米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 コンバイン
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−28161
公開日 平成9年(1997)2月4日
出願番号 特願平7−186846
出願日 平成7年(1995)7月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 牧園 晴充 / 香本 信美
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 左右一対のクローラ走行装置(1)を支持フレーム(3)により所定の左右間隔で支持し、前記支持フレーム(3)に機体フレーム(5)を左右方向にスライド自在に支持して、前記支持フレーム(3)に対し前記機体フレーム(5)を左右方向にスライド操作するスライド操作手段(6)を備えると共に、前記機体フレーム(5)の前部に刈取部(14)を支持し、前記機体フレーム(5)に脱穀装置(15)と穀粒回収部(16)とを左右に並べて配置してあるコンバイン。
【請求項2】 前記穀粒回収部(16)が穀粒を貯留するグレンタンク(16)である請求項1記載のコンバイン。
【請求項3】 前記左右一対のクローラ走行装置(1)の間に配置されて前記左右のクローラ走行装置(1)に動力を伝達するミッションケース(7)を、前記機体フレーム(5)に固定すると共に、前記ミッションケース(7)から左右に突出する出力軸(7b)と前記左右のクローラ走行装置(1)の入力軸(10a)とを、左右方向の伸縮伝動部(11)を介して連動連結してある請求項1又は2記載のコンバイン。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、圃場の穀稈を刈り取って脱穀し穀粒を回収していくコンバインの全体の構成に関する。
【0002】
【従来の技術】前述のようなコンバインにおいては、左右一対のクローラ走行装置により機体を支持して、機体の前部に刈取部を備え、脱穀装置と穀粒回収部(穀粒を大量に貯留するグレンタンクや、穀粒を一時貯留する袋詰め用のホッパー)とを左右に並べて配置したものが多くある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】コンバインにおいて刈取作業中は、脱穀装置からの穀粒が穀粒回収部に送り込まれて貯留されるので、機体の左右一方側に配置される穀粒回収部の重量は重いものとなっている。これに対して、刈取作業の終了時には穀粒回収部の穀粒を全て排出してしまうので(トラック等に移すか、又は穀粒を全て袋に詰める)、刈取作業の終了後において、機体の左右一方側に配置される穀粒回収部の重量は軽いものとなっている。これにより、刈取作業中での機体の左右のバランスと、刈取作業の終了後の路上走行時での機体の左右のバランスとが大きく異なることになるので、このような機体の左右のバランスの変化に関係なく、刈取作業及び路上の両方において機体を安定して走行させるには、左右のクローラ走行装置の左右間隔(トレッド)を充分に大きなものに設定する必要がある。
【0004】しかしながら、前述のように左右のクローラ走行装置の左右間隔を大きなものに設定すると、狭い農道等での走行が困難になる。又、刈取部の左右幅の範囲からクローラ走行装置が大きく外側に出ることになり、クローラ走行装置の踏み代が大きくなって、刈取部で刈り取られなかった穀稈をクローラ走行装置が踏み倒してしまう現象が多く発生するようになる。本発明はコンバインにおいて、左右のクローラ走行装置の左右間隔を特に大きなものに設定しなくても、刈取作業及び路上の両方において機体を安定して走行させることができるようにすることを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】
〔I〕請求項1又は2の特徴によると、刈取作業中は脱穀装置からの穀粒が穀粒回収部(グレンタンク)に送り込まれて貯留され、機体フレームの左右一方側に配置される穀粒回収部(グレンタンク)の重量は重いものとなっているので、この場合にはクローラ走行装置の支持フレームに対して、機体フレームを穀粒回収部(グレンタンク)とは反対側にスライド操作すればよい。従って、重量の重い状態となっている穀粒回収部(グレンタンク)が、左右のクローラ走行装置の左右中央位置に接近することになるのであり、穀粒回収部(グレンタンク)以外の刈取部や脱穀装置は、前述の左右中央位置から穀粒回収部(グレンタンク)とは反対側に離れることになる。これにより、穀粒回収部(グレンタンク)の重量が重い状態となっていても、機体全体としての重心を左右のクローラ走行装置の左右中央位置付近に位置させることができる。
【0006】逆に、刈取作業の終了時に穀粒回収部(グレンタンク)の穀粒を全て排出すると、機体フレームの左右一方側に配置される穀粒回収部(グレンタンク)の重量は軽いものとなるので、この場合はクローラ走行装置の支持フレームに対して、機体フレームを穀粒回収部(グレンタンク)側にスライド操作すればよい。従って、重量の軽い状態となっている穀粒回収部(グレンタンク)が、左右のクローラ走行装置の左右中央位置から離れることになるのであり、穀粒回収部(グレンタンク)以外の刈取部や脱穀装置は、前述の左右中央位置に接近することになる。これにより、穀粒回収部(グレンタンク)の重量が軽い状態となっていても、機体全体としての重心を左右のクローラ走行装置の左右中央位置付近に位置させることができる。
【0007】〔II〕請求項3の特徴によると、請求項1又は2の場合と同様に前項〔I〕に記載の「作用」を備えており、これに加えて以下のような「作用」を備えている。請求項3の特徴によれば、クローラ走行装置の支持フレームに対して機体フレームを左右方向にスライド操作すると、機体フレームと一緒にミッションケースもスライド操作されるのであり、ミッションケースの出力軸とクローラ走行装置の入力軸との位置の差は伸縮伝動部によって吸収される。
