米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 乗用型田植え機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−37844
公開日 平成8年(1996)2月13日
出願番号 特願平6−181036
出願日 平成6年(1994)8月2日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 安田 真
要約 目的
予備苗貯留装置を備えながら、格納時や運送時には機体全高さを低くでき、しかも、そのための切り換えがしやすい乗用型田植え機を提供する。

構成
予備苗貯留装置Aを自走機体の前端側に起立する使用姿勢と、この使用姿勢から機体後端側に倒伏する格納姿勢とに揺動切り換え自在に取り付けてある。格納姿勢にすると、予備苗貯留装置Aの上端レベルが使用姿勢時の上端レベルより低くなり、機体全体の高さが作業時よりも低くなる。
特許請求の範囲
【請求項1】 上下複数段の予備苗載せ台(10),(11)を有する予備苗貯留装置(A)を、自走機体(8)の前端側に備えてある乗用型田植え機であって、前記予備苗貯留装置(A)を前記自走機体の前後方向に揺動自在に支持する支持部(30)を前記自走機体(8)に備えてあるとともに、前記予備苗貯留装置(A)を前記自走機体(8)に対して揺動操作することにより、前記予備苗貯留装置(A)が前記自走機体(8)に対して起立する使用姿勢と、この使用姿勢から機体後端側に倒伏して上端レベルが前記使用姿勢での上端レベルより低くなる格納姿勢とに切り換わる乗用型田植え機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、上下複数段の予備苗載せ台を有する予備苗貯留装置を、自走機体の前端側に備えてある乗用型田植え機に関する。
【0002】
【従来の技術】上記乗用型田植え機において、予備苗貯留装置が苗載せ台段数が多い大型の場合、予備苗貯留装置のために機体全体の高さが高くなる。このため従来、屋内に格納するとか、運搬車に積み込んで搬送する際、予備苗貯留装置を機体から取り外して機体全体の高さを低くしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来、格納や運搬の際には、予備苗貯留装置を取り外し、格納庫から取り出したり、運搬車から降ろして使用する際には、予備苗貯留装置を取り付ける必要があることから手間と時間が掛かっていた。また、大型の予備苗貯留装置は重くなりがちであることから、多くの人手が必要になることがあった。本発明の目的は、予備苗貯留装置が大型の場合でも、格納や運搬が有利にできるのみならず、そのための作業をも有利にできる乗用型田植え機を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明による乗用型田植え機は、目的達成のために、冒頭に記したものにおいて、前記予備苗貯留装置を前記自走機体の前後方向に揺動自在に支持する支持部を前記自走機体に備えてあるとともに、前記予備苗貯留装置を前記自走機体に対して揺動操作することにより、前記予備苗貯留装置が前記自走機体に対して起立する使用姿勢と、この使用姿勢から機体後端側に倒伏して上端レベルが前記使用姿勢での上端レベルより低くなる格納姿勢とに切り換わることを特徴とする。
【0005】
【作用】予備苗貯留装置を揺動操作することにより、その取り付け姿勢が前記使用姿勢と格納姿勢とに切り換わる。そして、格納姿勢にすると、上端レベルが使用姿勢の場合よりも低くなることにより、苗載せ台段数が多い場合でも、機体全体の高さが作業時よりも低くなるようにできる。
【0006】
【発明の効果】予備苗貯留装置を格納姿勢にすることによって機体全体の高さが作業時よりも低くなるようにできることにより、天井が比較的低くても格納できるとか、運搬車に積み込んでも積み荷高さを比較的低くできるなど格納や運搬が有利にできるようにできた。しかも、予備苗貯留装置を揺動操作することによって高さを低くしたり、使用姿勢に戻せることにより、着脱していた従来に比して容易かつ迅速に切り換えられるとか、人手が少なくても切り換えられるようになった。
