米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 田植機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−56224
公開日 平成9年(1997)3月4日
出願番号 特願平7−214526
出願日 平成7年(1995)8月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 児島 祥之 / 山本 進
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 走行車体(1)の後部に苗植付け装置(4)を昇降自在に配備するとともに、苗植付け装置(4)と走行車体(1)との間に、各植付け条の植付け予定箇所を部分的に耕耘する部分耕耘機構(6)を苗植付け装置(4)と一体に昇降可能に配備し、走行車体(1)の後部に走行速度と同調する速度で回転する植付け用の第1動力取り出し軸(17)を設けるとともに、この第1動力取り出し軸(17)の下方部位に走行速度と同調することなく一定速度で回転する第2動力取り出し軸(18)を設け、前記第1動力取り出し軸(17)と前記苗植付け装置(4)とを第1伝動軸(19)を介して連動連結するとともに、前記第2動力取り出し軸(18)と前記部分耕耘機構(6)とを前記第1伝動軸(19)の下方に位置して配備した第2伝動軸(25)を介して連動連結してあることを特徴とする田植機。
【請求項2】 前記第2動力取り出し軸(18)への動力断続用のクラッチ(52)が切り状態では、前記第1動力取り出し軸(17)への動力断続用のクラッチ(51)が切り状態にあるよう両クラッチ(51),(52)を連係してあることを特徴とする請求項1記載の田植機。
【請求項3】 前記部分耕耘機構(6)を、下降した作用位置と上昇した非作用位置とに切り換え可能に構成するとともに、部分耕耘機構(6)が前記非作用位置にあることを検知すると、前記第2動力取り出し軸(18)への伝動が遮断されるように部分耕耘機構位置の検知手段と前記第2動力取り出し軸(18)への動力断続用のクラッチ(52)を連係してあることを特徴とする請求項1または2記載の田植機。
【請求項4】 前記苗植付け装置(4)と部分耕耘機構(6)とを水平に維持するローリング制御手段を備えるとともに、部分耕耘機構(6)を、下降した作用位置と上昇した非作用位置とに切り換え可能に構成し、前記部分耕耘機構(6)が前記作用位置にあることを検知するとローリング制御を停止し、前記非作用位置にあることを検知するとローリング制御を許容するように部分耕耘機構位置の検知手段とローリング制御手段とを連係してあることを特徴とする請求項1〜3のいづれか一つに記載の田植機。
【請求項5】 前記苗植付け装置(4)に上下動可能に装着したセンサフロート(11a)の上下変位に基づいて苗植付け装置(4)を駆動昇降して苗植付け装置(4)の圃場に対する高さを安定維持する昇降制御手段を備えるとともに、前記センサフロート(11a)が最下限まで下降したことの検知に基づいて前記前記第2動力取り出し軸(18)への伝動が遮断されるように、フロート上下動検知手段と前記第2動力取り出し軸(18)への動力断続用のクラッチ(52)を連係してあることを特徴とする請求項1〜4のいづれか一つに記載の田植機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、代掻き処理の施されていない圃場の植付け予定箇所を部分的に小幅で耕耘しながら、その耕耘部分に苗を植え付けてゆくよう構成した田植機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、部分耕耘しながら植付けを行う田植機としては、走行車体の昇降リンク機構に部分耕耘機構を装着し、その後部に苗植付け装置を連結するとともに、走行車体から部分耕耘機構に伝達された動力の一部を苗植付け装置に分岐伝達するよう構成したものが提案されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】部分耕耘機構は走行速度に関係なく一定速度で回転駆動することが望ましく、これに対して苗植付け装置は走行速度に同調して駆動して走行速度にかかわらず株間(走行方向の植付け間隔)を設定した値に維持することが望まれるのであるが、部分耕耘機構に伝達された動力の一部を苗植付け装置に分岐伝達する上記構成では、部分耕耘機構を一定速度で駆動しながら苗植付け装置を走行速度に同調して駆動するために、部分耕耘機構から苗植付け装置への伝動系に変速機構を介在して、この変速機構を走行変速に対応して変速操作する必要があり、伝動構造および操作系が複雑になる不具合があった。
