米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ソニー株式会社

発明の名称 光学式ディスク記録媒体記録再生装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−7292
公開日 平成9年(1997)1月10日
出願番号 特願平7−156520
出願日 平成7年(1995)6月22日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】佐藤 隆久
発明者 千葉 宣裕
要約 目的
MOディスクの記録および消去を適切に行うことができ、なおかつ、高速再生を行うことができる光磁気ディスク記録再生装置を提供する。

構成
再生モードにおいて、MOディスク209を回転数3600rpmで回転させて高速再生を行う。一方、記録モードにおいて、MOディスク209を回転数1800rpmで回転させ、レーザダイオード308A,308Bによってそれぞれ奇数番目のセクタおよび偶数番目のセクタに同時に並列的にデータを記録する。
特許請求の範囲
【請求項1】回転する光学式ディスク記録媒体のデータ記録およびデータ再生を行う光学式ディスク記録媒体記録再生装置であって、再生モードにおいて前記光学式ディスク記録媒体を走査してデータを再生する少なくとも1つの再生ヘッドと、記録モードにおいて前記光学式ディスク記録媒体を同時に走査してデータを記録するN(N≧2)個の記録ヘッドと、前記記録モードにおいて、前記再生モード時の1/N倍の回転数で前記光学式ディスク記録媒体を回転させる回転制御手段とを有する光学式ディスク記録媒体記録再生装置。
【請求項2】前記記録ヘッドは、前記光学式ディスク記録媒体に記録されたデータを消去する機能をも有する請求項1に記載の光学式ディスク記録媒体記録再生装置。
【請求項3】前記記録ベッドを2個備え、前記回転制御手段は、前記記録モードにおいて、前記再生モード時の1/2倍の回転数で前記光学式ディスク記録媒体を回転させる請求項1または2に記載の光学式ディスク記録媒体記録再生装置。
発明の詳細な説明
【産業上の利用分野】本発明は、例えば、光磁気 (MO:Magneto Optical)ディスクの記録および再生を行う光学式ディスク記録媒体記録再生装置に関する。
【従来の技術】MOディスクの記録再生装置では、データ記録時に、外部磁界をかけた状態でディスク上のMO膜にレーザを照射することで照射部の温度をキュリー点以上に上昇させ、外部磁界の方向に磁化を向けてデータを記録する。また、MOディスクの記録再生装置では、データ消去時に、記録時とは逆方向に外部磁界をかけた状態でディスク上のMO膜にレーザを照射し、記録時とは逆方向に磁化を向けることにより、記録データの消去を行う。さらに、MOディスクの記録再生装置では、データ再生時において、MOディスク上のMO膜にレーザを照射し、カー効果を利用し、反射光のカー回転角の変化から、データを読み取って再生する。従来の光磁気ディスク記録再生装置では、MOディスクの回転数は、記録および消去時と再生時とで同じに設定している。以下、従来の光磁気ディスク記録再生装置について説明する。従来の光磁気ディスク記録再生装置は、MOディスクについて、記録および消去を行うWRITEBLOCKと、再生を行うREADBLOCKとを有する。図4は、従来の光磁気ディスク記録再生装置のWRITEBLOCKの構成図である。図4に示すように、従来の光磁気ディスク記録再生装置のWRITEBLOCKは、インタフェース201、H−Vメモリ202、ECCエンコーダ203、V−Hメモリ204、チャネルエンコーダ205、SYNCジェネレータ206、AMP207、レーザダイオード208、マグネット199、セレクタ220、ジェネレータ221、回転駆動部198およびコントローラ200を有する。インタフェース201は、外部とのデータインタフェース回路であり、MOディスク209に記録するデータを入力する。H−Vメモリ202は、横縦変換用メモリであり、入力されたデータが横方向と縦方向とを置き換えたパターンのデータとして出力される。ECCエンコーダ203は、エラー訂正符号の演算回路であり、入力されたデータから、エラー訂正を行う。V−Hメモリ204は、縦横変換用メモリであり、入力されたデータが縦方向と横方向とを置き換えたパターンのデータとして出力される。チャネルエンコーダ205は、データおよびエラー訂正データを変調符号化する。SYNCジェネレータ206は、同期バイトであるSYNCおよび再同期バイトであるRESYNCの発生器である。AMP207は、記録データの増幅器である。レーザダイオード208は、AMP207によって増幅された記録データをMOディスク209に記録する。回転駆動部198は、MOディスク209の回転を駆動する回路である。コントローラ200は、例えばユーザの操作に応じた記録、消去あるいは再生指示信号を入力し、この入力した信号によって記録モード、消去モードおよび再生モードとなる。そして、コントローラ200は、モードに応じた指示信号S200をインタフェース201、H−Vメモリ202、ECCエンコーダ203、V−Hメモリ204、チャネルエンコーダ205、SYNCジェネレータ206、AMP207、レーザダイオード208、マグネット199、ジェネレータ221および回転駆動部198に出力する。