【0008】このように、機体フレームの左右一方側に配置される穀粒回収部(グレンタンク)に対して、ミッションケースは左右のクローラ走行装置の間に位置するように機体フレームに固定されているので、機体フレームをスライド操作した際にミッションケースは脱穀装置側に属することになる。従って、前項〔I〕に記載のように機体フレームをスライド操作した際においいて、穀粒を満杯にした際に重量が特に重くなるグレンタンクを穀粒回収部としている場合に、機体全体としての重心を左右のクローラ走行装置の左右中央位置付近に位置させることが、さらに適切に行える。
【0009】コンバインでは一般に機体フレームにエンジンを設置する場合が多いので、機体フレームにミッションケースが固定されていると、機体フレームのスライド操作を行っても、エンジンとミッションケースとの位置関係に変化はない。これにより、エンジンからミッションケースへの伝動系を特に変更する必要はない。
【0010】
【発明の実施の形態】図3及び図4に示すように、左右一対のクローラ走行装置1がトラックフレーム2に支持されて、左右のトラックフレーム2に亘りアーチ状の支持フレーム3が前後一対架設連結されており、前後の支持フレーム3の各々の上部に、角筒状の支持パイプ4が左右方向に沿って固定されている。
【0011】各種の角パイプを溶接して構成された機体フレーム5において、左右方向に沿った一対のフレーム5aが支持パイプ4にスライド自在に挿入されて、支持フレーム3に対し機体フレーム5が左右方向にスライド自在に支持されている。支持パイプ4に固定されたブラケット4aと、機体フレーム5に固定されたブラケット5bとに亘って、前後一対の複動型の油圧シリンダ6(スライド操作手段に相当)が接続されている。
【0012】図3及び図4に示すように機体フレーム5の前部のフレーム5cに、ブラケット5dを介してミッションケース7が固定され、左右のクローラ走行装置1の間にミッションケース7が配置されており、機体フレーム5の前部右側に固定されたエンジン8の出力プーリー8aと、ミッションケース7の入力プーリー7aとに亘って伝動ベルト9が巻回されている。
【0013】トラックフレーム2の前端にクローラ走行装置1の駆動スプロケット10が支持されており、駆動スプロケット10の駆動軸10a(入力軸に相当)と、ミッションケース7の下部から左右に突出した出力軸7bとが、スプライン部を備えた円筒軸11(伸縮伝動部に相当)を介して連動連結されている。ミッションケース7に固定された円筒状のカバー12に対して、トラックフレーム2に固定されたカバー13が左右方向にスライド自在に外嵌されており、カバー12,13により出力軸7b、駆動軸10a及び円筒軸11が覆われている。
【0014】支持フレーム3に支持された機体フレーム5において、図3及び図1に示すようにフレーム5cに支持ブラケット17が固定され、支持ブラケット17の横軸芯P1周りに支持フレーム18が上下揺動操作自在に連結されており、支持フレーム18に刈取部14が備えられている。図1及び図2に示すように、機体フレーム5の左側に脱穀装置15、機体フレーム5の右側にグレンタンク16(穀粒回収部に相当)、機体フレーム5の前部右側に操縦部19が配置されており、機体フレーム5の後部に排ワラの細断装置及び結束装置を備えた排ワラ処理装置20が連結されている。
【0015】以上の構成により、油圧シリンダ6を伸縮操作することによって、支持フレーム3及びクローラ走行装置1に対し、機体フレーム5が左右方向に沿ってスライド操作されるのであり、機体フレーム5と一緒に刈取部14、脱穀装置15、グレンタンク16、操縦部19、エンジン8、ミッションケース7及び排ワラ処理装置20が左右方向にスライド操作される。この場合、クローラ走行装置1に対するミッションケース7のスライド動作が、図3に示すカバー12,13及び円筒軸11によって吸収される。
【0016】〔発明の実施の別形態〕図3及び図4における油圧シリンダ6に代えて、ネジ軸(図示せず)(スライド操作手段に相当)を機体フレーム5と支持パイプ4に亘って接続し、このネジ軸をハンドル(図示せず)により手動で回転操作することにより、機体フレーム5をスライド操作するように構成してもよい。
【0017】
【発明の効果】請求項1又は2の特徴のように、機体フレーム(刈取部、脱穀装置及び穀粒回収部(グレンタンク))を、クローラ走行装置に対して左右方向にスライド操作自在に支持することにより、穀粒回収部(グレンタンク)の重量の変化に関係なく、機体全体の重心を左右のクローラ走行装置の左右中央位置付近に位置させることができるようになった。これにより、左右のクローラ走行装置の左右間隔を特に大きなものに設定しなくても、刈取作業及び路上の両方において機体を安定して走行させることができるようになるので、左右のクローラ走行装置の左右間隔を大きなものに設定することにより狭い農道等での走行が困難になる状態や、クローラ走行装置の踏み代が大きくなる状態を未然に防止することができる。
【0018】請求項3の特徴によると、請求項1又は2の場合と同様に前述の請求項1又は2の「発明の効果」を備えている。請求項3の特徴によると、機体フレームと一緒にミッションケースも左右方向にスライド操作されるので、特にグレンタンクを穀粒回収部としている場合に、刈取作業及び路上の両方において機体を安定して走行させることが、さらに適切に行えるようになる。そして、エンジンからミッションケースへの伝動系を特に変更する必要がないので、構造の複雑化を抑えると言う面で有効である。
【0019】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にする為に符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013