米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ソニー株式会社

発明の名称 文字入力装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−6919
公開日 平成9年(1997)1月10日
出願番号 特願平7−154880
出願日 平成7年(1995)6月21日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】松隈 秀盛
発明者 坂田 治彦
要約 目的
文字入力枠を用いて、操作性の良好な文字入力を行う。

構成
ステップ〔603〕で上述の基準の文字入力枠の基点とカーソルの基準点とが比較され、それぞれの座標の値(Cx>By) が判断される。ここで値が成立するとき(Yes)は、ステップ〔604〕でテキスト領域の右端までに文字入力枠の幅以上の距離があるか否かが判断される。そして距離があるとき(Yes)は、ステップ〔605〕で文字入力枠の並びの右側に文字入力枠が一つ増設される。またステップ〔611〕で文字入力枠の総数がNより多い(総数>N)か否かが判断される。ここで文字入力枠の総数がNより多いとき(Yes)は、ステップ〔612〕でペンダウンが左端の文字入力枠で行われたか否かが判断される。そしてペンダウンが左端の文字入力枠で行われていないとき(No)は、ステップ〔613〕で左端の文字入力枠を消去する処理が行われる。
特許請求の範囲
【請求項1】 表示装置と、この表示装置に重畳して入力手段とが設けられ、上記入力手段に入力された手書き文字を認識する認識手段を有して成る文字入力装置において、上記表示手段には、上記認識手段で認識された入力文字列と、この入力文字列への文字の記入位置を示すカーソルとが表示されると共に、上記手書き文字を入力する文字入力枠が表示され、上記カーソルの表示位置に応じて上記文字入力枠の表示される位置が移動されることを特徴とする文字入力装置。
【請求項2】 請求項1記載の文字入力装置において、上記文字入力枠の表示される位置の移動は、上記カーソルの表示位置が表示されている上記文字入力枠に対応する位置を過ぎたときに次の文字入力枠が表示されると共に、上記次の表示枠に入力が行われたときに最古の上記文字入力枠が削除されることを特徴とする文字入力装置。
【請求項3】 請求項1記載の文字入力装置において、上記文字入力枠の表示される位置の移動は、上記カーソルの表示位置が改行されたときに次の行の始端に対応する位置に次の文字入力枠が表示されると共に、上記次の表示枠に入力が行われたときに前の行の上記文字入力枠が削除されることを特徴とする文字入力装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、例えば携帯型のコンピュータにおいて任意の手書き文字入力等を行う場合に使用して好適な文字入力装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】例えば携帯型のコンピュータにおいて、液晶ディスプレイ等の平面型の表示装置に重畳して透明電極等から成る入力手段(タブレット)を配置し、付属のペン等を用いて表示装置上の表示等に関連して手書きで入力を行う装置が実施されている。
【0003】このような装置において、さらに手書き文字の認識手段を内蔵して、上述の入力手段に付属のペン等を用いて手書きされた文字等を認識し、文書等を作成することが行われている。その場合に従来の装置では、例えば図11に示すような手段が用いられていた。
【0004】すなわち図11は表示装置に表示される表示内容を示す。この図11において、表示の上部にテキスト領域101が設けられ、下部に入力領域102が設けられる。この入力領域102には、複数の文字入力枠103が設けられる。そしてこれらの文字入力枠103に付属のペン104等で手書きされる文字等を順次認識して、認識された文字等による入力文字列105を、テキスト領域101に表示するものである。なおカーソル106は、文字等の記入位置を示す文字入力カーソルである。
【0005】しかしながらこのような方法では、入力領域102が表示面上で比較的広い面積を必要とするために、相対的にテキスト領域101の面積が狭くなり、表示される入力文字列105の一覧性を低下させる。また、テキスト領域101に表示される入力文字列105の位置と、入力領域102の文字入力枠103の位置とが離れているために、手書き入力を行う際の操作者の注目点が分散し、操作性に問題を生じる恐れもあった。