回転駆動部198は、コントローラ200から記録消去指示信号S200を入力すると、MOディスク209を例えば1800rpmで回転させる。インタフェース201、H−Vメモリ202、ECCエンコーダ203、V−Hメモリ204、チャネルエンコーダ205、SYNCジェネレータ206、AMP207、レーザダイオード208およびマグネット199は、コントローラ200から記録消去指示信号S200を入力すると、MOディスク209の回転数1800rpmに応じた周波数で動作を行い、記録および消去処理を行う。記録モードおいて、図1に示すWRITEBLOCKでは、レーザダイオード208からMOディスク209のMO膜にレーザを照射して当該照射部分の温度をキュリー点以上にし、マグネット199の磁石による外部磁界の方向にMOディスク209のMO膜の磁化を向けることで、当該照射部分にデータを記録する。一方、消去モードにおいては、マグネット199の磁石を回転させて、外部磁界の方向を反転し、AMP207に「1」を示す連続データを入力する。そして、レーザダイオード208をDC点灯することにより、MOディスク209上のMO膜を記録時と逆方向に一様に磁化し、データの消去を行う。図5は、図4に示すWRITEBLOCKのタイミングチャートである。図5において、「SM」はセクタマーク信号を示し、MOディスク209に予め記録してあるセクタマークの読み取りタイミングで立ち上がるパルスを含む。「入力信号」は、インタフェース201を介して入力されるデータの入力タイミングを示し、「SM」に含まれるパルスの立ち上がりを基準として、セクタ単位でデータを順次に入力することを示している。「MEM202W」は、H−Vメモリ202の書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが書き込まれることを示している。「MEM202R」は、H−Vメモリ202からの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが読み出されることを示している。「MEM204W」は、V−Hメモリ204の書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが書き込まれることを示している。「MEM204R」は、V−Hメモリ204からの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが読み出されることを示している。この読みだされたデータがMOディスク209に記録される。次に、従来の光磁気ディスク記録再生装置のREADBLOCKについて説明する。図6は、従来の光磁気ディスク記録再生装置のREADBLOCKの構成図である。図6に示すように、従来の光磁気ディスク記録再生装置のREADBLOCKは、レーザダイオード210、RFディテクタ211、AMP212、SYNCデコーダ213、チャネルデコーダ214、H−Vメモリ215、ECCデコーダ216、V−Hメモリ217、インタフェース218、回転駆動部198およびコントローラ200を有する。図6に示す光磁気ディスク記録再生装置のREADBLOCKでは、レーザダイオード210によって、MOディスク209の記録領域にレーザを照射する。RFディテクタ211は、レーザダイオード210から照射されたレーザのMOディスク209における反射光を検出する。SYNCデコーダ213は、RFディテクタ211からの再生データに基づいて、再生データの位置を検出する。チャネルデコーダ214は、復調回路である。H−Vメモリ215は、横縦変換用メモリであり、入力されたデータが横方向と縦方向とを置き換えたパターンのデータとして出力される。ECCデコーダ216は、エラー訂正符号の演算回路であり、入力されたデータから、エラー訂正を行う。V−Hメモリ217は、縦横変換用メモリであり、入力されたデータが横方向と縦方向とを置き換えたパターンのデータとして出力される。インタフェース218は、外部とのデータインタフェース回路であり、再生おびエラー訂正されたデータを外部に出力する。図6に示すREADBLOCKでは、コントローラ200から各構成要素に再生指示信号S200が出力される。回転駆動部198は、コントローラ200から再生指示信号S200を入力すると、MOディスク209を例えば1800rpmで回転させる。インタフェース218、V−Hメモリ217、ECCデコーダ216,H−Vメモリ215、チャネルエンコーダ214、SYNCジェネレータ213、AMP212、RFディテクタ211、レーザダイオード210およびコントローラ200から再生指示信号S200を入力すると、MOディスク209の回転数3600rpmに応じた周波数で動作を行い、再生処理を行う。図6に示すREADBLOCKでは、MOディスク209の記録データを再生する際に、レーザダイオード210からMOディスク209にレーザを照射し、MOディスク209からの反射光をRFディテクタ211で読み取る。図7は、図6に示すREADBLOCKのタイミングチャートである。図7において、「SM」はセクタマーク信号を示し、MOディスク209に予め記録してあるセクタマークの読み取りタイミングで立ち上がるパルスを含む。「MEM215W」は、H−Vメモリ215の書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが書き込まれることを示している。「MEM215R」は、H−Vメモリ215からの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが読み出されることを示している。「MEM217W」は、V−Hメモリ217の書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが書き込まれることを示している。「MEM217R」は、V−Hメモリ217からの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、セクタ単位で順次にデータが読み出され、インタフェース218から出力されることを示している。
