米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 脱穀装置の選別風供給装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−37912
公開日 平成8年(1996)2月13日
出願番号 特願平6−175056
出願日 平成6年(1994)7月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 河瀬 宗之 / 宮内 直
要約 目的


構成
互いに独立した一対のケーシング9を、揺動選別装置の前方で左右に並列配備し、前記一対のケーシング9のそれぞれに遠心ファン10を、その回転軸芯10aを前記ケーシング9の幅方向に沿わせた状態で互いに同芯状に収容し、前記遠心ファン10の駆動回転に伴って前記ケーシング9内に空気を取り入れるための空気取入れ口12を、前記一対のケーシング9の側壁にそれぞれ形成し、前記空気取入れ口12から取り入れた空気を後方に送出する空気送出口14を、前記ケーシング9の後部に形成し、前記一対の空気送出口から送出した空気を合流拡散させながら前記揺動選別装置のほぼ全幅にわたる部位に導く拡散空間を、前記空気送出口の後方に形成してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 互いに独立した一対のケーシング(9)を、揺動選別装置(6)の前方で左右に並列配備し、前記一対のケーシング(9)のそれぞれに遠心ファン(10)を、その回転軸芯(10a)を前記ケーシング(9)の幅方向に沿わせた状態で互いに同芯状に収容し、前記遠心ファン(10)の駆動回転に伴って前記ケーシング(9)内に空気を取り入れるための空気取入れ口(12)を、前記一対のケーシング(9)の側壁(17),(18)にそれぞれ形成し、前記空気取入れ口(12)から取り入れた空気を後方に送出する空気送出口(14)を、前記ケーシング(9)の後部に形成し、前記一対の空気送出口(14)から送出した空気を合流拡散させながら前記揺動選別装置(6)のほぼ全幅にわたる部位に導く拡散空間(S)を、前記空気送出口(14)の後方に形成してある脱穀装置の選別風供給装置。
【請求項2】 駆動源からの駆動力を前記遠心ファン(10)の回転軸(10a)に伝達する動力伝達機構(32)を、前記一対のケーシング(9)の間に配設してある請求項1記載の脱穀装置の選別風供給装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は脱穀装置の選別風供給装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上記の脱穀装置の選別風供給装置は、揺動選別装置とほぼ同幅のケーシングを前記揺動選別装置の前方に配設し、長尺平板状の羽根を回転軸の周りに放射状に設けて成るファンを、その回転軸芯を前記ケーシングの幅方向に沿わせた状態で前記ケーシング内に配設し、前記遠心ファンの駆動回転に伴って前記ケーシング内に空気を取り入れるための空気取入れ口を、前記ケーシングの両側壁に形成し、空気取入れ口から取り入れた空気を前記揺動選別装置に向けて送出するための空気送出口を、前記ケーシングの後部にほぼ全幅にわたって形成して構成してあった〔例えば実開平6‐38452号公報〕。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来の構成によれば、長尺平板状の羽根を回転軸の周りに放射状に設けて前記ファンを構成してあったために、ファンの送風能力を上げて選別精度を向上させるには、羽根を大径にするとともに、ファンの駆動部を大出力のものにするしかなかった。
【0004】しかしながら、このように羽根を大径するとともに、ファンの駆動部を大出力のものにすると、消費される動力が大きくなって運転コストが増大し、また騒音が大きくなって作業環境が悪化する虞れがある。