【0007】
【実施例】図1に示すように、駆動可能な前車輪1と後車輪2、運転座席3、上下複数段の予備苗載せ台10および11を有する予備苗貯留装置Aなどを備える自走機体の後部に、油圧式リフトシリンダ4によって上下に揺動操作するように構成したリンク機構5を介して昇降操作するように苗植え付け装置6を連結するとともに、前記自走機体の走行用エンジン(図示せず)から回転軸7によって苗植え付け装置6に動力伝達するように構成して、乗用型田植え機を構成してある。
【0008】前記予備苗貯留装置Aは、図1〜図3に示すように、自走機体を形成している機体フレーム8の前端側の左右側に各別に立設した一対のパイプ製支柱12,12、一対の支柱12,12の上端部どうしを支持し合うように連結している支柱連結杆13、機体左側の支柱12と機体右側の支柱12それぞれに取り付けた副支柱14、機体左側と機体右側それぞれの支柱12と副支柱14を連結している副支柱連結杆15、機体左側と機体右側それぞれの支柱12と副支柱14の機体外側に上下複数段に取り付けてある複数個の外側予備苗載せ台10・・、支柱12と副支柱14の機体内側に上下複数段に取り付けてある複数個の内側予備苗載せ台11・・により構成してある。
【0009】前記外側予備苗載せ台10および内側予備苗載せ台11のそれぞれは、図4に示すように、予備苗を苗すくい板(図示せず)と共に載置するように形成した板状体で成り、外側予備苗載せ台10または内側予備苗載せ台11が横一側方に備えている取り付け金具10aまたは11aの一端側に連結ボルト16aによって連結することによって予備苗載せ台10および11の一端側に備えた筒体で成る第1取り付け部16と、前記取り付け金具10aまたは11aの他端側に連結ボルト17aによって連結することによって予備苗載せ台10および11の他端側に備えた筒体でなる第2取り付け部17とによって支柱12と副支柱14とに取り付けてある。すなわち、第1取り付け部16は、支柱12に摺動自在に外嵌する大きさの内径を備える筒体により形成して支柱12に套嵌し、第2取り付け部17は、副支柱14に摺動自在に外嵌する大きさの内径を備える筒体によって形成して副支柱14に套嵌してある。つまり、複数段の予備苗載せ台10・・と11・・の最下段に位置させるものから順次に、第1取り付け部16を支柱連結扞13および副支柱連結扞15を取り外した支柱12にその上端側から套嵌し、これと同時に、第2取り付け部17を副支柱連結扞15を取り外した副支柱14にその上端側から套嵌することによって支柱12と副支柱14とに取り付けてある。一段分の外側予備苗載せ台10と内側予備苗載せ台11とを一挙に取り付けるのである。最下段に位置させる予備苗載せ台10,11にあっては、支柱12に套嵌した第1取り付け部16が副支柱14の支柱12に対する連結部14aに当接し、支柱12に固設してある固定座板26をによって前記連結部14aを介して受け止め支持されるようになると、所定の取り付け位置になり、最下段よりも上段側に位置させる予備苗載せ台10,11にあっては、支柱12に套嵌した第1取り付け部16がこれよりも下段側の第1取り付け部16に当接して受け止め支持されるようになると、所定の取り付け位置になる。複数段の予備苗載せ台10・・,11・・のそれぞれにおいて、前記所定の取り付け位置になると、第2取り付け部17と副支柱14とに貫設するように構成したロックボルト18によって第2取り付け部17を副支柱14に固定することにより、予備苗載せ台10,11の支柱側とは反対側を副支柱14によって支持されるように固定してある。