【0004】本発明は、このような点に着目してなされたものであって、部分耕耘機構と苗植付け装置をそれぞれ好適に駆動することができるとともに、安全に動力伝達を行うことができる田植機を提供することを主たる目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1に係る発明の田植機は、走行車体の後部に苗植付け装置を昇降自在に配備するとともに、苗植付け装置と走行車体との間に、各植付け条の植付け予定箇所を部分的に耕耘する部分耕耘機構を苗植付け装置と一体に昇降可能に配備し、走行車体の後部に走行速度と同調する速度で回転する植付け用の第1動力取り出し軸を設けるとともに、この第1動力取り出し軸の下方部位に走行速度と同調することなく一定速度で回転する第2動力取り出し軸を設け、前記第1動力取り出し軸と前記苗植付け装置とを第1伝動軸を介して連動連結するとともに、前記第2動力取り出し軸と前記部分耕耘機構とを前記第1伝動軸の下方に位置して配備した第2伝動軸を介して連動連結してあることを特徴とする。
【0006】(作用)この構成によると、走行速度が変速されるとこれに同調して植付け装置も変速されることになるので、走行速度の如何にかかわらず株間は所定の値に維持される。また、走行速度が変速されても部分耕耘機構は所定の速度で駆動される。そして、部分耕耘機構への伝動用の第2伝動軸が苗植付け装置への伝動用の第1伝動軸の下方にあるために、この第2伝動軸が第1伝動軸の下方からの他物との接触による損傷を回避保護する機能を発揮する。
【0007】(効果)従って、請求項1に係る発明によると、苗植付け装置と部分耕耘機構とを好適に駆動することができるとともに、苗植付け装置への伝動系を部分耕耘機構への伝動系で保護して、他物との接触に対して安全性の高い伝動を行うことができるようになった。
【0008】また、請求項2に係る発明の田植機は、請求項1の田植機において、前記第2動力取り出し軸への動力断続用のクラッチが切り状態では、前記第1動力取り出し軸への動力断続用のクラッチが切り状態にあるよう両クラッチを連係してあることを特徴とする。
【0009】(作用)この構成によると、第2動力取り出し軸への動力断続用のクラッチが切り状態で、第1動力取り出し軸への動力断続用のクラッチのみが入った状態、つまり、部分耕耘機構が停止して苗植付け装置のみが駆動されるような状態がもたらされることはなく、必ず耕耘した箇所に苗植付けが行われる。
【0010】(効果)従って、請求項2に係る発明によると、請求項1に係る発明の上記効果をもたらすとともに、硬い未耕起部分に植付けを行って植付け機構を損傷するような事態を未然に回避することができる。
【0011】また、請求項3に係る発明の田植機は、請求項1の田植機において、前記部分耕耘機構を、下降した作用位置と上昇した非作用位置とに切り換え可能に構成するとともに、部分耕耘機構が前記非作用位置にあることを検知すると、前記第2動力取り出し軸への伝動が遮断されるように部分耕耘機構位置の検知手段と前記第2動力取り出し軸への動力断続用のクラッチを連係してあることを特徴とする。
【0012】(作用)この構成によると、通常の植付け作業を行う際には部分耕耘機構を非作用位置に上昇退避させておき、部分耕耘移植を行う際には部分耕耘機構を作用位置にまで下降させておく。この場合、部分耕耘機構を非作用位置に上昇退避させると自動的に部分耕耘機構への動力伝達は不能となり、不用意に部分耕耘機構を駆動することが未然に防止される。
【0013】(効果)従って、請求項3に係る発明によると、請求項1に係る発明の上記効果をもたらすとともに、作用位置あるときのみ部分耕耘機構を駆動することができて、安全性に優れたものとなった。
【0014】また、請求項4に係る発明の田植機は、請求項1の田植機において、前記苗植付け装置と部分耕耘機構とを水平に維持するローリング制御手段を備えるとともに、部分耕耘機構を、下降した作用位置と上昇した非作用位置とに切り換え可能に構成し、前記部分耕耘機構が前記作用位置にあることを検知するとローリング制御を停止し、前記非作用位置にあることを検知するとローリング制御を許容するように部分耕耘機構位置の検知手段とローリング制御手段とを連係してあることを特徴とする。
【0015】(作用)この構成によると、部分耕耘機構を非作用位置に上昇退避させて通常の植付け作業を行う際にはローリング制御を実行することができるとともに、部分耕耘機構を作用位置に下降させて部分耕耘移植を行う際には自動的にローリング制御が停止される。つまり、この部分耕耘移植においては部分耕耘機構は略植付け全幅にわたって圃場に作用するので、部分耕耘機構と苗植付け装置とを自由ローリング状態にしておくと、部分耕耘機構はその耕耘反力で圃場面と平行となり、これに伴って苗植付け装置も圃場面と平行となる。