【発明が解決しようとする課題】ところで、MOディスクの再生時には反射光のカー回転角の変化を読み取ることができればよいため、MO膜をキュリー点温度まで上げる必要はない。そのため、再生時に必要とされるレーザの出力は記録時および消去時に比べて小さく、例えば消去時および記録時に必要とされるレーザ出力が8〜9mWである場合には、再生時に必要とされるレーザ出力は1〜2mW程度となる。MOディスクの記録、消去時および再生時におけるMOディスクの回転数は、このようなレーザ出力との関係で決定される。ここで、高速再生という観点からは、MOディスクの回転数を高める必要がある一方、MOディスクの回転数が一定のレベルを越えると、記録および再生時に、MOディスクのMO膜の温度がキュリー点以上に上がらず、記録および再生が適切に行えなくなる。前述したように、従来の光磁気ディスク記録再生装置では、記録および消去時と再生時とでMOディスクの回転数が同じになるように設定していることから、MOディスクの回転数を記録および消去が適切に行えるように設定している。しかしながら、例えば、VOD(Video On Demand) などでは、データを高速転送するために高速再生を行いたいという要求があるが、前述した従来の光磁気ディスク記録再生装置では、再生時におけるMOディスクの回転数が記録および消去可能なものに制限されていることから、かかる高速再生の要求に応えることができないという問題がある。本発明は、上述した従来技術の問題点に鑑みてなされ、MOディスクの記録および消去を適切に行うことができ、なおかつ、高速再生を行うことができる光学式ディスク記録媒体記録再生装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】上述した従来技術の問題点を解決し、上述した目的を達成するために、本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置は、回転する光学式ディスク記録媒体のデータ記録およびデータ再生を行う光学式ディスク記録媒体記録再生装置であって、再生モードにおいて前記光学式ディスク記録媒体を走査してデータを再生する少なくとも1つの再生ヘッドと、記録モードにおいて前記光学式ディスク記録媒体を同時に走査してデータを記録するN(N≧2)個の記録ヘッドと、前記記録モードにおいて、前記再生モード時の1/N倍の回転数で前記光学式ディスク記録媒体を回転させる回転制御手段とを有する。
【0001】また、本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置は、好ましくは、前記記録ヘッドは、前記光学式ディスク記録媒体に記録されたデータを消去する機能をも有する。
【0002】本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置は、好ましくは、 前記記録ベッドを2個備え、前記回転制御手段は、前記記録モードにおいて、前記再生モード時の1/2倍の回転数で前記光学式ディスク記録媒体を回転させる。
【0003】
【作用】本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置では、例えばユーザによる操作に応じて記録モードおよび再生モードのいずれか一方が選択される。そして、記録モードが選択された場合には、回転制御手段は、例えばレーザによって記録膜の温度をキュリー点以上にすることができる回転速度である、再生モード時の1/Nの回転数で光学式ディスク記録媒体を回転させ、N個の記録ヘッドから光学式ディスク記録媒体に所定のデータを記録する。また、再生モードが選択された場合には、回転制御手段は、記録を適切に行うことができる回転速度より速い回転速度であって前記再生モードにおける回転速度のN倍の回転速度で光学式ディスク記録媒体を回転させ、光学式ディスク記録媒体に記録されたデータを再生ヘッドによって再生する。