【0006】これに対して、上述の入力領域102を設けずに、テキスト領域101に直接文字等を手書きして入力を行う方法も考えられている。その場合にこの方法では、文字認識の前段で入力された文字等を各文字ごとに切り出す処理が必要とされる。しかしながら従来の切り出し処理では、技術的に充分な精度が得られておらず、この切り出し処理が正確に行われない場合には、文字認識の精度が著しく劣化し、良好な文字入力を行うことができない等の問題があった。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】この出願はこのような点に鑑みて成されたものであって、解決しようとする問題点は、従来の装置では、入力領域を設けた場合には入力された入力文字列の一覧性や文字入力の操作性等に問題を生じる。また、入力領域を設けない場合には文字ごとに切り出す処理が不充分で、良好な文字入力を行うことができない等の問題があったというものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】このため本発明においては、手書き文字を認識する認識手段を有する文字入力装置において、入力文字列への文字の記入位置を示すカーソルの表示位置に応じて、手書き文字を入力する文字入力枠の表示される位置が移動されるようにしたものである。
【0009】
【作用】これによれば、文字入力枠を用いることによって文字ごとの切り出し処理を良好に行うことができると共に、この文字入力枠がカーソルと共に移動されることによって入力文字列と文字入力枠の間で注目点が分散されることがなく、また文字入力枠によって広く表示面積を占められることもなく、入力文字列の一覧性も向上して良好な文字入力を行うことができる。
【0010】
【実施例】すなわち本発明においては、表示装置と、この表示装置に重畳して入力手段とが設けられ、入力手段に入力された手書き文字を認識する認識手段を有して成る文字入力装置において、表示手段には、認識手段で認識された入力文字列と、この入力文字列への文字の記入位置を示すカーソルが表示されると共に、手書き文字を入力する文字入力枠が表示され、カーソルの表示位置に応じて文字入力枠の表示される位置が移動されるようにしてなるものである。
【0011】以下、図面を参照して本発明の一実施例について説明する。まず図1は本発明による文字入力装置の適用される、例えば携帯型のコンピュータの要部の構成を示す一例の機能ブロック図である。
【0012】図1において、テキスト領域管理部1からのテキスト領域のイメージD1と、文字入力枠制御部2からの所定数の文字入力枠のイメージD2がVRAM3に供給される。これによってこのVRAM3上に表示される画面が形成され、形成された画面のイメージD3が表示装置としてのディスプレイ部4に供給される。
【0013】また、このディスプレイ部4に重畳して入力手段としてのタブレット部5が設けられる。このタブレット部5からの入力点の情報D4が文字入力枠制御部2に供給される。そしてこの文字入力枠制御部2では、入力点の情報D4から文字入力枠内の筆跡データD5が抽出され、抽出された筆跡のエコーが文字入力枠のイメージD2と共にVRAM3に供給される。
【0014】さらに、文字入力枠制御部2で抽出された筆跡データD5がRAM6に蓄えられる。このRAM6に蓄えられた文字入力枠内の1文字分の筆跡データD6が文字認識部7に供給される。そしてこの文字認識部7では、任意の周知の技術によって供給された筆跡データで描かれた文字等の認識処理が行われ、認識された文字等の文字コードD7が発生される。
【0015】この発生された文字コードD7がテキスト領域管理部1に供給される。そしてこのテキスト領域管理部1では、供給された文字コードの文字等を含む入力文字列のイメージが形成されると共に、入力文字列への文字等の記入位置を示すカーソルのイメージが形成される。これらの入力文字列のイメージとカーソルのイメージが、テキスト領域のイメージD1としてVRAM3に供給される。
【0016】さらにこのテキスト領域管理部1からのカーソルの位置情報D8が文字入力枠制御部2に供給されて、後述する手順に従って所定数の文字入力枠のイメージD2が形成される。そしてこの文字入力枠制御部2で形成された所定数の文字入力枠と、上述の抽出された筆跡のエコーが、上述のイメージD2としてVRAM3に供給される。
【0017】従ってこの装置において、ディスプレイ部4には、例えば図2に示すような画面の表示が行われる。
【0018】すなわち図2においては、上述のディスプレイ部4の表示面の例えば全域がテキスト領域21とされる。このテキスト領域21に、上述のテキスト領域管理部1で形成された入力文字列22のイメージと、この入力文字列22への文字の記入位置を示すカーソル23のイメージが表示される。またこのテキスト領域21に、上述の文字入力枠制御部2で形成された所定数の文字入力枠24a、24bのイメージが表示される。
【0019】そこでこの所定数の文字入力枠24a、24bの内の任意の文字入力枠に、例えば付属のペン25で任意の文字等が手書きされると、この文字入力枠24a、24b内に対応するタブレット部5からの入力点の情報(筆跡データ)が順次、文字入力枠制御部2、RAM6を通じて文字認識部7に供給される。そしてこの文字認識部7で筆跡データで描かれた文字等が認識され、認識された文字等の文字コードがテキスト領域管理部1に供給される。