【0010】副支柱連結杆15は、図5に明示するように、支柱12に対する筒体製の第1連結部15aを一端側に備え、副支柱14に対する筒体製の第2連結部15bを他端側に備えるパイプ部材で作成してあり、第1連結部15aを支柱12にその上端側から套嵌し、第2連結部15bを副支柱14にその上端側から套嵌することによって、支柱12と副支柱14とにわたって連結してある。副支柱14の方では、第2連結部15bと副支柱14とに貫設するように構成したロックボルト19により、副支柱連結杆15の副支柱14からの抜け止めを図ってある。
【0011】支柱連結杆13は、図2、図3および図5に示すように、一端部13aが一対の支柱12,12の一方に対する筒形の連結部で、他端部13bが一対の支柱12,12の他方に対する筒形の連結部になるように、両端側を折り曲げ成形したパイプ部材でなり、一方の連結部13aを一方の支柱12にその上端側から外嵌するとともに他方の連結部13bを他方の支柱12にその上端側から外嵌し、連結部13aおよび13bをこれと支柱12とに貫設したロックボルト20によって支柱12から抜け外れないようにすることにより、一対の支柱12,12の上端部どうしにわたって連結してある。支柱連結杆13が両支柱12,12に連結すると、一対の連結部13a,13bそれぞれの端面13cでなるストッパー部が支柱12に取り付けてある前記副支柱連結杆15の第1連結部15aに当接して押圧作用することにより、支柱12に取り付けてある最上段の予備苗載せ台10および11の前記第1取り付け部16に前記第1連結部15aを介して押圧作用するとともに、最上段以外の予備苗載せ台10,11の第1連結部16に対してもこれより上段側の予備苗載せ台10,11の第1連結部16を介して押圧作用し、全ての予備苗載せ台10,11の支柱12に対する上下移動を規制するように構成してある。つまり、支柱連結杆13が予備苗載せ台10,11に対するストッパーになり、一対の支柱12,12それぞれの予備苗載せ台10,11を上下にずれ動きにくいように固定しているのである。
【0012】機体左側と右側のいずれもにおいて、図3に示す如く前記副支柱14を支柱12に取り付けている前記連結部14aと、前記副支柱連結杆15の支柱12の連結している第1連結部15aとのいずれもが支柱12に回動自在に外嵌していることにより、副支柱15が支柱12に対して支柱12の軸芯まわりで回動することを可能にしてある。副支柱15のためのロックピン21およびロックばね22を先端側に備えた操作レバー23を、前記連結部14aが一体回動自在に備えている回動座板24に支持部材25を介して取り付けてある。前記操作レバー23を前記支持部材25による枢支軸芯Xまわりでロックばね22による付勢方向とは反対方向に揺動操作すると、前記ロックピン21が支柱12に固設してある固定座板26から抜け上がって副支柱14の回動を可能するロック解除位置に切り換わり、前記操作レバー23に対する人為操作を解除すると、前記ロックばね22のために、操作レバー23がロック位置に揺動復帰するとともに、ロックピン21が固定座板26のピン孔(図示せず)に入り込んで副支柱14の回動を不能にするロック位置に切り換わるように構成してある。
【0013】すなわち、操作レバー23をロックばね22に抗して揺動操作してロックピン21をロック解除位置に切り換え操作し、ロックピン21をロック解除位置に維持しながら、操作レバー23を支柱12の軸芯まわりで揺動操作することにより、副支柱14が支柱12の軸芯まわりで回動し、この後、ロックピン21を別のピン孔に入ったロック位置に戻すことにより、副支柱14が支柱12に対して回動した後の位置で固定する。このため、操作レバー23を操作することにより、副支柱14が支柱12の軸芯まわりで回動し、副支柱14の支柱12に対する取り付け位置を変更調節できる。そして、副支柱14が回動すると、副支柱14は複数段の予備苗載せ台10・・,11・・それぞれの第2取り付け部17が連結していて全ての予備苗載せ台10・・,11・・に支持作用しているために、全ての予備苗載せ台10・・,11・・を一挙に支柱12に対して回動操作する。これにより、予備苗の積み込みや取り出しを行うに当たり、副支柱14の取り付け位置調節を行うだけで、全ての予備苗載せ台10・・,12・・が一挙に支柱12に対して回動し、副支柱14によって支持されている側が支柱12よりも機体横外側に位置して機体横外側から予備苗が積み込みやすくなる斜め向きの取り付け姿勢になったり、機体前後方向に沿って運転部から予備苗が取り出しやすくなる前後向きの取り付け姿勢になるのである。
