米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ソニー株式会社

発明の名称 光ディスク再生装置及び光ディスクの判別方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−7290
公開日 平成9年(1997)1月10日
出願番号 特願平7−179561
出願日 平成7年(1995)6月22日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】岡▲崎▼ 信太郎 (外1名)
発明者 大井上 博 / 橋本 稔
要約 目的
使用者が再生しようとする光ディスクガどの方式のものであるか意識しないで使用できる光ディスク再生装置を提供すること。

構成
回転駆動される光ディスク11の表面に対して光を照射して、戻り光を検出する、信号読取用の光学ピックアップ12と、光学ピックアップからの検出信号を処理して、サーボ処理を行なうサーボ系13と、光学ピックアップからの検出信号を処理して、画像データを生成する信号処理回路14と、を含んでいる、DVD再生装置10において、光ディスクの再生状態に基づいて、光学ピックアップ,サーボ系及び信号処理回路を制御する制御手段15を含んでおり、制御手段が、先づ光学ピックアップ,サーボ系及び信号処理回路を光ディスクの第一の方式に対応するように設定して、再生状態を検出して、再生が正しく行なわれていない場合には、再生中の光ディスクが、第一の方式ではないと判別する。
特許請求の範囲
【請求項1】 画像データがデジタル化され圧縮されて記録された光ディスクを回転駆動する駆動部と、駆動部により回転される光ディスクに対して光を照射して、戻り光を検出する、信号読取用の光学ピックアップと、光学ピックアップからの検出信号を処理して、トラッキングサーボ及びフォーカスサーボのサーボ処理を行なうサーボ手段と、光学ピックアップからの検出信号を処理して、画像データを生成する信号処理回路と、光ディスクの再生状態に基づいて、光学ピックアップ,サーボ手段及び信号処理回路を制御する制御手段とを含んでおり、且つ、前記制御手段が、先づ光学ピックアップとサーボ手段と信号処理回路とを光ディスクの第一の方式に対応するように設定して、再生状態を検出し、この再生状態が正しくない場合には、再生中の光ディスクが、第一の方式ではないと判別する構成としたことを特徴とする光ディスク再生装置。
【請求項2】 前記制御手段が検出する再生状態が、フォーカスサーボ,トラッキングサーボ及び再生信号の検出であり、これらのうちのいずれかが正しく働かない場合には、当該再生中の光ディスクが第一の方式でないと判断するように構成したことを特徴とする請求項1に記載の光ディスク再生装置。
【請求項3】 前記制御装置が、再生中の光ディスクが第一の方式ではないと判別したとき、光学ピックアップ,サーボ手段及び信号処理回路を光ディスクの第二の方式に対応するように設定して、再生を再開する構成としたことを特徴とする請求項1に記載のデジタルビデオディスク再生装置。
【請求項4】 前記制御装置が、再生中の光ディスクが第一の方式または第二の方式ではないと判別したとき、光ディスクが装置から排出されるように構成したしたことを特徴とする請求項1に記載の光ディスク再生装置。
【請求項5】 画像データがデジタル化され圧縮されて記録された光ディスクに対して、光学ピックアップにより、光ディスクに対して光を照射して、戻り光を検出して、信号処理回路により、光ディスクに記録された画像データを再生すると共に、光学ピックアップからの検出信号に基づいて、サーボ手段によりサーボ処理を行なうようにした、光ディスク再生装置の光ディスク判別方法において、先づ光学ピックアップとサーボ手段と信号処理回路を第一の方式の光ディスクに対応するように設定して、再生状態を検出し、再生が正しく行なわれていない場合には、当該再生中の光ディスクは第一の方式のものではないと判定することを特徴とする光ディスクの判別方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、音声情報だけでなく画像情報がデジタル化され圧縮されて記録された光ディスクに対して、光を照射して、戻り光を検出することにより、記録信号を再生する、光ディスク再生装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、音声情報だけでなく、デジタル化された画像情報を圧縮して、直径12センチメートルのCD(コンパクトディスク)と同じ大きさの光ディスクのトラック上に記録したものが開発されるようになっており、このような光ディスクは、特に、デジタルビデオディスク(以下、DVDという)と呼ばれている。このようなDVDを再生するためのディスク再生装置は、回転駆動されるDVDの表面に対して、光学ピックアップからレーザー光等の光を照射する。そして、光学ピックアップの受光素子により、このDVDの表面からの戻り光を検出して、このDVDに記録されている信号を読み取ることにより、画像データの再生信号が生成される。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述したDVDは、特性の異なる二以上の規格が混在することから、一方式の規格のみに対応した再生装置では、他方式のDVDを再生しようとすると、DVDからの戻り光から、正しく信号を検出することができないという問題があった。