【0020】さらにこのテキスト領域管理部1で供給された文字コードの文字等のイメージが形成され、この文字のイメージが入力文字列22のカーソル23の位置に記入されてVRAM3を通じてディスプレイ部4のテキスト領域21に表示される。それと共に、カーソル23の位置が記入された文字数分前進されてVRAM3を通じてディスプレイ部4のテキスト領域21に表示される。
【0021】そしてこの装置において、文字入力枠24の表示の制御が以下に述べるようにして行われる。
【0022】なお以下の説明では、所定数としてN個(1<N、説明の例では2個)の文字入力枠24a、24bが並べて形成され、この内の左からK番目(1≦K≦N、説明の例では2番目=右端)の文字入力枠24bが基準とされる。また図3のAに示すように、この基準の文字入力枠24bの左上角の座標(Bx,By) が枠の基点とされる。また同図のBに示すように、カーソル23を描く図形の対角線の交点の座標(Cx,Cy) がカーソルの基準点とされる。
【0023】そこでまず図4は文字入力枠24を用いて入力を行うための制御のフローチャートの一例を示す。この図4において、動作が開始されると、ステップ〔501〕でカーソル23の下側にN(2)個の文字入力枠24a、24bが表示される。次にステップ〔502〕でペン25のタブレットへの接触(ペンダウン)の有無が判断される。
【0024】以下、ステップ〔503〕〜〔505〕は、ペン25がタブレットから離間(ペンアップ)している状態の制御である。
【0025】すなわちステップ〔502〕でペンダウンしていないとき(No)は、ステップ〔503〕で認識待ちの筆跡データがあるか否かが判断される。このステップ〔503〕で認識待ちの筆跡データがあるとき(Yes)は、ステップ〔504〕でペンアップが所定時間(s秒、例えば1.5秒)以上続いているか否か判断される。
【0026】さらにステップ〔504〕でペンアップがs秒以上続いているとき(Yes)は、ステップ〔505〕で後述する文字入力枠の更新の処理が行われてステップ〔502〕に戻される。またステップ〔503〕で筆跡データがないとき(No)、及びステップ〔504〕でペンアップがs秒以上続いていないとき(No)も、ステップ〔502〕に戻される。
【0027】また、ステップ〔507〕〜〔510〕は、ペン25が文字入力枠24a、24b外にペンダウンしている状態の制御である。
【0028】すなわちステップ〔502〕でペンダウンしているとき(Yes)は、ステップ〔506〕で文字入力枠24a、24b外へのペンダウンか否か判断される。このステップ〔506〕で枠外へのペンダウンのとき(Yes)は、ステップ〔507〕で認識待ちの筆跡データがあるか否かが判断される。このステップ〔507〕で認識待ちの筆跡データがあるとき(Yes)は、ステップ〔508〕で後述する文字入力枠の更新の処理が行われる。
【0029】このステップ〔508〕で文字入力枠の更新の処理が行われた後、及び先のステップ〔507〕で認識待ちの筆跡データがないとき(No)は、ステップ〔509〕で文字入力中止の指示がされたか否か判断される。ここで文字入力中止の指示は、例えば表示中の「終了」のアイコン26に対応するタブレット部5の部分に、ペン25がペンダウンされることによって行われる。
【0030】そしてこのステップ〔509〕で文字入力中止の指示がされたとき(Yes)は、ステップ〔510〕で文字入力枠24a、24bを消去して動作は終了される。またステップ〔509〕で文字入力中止の指示がされていないとき(No)はステップ〔502〕に戻される。
【0031】さらにステップ〔511〕〜〔515〕は、ペン25が文字入力枠24a、24b内にペンダウンしている状態の制御である。
【0032】すなわちステップ〔506〕で文字入力枠24a、24b内へのペンダウンのとき(No)は、ステップ〔511〕で前回と同じ枠にペンダウンされたか否かが判断される。このステップ〔511〕で前回と同じ枠でないとき(No)はステップ〔512〕で認識待ちの筆跡データがあるか否かが判断される。このステップ〔512〕で認識待ちの筆跡データがあるとき(Yes)は、ステップ〔513〕で後述する文字入力枠の更新の処理が行われる。
【0033】このステップ〔513〕で文字入力枠の更新の処理が行われた後、及び先のステップ〔511〕で前回と同じ枠にペンダウンされたとき(Yes)と、ステップ〔512〕で認識待ちの筆跡データがないとき(No)は、ステップ〔514〕で筆跡データをRAM6に格納する処理が行われる。
【0034】さらにステップ〔515〕でペンアップしたか否かが判断される。そしてステップ〔515〕でペンアップしていないとき(No)は、ステップ〔514〕に戻される。また、ステップ〔515〕でペンアップしているとき(Yes)は、ステップ〔502〕に戻される。
