米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 データ作成支援装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−6422
公開日 平成9年(1997)1月10日
出願番号 特願平7−152888
出願日 平成7年(1995)6月20日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】滝本 智之 (外1名)
発明者 村雲 敬典 / 脊戸 卓実
要約 目的
データの手続、設定、変更及び修正の入力作業及びデータ管理を半自動化して、データの入力作業及び管理が容易かつ確実に行う。

構成
NCデータ作成装置1とデータベース8とを連動させ、NCデータ作成装置1によりデータ作成支援起動装置3がデータ作成支援装置2を起動し、データベース8からデータ処理装置5がNCデータ作成装置用のデータを選択して読み込んで、データメモリ4に書き込みを行う。このデータメモリ4のデータをデータ作成支援装置2を通じて編集する。データ出力処理装置6がNCデータ作成装置1の条件設定の入力を代わって処理する。この動作をNCデータ作成装置1から操作して、データ設定や入力操作の作業を半自動化する。
特許請求の範囲
【請求項1】 データ作成装置、データベース、データ作成支援起動装置データ作成支援装置、データメモリ及びデータ出力処理装置を有するデータ作成支援装置であり、データ作成装置によりデータ作成支援起動装置がデータ作成支援装置を起動し、データベースからデータ処理装置がデータ作成装置に対するのデータを選択して読み込んで、データメモリに書き込みを行うと共に、このデータメモリのデータをデータ作成支援装置を通じて編集し、かつ、データ出力処理装置がデータ作成装置の条件設定の入力を代わって処理し、この動作をデータ作成装置から操作によって行い、データ設定及び入力操作作業を半自動化することを特徴とするデータ作成支援装置。
【請求項2】 前記データ作成装置用が、NCデータ作成装置であり、NC加工条件データ、NC作業条件データを処理し、かつ、データ作成支援装置でのデータ編集が、設定されたNC加工条件データ及びNC作業条件データに対する追加、削除、修正であることを特徴とする請求項1記載のデータ作成支援装置。
【請求項3】 画面表示手段を備え、この画面表示手段で入力操作データ及び処理データを画面表示することを特徴とする請求項1記載のデータ作成支援装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、NCデータ作成装置などのデータ作成装置とリンクして手続、設定、変更及び修正を行うデータ作成支援装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、NCデータ作成装置などのデータ作成装置は、必要なデータを作成するための多種の入力操作、設定、変更及び修正を行っている。このデータを作成するための多種の入力操作、設定は過去の蓄積経験に基づいて作成された一覧表やマニアルを参照して手動入力で行っている。この場合、予めデータ作成前に手続、設定、変更及び修正に関する設定データを調べて、その操作を行っている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】すなわち、従来例のデータ作成支援装置では、手続、設定、変更及び修正を行う場合、予めデータ作成前に、その設定データをオペレータが熟知して、その処理を行う必要があり、その操作が煩わしく、多大な時間を要し、かつ、誤入力が発生し易いという欠点がある。
【0004】本発明は、このような従来の問題を解決するものであり、データの手続、設定、変更及び修正の入力作業及びデータ管理が半自動化され、データの入力作業及び管理が容易かつ確実に出来る優れたデータ作成支援装置の提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、請求項1記載のデータ作成支援装置は、データ作成装置、データベース、データ作成支援起動装置データ作成支援装置、データメモリ及びデータ出力処理装置を有するデータ作成支援装置であり、データ作成装置によりデータ作成支援起動装置がデータ作成支援装置を起動し、データベースからデータ処理装置がデータ作成装置に対するのデータを選択して読み込んで、データメモリに書き込みを行うと共に、このデータメモリのデータをデータ作成支援装置を通じて編集し、かつ、データ出力処理装置がデータ作成装置の条件設定の入力を代わって処理し、この動作をデータ作成装置から操作によって行い、データ設定及び入力操作作業を半自動化する構成としている。
【0006】請求項2記載のデータ作成支援装置は、前記データ作成装置用がNCデータ作成装置であり、NC加工条件データ、NC作業条件データを処理し、かつ、データ作成支援装置でのデータ編集を、設定されたNC加工条件データ及びNC作業条件データに対する追加、削除、修正とする構成としている。
