Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
屋外灯 - 株式会社テック
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 株式会社テック

発明の名称 屋外灯
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−171705
公開日 平成9年(1997)6月30日
出願番号 特願平7−332962
出願日 平成7年(1995)12月21日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】鈴江 武彦
発明者 松井 博隆
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】ランプが装着されるランプソケットなどが内蔵された下方開口の器具本体と、このランプを覆うとともに前記器具本体の下方開口に着脱自在に装着される透光性材料からなるカバ−とからなり、屋外が暗くなると前記ランプを点灯させ、明るくなると前記ランプを消灯させる自動点滅器を備えた屋外灯において、前記自動点滅器を前記器具本体の後端に設けた取付金具に上下移動可能に取付けたことを特徴とする屋外灯。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、防犯灯、道路灯など屋外灯において、屋外の明暗により屋外灯内に取付けられているランプを点灯または消灯させる自動点滅器の取付構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来技術に係る自動点滅器を有する道路灯について図9を参照して説明する。道路灯1は車道などの脇に立設されている図示しない電柱に取付けられ、車道面などを照らすものである。
【0003】道路灯1は、図示しないランプが収納され下方開口した器具本体2と、この器具本体2の下方に着脱自在に取付けられる透光性材料からなるカバ−3とからなり、取付金具4が器具本体2の後方側上面に固定されている。この取付金具4の下方端には、略長方形をした一対の固定孔4a,4aが形成され、この一対の固定孔4a,4aに図示しない取付バンドが挿入され、この取付バンドを電柱に巻付固定することにより、電柱に道路灯1が固定される。
【0004】屋外が暗くなると、器具本体2内に収納されたランプが点灯し、屋外が明るくなると消灯する自動点滅器10が、取付金具4の先端に支持金具11を介して図示しないねじで固定されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上記のように従来の屋外灯の自動点滅器10は、支持金具11を介して取付金具4の先端に固定されている。このため、例えば、街路樹の幹や葉および電線などの障害物が、自動点滅器10の受光面(図示せず)を覆っている場合には、自動点滅器10が「作動状態」のままとなり、昼間でも道路灯1のランプが点灯したままとなり、自動点滅器10の動作に支障をきたすという問題があった。
【0006】本発明は上記の点に鑑みてなされたもので、自動点滅器の動作に支障をきたさない屋外灯を提供することを課題とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】前記課題を達成するために、本発明の屋外灯は、ランプが装着されるランプソケットなどが内蔵された下方開口の器具本体と、このランプを覆うとともに前記器具本体の下方開口に着脱自在に装着される透光性材料からなるカバ−とからなり、屋外が暗くなると前記ランプを点灯させ、明るくなると前記ランプを消灯させる自動点滅器を備えた屋外灯において、前記自動点滅器を前記器具本体の後端に設けた取付金具に上下移動可能に取付けたことを特徴とするものである。
【0008】上記の構成において、電線などの障害物が受光面の上面にあっても、自動点滅器を単に上下方向に移動させるだけで、自動点滅器の誤動作を防ぐことができる。さらに、自動点滅器をランプの光が届きにくい後壁部にスライド自在に取付けたので、より確実に自動点滅器の誤動作を防ぐことができる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、図1ないし図8を参照して本発明の実施の形態を説明する。