【0035】従ってこの装置において、文字入力枠24aまたは24b内にペン25を用いて手書きされた筆跡データが、RAM6に格納される。そしてさらに、上述のステップ〔505〕〔508〕及び〔513〕での、文字入力枠の更新の処理が以下のようにして行われる。
【0036】すなわち図5は文字入力枠の更新の処理を行うための制御のフローチャートの一例を示す。この図5において、動作が開始されると、まずステップ〔601〕で文字認識部7を呼び出し、RAM6に格納され1文字分の筆跡データを渡して文字認識処理を起動したのち、RAM6上の筆跡データをクリアする。次にステップ〔602〕で文字入力枠24a、24b内の筆跡のエコーを消去する。
【0037】以下、ステップ〔603〕〜〔607〕は、文字入力枠24a、24bを設定する制御である。
【0038】すなわちステップ〔603〕で上述の基準の文字入力枠24の基点とカーソル23の基準点とが比較され、それぞれの座標の値(Cx>By) が判断される。ここで値(Cx>By) が成立するとき(Yes)は、ステップ〔604〕でテキスト領域21の右端までに文字入力枠24の幅以上の距離があるか否かが判断される。そして距離があるとき(Yes)は、ステップ〔605〕で文字入力枠24bの並びの右側に文字入力枠24が一つ増設される。
【0039】またステップ〔603〕で値(Cx>By) が成立しないとき(No)は、ステップ〔606〕でカーソル23が別の行に移動したか否が判断される。そしてカーソル23が別の行に移動しているとき(Yes)は、ステップ〔607〕でカーソル23のある行にN(2)個の文字入力枠24を表示し、その左からK(2)番目(右端)の枠を基準枠とする。
【0040】さらにステップ〔608〕〜〔613〕は、文字入力枠24a、24bを削除する制御である。
【0041】すなわちステップ〔605〕及び〔607〕の処理が行われた後、及び先のステップ〔604〕で距離がないとき(No)と、ステップ〔606〕で行が移動していないとき(No)は、ステップ〔608〕で2行以上に文字入力枠24が表示されているか否かが判断される。
【0042】このステップ〔608〕で2行以上に表示されているとき(Yes)は、ステップ〔609〕で、ペンダウンがカーソル23のある行の文字入力枠24で行われたか否かが判断される。そしてペンダウンがカーソル23のある行で行われたとき(Yes)は、ステップ〔610〕でカーソル23のない行の文字入力枠24を消去する処理が行われる。
【0043】さらにステップ〔610〕の処理が行われた後、及び先のステップ〔608〕で2行以上に表示されていないとき(No)は、ステップ〔611〕で文字入力枠24の総数がNより多い(総数>N)か否かが判断される。
【0044】このステップ〔611〕で文字入力枠24の総数がNより多いとき(Yes)は、ステップ〔612〕で、ペンダウンが左端の文字入力枠24aで行われたか否かが判断される。そしてペンダウンが左端の文字入力枠24aで行われていないとき(No)は、ステップ〔613〕で左端の文字入力枠24を消去する処理が行われる。
【0045】さらにステップ〔613〕の処理が行われた後、及び先のステップ〔609〕でペンダウンがカーソル23のある行で行われていないとき(No)と、ステップ〔611〕で文字入力枠24の総数がNより少ないとき(No)と、ステップ〔612〕でペンダウンが左端の文字入力枠24aで行われたとき(Yes)は、処理が終了される。
【0046】従ってこの装置において、動作が開始されると、まず図6のAに示すようにカーソル23の表示位置の下側にN(2)個の文字入力枠24a、24bが表示される。
【0047】そこで図6のBに示すように、文字入力枠24aにペン25で文字が手書きされ、次の文字入力枠24bにペンダウンされると、文字入力枠24aの筆跡データの認識処理が開始される。そして図6のCに示すように認識された文字がカーソル23の位置に表示され、カーソル23の表示位置が1文字分進められると共に、認識された文字入力枠24aの筆跡のエコーが消去される。
【0048】さらに図6のDに示すように文字入力枠24bにペン25で文字が手書きされ、文字入力枠24aにペンダウンされると、文字入力枠24bの筆跡データの認識処理が開始される。そして図6のEに示すように認識された文字がカーソル23の位置に表示され、カーソル23の表示位置が1文字分進められると共に、認識された文字入力枠24bの筆跡のエコーが消去される。
【0049】同様にして、図6のFに示すように文字入力枠24aにペン25で文字が手書きされ、文字入力枠24bにペンダウンされると、文字入力枠24aの筆跡データの認識処理が開始される。そして図6のGに示すように認識された文字がカーソル23の位置に表示され、カーソル23の表示位置が1文字分進められると共に、認識された文字入力枠24aの筆跡のエコーが消去される。