【0016】(効果)従って、請求項4に係る発明によると、請求項1に係る発明の上記効果をもたらすとともに、部分耕耘を行う際にローリング制御を中止することで、苗植付け装置と圃場面とが平行となって、全条での植付け深さを均一化することができる。
【0017】また、請求項5に係る発明の田植機は、請求項1〜4のうちのいづれか一つに記載の田植機において、前記苗植付け装置に上下動可能に装着したセンサフロートの上下変位に基づいて苗植付け装置を駆動昇降する昇降制御手段を備えるとともに、前記センサフロートが最下限まで下降したことの検知に基づいて前記前記第2伝動軸への伝動が遮断されるようにセンサフロート上下動検知手段と前記第2伝動軸への動力断続用のクラッチを連係してあることを特徴とする。
【0018】(作用・効果)この構成によると、苗植付け装置を強制的に上昇させると、地上に浮上したセンサフロートはが最下限まで自重下降し、これに伴って自動的に部分耕耘機構は停止し、空中で部分耕耘機構が回転駆動されて付着した土を周囲にまき散らすことが未然に回避でき、安全性を高めることができる。
【0019】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る田植機の実施の形態を図面に基づいて説明する。図1に示すように、この田植機は、乗用型の走行車体1の後部に油圧シリンダ2で駆動される昇降リンク機構3を介して8条植えの苗植付け装置4を昇降自在に連結し、この苗植付け装置4の後部に、各条ごとに植付け苗の横側に粒状肥料を埋設してゆく施肥装置5を装着するとともに、苗植付け装置4の前部に、各植付け条の植付け予定箇所を予め部分的に耕起する部分耕耘機構6を配備した構造となっている。
【0020】前記苗植付け装置4は、一定ストロークで往復横移動される前傾斜姿勢の苗のせ台7、苗のせ台7に載置した苗を下方に向けて送る縦送りベルト8、苗のせ台7の下端を案内する摺動レール9に形成した取出し口から1株分づつ苗を切りだして圃場に植え付ける8条分の回転式植付け機構10、中央2条分の植付け圃場面を整地するセンターフロート11a、横3条分の植付け圃場面を整地する左右一対のサイドフロート11b、等を備えている。
【0021】詳述すると、前記昇降リンク機構3の後端に連結された連結フレーム12の下部に角筒状に構成された板金製の主フレーム13が横架支持され、この主フレーム13の左右方向中央部に植付けミッションケース14が連結固定されるとともに、左右一対づつの前記植付け機構10を備えた4個の植付けケース15が主フレーム13に後向き片持ち状に連結されている。
【0022】図3および図4に示すように、走行車体1の後部に配備されたミッションケース16の後部には、走行速度と同調する速度で回転する植付け用の第1動力取り出し軸17と、走行速度と同調することなく一定速度で回転する第2動力取り出し軸18とが上下に装備され、第1動力取り出し軸17から取り出された動力が第1伝動軸19を介して植付けミッションケース14に伝達され、この動力が苗のせ台7の横送り機構、および縦送りベルト8に伝達されるとともに、植付けミッションケース14から取り出された動力が横向き伝動軸20を介して各植付けケース15に伝達されるよう構成されている。
【0023】図4〜図6に示すように、前記部分耕耘機構6は、横向き水平に配備した回転駆動軸21に、各植付け機構10の前方に位置するように耕耘爪22を植付け条と同一間隔をもって取付けた構造となっており、回転駆動軸21が中央のベベルケース23に連動連結されるとともに、ベベルケース23から後方に向けて突出した入力軸23aが、チェーン24および第2伝動軸25を介して前記第2動力取り出し軸18に連動連結されている。ここで、第2伝動軸25は前記第1伝動軸19よりも大径で強度の高いものが使用され、下方からの他物の接触に対して第2動力取り出し軸18が強度的に弱い第1伝動軸19を保護する機能を発揮する。
【0024】前記回転駆動軸21はその両端と中間の2箇所が前記主フレーム11から前方に延出した支持部材26の前端部に回転自在に支承されるとともに、ベベルケース23も主フレーム11に連結支持されている。ここで、中間の2箇所の支持部材26は、中央2個の植付けケース14が連結されている部位の前側において主フレーム11に連結されている。そして、この植付けケース14の連結部位においては主フレーム11の内部に補強部材27が添設されており、この補強された部位を利用して中央2箇所の支持部材26が高い強度でもって連結され、耕耘爪22の打ち込みに伴って回転駆動軸21の中央側が上方に曲げられようとする負荷に対して中央2箇所の支持部材26が十分耐えることができるよう構成されている。また、主フレーム11の端部からは摺動レール9の端部を保護するガード部材28が延出されており、このガード部材28の基部補強部材29に両端の支持部材26が連結されている。