【実施例】以下、本発明の実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置について説明する。本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置は、MOディスクについて、記録および消去を行うWRITEBLOCKと、再生を行うREADBLOCKとを有する。READBLOCKの構成は、図6,図7を用いて前述した従来のREADBLOCKと同じであるが、回転駆動部198は、コントローラ200から再生支持信号S200を入力すると、MOディスク209を回転数3600rpmで回転させる。すなわち、本実施例では、再生モードにおけるMOディスク209の回転数が前述した従来の光磁気ディスク記録再生装置に比べて高速であり、従来に比べて高速な再生が実現される。図1は、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置のWRITEBLOCKの構成図である。図1に示すように、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置のWRITEBLOCKは、インタフェース301、H−Vメモリ302A,302B、ECCエンコーダ303A,303B、V−Hメモリ304A,304B、チャネルエンコーダ305A,305B、SYNCジェネレータ306A,306B、AMP307A,307B、レーザダイオード308A,308B、マグネット309A,309B、回転駆動部198、セレクタ320A,320B、ジェネレータ321およびコントローラ300を有する。ここで、H−Vメモリ302Aとレーザダイオード308Aとの間の系をピックアップAとし、H−Vメモリ302Bとレーザダイオード308Bとの間の系をピックアップBとする。本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置の図1に示すWRITEBLOCKについて説明する前に、図1に示すMOディスク209の記録フォーマットについて説明する。図3は、図1に示すMOディスク209の記録フォーマットについて説明するための図である。図3に示すように、MOディスク209には、トラックに沿って記録領域CHが形成してある。記録領域CHは、1トラック当たり42セクタに分割してあり、それぞれのセクタは図4に示すように、SM,VFO1,AM1,ID1,VFO2,AM2,ID2,VFO3,AM3,ID3,PA,ALPC,VFO4,DATA−AREA,BUFFER領域を有する。図4に示す「プリコードされたアドレス部」は、ROM領域とも呼ばれ、予めディスクにカッティングされた領域で、記録は行えず、再生のみ行える。この「プリコードされたアドレス部」の先頭にある「SM」は、セクタマークであり、セクタの先頭を表す。このセクタマークは、光磁気ディスク記録再生装置において、データの記録および再生を行う際に、光ピックアップによって読み取られる。VFO1,VFO2,VFO3は、PLLロック用の1,0の繰り返しパターンであり、AM1,AM2,AM3はID部の先頭を表すアドレスマークであり、ID1,ID2,ID3はID部である。このID1,ID2,ID3は、図4に示すように、先頭から、トラック番号、セクタ番号、CRCおよび00h(hは16進数を表す)から成っている。PAは、ポストアンブルである。「プリコードされたアドレス部」に続く領域は、MO領域とも呼ばれ、この領域にてデータが記録および再生される。このMO領域の先頭のALPCは、レーザの出力検査用に用いられる。VFO4は、MO領域のPLLロック用の1,0の繰り返しパターンである。DATA−AREAは、実際にデータを記録および再生する領域であり、図4に示すような構成になっている。ここで、SYNCはデータの先頭を表す同期ハイトであり、DATAは記録されるデータであり、RESYNCはデータとデータとの間で同期を取る再同期バイトである。MO領域の最後のBUFFERは、データを記録する際のジッタ分を吸収するための余裕である。以下、図1に示す本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置のWRITEBLOCKについて説明する。インタフェース301は、外部とのデータインタフェース回路であり、MOディスク209に記録するデータを入力する。H−Vメモリ302A,302Bは、それぞれピックアップA,B用の横縦変換用メモリであり、入力されたデータがセクタ単位で交互にピックアップA用とピックアップB用とに振り分けられた後に、入力されたデータが横方向と縦方向とを置き換えたパターンのデータとして出力される。ECCエンコーダ303A,303Bは、それぞれピックアップA,B用のエラー訂正符号の演算回路であり、入力されたデータから、エラー訂正を行う。V−Hメモリ304A,304Bは、それぞれピックアップA,B用の縦横変換用メモリであり、入力されたデータが縦方向と横方向とを置き換えたパターンのデータとして出力される。チャネルエンコーダ305A,305Bは、それぞれピックアップA,B用の変調符号回路であり、データおよびエラー訂正データを変調符号化する。SYNCジェネレータ306A,306Bは、それぞれピックアップA,B用の同期バイトであるSYNCおよび再同期バイトであるRESYNCの発生器である。セレクタ320A,320Bは、それぞれSYNCジェネレータ306A,306Bからのデータとジェネレータ321からのデータとを選択的にAMP307A,307Bに出力する。AMP307A,307Bは、それぞれピックアップA,B用の記録データの増幅器である。レーザダイオード308A,308Bは、それぞれAMP307A,307Bによって増幅された記録データをMOディスク209の奇数番目のセクタおよび偶数番目のセクタにそれぞれ記録する。