【0010】図7、図8は一般的な道路灯を示すもので、道路灯20はダイキャスト材などからなる下方および後方を開口した略船形の器具本体主部26とこの器具本体主部26の後方開口を塞ぐとともに下方に突出形成された平板状の後壁部27とからなる器具本体25と、この器具本体25の下方開口および後壁部を塞いで装着され上方および後方を開口した略船形状の透光性材料からなるカバ−30とからなる。このカバ−30は、道路灯20内に装着される光源であるランプ40を保護し、光を拡散し、または光色を変えるめの光源を覆うもので光源拡散機能を有する。
【0011】前記器具本体25内には、安定器35の下方に力率コンデンサ36が取付けられ、この安定器35の上方に設けられている安定器取付板37が、前記器具本体主部26の裏面後部に一体形成されている複数の取付ボス26a,26aにねじ61で螺着固定されている。さらに、安定器取付板37の前方には、安定器35を覆うように、ランプソケット41が取付けられたソケット取付板43がねじ62で螺着固定されている。さらに、前記安定器35の下方を覆うように、反射カバ−45がランプソケット41の下方端と後壁部27の下方に形成されて取付ボス26bとにねじ63,ねじ63でそれぞれ固定されている。
【0012】安定器35,ランプソケット41および力率コンデンサ36に接続された一対のリ−ド線50,50が、後壁部27に嵌着された例えば天然ゴム製のブッシュ51に挿通されて外方に導出されている。
【0013】前記器具本体主部26およびカバ−30の先端には、それぞれヒンジ(A)28,28およびヒンジ(B)31が一体的に形成され、これらヒンジに連結軸32が挿通され、この連結軸32を支点としてカバ−30が、先端下方側に回転自在に開閉され、カバ−30の後端に回転自在に支持されている飾ねじ47を器具本体の後壁部27下方端に螺着固定してカバ−30を器具本体25の下方に装着している。
【0014】前記器具本体主部26の略中央部に設けられているランプソケット41には、ランプ40が着脱自在に螺着される。さらに、このランプ40の長手方向両側には、それぞれ相対して内方に湾曲した反射体48,48が器具本体主部26に装着されている。さらに、前記器具本体の後壁部27には、電柱などに取付けるための取付金具70が複数のねじ90で螺着固定されている。
【0015】図2は本発明の係る自動点滅器と取付金具をそれぞれ示す斜視図である。
【0016】80は屋外が暗くなると屋外灯のランプ40を点灯させ、明るくなると前記ランプ40を消灯させる自動点滅器で、内部に例えば光信号を受けてスイッチング動作し電気信号に変換させるホトトランジスタが内蔵され、上面に光信号を受ける受光面82を有する自動点滅器主部81と、この自動点滅器主部81を支持する略L字状の支持金具85とよりなる。当該支持金具85は上方に折曲形成された折曲片支持部85aと、長方形をした支持金具主部85bとより構成され、この支持金具主部85bの下端にはねじ孔86が形成されている。前記自動点滅器主部81の上面は、前記支持金具85の折曲片支持部85aの裏面側に当接され、ねじ95により自動点滅器主部81に螺着固定されている。
【0017】87は前記支持金具85のねじ孔86に取付けられる支持棒で、この支持棒87の下方には下方ねじ部87aが、上方に上方ねじ部87bが形成され、この下方ねじ部87aと上方ねじ部87bとの間には、ねじなし部88が形成されている。
【0018】70は自動点滅器80を上下方向にスライド自在に摺動させ断面略コ字状で上下開口された取付金具で、器具本体25の後壁部27に取付けられる取付金具主部71と、この取付金具主部71の長手方向両端からそれぞれ手前方向に対向して折曲形成された両側面部72,72とからなる。
【0019】さらに、取付金具主部71の幅方向中央で、長手方向に沿って手前側に略コ字状に折曲形成されたスライド凹部73が形成されている。このスライド凹部73の底面73aの長手方向に沿ってスリット孔74が穿設されている。
【0020】このスリット孔74は、自動点滅器80の支持金具85の下端に取付けられている支持棒86が上下方向にスライド可能な程度の幅に形成されている。このスライド凹部73に沿った取付金具主部71の両側には、それぞれ複数のねじ孔75が上下に設けられている。また、取付金具70の両側面部72,72の長手方向には、それぞれ対向して長方形の固定孔72a,72aが穿設されている。
