米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電気株式会社

発明の名称 監視制御システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−16288
公開日 平成9年(1997)1月17日
出願番号 特願平7−159707
出願日 平成7年(1995)6月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】京本 直樹 (外2名)
発明者 谷口 尚巳 / 大木戸 孝博
要約 目的
活線挿抜可能な監視用CPU基板を抜く時点で、監視制御対象の状態をバックアップし、次回立ち上げ時にCPU基板と監視制御対象の間に状態不一致が起きないようにする。

構成
CPU基板(1)を抜く際に挿抜用エジェクタに連動してプロテクトスイッチ(3)がONとなり、その時点での監視制御情報をバッテリーバックアップメモリ(14)に保存するとともに監視制御対象1〜nに対しプロテクト制御信号線(11)により監視制御用バスの閉塞制御を行う。監視制御情報の保存と監視制御用バスの閉塞完了後ステータスLED(4)を点灯させ、CPU基板を抜いてもよいことを表示する。次にCPU基板を挿入し立ち上げる場合、CPU基板は監視制御情報をリストアした上で監視制御用バスの閉塞を解除する。
特許請求の範囲
【請求項1】 監視制御を行うCPU基板と複数の監視制御対象とからなる監視制御システムにおいて、前記CPU基板が挿抜時にエジェクタに連動して動作するプロテクトスイッチと及びプロテクト信号を送出するプロテクト信号処理部とを有するとともに、監視制御データをバックアップするためのバックアップメモリを備え、前記CPU基板の挿抜時に監視制御情報をバックアップすることを特徴とする監視制御システム。
【請求項2】 前記CPU基板が活線挿抜時にプロテクト信号により監視制御用バスを閉塞することを特徴とする請求項1の監視制御システム。
【請求項3】 前記CPU基板が、監視制御データをバックアップメモリに格納したあと点灯する発光手段を具備する請求項1の監視制御システム。
【請求項4】 基板挿抜用エジェクタに連動するプロテクトスイッチとプロテクトスイッチON時に監視対象に対してプロテクト信号を送るためのプロテクト信号処理部とを有する監視制御用CPU基板と、監視制御情報バックアップメモリと、及びCPU基板と監視制御情報間のプロテクト制御信号線とを備えることにより、CPU基板を抜く際にプロテクトスイッチが自動的にONとなりその時点での監視制御情報をバックアップメモリに書き込むとともに監視制御対象が誤動作しないように監視制御用のバスを閉塞することを特徴とする監視制御システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は活線挿抜対応の監視制御システムに関し、特に監視制御を行うCPU基板の挿抜時の監視制御情報のバックアップ方式に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の監視制御システムは監視制御情報のバックアップを行っておらず、活線挿抜によりCPU基板が抜かれて再び挿入された際には、CPU基板が監視制御情報を初期化して立ち上がっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の活線挿抜対応監視制御システムにおいては、CPU基板の挿抜の際に監視制御情報をバックアップしておらず、CPU基板を一度抜いて再度挿入した場合にCPU基板が監視制御情報を初期化して立ち上がってしまうため、監視制御対象とCPU基板との間に監視制御情報の状態不一致が発生してしまっていた。
【0004】本発明の目的は、監視制御を行うCPU基板を抜いて再度挿入した場合でも監視制御対象とCPU基板との間で監視制御情報の一致が保てる監視制御システムを提供することである。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の活線挿抜対応監視制御システムは、基板挿抜用エジェクタに連動するプロテクトスイッチとプロテクトスイッチON時に監視対象に対してプロテクト信号を送るためのプロテクト信号処理部を有する監視制御用CPU基板と、監視制御情報バックアップメモリと、及びCPU基板と監視制御情報間のプロテクト制御信号線とを備えることにより、CPU基板を抜く際にプロテクトスイッチが自動的にONとなりその時点での監視制御情報をバックアップメモリに書き込むとともに監視制御対象が誤動作しないように監視制御用のバスを閉塞する。このように監視制御情報のバックアップと監視制御用バスの閉塞を行った上でCPU基板を抜くようにすることと、次にCPU基板を挿入し、立ち上げる際に監視制御用バスの閉塞解除前にバックアップメモリに保存した監視制御情報をリストアするようにすることで、監視制御対象とCPU基板の状態不一致の発生を防ぐことが可能となる。
【0006】
【実施例】次に本発明について図面を参照して説明する。図1は本発明の一実施例である。図において、監視用のCPU基板1は基板挿抜用のエジェクタと連動するプロテクトスイッチ3と、プロテクト信号線2と、プロテクト信号処理部6と、ステータスLED4と、及びオンボード電源5をもつ。CPU基板1は、監視制御対象(1)7〜監視制御対象(n)9の監視制御を行っており、CPU基板1と各監視制御対象7〜9は監視制御用バス12及びプロテクト制御信号線11により接続されている。さらにCPU基板1はバッテリーバックアップメモリ14とメモリ用ローカルバス13にて接続される。また10はローカルI/Oである。
【0007】このシステムにおいてCPU基板1を抜く場合、CPU基板1内のプロテクトスイッチ3が挿抜用エジェクタに連動してONとなる。プロテクトスイッチ3がONとなるとCPU基板1はプロテクトモードとなる。プロテクトモードになった時点でCPU基板1が監視制御対象7〜9に制御を行っている場合にはその制御終了後、何も制御を行っていない場合には即時に監視制御用バス12をプロテクト制御信号線11を用いて、CPU基板1及び監視制御対象7〜9の両方で閉塞する。閉塞後、CPU基板1は監視制御の最終情報をメモリ用ローカルバス13経由でバッテリーバックアップメモリ14に書き込む。書き込み完了後CPU基板1はステータスLED4を点灯させ、基板を抜くことが可能であることを運用者に通知する。これにより運用者はCPU基板1を抜くことが出来る。
【0008】次にCPU基板1の挿入時についてであるがCPU基板1は挿入されるとまずバッテリバックアップメモリ14より監視制御情報を読み出し内部の状態を一致させた上で立ち上がる。本発明においては、CPU基板1の挿入時には監視制御情報を一致させた上で立ち上がるため監視制御対象7〜9との状態不一致を防ぐことができる。
【0009】
【発明の効果】以上説明したように本発明は、監視制御情報をCPU基板の挿抜時にバックアップ/リストアすることにより、運用中にCPU基板を差し替えても監視制御対象とCPU基板の間で状態の不一致が発生しないという効果を有する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013