回転駆動部198は、MOディスク209の回転を駆動する回路であり、記録モードにおいて、MOディスク209を回転数1800rmpで回転させる。コントローラ300は、例えばユーザの操作に応じた記録あるいは消去指示信号を入力し、この入力した信号によって記録モードおよび消去モードとなる。そして、コントローラ300は、モードに応じた指示信号をインタフェース301、H−Vメモリ302A,302B、ECCエンコーダ303A,303B、V−Hメモリ304A,304B、チャネルエンコーダ305A,305B、SYNCジェネレータ306A,306B、セレクタ320A,320B、AMP307A,307B、レーザダイオード308A,308B、マグネット309A,309Bおよび回転駆動部198に出力する。記録モードおいて、図1に示すWRITEBLOCKでは、レーザダイオード308A,308BからMOディスク209のMO膜にレーザを照射して当該照射部分の温度をキュリー点以上にし、マグネット309A,309Bの磁石による外部磁界の方向にMOディスク209のMO膜の磁化を向けることで、当該照射部分にデータを記録する。このとき、セレクタ320A,320Bは、それぞれSYNCジェネレータ306A,306Bからの記録データをAMP307A,307Bに出力するように設定してある。すなわち、記録モードにおいて、インタフェース301を介して入力された奇数番目の記録データが、ピックアップAを経て、レーザダイオード308AからMOディスク209の記録領域の奇数番目のセクタに記録される。一方、インタフェース301を介して入力された偶数番目の記録データが、ピックアップBを経て、レーザダイオード308BからMOディスク209の記録領域の偶数番目のセクタに記録される。すなわち、記録領域CHの奇数番目のセクタと偶数番目のセクタとに並列的に同時にデータが記録される。一方、消去モードにおいては、マグネット309A,309Bの磁石を回転させて、外部磁界の方向を反転し、AMP307A,307Bに「1」を示す連続データを入力し、レーザダイオード308A,308BをDC点灯することにより、MOディスク209上のMO膜を記録時と逆方向に一様に磁化し、データの消去を行う。このとき、セレクタ320A,320Bは、それぞれジェネレータ321からの「1」の連続データが、レーザダイオード308A,308BからMOディスク209の記録領域CHの奇数番目のセクタと偶数番目のセクタとに並列的に同時に記録される。以下、WRITEBLOCKの動作タイミングについて説明する。図2は、図1に示すWRITEBLOCKのタイミングチャートである。図2において、「SM」はセクタマーク信号を示し、MOディスク209に予め記録してあるセクタマークの読み取りタイミングで立ち上がるパルスを含む。「入力信号」は、インタフェース301を介して入力されるデータの入力タイミングを示し、「SM」に含まれるパルスの立ち上がりを基準として、セクタ単位でデータを順次に入力することを示している。この「入力信号」は、図5に示す従来の「入力信号」と同じレートでデータが入力されている。「MEM302AW」は、H−Vメモリ302Aの書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、奇数番目のセクタに記録するデータが書き込まれることを示している。「MEM302BW」は、H−Vメモリ302Bの書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、偶数番目のセクタに記録するデータが書き込まれることを示している。「MEM302AR」は、H−Vメモリ302Aからの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、奇数番目のセクタに記録するデータが読み出されることを示している。「MEM302BR」は、H−Vメモリ302Bからの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、偶数番目のセクタに記録するデータが読み出されることを示している。「MEM304AW」は、V−Hメモリ304Aの書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、奇数番目のセクタに記録するデータが書き込まれることを示している。「MEM304BW」は、V−Hメモリ304Bの書き込みタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、偶数番目のセクタに記録するデータが書き込まれることを示している。「MEM304AR」は、V−Hメモリ304Aからの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、奇数番目のセクタが記録するデータが読み出され、MOディスク209に記録されることを示している。「MEM304BR」は、V−Hメモリ304Bからの読み出しタイミングを示し、「SM」の立ち上がりを基準として、偶数番目のセクタに記録するデータが読み出され、MOディスク209に記録されることを示している。次に、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置の動作について説明する。