米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> メガバス株式会社

発明の名称 釣り竿
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−149748
公開日 平成9年(1997)6月10日
出願番号 特願平7−309316
出願日 平成7年(1995)11月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】國分 孝悦
発明者 伊東 浩一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 ロッドの基端部をグリップに挿着し、該グリップを把持するようにした釣り竿であって、前記グリップは前記ロッドを挿入するための挿通孔を有し、この挿通孔の開口端部に金属製グリップエンドを固着したことを特徴とする釣り竿。
【請求項2】 前記グリップエンドは前記グリップの挿通孔に嵌着する嵌着部を有し、前記ロッドの基端が前記グリップエンドの嵌着部から離隔して配置されることを特徴とする請求項1に記載の釣り竿。
【請求項3】 前記グリップエンドの端表面に、ゴム製プロテクタが被着されることを特徴とする請求項1又は2に記載の釣り竿。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えばルアーロッド及びフライロッド等のルアー釣りに好適な釣り竿に係り、特に該釣り竿におけるグリップまわりの構造に関する。
【0002】
【従来の技術】この種の釣り竿において、ロッドの基端部をグリップに挿着し、該グリップを把持するようにしている。図6は、従来の釣り竿、特にそのグリップまわりの構成例を示している。この例は、所謂ブランクスルー構造であり、グリップ1の挿通孔1aに挿入されるブランク(カーボンロッド)2が、該グリップ1を貫通するというものである。ブランク2の基端2aは、グリップ1の挿通孔1aの開口端部から突出し、該基端2aにはゴムキャップ3が被着している。
【0003】グリップ1の中間部適所には、リール5を搭載するためのリールシート4が配置されている。なおここでは、リール5及びその搭載構造の詳細な説明を省略するものとする。実使用に際して、搭載されたリール5付近のグリップ1の適所を把持して、ロッド先端を上下動させる等の操作(ロッドアクション)を行う。この場合、グリップ1を把持したときの重量感或いはバランス感等の感覚(手持ち感)がロッドアクションに微妙に影響する。例えばグリップ1を把持したときにロッド先端側が若干上がり気味になるような手持ち感を与えるのが一般に好ましい。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、従来の釣り竿において、良好な手持ち感を付与するためにブランク2の基端2a側(ゴムキャップ3側)が僅かに重くなるように、グリップ1における重心設定を行うとよい。しかしながら、カーボンロッドで成るブランク2は軽量であることから、その寸法(長さ或いは径)をかなり変更しない限り、容易に好適な重心に設定することは実質的に困難である。従って、従来の釣り竿では簡単な仕方で良好な手持ち感を実現することができなかった。
【0005】更に、この種の釣り竿において、魚のあたり感度の良否は、上述したような手持ち感と相まって釣り効果に著しく影響するが、従来のブランク2を用いた釣り竿ではかかる良好な感度を得るのが困難であった。
【0006】本発明はかかる実情に鑑み、簡素な構成により、優れた手持ち感及び感度を実現し得る釣り竿を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の釣り竿は、ロッドの基端部をグリップに挿着し、該グリップを把持するようにした釣り竿であって、前記グリップは前記ロッドを挿入するための挿通孔を有し、この挿通孔の開口端部に金属製グリップエンドを固着したものである。
【0008】また、本発明の釣り竿において、前記グリップエンドは前記グリップの挿通孔に嵌着する嵌着部を有し、前記ロッドの基端が前記グリップエンドの嵌着部から離隔して配置される。
【0009】また、本発明の釣り竿において、前記グリップエンドの端表面に、ゴム製プロテクタが被着されるものである。
【0010】
【作用】本発明によれば、ロッドが挿着するグリップを把持して、ロッドアクションを行うことができる。グリップの挿通孔の開口端部に金属製グリップエンドが固着されており、グリップの基端側が僅かに重くなるようにグリップの重心を設定することができる。この場合、グリップ端部にグリップエンドを付設するという簡単な構成により実現している。
【0011】また、本発明によれば、グリップに挿着されるロッドの基端は、グリップエンドの嵌着部から離隔して配置される。つまり、ロッドの基端とグリップエンドの嵌着部の間に一定の隙間もしくはスペースが形成される。このような密封空間を設定することにより、グリップ内部を空洞化して振動等が響き易くすると共に、魚のあたりがグリップに沿って過度に通り抜けないようにする。言わば、あたり時の振動がグリップ内に籠もるようにすることで、釣人があたりを察知し易く、良好な感度を得ることができる。
【0012】
【発明の実施の形態】以下、図1〜図5に基づき、従来例と実質的に同一又は対応する部材には同一符号を用いて、本発明による釣り竿の好適な実施の形態を説明する。先ず、この実施形態の基本構造において、グリップ1には、カーボンロッドで成るブランク2を挿入するための挿通孔1aが形成されている。また、グリップ1の中間部適所には、リール5(図6参照)を搭載するためのリールシート4が配置されている。なお、グリップ1は、ゴム材或いはコルク材等により形成することができる。
