米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 生物系特定産業技術研究推進機構

発明の名称 収穫野菜処理装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−37881
公開日 平成8年(1996)2月13日
出願番号 特願平6−174437
出願日 平成6年(1994)7月26日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】安田 敏雄
発明者 山崎 登成 / 加藤 啓造
要約 目的
斜め方向の第1搬送手段から水平方向の第2搬送手段にキャベツを受渡すとき、キャベツを引起して受渡すことで第2搬送手段にキャベツを正しい姿勢として切断ミスをなくす。

構成
オーガスクリューからなる斜め方向の第1搬送手段13とオーガスクリュー33からなる水平方向の第2搬送手段との受継部D上に、キャベツCを引起すための姿勢矯正手段16を備える。
特許請求の範囲
【請求項1】 結球部(B)と根茎部(S)とを有する収穫野菜(C)を持ち上げつつ搬送する第1搬送手段(13)と、該第1搬送手段(13)に屈折受継部(D)を介して連携されていて収穫野菜(C)をほぼ水平方向に搬送する第2搬送手段(14)と、該第2搬送手段(14)の中途に位置付けられていて収穫野菜(C)の結球部(B)と根茎部(S)との境界部を切断する切断手段(15)とを備えている収穫野菜処理装置において、前記屈折受継部(D)の上方に位置付けられて、前記第1搬送手段(13)から第2搬送手段(14)に受け渡される収穫野菜(C)の結球部(B)に作用して第2搬送手段(14)に対して根茎部(S)が直立するように引起こす姿勢矯正手段(16)を備えていることを特徴とする収穫野菜処理装置。
【請求項2】 第1・2搬送手段(13)(14)は、収穫野菜(C)の根茎部(S)を狭持して搬送するオーガスクリュー(33)(34)よりなっていて、姿勢矯正手段(16)はエンドレスベルト(50)より成っていることを特徴とする請求項1記載の収穫野菜処理装置。
【請求項3】 姿勢矯正手段(16)は、第2搬送手段(14)の搬送面に対して上下方向に平行移動可能であることを特徴とする請求項1又は2に記載の野菜収穫処理装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、キャベツ、レタス等の結球野菜を収穫した後に根茎部の切断処理をする収穫野菜処理装置に関する。
【0002】
【従来の技術】キャベツ等の結球野菜の野菜収穫機として、例えば、「新版 農業機械ハンドブック 株式会社コロナ社 昭和59年3月30日発行 第863〜865頁」に記載のものがある。この野菜収穫機は、収穫部で掘り取ったキャベツを、搬送手段によって搬送しながら、その搬送方向中途位置に設けた切断刃によりキャベツの結球部と根茎部との境界部を切断するようになっている。この収穫機の搬送手段は、対向回転式の2軸オーガスクリュー(直棒状の軸の外周に螺旋状の凹溝を形成したもの)を備えてなり、このスクリューの溝内に根茎部を挟んで搬送するようになっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、2軸オーガスクリューで根茎部を挟むと、オーガスクリューの凹溝のうち根茎部を保持する部分は上部側が搬送方向に傾斜されているため、根茎部及び結球部の上部側が搬送方向に対して傾斜してしまい、かかる状態で切断刃により切断すると、結球部と根茎部との境界部を斜めに切断してしまう。このように切断面が斜めになると、商品価値が低下することとなる。
【0004】そこで、本発明は、2軸オーガスクリューなどの搬送手段による搬送途中で結球部と根茎部との境界部を切断する収穫野菜処理装置において、結球部を切断刃に対して平行な姿勢とすることにより、結球部と根茎部との境界部を平行に切断できるようにすることを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、結球部Bと根茎部Sとを有する収穫野菜Cを持ち上げつつ搬送する第1搬送手段13と、該第1搬送手段13に屈折変継部Dを介して連携されていて収穫野菜Cをほぼ水平方向に搬送する第2搬送手段14と、該第2搬送手段14の中途に位置づけられていて収穫野菜Cの結球部Bと根茎部Sとの境界部を切断する切断手段15とを備えている収穫野菜処理装置において、前述の目的を達成するために、次の技術的手段を講じている。