【0005】本発明は上記の点に鑑みてなされたもので、その目的は、運転コストの増大や作業環境の悪化を招くことなく風による選別精度を向上させることができる脱穀装置の選別風供給装置を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の特徴構成は、互いに独立した一対のケーシングを、揺動選別装置の前方で左右に並列配備し、前記一対のケーシングのそれぞれに遠心ファンを、その回転軸芯を前記ケーシングの幅方向に沿わせた状態で互いに同芯状に収容し、前記遠心ファンの駆動回転に伴って前記ケーシング内に空気を取り入れるための空気取入れ口を、前記一対のケーシングの側壁にそれぞれ形成し、前記空気取入れ口から取り入れた空気を後方に送出する空気送出口を、前記ケーシングの後部に形成し、前記一対の空気送出口から送出した空気を合流拡散させながら前記揺動選別装置のほぼ全幅にわたる部位に導く拡散空間を、前記空気送出口の後方に形成してあることにある。
【0007】なお、駆動源からの駆動力を前記遠心ファンの回転軸に伝達する動力伝達機構を、前記一対のケーシングの間に配設してもよい。
【0008】
【作用】上記の構成によれば、左右一対のケーシング内にそれぞれ収容した遠心ファンの駆動回転に伴って、ケーシングの側壁の空気取入れ口から空気を取り込み、その空気を空気送出口から送出して、拡散空間内で合流拡散させながら揺動選別装置のほぼ全幅にわたる部位に送出する。空気は上記のように左右一対のケーシング内にそれぞれ収容した遠心ファンによって取り入れるから、左右一方側で空気の流れが不足することがなく、揺動選別装置の全幅にわたる部位に安定的に空気を送出することができる。そのうえ、両ケーシングの空気送出口から空気を各別に送出した後でそれら両空気送出口からの空気を合流拡散させるから、空気を整流した状態で揺動選別装置側に送出することができる。
【0009】前記遠心ファンは、長尺平板状の羽根を回転軸の周りに放射状に設けて構成したファンよりも、小さな動力で効率よく送風できて送風能力が非常に優れているから、従来のように、ファンを大径化するとともにファンの駆動部を大出力のものにしなくても送風能力を上げることができ、しかも騒音を小さく抑えることができる。
【0010】なお、駆動源からの駆動力を前記遠心ファンの回転軸に伝達する動力伝達機構を、前記一対のケーシングの間に配設した場合は、前記回転軸やその軸受け等が前記空気取入れ口内に入り込まないように構成することができるので、前記動力伝達機構をケーシングの外側に配設した場合よりも、空気取入れ口の面積が増えて、空気取入れ口からの空気取入れ量を大きくすることができる。
【0011】
【発明の効果】従って、ファンを大径化しファンの駆動部を大出力のものにしなくても送風能力を上げることができ、しかも騒音を小さく抑えることができるから、運転コストの増大や作業環境の悪化を招くことなく風による選別精度を向上させることができる脱穀装置の選別風供給装置を提供することができた。
【0012】そして、駆動源からの駆動力を前記遠心ファンの回転軸に伝達する動力伝達機構を、前記一対のケーシングの間に配設した場合は、空気取入れ口の面積が増えて、空気取り入れ量を大きくすることができるから、上記の風による選別精度をさらに向上させることができる脱穀装置の選別風供給装置を提供することができる。
【0013】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1に、コンバインに装備する脱穀装置を示している。この脱穀装置は、コンバインの機体前部に装備した刈取前処理部で刈り取られた穀稈を、フィードチェーンFCで後方に搬送される途中で扱処理するように、上部に前後軸心周りに回転駆動される扱胴1を軸支した扱室2を設けて脱穀部3を構成するとともに、扱胴1の下方に張設された受網4から漏下してくる処理物を選別処理する選別部5を配設した構造となっている。前記選別部5は、揺動選別装置6と、この揺動選別装置6に選別風を送る選別風供給装置としての唐箕7とからなるとともに、選別部5の下方には、回収部8を設けている。
【0014】前記揺動選別装置6には、扱室2から漏下した処理物を、開度調節自在なチャフシーブ19で受け止めて揺動移送しながら粗選別を行う粗選別部15を設け、この粗選別部15から漏下した選別処理物を揺動移送しながら穀粒と二番物とに選別する精選別部16を設てある。