【0014】図3および図4に示すように、外側予備苗載せ台10の前記取り付け金具10a、および内側予備苗載せ台11の取り付け金具11aのそれぞれに、連結ボルト16aおよび17aのための複数個のボルト孔16b・・または17b・・を予備苗載せ台10,11の長手方向に並べて設けてある。すなわち、予備苗載せ台10,11を支柱12に取り付ける際、ボルト孔16bおよび17bを選択する。すると、たとえば、下段側の予備苗載せ台10,11から予備苗を取り出す際に上段側の予備苗載せ台10,11が障害になりにくいように、下段側の予備苗載せ台10,11を上段側の予備苗載せ台10,11よりも機体後方側に位置ずれさせるなど、上段側の予備苗載せ台10,11と下段側の予備苗載せ台10,11とが前後方向に位置ずれするようにして取り付けられる。
【0015】機体フレーム8の左右側において、図6および図7に示すように、支柱12の苗載せ台取り付け部分から機体内側に屈曲して機体横向きになっている基端側部分12aにフランジ27を備え、このフランジ27の3個の長孔式ボルト孔27a・・を各別に挿通した機体横方向の3本の連結ボルト28・・を機体フレーム8に取り付けるとともに、前記フランジ27の2個のボルト孔27b,27bを用いてフランジ27と機体フレーム8とにわたって2本のロックボルト29を取り付けるように構成することにより、自走機体の予備苗貯留装置Aための支持部30を構成してある。
【0016】すなわち、機体左右側それぞれの前記ロックボルト29を取り外し、連結ボルト28のナットを緩めると、フランジ27の連結ボルト28のためのボルト孔27aが長孔であることにより、支持部30が予備苗貯留装置Aを揺動自在に支持して予備苗貯留装置Aの取り付け姿勢変更を可能にする。つまり、予備苗貯留装置Aが支柱12の基端側部分12aおよびフランジ27の軸芯である機体横向き軸芯Yのまわりで自走機体の前後方向に揺動操作できるようになり、図7(イ)に示す如く連結ボルト28がボルト孔27aの一端側でフランジ27にストッパー作用するまで機体前方側に揺動操作すると、予備苗貯留装置Aが図1に実線で示す如く自走機体に対して起立する使用用の取り付け姿勢になる。そして、図7(ロ)に示す如く連結ボルト28がボルト孔27aの他端側でフランジ27にストッパー作用するまで機体後方側に揺動操作すると、予備苗貯留装置Aが図1に仮想線で示す如く前記使用姿勢から機体後端側に約45度倒伏した格納用の取り付け姿勢になる。この格納姿勢になると、この時の予備苗貯留装置Aの上端レベルが前記使用姿勢での上端レベルよりも低くなって機体全体の高さが作業時よりも低くなり、機体を格納したり、運搬車に積み込んで搬送する際、天井が比較的低くても格納できるとか、積み荷高さを低くできるのである。そして、予備苗貯留装置Aを使用姿勢にした際は、前記ロックボルト29を装着して倒伏しないようにロックするのであり、格納姿勢にした際は、支持ボルト28がフランジ27を介して受け止め支持することにより、特別なロック操作は行わなくてよいのである。
【0017】〔別実施例〕上記実施構造にあっては、連結ボルトが予備苗貯留装置を使用姿勢に位置決めするストッパーに、かつ、格納姿勢に位置決めするとともの支持するストッパーに兼用するように構成して実施すると、姿勢切り換えの際の特別な位置決め操作を省略できるとともに、格納姿勢に切り換えた際の特別なロック手間を省略できて構造簡単に得られるとともに能率よく姿勢切り換えできて有利であるが、使用姿勢や格納姿勢に位置決めを人為的に行うように構成したり、格納姿勢にした際に人為的にロック操作するように構成して実施してもよい。
【0018】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013