【0007】請求項3記載のデータ作成支援装置は、画面表示手段を備え、この画面表示手段で入力操作データ及び処理データを画面表示する構成としている。
【0008】
【作用】このような構成により、前記請求項1,3記載のデータ作成支援装置は、データベースからデータ作成装置用のデータを選択してデータメモリに書き込みを行っている。そして、このデータメモリのデータに対してデータ作成支援装置を通じて編集し、かつ、データ出力処理装置がデータ作成装置の条件設定の入力を代わって処理している。すなわち、データ設定、入力操作作業を半自動化している。この際、入力操作データ及び処理データを画面表示している。したがって、データの入力作業及び管理が容易かつ確実に行われる。
【0009】請求項2,3記載のデータ作成支援装置は NCの加工条件データ、NCの作業条件データを半自動で設定し、かつ、この設定されたNCの加工条件及び作業条件のデータに対する追加、削除、修正のデータ編集を画面表示しながら半自動で行っている。したがって、NC加工条件設定と共に、このデータ編集が半自動化によって容易かつ確実に処理される。
【0010】
【実施例】以下、本発明のデータ作成支援装置の実施例を図面を参照して詳細に説明する。図1は本発明のデータ作成支援装置の実施例における概略構成を示すブロック図である。図1において、この例には、三次元図面(モデル)からNCデータを作成するデータ作成装置としてのNCデータ作成装置1と、入力操作によるデータを作成の支援処理を行うデータ作成支援装置2とが設けられている。また、NCデータ作成装置1からのデータによってデータ作成支援装置2を起動するためのデータ作成支援起動装置3と、処理データを一時的に記憶するデータメモリ4とが設けられている。さらに、データベースのデータを読み込み、かつ、データメモリ4からのデータ書き込みを処理するデータ処理装置5と、データメモリ4からのデータの出力を処理するデータ出力処理装置6と設けられている。また、処理データを画面表示する表示装置7と、NCデータ作成装置用の加工条件データ、作業条件データを格納するデータベース8とが設けられている。なお、この構成はコンピュータシステムなどによって実現可能である。
【0011】図2は、図1に示す構成を詳細に示すブロック図である。図2において、データ作成支援装置2は各種の入力操作を行うためのキーボード10と、このキーボード10からのデータを取り込むためのキーボードデータ取込部11と、キーボードデータ取込部11からのデータがNCデータ作成装置1、データ処理装置5のいずれに属するかを判断して、送出先を切り替えるデータ入力切替部12とを有している。さらにデータ入力切替部12からのデータの種類を比較判定して認識するデータ判定部13と、データ判定部13からのデータをデータメモリ4に記憶しているデータに書き込むための編集部14と、データメモリ4に記憶しているデータを、データ判定部13が判定して出力したキーデータに基づいて検索するデータ検索部15とを有している。
【0012】データ記憶装置5は、データベース8のNCデータ作成装置用の加工条件データ、作業条件データを選択するデータ選択部21と、データ選択部21からのデータを取り込んでデータメモリ4に送出するデータ取込部22と、データ出力処理装置6からのデータをデータメモリ4に書き込むためのデータ書込部23とを有している。
【0013】データ出力処理装置6は、データメモリ4に書き込まれたデータやデータ検索部15で検索したデータの送出先を切り替えるデータ手段切替部30と、データ手段切替部30からのデータをNCデータ作成装置1の条件設定入力や、作業入力のフォーマットに変換して出力するデータ出力部31とを有している。
【0014】次に、この実施例の動作について説明する。図1において、NCデータ作成装置1とデータベース8とを連動させており、NCデータ作成装置1によりデータ作成支援起動装置3がデータ作成支援装置2を起動し、データベース8からデータ処理装置5がNCデータ作成装置用の加工条件データ、作業条件データを選択して読み込んで、データメモリ4に書き込みを行う。このデータメモリ4のデータをデータ作成支援装置2を通じて修正する。データ出力処理装置6がNCデータ作成装置1の条件設定の入力を、代わって処理する。この動作をNCデータ作成装置1から操作して、データ設定や入力操作の作業を半自動化し、そのデータ管理を容易かつ確実に行う。