【0013】挿通孔1aの内周面には、パイプ状のカーボン製フレーム6が固着している。このフレーム6は、グリップ1の端部からリールシート4の端部付近まで延設されている。この例ではフレーム6の内周面に更に、ほぼリールシート4に対応する長さ領域においてパイプ状のカーボン製アジャスタ7が固着している。ブランク2は図示のように、アジャスタ7の端部位置まで挿入され、これによりグリップ1に挿着・支持されるようになっている。
【0014】さて、グリップ1の挿通孔1aの開口端部には、金属製グリップエンド8が固着している。グリップエンド8は、グリップ1の挿通孔1aに嵌着する嵌着部8aを有している(図2参照)。グリップエンド8は、その嵌着部8aを挿通孔1aに嵌着すると共に、グリップ1の端面に接着固定されるようになっている。図から明らかなように、ブランク2の基端2aは、グリップエンド8の嵌着部8aから離隔して配置され、つまりブランク2の基端2aとグリップエンド8の嵌着部8aの間に一定の隙間もしくはスペースが形成される。
【0015】また、グリップエンド8の端表面には、ゴム製プロテクタ9が被着される。プロテクタ9は、図3に示されるようにグリップエンド8の端表面の凹部8bに嵌着する突部9aを有しおり、グリップエンド8の端表面に接着される。
【0016】ここで、グリップエンド8の形成材料としては、アルミニウムもしくは真鍮又はこれらの金属と鉛との混合合金が好適である。また、グリップエンド8に例えばアルマイト加工等による表面処理、或いはメッキを施し、更に適宜の模様を形成してもよい。
【0017】この実施形態による本発明の釣り竿において、実使用に際して、グリップ1の適所を把持して、ロッド先端を上下動させる等のロッドアクションを行う。前述のようにグリップ1の端部には、金属製グリップエンド8が固着しており、これによりグリップ1の基端側が僅かに重くなるように重心が設定される。このように重心設定することにより、グリップ1を把持したときにロッド先端側が若干上がり気味になるような手持ち感が得られる。従って、グリップ1の軽量感が付与され、釣り竿の操作性が向上して極めて取扱易い釣り竿を実現することができる。
【0018】また、釣法によっては、ロッド先端側が若干下がり気味になるようにしてロッドアクションを行う場合がある。このような釣法において、ロッド先端側が下がり過ぎるのを防止し、この釣法に最適な僅かに下がり気味の状態にセッティングすることができる。つまり種々の釣法に好適に対応可能となる。これらの場合、グリップエンド8の寸法等(軸長もしくは肉厚、或いは材質等)を変更することにより、該グリップエンド8の重量を適宜変化させて最適な重心バランスを得ることができる。
【0019】また、グリップ1においてブランク2の基端2aとグリップエンド8の嵌着部8aの間に、挿通孔1aで成る一定の密封空間が設定されている。つまりブランク2とグリップエンド8とは直接接触していないため、魚のあたりがグリップ1に沿って過度に通り抜けないようにし、言わば、魚のあたり時の振動がグリップ1内に籠もるようにすることで、良好なあたり感度を得ることができる。
【0020】更に、グリップエンド8の端面にプロテクタ9が設けられているため、使用時に釣り竿が地面等に落下した場合でも、釣り竿が損傷するのを防止し、極めて安全性が高い。また、グリップ1の適所を把持して釣り竿を支持する際、グリップ1の端部を釣人の腹部等に当てて支持するが、ゴム製のプロテクタ9が設けられているから、グリップ1の端部が直接人体に当たらないようにし、これにより快適な釣りを保証することができる。グリップエンド8に適宜の表面処理、或いは模様等を付しておくことにより、優れた見栄え及び外観を呈し釣り竿に高級感を与えることもできる。
【0021】ここで、図5は本発明に係るグリップエンド8の好適な変形例を示している。例えば図5(A)に示すようにグリップエンド8の中心部に貫通孔8cが形成される。該貫通孔8cの径の大きさは、適宜設定することができる。このように貫通孔8cを設けることで、グリップエンド8自体の外形寸法や素材等を変更することなく、所望の重量のグリップエンド8を得ることができる。
【0022】また、図5(B)に示すようにグリップエンド8の嵌着部8aの基部のまわりに凹溝もしくは切欠部8dが形成される。このように凹溝8dを設けることで、グリップ1の端部にグリップエンド8を付設する際、フレーム6の端部がグリップエンド8と当接・干渉して隙間が生じるのを防ぐことができる。これにより接着不良等の不良率を大幅に減少させる。
【0023】更に、図5(C)に示すようにグリップエンド8の外周部8eが適宜湾曲させて形成される。この例のようにグリップエンド8の形状を変化させ、或いは適宜の模様等を施すことで、外観、見栄え等の意匠性を向上させることができる。なお、図5(C)のような例によれば、グリップエンド8が釣人の体に密着した際に痛みを与える心配がない等の効果も得られる。
【0024】なお、上記実施形態におけるフレーム6及びアジャスタ7の形成材料として、ケブラー、ボロン、グラスファイバ、或いは合成樹脂又はその混合物(強化プラスチック)、更に金属等を採用することができる。
【0025】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、グリップの端部にグリップエンドを付設するという簡素な構成により、この種の釣り竿においてグリップまわりの最適な重心バランスを設定し、優れた手持ち感及びあたり感度を実現する。これにより高い釣り効果を期待することができる上、グリップエンドまわりの優れてた外観品質を確保することができる等の利点を有している。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013