転中心から外周部までの距離の周方向での差に起因する振動を、絡み合った植立藺草に対して与えながら根本部分から徐々に上方に向けて振り分け分草して行く。しかも、上記振動作用は略全長に亘って行われるので、藺草が巻き付こうとした場合であっても有効に巻き付きを阻止できる。又、例えば雨や朝露等で濡れた屑藺や雑草等の夾雑物が分草回転体の分草始端側において巻き付こうとしても、前記スクレーパにより有効に掻き取られ、巻き付きを阻止しながら上記したような振り分け分草を続行するのである。
【0006】〔効果〕その結果、細い棒材が高速で藺草に対して衝突しながら振り分けていくものに較べて、巻き付きや折損の少ない状態で振り分け分草を行えるようになった。又、上記作用と同様の作用を為すものとして、前記スクレーパを分草回転体の外周部の略全長に亘って近接配備する構造が考えられるが、このように構成すると、高速回転する分草回転体に沿って薄板状のスクレーパが長く延びる構造となって、藺草の衝突などにより振動騒音が大きくなる欠点があり、又、回転運動に伴ってスクレーパと分草回転体外周部との間隙は狭い状態と広い状態とを交互に繰り返すことになり、巻き付いた屑藺を取り除く作業の際等に上記間隙に手を挟み込まれる危険性が大である等の欠点があるが、本発明では、夾雑物の多い前端側一部にのみスクレーパを設ける構成であるので、夾雑物の巻き付きを有効に阻止しながら、振動騒音の発生を抑制し、かつ、メンテナンス作業における安全性を確保できるという利点を有する。
【0007】
【発明の実施の形態】乗用型の藺草ハーベスタについて説明する。図3及び図4に示すように、植立穀稈の絡みを解す左右一対の分草装置1,1、分草後の植立藺草を導入し乍ら引起す左右一対の引起し装置2,2、引起された藺草の株元を切断するバリカン型の刈取装置3等を走行機体4の前端横一側方に配設するとともに、刈取られた藺草の上部を吊下げ挾持して機体後方で且つ斜め上方に向けて搬送する前後挾持搬送装置5を設け、この挾持藺草の株元側部分を機体横側方に向けて強制搬送する搬送装置8を設けるとともに、前記搬送装置8によって送風装置6A吹出口6a前方に放出風力に抗して強制的に搬送された藺草の株元側部分を、送風装置6A吹出口6aからの放出風によって上方に向けて吹上げ屑藺を選り出す風力式選り装置6を設け、更に、放出風によって吹き上げられた藺草の株元側部分を結束床10上に導く係止爪持上げ搬送装置12を備えるとともに、結束床10上に載置された藺草を選る補助選り装置13、結束装置7に向けて搬送する搬送装置17及び結束する結束装置7を配置し、以上を刈取フレーム33に搭載してこの刈取フレーム33を走行機体4に対して横軸芯X周りで上下揺動可能に枢支するとともに、この結束装置7の後方に油圧シリンダ14とパンタグラフ式昇降リンク機構19とによって上下し、かつ、後支点Yでパンタグラフ式昇降リンク機構19と一体で上下揺動(ダンプ作用)する積載台15を設け、積載台15後端の集積藺草を受止める側壁としての受止め杆37を後方倒れになるように設置し、引起し装置2とは反対側横一側にエンジン16及び運転部9を設け、これらを左右クローラ走行装置11,11を備えた走行機体4に搭載して乗用型の藺草ハーベスタを構成してある。次に前記分草装置1について説明する。前記刈取フレーム33を引起し装置2よりも前方に突出させて、その前端部に植立藺草の根元部に分け入って分草する分草具20を固定取付けするとともに、この分草具20の後部から引起し装置2の上部に向かう斜め軸芯の周りで駆動回転する分草回転体21を配設して前記分草装置1を構成してある。詳述すると、図1及び図2に示すように、前記分草回転体21を、断面形状が長円形となるよう成形した杆体で構成し、その中心位置の軸芯Z周りで回転駆動するよう構成してある。つまり、中心部に回転支軸22を貫通延設し、この回転支軸22の下端を刈取フレーム33の前端部にボルト連結した軸受部材23にベアリング支承するとともに、上端をユニバーサルジョイント24を介して伝動軸25に連動連結してある。そして、回転支軸22の上部及び下部夫々に固着した支持部材26,27間に断面が真円形状の円筒部材28を軸外挿状態で連結し、かつ、前記円筒部材28の外周部に前記分草回転体21を外挿させて、前記両支持部材26,27に固定取付けしてある。前記分草回転体21は、図5に示すように、機体進行方向に向かって反時計周りに回転駆動するよう構成し、予め、進行方向に向かって左側に整列倒伏させてある植立藺草に対し分草始端部から終端部まで効果的に振り分け振動作用を為すようにして前後方向での絡みも有効に解すよう構成してある。又、前記分草回転体21は低速回転状態〔例えば750RPM程度〕と高速回転状態〔例えば1380RPM 程度〕の高低2段に変速切換え可能に伝動系(図示せず)を構成し、絡み具合の差に応じて使い分けできるようにしてある。因みに、エンジン16の回転数は約3600RPM であり、引起し装置2の引起し速度は1.48m/sec 程度に設定してある。又、前記引起し装置2の鉛直姿勢からの傾斜角αは約20度に設定し、分草回転体21の立上がり傾斜角βは約52度に設定してある。分草回転体21の外周部下方側の前端側一部にのみ、茎稈防止用スクレーパ29を近接配備してある。前記スクレーパ29はゴム等の弾性体から成り、図2にも示すように、刈取フレーム33から立上連設したブラケット30に、ボルト締結される一対の挾持部材31,31によって前記スクレーパ29を挾圧固定して支持するよう構成してある。尚、前記分草回転体21の材質は、合成樹脂材でもよく、又、鉄等の金属材で構成してもよい。
【0008】〔別実施形態〕前記分草回転体21は、図6に示すような小径の丸パイプ36,36を並列配備してその接点を中心として回転させるものでもよく、図7に示すような楕円形状の断面を有するものでもよい。又、図8に示すような三角形状、あるいは、図9に示すような四角形状等各種断面形状に変更して実施してもよい。
【0009】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013