【0006】すなわち、前記屈折受継部Dの上方に位置付けられて、前記第1搬送手段13から第2搬送手段14に受け渡される収穫野菜Cの結球部Bに作用して第2搬送手段14に対して根茎部Sが直立するように引起こす姿勢矯正手段16を備えていることを特徴とするものである。また、本発明では、前記第1・2搬送手段13、14は、収穫野菜Cの根茎部Sを狭持して搬送するオーガスクリュー33、34よりなっていて、姿勢矯正手段16はエンドレスベルト50によって構成することができる。
【0007】更に、本発明では、前記姿勢矯正手段16は、第2搬送手段14の搬送面に対して上下方向に平行移動可能にすることができる。
【0008】
【作用】本発明によれば、収穫野菜Cは第1搬送手段13におけるオーガスクリュー26にその根茎部Sが挟まれて後上り状に持ち上げられて屈折受継部Dを介して第2搬送手段14におけるオーガスクリュー33にその根茎部Sが挟まれてほぼ水平方向に搬送される過程で切断手段15によって結球部Bと根茎部Sとの境界部が直すぐに切断される。
【0009】この切断手段15による正確な切断をするためには、屈折受継部Dにおいて斜めに向いている根茎部Sを第2搬送手段14に対して垂直に挟む必要がある。このため、屈折受継部Dの上方に位置付けられている姿勢矯正手段16によって結球部Bに抵抗を与えかつ引起し状にすることで第2搬送手段14に対して根茎部Sが直立状に挟まれることになる。
【0010】
【実施例】図4〜図6はキャベツの収穫に適した野菜収穫機10を示している。この収穫機10は走行車両11を有し、この走行車両11には、圃場のキャベツ(野菜)Cを引き抜く収穫手段12と、この収穫手段12により引き抜かれたキャベツCを上方に持ち上げる第1搬送手段13と、この第1搬送手段13により送られてきたキャベツCを後方に搬送する第2搬送手段14と、この第2搬送手段14の搬送途中でキャベツCの根茎部Sを切断除去する切断手段15と、この切断手段15の搬送方向手前に配置されてキャベツCの姿勢を矯正する姿勢矯正手段16と、根茎部Sの切断されたキャベツCを収納する収納部17とが備えられている。
【0011】前記走行車両11は、クローラ18を備えた車体19を有し、この車体19の右側に運転席20が設けられている。運転席20の前方又は左側方には、走向操作レバー、主変速レバー、副変速レバー、アクセルレバー等を有する。また、車体19には、クローラ18を駆動するためのエンジン21及びミッション22等が備えられている。車体19の後部には昇降作業装置23が備えられている。
【0012】前記収穫手段12は、車体19左部の前方に配置されており、前端部に配置した左右一対のピックアップディスク24と、このピックアップディスク24により引き抜かれたキャベツCの根茎部Sを挟持して後上方に搬送する左右一対の取り込みスクリュー25とを有する。この左右の取り込みスクリュー25は、直棒軸の表面に螺旋状の凹溝を有するいわゆる2軸オーガスクリューからなり、両者のスクリューの溝内で根茎部Sを挟持しながら後方へ搬送するもので、この取り込みスクリュー25は圃場の表面に対して所定の角度を有して配置されている。
【0013】前記第1搬送手段13は、取り込みスクリュー25の後端に連繋された持ち上げスクリュー26と、この持ち上げスクリュー26によるキャベツCの搬送を安定的に行うべくキャベツCの頂部を押さえるベルトコンベヤ27とを有する。持ち上げスクリュー26は、取り込みスクリュー25より大きい角度、例えば42°〜50°で後上方に傾斜しており、取り込みスクリュー25と同様に、2軸オーガスクリューからなり、左右一対設けられていて、スクリューの溝内で根茎部Sを挟持しながらキャベツCを後上方へ持ち上げ搬送する。
【0014】ベルトコンベヤ27は、持ち上げスクリュー26の搬送速度とほぼ同速度で駆動されており、持ち上げスクリュー26により搬送されているキャベツCの頂部を押さえて、キャベツCの落下防止と安定搬送とを図っている。持ち上げスクリュー26の下方には、回転駆動式の切断刃28が設けられており、この切断刃28により、キャベツCの根茎部Sのうち持ち上げスクリュー26により挟持される部分を残して、かかる部分より下方の根茎部Sを切断除去するようになっている。