【0015】この動作を図2を用いて詳細に説明する。図3は動作の処理手順を示すフロー図である。図2、図3において、NCデータ作成装置1を起動し、初期設定を行う(ステップS10)。NCデータ作成装置1でNCデータの作成作業を行う(ステップS11)。NCデータを作成するために加工条件を設定する際に、手動入力するか、又は、自動入力で設定するかをNCデータ作成装置1を通じて表示装置7で表示する(ステップS12)。データ作成支援装置2におけるキーボード10が操作されて、その操作データをキーボードデータ取込部11が取り込み、データ入力切替部12を通じてデータ判定部13を判定する。すなわち、自動設定か手動設定かを判断する(ステップS13)。ここでキーボード10から手動設定が入力された場合(ステップS13:No)、加工条件を入力し(ステップS14)、さらに、NCデータ作成の計算処理を行う(ステップS15)。その後、キーボード10での終了操作を判断し(ステップS16)、手動設定が未終了の場合(No)、ステップS11に戻る。また終了の場合(Yes)、処理が終了となる。
【0016】また、ステップS013で自動設定の場合(Yes)、すなわち、キーボード10から自動設定が入力された場合、データ作成支援起動装置3がデータ作成支援装置2を起動して、その手初期設定を行う(ステップS17)。この後、データ編集か否かが判断され(ステップS18)、編集でない場合(No)、データ作成支援装置2におけるキーボード10の条件設定キーが操作されると、データ処理装置5中のデータ選択部21がデータベース8に格納しているNCデータ作成装置用の加工条件データを選択し、かつ、データ取込部22が取り込み、データ書込部23がデータメモリ4に書き込む(ステップS19)。次に、キーボード10から表示装置7に画面表示された設定条件項目(使用機械、加工方法、工具経等)のデータに対する選択入力を行う(ステップS20)。このデータがデータ検索部15によって検索された加工条件設定データ(送り量、主軸回転速度、ステップ等)をデータ出力処理装置6中のデータ手段切替部30を通じてデータ出力部31に入力し、ここでデータをNCデータ作成装置1の条件設定入力や、作業入力のフォーマットに変換してNCデータ作成装置1に出力する(ステップS21)。このデータをステップS15の処理によってNCデータ作成の計算処理を行い。その後、データ作成支援装置2中のキーボード10での終了操作を判断し(ステップS16)、ここで手動設定が未終了の場合(No)、ステップS11に戻る。また終了の場合(Yes)、処理が終了となる。この結果、手動入力によらずに、加工条件データの設定をデータ作成支援装置2で一括して行うことができ、その操作が容易かつ誤入力が発生し難くなる。
【0017】次に、ステップS18でデータ編集の場合(Yes)、すなわち、加工条件設定データに対する追加、削除、修正のデータ編集を行う場合、データ作成支援装置2におけるキーボード10で編集を希望する加工条件設定データ名を入力し、この加工条件設定データ名データをキーボードデータ取込部11が取り込み、データ入力切替部12を通じてデータ判定部13を判定する。ここで加工条件設定データ名が判定される(ステップS22)。加工条件設定データをデータベース8から、データ処理装置5中のデータ選択部21が選択し、かつ、データ取込部22が取り込み、データ書込部23がデータメモリ4に書き込む(ステップS23)。次に、データ作成支援装置2中のキーボード10から編集データを入力し、キーボードデータ取込部11が取り込み、データ入力切替部12を通じてデータ判定部13を判定し、さらに編集部14を通じてデータメモリ4に送出して、その書き替えを行う(ステップS24)。ここでの編集作業はキーボード10での終了の操作まで行われる(ステップS25)。終了の場合(Yes)、編集データの保存が判断され、キーボード10での保存の操作が行われると、データメモリ4に書き込まれている加工条件設定データが、データ出力処理装置6中のデータ手段切替部30を通じてデータ処理装置5中のデータ書込部23の処理によってデータメモリ4に保存される(ステップS26,S27)。この後、ステップS26によってキーボード10での非保存の操作が行われた場合と同様に、ステップS18に戻ってデータ編集の判断から繰り返す。この結果、加工条件設定データに対する追加、削除、修正のデータ編集を行う場合、手動入力によらずに、その作業の操作性が向上する。
【0018】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、請求項1,3記載のデータ作成支援装置によれば、データベースのデータを選択して記憶し、この記憶データに対してデータ作成支援装置を通じて編集し、かつ、データ出力処理装置がデータ作成装置の条件設定の入力を代わって処理し、そのデータ設定、入力操作作業を半自動化しているため、データの入力作業及び管理が容易かつ確実に出来るという効果を有する。
【0019】請求項2,3記載のデータ作成支援装置によれば NCの加工条件データ、NCの作業条件データを半自動で設定し、かつ、設定されて加工条件及び作業条件データに対する追加、削除、修正のデータ編集を半自動で行っているたそ、NCの加工条件設定と共に、データ編集が半自動化によって容易かつ確実に出来るという効果を有する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013