【0015】前記チャフシーブ19は、夫々横軸芯周りで揺動調節自在な複数のチャフ板19aを並列配備して成り、各チャフ板19aはワイヤを介して電動モータにより一体的に揺動作動して、処理物の漏下開度を変更調節できるよう構成してある。前記チャフシーブ19の上方には、チャフシーブ19の上部における処理物の層厚さを脱穀処理量のデータとして検出する処理物層厚さ検出センサ39を設けてある。
【0016】前記唐箕7について説明すると、図2,図3,図4に示すように、互いに独立した一対のケーシング9を、揺動選別装置6の前方で左右に並列配備し、前記一対のケーシング9のそれぞれに遠心ファン10を、その回転軸芯10aを前記ケーシング9の幅方向に沿わせた状態で互いに同芯状に収容し、前記遠心ファン10の駆動回転に伴って前記内側ケーシング9内に空気を取り入れるための空気取入れ口12を、左右の外側板18,17にそれぞれ形成し、前記空気取入れ口12から取り入れた空気を後方に送出する空気送出口14を、前記ケーシング9の後部に形成し、前記一対の空気送出口14から送出した空気を合流拡散させながら前記揺動選別装置6のほぼ全幅にわたる部位に導く拡散空間Sを、前記空気送出口14の後方に形成してある。
【0017】前記一対のケーシング9は、それらの間にベアリングケース31を配置した状態で一体連設してあり、前記一対の遠心ファン10の回転軸10aを、共通する1本の軸から構成して、この回転軸10aの中央部をベアリングケース31内のベアリングBに内嵌支持させてある。
【0018】前記一対のケーシング9の後端部周りの構造についてさらに詳述すると、図3に示すように両ケーシング9を、前記一対の空気送出口14からさらに後方に延出して、図4に示すように、両ケーシング9の後端部同士を、上下壁と前壁とから成る壁部材を介して連通接続してあり、両ケーシング9の後端部内の空間と、壁部材で囲まれる空間とで前記拡散空間Sを形成している。
【0019】前記遠心ファン10はエンジンから駆動力を得て回転するもので、エンジンとの間に設けたベルト式無段変速装置21により風量を無段階に調節可能に構成してある。
【0020】前記ケーシング9の軸芯方向外側の端部は、縮径させた状態で図3に示すように四角形状に開口形成して、左右外側板18,17からそれぞれ外方側に少し突出させてあり、この四角形状の開口部で前記空気取入れ口12を構成してある。そして前記四角形状の開口端部には、遠心ファン10の回転軸10aを支持する横フレーム13を設けてあり、前記空気取入れ口12を、横フレーム13から上方の上側空気取入れ口12aと、下方の下側空気取入れ口12bとで構成してある。
【0021】図2に示すように、遠心ファン10の回転軸10aに取り付けた従動プーリ23に、その従動プーリ23の回転に伴って前記空気取入れ口12内に空気を送り込むフィン22を設けてある。このフィン22を設けたことで、空気取入れ口12から取り入れる空気の量が大きくなりさらに送風能力を向上させることができる。
【0022】前記ケーシング9の周壁の選別風巻き込み側の遊端部には、唐箕7からの選別風を精選別部16の長手方向に沿う方向に案内する案内板27を連設してある。また、選別風の風路上で、前記案内板27の下方には、選別風を一番物回収部8aの流し板28の近傍に向かう風と、精選別部16のグレンシーブ29の近傍に向かう風とに分配可能な風向板30を設けてある。
【0023】上記構成によれば、左右一対のケーシング9内にそれぞれ収容した遠心ファン10の駆動回転に伴って、ケーシング9の空気取入れ口12から空気を取り込み、その空気を空気送出口14から送出して、拡散空間S内で合流拡散させながら揺動選別装置6のほぼ全幅にわたる部位に送出する。