【0015】第1搬送手段13によって持ち上げられたキャベツCは屈折受継部Dを介してほぼ水平方向に配した第2搬送手段14により後方に搬送される。前記屈折受継部Dの上方に位置付けられて、姿勢矯正手段16が配され、該手段16によってキャベツCは引起されて第2搬送手段14によりキャベツCの結球部Bの軸心Oが搬送方向に対して略直交させられた後、切断手段15により結球部Bと根茎部Sとの境界部が切断される。
【0016】根茎部Sが切断除去されたキャベツCは第2搬送手段14によりさらに後方に搬送され、収納部17の上方で下方に落下させられる。なお、第2搬送手段14の上方及び側方は防護カバー29により覆われている。前記収納部17は上方開放状のコンテナ30を備え、このコンテナ30内に、第2搬送手段14の後端部から落下させられたキャベツCを多数個収納するようになっている。
【0017】本実施例に係る収穫野菜処理装置1は、前記第1・第2搬送手段13、14、切断手段15及び姿勢矯正手段16を備えて構成されており、車体19に固定された装置フレーム2に支持固定されている。以下、収穫野菜処理装置1の各実施例について説明する。図1〜図3に示す第1実施例に係る収穫野菜処理装置1において、前記第2搬送手段14は、持ち上げスクリュー26の後上端に屈折受継部Dを介して連繋された根茎部搬送部31と、キャベツCの結球部Bを左右から挟持して搬送する側部搬送部32とを有する。これら根茎部搬送部31と側部搬送部32は、共に緩やかに後上方傾斜(ほぼ水平方向)されて、搬送方向が同方向(略後方)とされており、且つ、根茎部搬送部31の搬送速度と側部搬送部32の搬送速度とが同速度に設定されている。
【0018】根茎部搬送部31は、2つのオーガスクリュー33が左右に並設されてなり、これらオーガスクリュー33の対向側が下方に回転されてキャベツCの根茎部Sを下方に引き込みつつ、オーガスクリュー33の凹溝33a内で根茎部Sを挟持しながら後方へ搬送する。なお、オーガスクリュー33と持ち上げスクリュー26との屈折受継部Dは、ユニバーサルジョイント等で連動連結してもよいし、別個独立の駆動系により別々に回転駆動することもできるが、図1の実施例では、対のオーガスクリュー34を並設したものを示している。
【0019】図2で示す如くオーガスクリュー34よりなる屈折受継部Dは、凹溝34aと凸条34bとを軸方向交互で螺旋状に形成してなり、凹溝34aはその始端側の溝深さが最も深く送り側に向かって徐々に溝深さが浅くなった半円形であり、凸条34bの送り作用面34cは略垂直に立ち上がった壁とされていて、ここに、持ち上げスクリュー26から受け渡されたキャベツCは広いフトコロ35で停滞するのが防止されるとともに送り作用面34cで大きな搬送力を得るようにされている。
【0020】各オーガスクリュー33の後端部には図7で示すように回転動力伝達部35が設けられている。この動力伝達部35は、装置フレーム2に固定された油圧モータ(又は減速機付モータ)からの動力を、スプロケット、チェーン及び伝動ギア等を介して各オーガスクリュー33に伝達して、両オーガスクリュー33を同速度で回転駆動するよう構成されている。各オーガスクリュー33の前端部は軸受35を介して装置フレーム2に支持されている。
【0021】各オーガスクリュー33は、図3でも示すように根茎部Sを下方に引き込む方向に回転駆動されており(すなわち、各オーガスクリュー33の対向側が下方に回転する)、また、オーガスクリュー33の外周に螺旋状に形成された凹溝33aは、スクリュー33の回転により両オーガスクリュー33の凹溝33a内に保持された根茎部Sを後方に搬送するように設けられている。凹溝33aは、各オーガスクリュー33の対向側では上方が搬送方向にやや傾斜されているので、根茎部Sは上側が搬送方向(後方)に傾斜する姿勢で凹溝33a内に保持されながら搬送されるようになるが実質的に水平方向に搬送される。
