米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 脱穀装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−9764
公開日 平成8年(1996)1月16日
出願番号 特願平6−154071
出願日 平成6年(1994)7月6日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 中島 伸六 / 松下 肇 / 永田 哲治 / 安藤 勝 / 大西 進 / 冨賀 潔 / 河野 嘉之
要約 目的


構成
扱胴2を軸架する上部ケース11を、下部ケース10に対して扱胴軸芯とほぼ平行な支持軸P周りに揺動開閉自在に支持し、下部ケース10側に扱胴2の周方向に沿う円弧状の受網3を設け、上部ケース11側で受網3の周方向の延長線上に延長受網12を設け、一端部を延長受網12の背部に取り付けた状態で、他端部を支持軸Pに係止させて、延長受網12を径方向で受け止め支持する支持部材24を、扱胴2の軸芯方向に沿って複数配設してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 扱胴(2)を軸架する上部ケース(11)を、下部ケース(10)に対して扱胴軸芯とほぼ平行な支持軸(P)周りに揺動開閉自在に支持し、前記下部ケース(10)側に前記扱胴(2)の周方向に沿う円弧状の受網(3)を設けてある脱穀装置であって、前記上部ケース(11)側で前記受網(3)の周方向の延長線上に延長受網(12)を設け、一端部を前記延長受網(12)の背部に取り付けた状態で、他端部を前記支持軸(P)に係止させて、前記延長受網(12)を径方向で受け止め支持する支持部材(24)を、前記扱胴(2)の軸芯方向に沿って複数配設してある脱穀装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、扱胴を軸架する上部ケースを、下部ケースに対して扱胴軸芯とほぼ平行な支持軸周りに揺動開閉自在に支持し、前記下部ケース側に前記扱胴の周方向に沿う円弧状の受網を設けてある脱穀装置に関する。
【0002】
【従来の技術】この種の脱穀装置では受網の漏下面積を増やして処理能力を向上させることが望まれているが、従来の脱穀装置は前記受網を下部ケース側にのみ設けてあったため、受網の漏下面積を増加させるのにも限界があった。そこで、実開平4‐77739号公報に示すように、上部ケース側で受網の周方向の延長線上に延長受網を配設して、受網の漏下面積を増加させた構造が提案されていた。この構造は、詳しくは前記延長線上に延長受網を配置して、下部ケース側の受網と上部ケース側の延長受網との周方向の隣接する端部同士を係合連結可能に構成し、延長受網の周方向の他の端部に、ワラ切り刃を支持する支持フレームを軸芯方向に沿って設けて構成してあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら受網は、穀粒が漏下する際に穀粒等の処理物から径方向外方側に向けて大きな力を受けるため、上記のように、下部ケース側の受網と上部ケース側の延長受網との周方向の隣接する端部同士を係合連結可能にしただけの構成では、受網と延長受網との連結構造の強度が弱く、耐久性の点で問題があった。一方、前記の連結構造を強固にしようすると、受網周りの枠組み等をしっかりしたものにしなければならず、構造が複雑になって製作費が高くなるという問題がある。
【0004】本発明はこのような点に鑑みてなされたもので、その目的は、受網からの穀粒の漏下量を増加させることができながら、受網が処理物から受ける径方向外方側の力に対して延長受網を強固に支持でき、しかも簡単な構造にできて、製作費のコストダウンを図ることができる脱穀装置を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる脱穀装置の特徴構成は、上部ケース側で受網の周方向の延長線上に延長受網を設け、一端部を前記延長受網の背部に取り付けた状態で、他端部を支持軸に係止させて、前記延長受網を径方向で受け止め支持する支持部材を、前記扱胴の軸芯方向に沿って複数配設してあることにある。
【0006】
【作用】上部ケース側で受網の周方向の延長線上に延長受網を設けてあるから、受網の漏下面積を増加させて、受網からの穀粒の漏下量を増加させることができる。
【0007】そして、処理物から径方向外方側の力を受ける受網は、支持部材が径方向で受け止め支持する。この支持部材は扱胴の軸芯方向に沿って複数配置してあり、それぞれの支持部材が、一端部を前記延長受網の背部に取り付けた状態で、他端部を支持軸に係止させているから、延長受網を強固に支持できる。しかも、延長受網の支持構造としては、前記支持部材を複数設けただけであるから、構造を簡単化できて製作費のコストダウンを図ることができる。
【0008】
【発明の効果】従って、受網からの穀粒の漏下量を増加させることができながら、延長受網を強固に支持できて耐久性に優れ、製作費のコストダウンを図れて経済性に優れたた脱穀装置を提供することができた。