【0050】そしてこの場合に、1文字分進められたカーソル23の基準点(Cx)が、文字入力枠24bの基点(Bx)の右側になると、図6のHに示すように右側の文字入力枠24bのさらに右側に文字入力枠24cが形成される。
【0051】さらに図6のIに示すように、文字入力枠24aにペンダウンされている間に文字入力枠24bの筆跡データの認識処理が行われる。そして認識された文字がカーソル23の位置に表示され、カーソル23の表示位置が1文字分進められると共に、認識された文字入力枠24bの筆跡のエコーが消去される。
【0052】そしてさらに図6のJに示すように文字入力枠24aにペン25で文字が手書きされ、文字入力枠24bにペンダウンされると、文字入力枠24aの筆跡データの認識処理が開始される。そして図6のKに示すように認識された文字がカーソル23の位置に表示され、カーソル23の表示位置が1文字分進められ、認識された文字入力枠24aの筆跡のエコーが消去されると共に、このとき左端の文字入力枠24aが消去される。
【0053】このようにして、カーソル23の表示位置に応じて文字入力枠24a、24bの表示される位置が移動される。さらに以下は、図6のLに示すように文字入力枠24b、24cを文字入力枠24a、24bに読み替えることによって、上述の動作が繰り返される。
【0054】またこの文字入力枠24a、24bの表示される位置が、図8のAに示すようにテキスト領域21の右端に達したときは、図示のようにカーソル23の表示位置が同じ行にある間は文字入力枠24a、24bはこのまま表示されている。
【0055】これに対して、図8のBに示すようにカーソル23の表示位置が次の行に移動すると、図8のCに示すように文字入力枠24aまたは24bに新たなペンダウンが行われた時点で、次の行のカーソル23の表示位置の下側にN(2)個の文字入力枠24c、24dが表示される。
【0056】しかし図8のDに示すように文字入力枠24a、24bにペン25で文字が手書きされている間は、文字入力枠24aまたは24bの筆跡データが認識され、認識された文字がカーソル23の位置に表示され、カーソル23の表示位置が1文字分進められ、認識された文字入力枠24aまたは24bの筆跡のエコーが消去される。
【0057】そして図8のEに示すように、次の行の文字入力枠24c、24dにペンダウンが行われると、前の行の文字入力枠24a、24bが消去され、文字入力枠24c、24dが新たに文字入力枠24a、24bとされて、上述の動作が繰り返される。
【0058】従ってこの装置において、カーソルの表示位置に応じて文字入力枠の表示される位置が移動されるようにしたことにより、文字入力枠の表示によって文字ごとの切り出し処理を良好に行うことができると共に、入力文字列と文字入力枠の間で注目点が分散されることがなく、入力文字列の一覧性も向上して良好な文字入力を行うことができるものである。
【0059】さらに上述の実施例では、いわゆる横書きのテキスト領域21に対応した文字入力方法を示したが、本発明は、左右に関係と上下の関係を入れ替えるだけで、例えば図9に示すように縦書きのテキスト領域21′に対しても同様に適用することができる。
【0060】こうして上述の文字入力装置によれば、表示装置と、この表示装置に重畳して入力手段とが設けられ、入力手段に入力された手書き文字を認識する認識手段を有して成る文字入力装置において、表示手段には、認識手段で認識された入力文字列と、この入力文字列への文字の記入位置を示すカーソルとが表示されると共に、手書き文字を入力する文字入力枠が表示され、カーソルの表示位置に応じて文字入力枠の表示される位置が移動されることにより、文字入力枠を用いることによって文字ごとの切り出し処理を良好に行うことができると共に、この文字入力枠がカーソルと共に移動されることによって入力文字列と文字入力枠の間で注目点が分散されることがなく、また文字入力枠によって広く表示面積を占められることもなく、入力文字列の一覧性も向上して良好な文字入力を行うことができるものである。
【0061】従って従来の装置では、入力領域を設けた場合には入力された入力文字列の一覧性や文字入力の操作性等に問題を生じ、また入力領域を設けない場合には文字ごとに切り出す処理が不充分で良好な文字入力を行うことができない等の問題があったものを、本発明の文字入力装置によれば、これらの問題点を全て解消して良好な文字入力を行うことができるものである。
【0062】
【発明の効果】この発明によれば、カーソルの表示位置に応じて文字入力枠の表示される位置が移動されるようにしたことにより、文字入力枠の表示によって文字ごとの切り出し処理を良好に行うことができると共に、入力文字列と文字入力枠の間で注目点が分散されることがなく、入力文字列の一覧性も向上して良好な文字入力を行うことができるようになった。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013