【0022】側部搬送部32は図7で示すように左右一対のエンドレスベルトコンベヤ36を備え、第1搬送手段13により送られてきたキャベツCの結球部Bを両ベルトコンベヤ36により左右側方から挟持して収納部17の上方まで搬送する。各ベルトコンベヤ36は、本実施例では上下一対の環帯状ゴムベルトであり、これら一対のゴムベルトが、持ち上げスクリュー26の後部上方に配置された前プーリ37と、収納部17の上方に配置された後プーリ38とにわたってそれぞれ巻回されており、前プーリ37と後プーリ38との間には、ゴムベルトの往行側(結球部Bを挟持する側)を案内する複数の案内プーリ39が所定間隔で設けられている。
【0023】そして、左右のベルトコンベヤ36は、装置フレーム2に固定されたモータからの回転動力が、チェン、スプロケット等を介して後プーリ38にそれぞれ伝達されて、同速度で前後に回行駆動されている。なお、これら左右のベルトコンベヤ36の回行速度を若干異ならせることにより、キャベツCをその結球部Bの軸心回りに回転させながら搬送することもできる。
【0024】前プーリ37は前後位置調整機構40により前後方向に移動調整自在とされており、これによりゴムベルトの巻付け張力を調整できる。また、各案内プーリ39は、装置フレーム2に枢支された揺動片41の揺動側端部に設けられており、各揺動片41は、案内プーリ39がゴムベルトの往行側の内面を押し付けて左右のゴムベルトの間隔を狭めるようにテンションスプリング42により付勢されている。各揺動片41のテンションスプリング42は、揺動片41の一端部と、装置フレーム2の所定位置に設けたネジ軸43端部とに引っ掛けられている。ネジ軸43を軸方向に移動調節することにより、各案内プーリ39によるゴムベルトの押付力を個々に調整可能である。
【0025】前記切断手段15は、根茎部搬送部31の搬送方向中途部の上方に設けられた切断刃44を備えている。この切断刃44は円板状であって、2軸オーガスクリュー33の上部により構成される搬送面よりも若干上方に配置されるとともに、前記搬送面に対し平行とされている。すなわち、切断刃44の切断方向は根茎部搬送体31の搬送方向と略平行とされている。
【0026】この切断刃44は、装置フレーム2に固定されたモータ45により回転駆動される。なお、モータ45としては、油圧式、電動式などの適宜のものを採用できる。姿勢矯正手段16は、図1および図7で示すように屈折受継部Dの上方で平行リンク手段46によって上下方向に平行移動可能に支持されていてキャベツCの大中小にそれぞれ合わせてセット可能とされ、前側の従動プーリ47と後側の配動プーリ48との間にゴムベルトよりなるエンドレスベルト50を巻き掛けており、従動プーリ47にはテンション調整手段51が備えられている。
【0027】駆動プーリ48は中継伝動ボックス52、支持枠を兼ねている伝動ケース53内の巻掛伝動体等を介して図1の矢符X方向にベルト50を循環回走し、このベルト50の回走と摩擦抵抗によって第1搬送手段13によって矢符Y方向に搬送されているキャベツCを引起して第2搬送手段14に受け渡して矢符Z方向に搬送するとき、根茎部Sを略直立状にするようにされている。
【0028】即ち、姿勢矯正手段16におけるベルト50の搬送速度は、根茎部Sがオーガスクリュー33に挟まれることにより上部側が搬送方向に傾けられた結球部Bの軸心Oを、結球部Bと根茎部Sとの境界部が切断刃44により切断されるときまでに切断刃44の切断方向に対して略直交させるべく、オーガスクリュー33の搬送速度と同速かやや小さく設定されている。
【0029】本第1実施例の収穫野菜処理装置1によれば、キャベツCの搬送を、オーガスクリュー33と、側部搬送部32と、姿勢矯正手段16とによる3点支持による搬送としているので、搬送速度を比較的高速に設定しても安定的にキャベツCの搬送及び根茎部Sの切断除去を行うことができる。また、切断刃44による切断面が結球部Bの軸心Oに対し略直交するので、商品価値を損なうことがない。
【0030】
【発明の効果】以上記述した通り本発明によれば、第1搬送手段で後上がり状に搬送してきた作物を屈折受継部を介して第2搬送手段にほぼ水平方向に受渡すとき、姿勢矯正手段により引起こすことで確実に姿勢を正すことができ、切断手段による切断がシャープとなって商品価値を損なうことがない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013