【0004】かくして、使用者は、この種のDVDを、常にどの方式か意識しながら、それぞれの方式専用のディスク再生装置により、再生する必要があるという問題があった。
【0005】本発明は、以上の点に鑑み、使用者がどの方式の光ディスクであるか意識せずに、光ディスクの記録及び/又は再生が行われるようにした、光ディスク再生装置を提供することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的は、本発明によれば、画像データがデジタル化され圧縮されて記録された光ディスクを回転駆動する駆動部と、駆動部により回転される光ディスクに対して光を照射して、戻り光を検出する、信号読取用の光学ピックアップと、光学ピックアップからの検出信号を処理して、トラッキングサーボ及びフォーカスサーボのサーボ処理を行なうサーボ手段と、光学ピックアップからの検出信号を処理して、画像データを生成する信号処理回路と、光ディスクの再生状態に基づいて、光学ピックアップ,サーボ手段及び信号処理回路を制御する制御手段とを含んでおり、且つ、前記制御手段が、先づ光学ピックアップとサーボ手段と信号処理回路とを光ディスクの第一の方式に対応するように設定して、再生状態を検出し、この再生状態が正しくない場合には、再生中の光ディスクが、第一の方式ではないと判別する構成とした、光ディスク再生装置により、達成される。
【0007】また、上記目的は、本発明によれば、画像データがデジタル化され圧縮されて記録された光ディスクに対して、光学ピックアップにより、光ディスクに対して光を照射して、戻り光を検出して、信号処理回路により、光ディスクに記録された画像データを再生すると共に、光学ピックアップからの検出信号に基づいて、サーボ手段によりサーボ処理を行なうようにした、光ディスク再生装置の光ディスク判別方法において、先づ光学ピックアップとサーボ手段と信号処理回路を第一の方式の光ディスクに対応するように設定して、再生状態を検出し、再生が正しく行なわれていない場合には、当該再生中の光ディスクは第一の方式のものではないと判定する、光ディスクの判別方法により、達成される。
【0008】
【作用】上記構成によれば、先づ光ディスクが第一の方式であると仮定して、光学ピックアップ,サーボ系及び信号処理回路を第一の方式の光ディスクに対応するように設定して、再生が行なわれ、例えばフォーカスサーボ,トラッキングサーボ及び再生信号(RF信号)をチェックすることにより、再生が正しく行なわれているか否かが検出される。即ち、ここで、再生状態とは、記録信号の再生だけでなく、記録または再生に際して、光学ピックアップをディスクの径方向に移動調整するためのトラッキングサーボと、光学ピックアップを移動調整して、光ディスクの記録面に対して光源からの光が正しく合焦するようにするフォーカスサーボを含むものである。
【0009】そして、再生が正しく行なわれている場合には、光ディスクが第一の方式であると判別される。また、再生が正しく行なわれていない場合には、光ディスクが第一の方式ではないと判別される。
【0010】
【実施例】以下、この発明の好適な実施例を図1乃至図3を参照しながら、詳細に説明する。尚、以下に述べる実施例は、本発明の好適な具体例であるから、技術的に好ましい種々の限定が付されているが、本発明の範囲は、以下の説明において特に本発明を限定する旨の記載がない限り、これらの態様に限られるものではない。
【0011】図1は、本発明を適用した光ディスク装置の一実施例としてのデジタルビデオディスク(DVD)再生装置を示している。図1において、DVD再生装置10は、図示しない駆動機構により回転駆動されるDVD11の信号記録面に対して、光を照射すると共に、戻り光を検出する、信号読取用の光学ピックアップ12と、光学ピックアップ12からの検出信号を処理して光学ピックアップ12のフォーカスサーボ及びトラッキングサーボを行なうサーボ系13と、光学ピックアップ12からサーボ系13を介して入力される検出信号に基づいて画像データを生成する信号処理回路14と、サーボ系13からサーボ状態を示す信号が入力され、且つ信号処理回路14から信号処理状態を示す信号が入力されるシステムコントローラ15とを備えている。
【0012】光学ピックアップ12は、レーザ光等の光ビームを照射する光源と、光源からの光ビームをDVD11の信号記録面に結像させる対物レンズを含む光学系と、DVD11の信号記録面からの戻り光を受光する光検出器とから構成されていると共に、光ビームのDVD11の信号記録面へのスポットが、半径方向に移動するように構成されている。この場合、光学ピックアップ12は、システムコントローラ15からの制御信号(切替信号)に基づいて、複数の方式のDVDのうち、選択された方式のDVD11に対応するように、光学的に切換え制御されるようになっている。
【0013】サーボ系13は、光学ピックアップ12からの検出信号が入力されることにより、フォーカスエラー信号及びトラッキングエラー信号を生成し、これらのエラー信号に基づいて、光学ピックアップ12をフォーカス方向及びトラッキング方向に移動させることにより、フォーカスオン,トラックオンさせる。この場合、サーボ系13は、そのサーボ状態を示す信号を、システムコントローラ15に出力すると共に、システムコントローラ15からの制御信号(サーボ切替信号)に基づいて、複数の方式のDVDのうち、選択された方式のDVD11に対応するように、切換え制御されるようになっている。