本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、ユーザによって再生モードが指定されると、図6に示すコントローラ200から各構成要素に再生指示信号S200が出力される。回転駆動部198は、再生指示信号S200を入力すると、MOディスク209を回転数3800rpmで回転させる。すなわち、本実施例では、記録および消去モートと再生モードとにおいて異なる回転数を用いてMOディスク209を回転させることから、再生モードにおいて、記録および消去が不可能な回転数3800rpmでMOディスク209を回転させることができる。これによって、本実施例では、再生モードにおいて、前述した従来の光磁気ディスク記録再生装置の2倍の回転数でMOディスク209を回転させることから、従来に比べて2倍の高速再生を行うことができる。一方、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、ユーザによって記録あるいは消去モードが指定されると、図1に示すコントローラ300から記録あるいは消去指示信号S300が各構成要素に出力される。図1に示す回転駆動部198は、記録あるいは消去指示信号S300を入力すると、MOディスク209を回転数1800rpmで回転させる。このとき、MOディスク209の記録領域CHの奇数番目のセクタと偶数番目のセクタとには、記録データがレーザダイオード308A,308Bから並列的に同時に記録される。そのため、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、記録モードにおいて、従来の光磁気ディスク記録再生装置に比べて、2倍の速度で記録処理を行うことができる。また、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、記録および消去処理と、再生処理とを同じ時間で行うことができ、入出力におけるデータの転送レートを落とさずに記録を行うことができる。以上説明したように、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、従来の光磁気ディスク記録再生装置に比べて、記録および消去速度と再生速度とを従来の光磁気ディスク記録再生装置に比べて2倍にすることができる。また、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、記録および消去処理と、再生処理とを同じ時間で行うことができ、入出力におけるデータの転送レートを落とさずに記録を行うことができる。また、本実施例に係わる光磁気ディスク記録再生装置では、記録および消去モードにおいて、MOディスク209を1800rpmで回転させるため、MO膜をキュリー温度まで上げることができ、記録および再生を正確に行うことができる。本発明は上述した実施例には限定されない。例えば、上述した実施例では、入力したデータを1セクタ毎に2つのピックアップに振り分けたが、振り分けるセクタは1セクタではなく例えば2セクタあるいは3セクタ以上であってもよい。また、上述した実施例では、H−Vメモリ302A,302BおよびECCエンコーダ303A,303BをピックアップA,Bで独立して設けたが、図2に示すタイミングチャートによれば、これらをピックアップA,Bで共通して用いる構成にすることも可能である。また、上述した実施例では、2系統のピックアップを用いる場合について例示したが、N(N≧3)系統以上のピックアップを用いる構成にしてもよい。この場合には、記録およひ消去時におけるMOディスク209の回転数は、再生時におけるMOディスク209の回転数の1/Nに設定する。また、MOディスク209としては、1トラックのセクタ数が42以外のものを用いてもよく、また、1セクタを構成するデータ数およびAMやIDの数は任意である。また、上述した実施例では、MOディスク209に記録されたセクタマークを基準信号として用いたが、時間の基準として用いることができる信号であれば、セクタマーク以外の信号を基準信号として用いてもよい。また、データの記録および読取を行う光学式ディスク記録媒体は、MOディスク209以外にも、例えば、相変化ディスクなどでもよい。但し、相変化ディスクを用いた場合には、消去および記録時に磁界をかける必要はなく、また、記録および再生の方法も磁界によるものではないが、消去および記録時にレーザをディスクに照射して、結晶相を融点以上に加熱するため、ディスクが高速回転している場合には、温度を上げ難くなり、本発明のように低い回転数で消去および記録することは有効である。
【発明の効果】以上説明したように、本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置によれば、従来の光学式ディスク記録媒体記録再生装置に比べて、記録および消去速度と再生速度を向上させることができる。また、本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置によれば、記録および消去処理と、再生処理とを同じ時間で行うことができ、入出力におけるデータの転送レートを落とさずに記録を行うことができる。また、本発明の光学式ディスク記録媒体記録再生装置によれば、記録および消去モードにおいて、記録および再生を正確に行うことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013