【0024】〔別実施例〕図7に示すように、前記一対の遠心ファン10の回転軸10aを、両ケーシング9内に納まる長さに設定し、前記ベルト式無段変速装置21における従動プーリ23を取り付ける回転軸33を、前記遠心ファン10の回転軸10aの前方に平行配置し、エンジンからの駆動力を前記遠心ファン10の回転軸10aに伝達する動力伝達機構としてのギヤ機構32を、前記一対のケーシング9の間で、回転軸33と前記遠心ファン10の回転軸10aとの間に設けてもよい。前記ギヤ機構32は、回転軸33と遠心ファン10の回転軸10aとに、互いに噛み合う中間ギヤ32a,32bを設けて構成してある。
【0025】この構成によれば、前記遠心ファン10の回転軸10aやその回転軸10aの軸受け等が前記空気取入れ口12内に入り込まないので、空気取入れ口12を増やすことができて、空気取入れ口12からの空気の取入れ量を大きくすることができ、送風能力をさらに上げることができる。しかも、前記中間ギヤ32aによってラジエータ冷却用排風を、両空気取入れ口12に導かれるように整流することができる。この実施例において、さらに前記空気取入れ口12に空気を導入するためのフィン34を、前記回転軸33の両端部の従動プーリ23に設けてもよい。
【0026】図5,図6に示すように、ケーシング9の周壁の一部37を一対の電動モータM2により各別に開度調節自在に設け、この開度調節によって揺動選別装置6に対する選別風量を変更調節できるように構成してもよい。この構成によれば遠心ファン10の回転数を変更させることなく遠心ファン10の送風量を変更させることができる。この実施例においてさらに、前記処理物層厚さ検出センサ39を前記チャフシーブ19の上方で左右両端部側にそれぞれ配置し、この処理物層厚さ検出センサ39の検出結果に基づいて、処理量が多い側の遠心ファン10の前記周壁の一部37が閉じ側に揺動して送風量が多くなり、処理量が少ない側の遠心ファン10の前記周壁の一部37が開き側に揺動して送風量が少なくなるように、前記一対の電動モータM2を各別に制御する制御装置40を設けてもよい。この場合図6に示すように、チャフシーブ19の開度を調節する電動モータM1を制御装置40で制御するようにも構成して、両処理量層厚さ検出センサ39の検出結果に基づいて、処理物の全体の量が多くなるに伴って、チャフシーブ19の開度を広くして処理物が滞留するのを抑制し、一方、処理量が少なくなるに伴って、チャフシーブ19の開度を狭くしてワラ屑が精選別部16に漏下しないように制御してもよい。
【0027】図9に示すように、幅方向で穀稈の株元側寄りに位置する遠心ファン10の軸芯方向における厚さを、穂先側寄りに位置する遠心ファン10の厚さよりも薄く設定してもよい。この構成によれば、処理物の量が大きくなりやすい穂先側寄りに位置する遠心ファン10の風量を、株元側寄りに位置する遠心ファン10の風量よりも大きくすることでき、処理物の量に合わった風の分布を形成することができる。そして、この実施例において、第1実施例の処理層厚さ検出センサ39を、前記チャフシーブ19の上方で、かつ、厚さが厚い方の遠心ファン10の上方側に配置してもよい。この構成によれば、処理物の量が大きくなりやすい穂先側寄りの部位の処理物の量を検出することにより、処理物の量の異常な増大等を早く検出することができる。なお、処理層厚さ検出センサ39を、厚さが厚い方の遠心ファン10の上方側に加えて、厚さが薄い方の遠心ファン10の上方側にも配置してもよい。
【0028】前記拡散空間Sを形成するケーシング9の後端部の底部を、図8(イ)に示すように、幅方向中央部から両端部側になるほど高くなる横倒れの「く」の字状に形成してもよい。この構成によれば、前記拡散空間S内での選別風の流れを整流することができる。また、この構成に加えて、前記底部の中央部(図6,図8(ロ)参照)又は上壁の中央部(図8(ハ)参照)に前後方向に沿って低い仕切り板36を付設すれば、前記選別風をさらに効果的に整流することができる。
【0029】図10に示すように、前記一対の遠心ファン10の回転軸10aを、それぞれの遠心ファン10ごとに分割形成して、両回転軸10aをスプライン継手38により連結してもよい。
【0030】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を容易にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013