【0025】前記部分耕耘機構6における耕耘爪22は、回転駆動軸21に取り付けたディスク30の側面にブラケット31を介して連結され、各耕耘爪取付け部位の間には大径のドラム32が同心状に介装されて、圃場面に存在する藁や雑草などが巻き付くのが防止されている。
【0026】図3に、前記ミッションケース16内の伝動構造の概略が示されている。走行車体1の前部に搭載したエンジン40からの動力は静油圧式無段変速装置(HST)41のポンプ軸42に入力され、その変速出力がモータ軸43から取り出され、副ギヤ変速機構44で高低2段(低速は植付け用、高速は移動走行用)に変速された後、後輪45のデフ装置46に伝達される。また、後輪45への伝動系から分岐された動力はミッションケース16の前方下部から伝動軸47を介して前輪48に伝達されるようになっている。
【0027】また、モータ軸43からの出力は株間変速機構49で6段に変速された後、トルクリミッタ50、およびクラッチ51を介して第1動力取り出し軸17に伝達され、これが第1伝動軸19を介して苗植付け装置4に伝達されるようになっている。
【0028】また、ポンプ軸42に入力された動力の一部はギヤ減速された後、クラッチ52を介して前記第2動力取り出し軸18に伝達され、静油圧式無段変速装置41の変速に関係なくエンジン回転数によって決まる一定回転速度の動力が第2伝動軸25を介して部分耕耘機構6に伝達されるようになっている。
【0029】苗植付け装置4の起動および停止を司る前記クラッチ51、および部分耕耘機構6の起動および停止を司る前記クラッチ52は、それぞれ電動モータなどの電動アクチュエータ53,54で操作されるようになっており、その操作系のブロック図が図8に示されている。
【0030】図8において、55は中立復帰型の操作レバー56によって操作される昇降操作用スイッチであり、上げ位置への操作で油圧シリンダ2に対する制御弁57が切り換えられて苗植付け装置4が上限まで上昇されるとともに、電動アクチュエータ53によってクラッチ51が切り操作される。また、操作レバー56の1回目の下げ操作で苗植付け装置4が下降制御され、2回目の下げ操作で両クラッチ51,52が共に入り操作されるようになっている。ただし、部分耕耘機構6に対するクラッチ52が入り操作された後、一定時間遅れをもって苗植付け装置4に対するクラッチ51の入り操作されるようにクラッチ入りタイミングに時間差が与えられ、部分耕耘した箇所に苗植付けが行われるようになっている。
【0031】前記センターフロート11aは、苗植付け装置4を自動昇降制御するためのセンサフロートとしての機能を備えている。つまり、このセンサフロート11aは後支点Pを中心に上下揺動変位可能に支持され、その前部の上下変位がポテンショメータ58で連続的に検出され、このポテンショメータ58からの検値が設定値に維持されるように前記制御弁57を作動させて苗植付け装置4を自動昇降させ、もって苗植付け装置4の圃場面に対する高さを安定させて、所望の植え付け深さを維持するよう構成されている。
【0032】ここで、センサフロート11aが最下限まで自重下降変位したことがポテンショメータ58で検知されると、部分耕耘機構6に対するクラッチ52が切り操作されるようになっており、苗植付け装置4が空中に持ち上げられている状態では部分耕耘機構6が不用意に回転駆動されないようになっている。
【0033】また、図7に示すように、前記苗植付け装置4は植付けミッションケース14の入力軸心に相当する支点R周りにローリング自在に支持されるとともに、電動モータ60によってネジ送り横移動される可動部材61と苗植付け装置4の苗のせ台支持用の左右支柱62とをバネ63を介して連結され、可動部材61の横移動によって苗植付け装置4がローリング駆動されるように構成されるとともに、苗植付け装置4に左右方向の傾斜を検知する傾斜センサ64が設けられ、この傾斜センサ64の検出結果に基づいて電動モータ60を制御することで苗植付け装置4とこれに連結された前記部分耕耘機構6とを水平に維持するローリング制御手段が構成されている。
【0034】〔他の実施形態〕図9に示すように、前記部分耕耘機構6を下降した作用位置と上昇した非作用位置とに切り換え可能に構成するとともに、部分耕耘機構6が非作用位置にあることをスイッチ65で検知すると、クラッチ52が切られて第2動力取り出し軸18からの出力が遮断され、部分耕耘機構6が下降した作用位置にある場合のみクラッチ52を入り操作できるように構成し、かつ、部部分耕耘機構6が前記作用位置に下降されていることがスイッチ65で検知されると上記ローリング制御を停止し、部分耕耘機構6が非作用位置に上昇されていることが検知されると上記ローリング制御が実行可能となるように構成して形態で実施することも可能である。
【0035】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013