【0009】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1に示すように、フィードチェーン1で搬送される穀稈に扱き作用を与える扱胴2を扱室Aの内部に配置し、この扱室Aの下方側に扱胴2の周方向に沿う円弧状の受網3を配置し、漏下処理物を揺動移送しながら篩い選別する揺動選別装置4、選別風を送る唐箕5、揺動選別装置4からの穀粒を回収する一番物回収部8、揺動選別装置4からの二番物を回収する二番物回収部9、塵埃を吸引排出する排塵ファン7を夫々を設けて脱穀装置を構成してある。
【0010】前記揺動選別装置4は、スライド案内機構31とクランク揺動機構32とによって揺動駆動される中抜き枠形の揺動選別ケース35の内部に、扱室Aから漏下した処理物を受け止めて揺動移送しながら粗選別を行う粗選別部15と、この粗選別部15から漏下した選別処理物を揺動移送しながら穀粒を一番物回収部8に選別漏下させ、二番物を移送方向下手側下方に配置した二番物回収部9上に落下させる精選別部16とを設けて構成してある。
【0011】前記粗選別部15は、扱室Aにおける穀稈搬送方向上手側において扱き処理され受網3から漏下した処理物を受け止めて比重差選別する第1グレンパン18と、この第1グレンパン18の移送方向下手側に連なる状態で配備されたチャフシーブ19と、扱室Aの送塵口33から落下する処理物を受け止める第2グレンパン20及び送塵口33から落下する処理物のワラ屑を下手側に送り出す第1ストローラック21とを設けて構成してある。
【0012】前記チャフシーブ19の終端部後方で処理物の移送方向下手側に延びる第2ストローラック23を、唐箕5の選別風を下方から受けながら作動するように配設して、第1ストローラック21から送り出される排ワラ屑を機体外方に排出させるよう構成してある。
【0013】前記精選別部16は、前記第1グレンパン18の終端位置下方に第3グレンパン26を配設するとともに、この第3グレンパン26の移送方向下手側に穀粒の漏下選別用の格子網状のグレンシーブ27を連設して構成してある。
【0014】図2及び図3に示すように、この脱穀装置は前記揺動選別装置4等を内装した下部ケース10に対して、扱胴2を軸架した上部ケース11を扱胴軸芯とほぼ平行な支持軸P周りに揺動開閉自在に支持してあり、上部ケース11の扱口Bの側を持ち上げることで、扱室Aを大きく開放できるよう構成してある。
【0015】前記受網3は、受網取付フレーム13に着脱自在に取付けて成り、扱口B側の一端を受網取付フレーム13にピン連結してある。
【0016】前記上部ケース11側で受網3の周方向の延長線上には延長受網12を設けてある。この延長受網12は、前記受網3の周方向の延長線に合わせて湾曲形成した長尺プレート14に多数の貫通孔を形成し、各貫通孔をパンチングメタル17で被って構成してある。そして、長尺プレート14の周方向両端部のうち受網3とは反対側の端部をその延長受網12の背部側に折曲形成し、受網3側の端部を、受網3とほぼ同じ長さの側面視コの字状の下側フレーム22の背部に固着して、この下側フレーム22を隣接する受網3の端部に接当させてある。
【0017】図2、図4に示すように前記延長受網12に対しては、一端部を延長受網12の背部に取り付けた状態で、他端部の切欠凹部24aを支持軸Pに係止させて、延長受網12を径方向で受け止め支持する支持部材24を、扱胴2の軸芯方向に沿って複数配設してある。このように、それぞれの支持部材24が、一端部を前記延長受網12の背部に取り付けた状態で、他端部を支持軸Pに係止させているから、延長受網12を強固に支持できる。しかも、延長受網12の支持構造としては、前記支持部材24を複数設けただけであるから、構造を簡単化することができて製作費のコストダウンを図ることができる。
【0018】前記長尺プレート14の受網3とは反対側の端部には、扱胴2に植設した扱歯2Aの回動軌跡の間に位置させて複数のワラ切り刃25を設けてある。
【0019】図1に示すように、前記揺動選別装置4における第2ストローラック23の始端部と、一番流し板28との間には、第2ストローラック23の全幅にわたる側面視L形のプレート29を、選別風の流れに沿って後ろ上がり姿勢で配設して、ワラ屑が、第2ストローラック23のラック板間を通過したり二番流し板34に当たって反発したりして一番物回収部8に入り込むのを阻止してある。前記L形のプレート29は、第2ストローラック23の前端側のラック板支持フレーム23aに、このラック板支持フレーム23aと一定の間隔をあけた状態で、左右一対のサイドブラケット30を介して固定してある。
【0020】〔別実施例〕前記支持部材24の延長受網12とは反対側の端部に嵌合孔を形成し、この嵌合孔を支持軸Pに外嵌して、延長受網12を径方向で受け止め支持するように構成してもよい。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013