【0014】信号処理回路14は、光学ピックアップ12からの検出信号がサーボ系13を介して入力され、この検出信号に基づいて、DVD11の記録された画像データを生成し、図示しないディスプレイ等の外部機器に出力するようになっている。この場合、信号処理回路14は、その信号処理状態を示す信号を、システムコントローラ15に出力すると共に、システムコントローラ15からの制御信号(信号処理切替信号)に基づいて、複数の方式のDVDのうち、選択された方式のDVD11に対応するように、切換え制御されるようになっている。
【0015】システムコントローラ15は、サーボ系13からのサーボ状態を示す信号と、信号処理回路14からの信号処理状態を示す信号に基づいて、DVD11の再生状態を検出して、再生中のDVD11の方式が、光学ピックアップ12,サーボ系13,信号処理回路14の切替設定と合っているか否かを判断する。
【0016】本実施例によるDVD再生装置10は、以上のように構成されており、DVD21の再生を行なう場合、図2及び図3のフローチャートに示すように、動作する。
【0017】即ち、先づステップST1において、システムコントローラ15が、光学ピックアップ12,サーボ系13及び信号処理回路14に対して制御信号を出力して、これらを第一の方式に対応するように設定する。
【0018】続いて、ステップ2において、フォーカスサーボが開始され、ステップST3にて、システムコントローラ15がサーボ系13からの信号に基づいて、フォーカスオンできたか判定する。ここで、フォーカスオンできた場合には、ステップST4にて、トラッキングサーボ,スピンドルサーボ及びPLL(フェイズロックループ)回路のオンサーボが開始される。
【0019】次に、ステップST5にて、システムコントローラ15がサーボ系13からの信号に基づいて、トラックオンしているかを判定し、トラックオンしている場合には、ステップST6にて、システムコントローラ15が、信号処理回路14からの信号に基づいて、再生信号等の信号処理が正しく行なわれているかを判定する。ここで、信号処理が正しく行なわれている場合には、ステップST7にて、システムコントローラ15は、再生中のDVD11が第一の方式であると判別する。そして、光学ピックアップ12によるDVD11の再生が行われる。
【0020】また、上記ステップ3でフォーカスオンできない場合、ステップST5でトラックオンしていない場合、そしてステップST6にて、信号処理が正しく行なわれていない場合には、ステップST8にて、システムコンローラ15は、再生中のDVD11が第一の方式ではないと判別して、光学ピックアップ12,サーボ系13及び信号処理回路14に対して制御信号を出力して、これらを第二の方式に対応するように設定する。
【0021】そして、図3に示すように、ステップST9にて、フォーカスサーボが開始され、ステップST10にて、システムコントローラ15がサーボ系13からの信号に基づいて、フォーカスオンできたか判定する。ここで、フォーカスオンできた場合には、ステップST11にて、トラッキングサーボ,スピンドルサーボ及びPLLオンサーボが開始される。
【0022】次に、ステップST12にて、システムコントローラ15がサーボ系13からの信号に基づいて、トラックオンしているかを判定し、トラックオンしている場合には、ステップST13にて、システムコントローラ15が、信号処理回路14からの信号に基づいて、信号処理が正しく行なわれているかを判定する。ここで、信号処理が正しく行なわれている場合には、ステップST14にて、システムコントローラ15は、再生中のDVD11が第二の方式であると判別する。そして、光学ピックアップ12によるDVD11の再生が行われる。
【0023】また、上記ステップST10でフォーカスオンできない場合、ステップST12でトラックオンしていない場合、そしてステップST13にて、信号処理が正しく行なわれていない場合には、ステップST15にて、システムコンローラ15は、再生中のDVD11が第二の方式ではないと判別する。この場合、好ましくは、DVD11は、DVD再生装置10から排出されるようになっている。
【0024】かくして、DVD再生装置10は、そのときのDVD11の方式にかかわらず、DVD11の再生を正しく行なうことになる。
【0025】尚、上述した実施例においては、DVD再生装置10は、DVD11の方式の判別結果に基づいて、光学ピックアップ12,サーボ系13,信号処理回路14を切換制御することにより、DVD11が何れの方式であっても、正しく再生を行なうようになっている。しかし、これに限らず、例えば第一の方式のDVDのみに対応するように構成されていて、第二の方式のDVDであると判別された場合には、その旨表示手段によって表示を行ない、あるいは警告音または警告表示等により、その旨を告知するようにしてもよく、さらに、さらにこれ以外の他の方式のDVDである場合には、再生装置から排出するようにして、再生装置の誤動作を防止するようにしてもよい。さらに、上述の実施例では、光ディスク再生装置について説明しているが、これに限らず、本発明の手法は光ディスクに情報を記録し、記録信号を再生するための記録再生装置にもそのまま適用されるものである。
【0026】
【発明の効果】以上述べたように、本発明によれば、使用者がどの方式の光ディスクであるかを意識せずに、光ディスクの記録及び/又は再生が行なうことができる光ディスク再生装置を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013