【0021】自動点滅器を器具本体に組立てる方法を記載する。
【0022】器具本体主部26に安定器35などを組付ける前に、取付金具70を後壁部27に取付ける。最初に、図示しない後壁部27に形成した孔に取付金具70に形成したねじ孔75をそれぞれ合わせたのち、ねじ90を後壁部27の裏面側からそれぞれ前記孔に挿入させ、ねじ孔75に螺着させて取付金具70を後壁部27に螺着固定する。
【0023】支持金具85の下端をスライド凹部73の上端から挿入する。つぎに、取付金具70のスリット孔74の上方から支持棒87の下方ねじ部87aをねじ孔86に螺着し、支持棒87を支持金具85固定する。さらに、支持棒87の上方ねじ部87bの先端からスリット孔74より大きい径のワッシャ58を挿入したのち、ナット59をに上方ねじ部87bに螺着する。
【0024】前記自動点滅器80は、支持金具85の両端面がスライド凹部73の両側壁に案内されて上下に摺動する。自動点滅器80を適当な位置に止めてナット59を締付方向に回転させて、所定の高さに自動点滅器80を設定する。
【0025】本発明の屋外灯の作用について説明する。
【0026】道路灯20の後壁部27に取付けられる自動点滅器80の取付けは、道路灯20に組込んだ状態で工場から出荷する方法と、道路灯20と自動点滅器80を別体で工場から出荷し、施工現場で、支持金具85を自動点滅器主部81にねじ95で取付けたのち、支持金具85を取付金具70のスライド凹部73にスライド挿入し、支持棒87の下方ねじ部87aを支持金具85のねじ孔86にスリット孔74側から螺着固定する。こののち、支持棒87の上方ねじ部87bからスリット孔74より大きい径のワッシャ58を挿入したのち、上方ねじ部87bにナット59を螺着し自動点滅器80を取付金具70に固定する。
【0027】取付金具70に形成された固定孔72aに取付バンド22を挿入し、図3,図4に示すように電柱21に巻付け道路灯20を電柱21に固定する。
【0028】この際、図5(A)に示すように、電線などの障害物99が、自動点滅器80の受光面82の上面に覆い被さっていると、自動点滅器80が「作動状態」のままとなり、昼間でも道路灯20のランプ40が点灯したままとなり、自動点滅器の動作に支障をきたす。
【0029】このような場合には、スパナなどの工具でナット59を緩め、図5(B)に示すように、障害物99が受光面82を覆い被さない位置まで自動点滅器80を上方に移動させたのち、ナット59を締付け固定させる。
【0030】障害物99が太い幹などである場合には、例えば図6に示すように、支持金具85を移動する前に、自動点滅器主部81を図6(B)に示すように支持金具85から取外したのち、スパナなどの工具でナット59を緩め、図6(C)に示すように上方に移動させたのち、ナット59を締付け固定させる。最後に、支持金具85に自動点滅器主部81をねじ95で締付固定する。
【0031】自動点滅器80を上下方向にスライド自在に道路灯20の後壁部27に取付ける構造としたので、電線などの障害物があっても、自動点滅器80を単に上下方向に移動させるだけで、自動点滅器の誤動作を防ぐことができる。さらに、自動点滅器80をランプ40の光が届きにくい後壁部27に上下方向スライド自在に取付けたので、より確実に自動点滅器の誤動作を防ぐことができる。
【0032】また、自動点滅器が取付けられる取付金具70は、断面略コ字状で上下開口した形状としたので、この開口からスパナなどの工具を挿入できるので、自動点滅器を道路灯に取付けた後でも、簡単に高さを調整することが可能である。
【0033】
【発明の効果】以上詳記したように本発明によれば、屋外灯の後壁部に自動点滅器を上下移動可能に取付ける構造にしたので、電線などの障害物があっても、自動点滅器を単に上下方向に移動させるだけで、自動点滅器の誤動作を防ぐことができる。さらに、自動点滅器をランプの光が届きにくい後壁部にスライド自在に取付けたので、より確実に自動点滅器の誤動作を防ぐことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013