米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 刈取収穫機の伝動構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−9764
公開日 平成9年(1997)1月14日
出願番号 特願平7−166016
出願日 平成7年(1995)6月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 岸本 貴史 / 湯川 正彦 / 戸成 厚史
要約 目的
駆動支軸やパッカ等が回転困難な状態となった場合でも、補助搬送装置では穀稈を姿勢乱れ少なく搬送できる刈取収穫機の伝動構造を提供する。

構成
穀稈株元掻き込み用のパッカ8aの駆動支軸25を刈取前処理部用支持フレーム38に縦軸芯周りで回転可能に立設し、パッカ8aで後方に掻き込みされた穀稈の株元を縦搬送装置10へ搬送する株元側搬送チェーン装置18の従動スプロケット22を駆動支軸25に摩擦板式トルクリミッタ21を介して連動連結するとともに、穀稈を係止しながらパッカ8a側に搬送する補助搬送装置15を従動スプロケット22に連動連結してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 穀稈株元掻き込み用のパッカ(8a)の駆動支軸(25)を刈取前処理部用支持フレーム(38)に縦軸芯周りで回転可能に立設し、前記パッカ(8a)で後方に掻き込みされた穀稈の株元を縦搬送装置(10)へ搬送する株元側搬送チェーン装置(18)の従動スプロケット(22)を前記駆動支軸(25)に摩擦板式トルクリミッタ(21)を介して連動連結するとともに、穀稈を係止しながら前記パッカ(8a)側に搬送する補助搬送装置(15)を前記従動スプロケット(22)に連動連結してある刈取収穫機の伝動構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、刈取前処理部に備えられた穀稈掻き込み用のパッカ等に対する刈取収穫機の伝動構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の刈取収穫機の伝動構造にあっては、パッカで後方に掻き込みされた穀稈の株元を縦搬送装置へ搬送する株元側搬送チェーン装置の従動スプロケットを、トルクリミッタを介してパッカの駆動支軸に連動連結するとともに、穀稈を係止しながらパッカ側に搬送する補助搬送装置はパッカ及びその駆動支軸と一体駆動されるように設けていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上記従来の構造においては、パッカに穀稈搬送で詰まり等が生じてパッカの回転駆動において過負荷状態になると、トルクリミッタの働きで、従動スプロケットと駆動支軸との間で伝動が断じられるようになっているため、パッカと一体的に駆動される補助搬送装置も停止するものとなっていた。
【0004】従って、上記従来構造のものにあっては、過負荷状態ではパッカが不当に回転駆動されることが解消されるものの、それと共に、補助搬送装置の駆動も停止されるので、一時的な過負荷に対して停止した補助搬送装置から搬送途中の穀稈が外れて倒れ込んでしまったりする等穀稈の姿勢乱れが生じて、その穀稈を脱穀可能な良好な姿勢で搬送することができなくなる等の不具合があった。
【0005】本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであって、駆動支軸やパッカ等が回転困難な状態となった場合でも、補助搬送装置では穀稈を姿勢乱れ少なく搬送できる刈取収穫機の伝動構造の提供を目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる刈取収穫機の伝動構造は、上記目的を達成するために、穀稈株元掻き込み用のパッカの駆動支軸を刈取前処理部用支持フレームに縦軸芯周りで回転可能に立設し、前記パッカで後方に掻き込みされた穀稈の株元を縦搬送装置へ搬送する株元側搬送チェーン装置の従動スプロケットを前記駆動支軸に摩擦板式トルクリミッタを介して連動連結するとともに、穀稈を係止しながら前記パッカ側に搬送する補助搬送装置を前記従動スプロケットに連動連結してあることを特徴構成とする。かかる特徴構成による作用・効果は次の通りである。
【0007】
【作用】即ち、穀稈株元掻き込み用のパッカの駆動支軸を刈取前処理部用支持フレームに縦軸芯周りで回転可能に立設し、前記パッカで後方に掻き込みされた穀稈の株元を縦搬送装置へ搬送する株元側搬送チェーン装置の従動スプロケットを前記駆動支軸に摩擦板式トルクリミッタを介して連動連結するとともに、前記従動スプロケットと、穀稈を係止しながら前記パッカ側に搬送する補助搬送装置とを一体に連動連結してあるから、パッカ等が過負荷状態となって、その回転が停止状態となっても、補助搬送装置は従動スプロケットと共に回転駆動されることになるとともに、パッカ及び駆動支軸は、トルクリミッタにより伝動停止状態となり、補助搬送装置での穀稈の搬送が停止することなく継続してなされる。
【0008】
【発明の効果】従って、ワラ等が巻き付く等の不具合によって、パッカ、駆動支軸等に過負荷が加わったときには、トルクリミッタによって、従動スプロケットが駆動支軸に対してスリップするように構成されているので、補助搬送装置は継続的に搬送駆動されるから、その補助搬送装置で搬送されている穀稈に搬送姿勢の乱れは少なくでき、その穀稈に対する後処理が良好に行えるに至った。特に、一時的に穀稈導入量が増大する場合のように、一時的に過負荷状態となったときに、摩擦式のトルクリミッタによって補助搬送装置の駆動を維持できる。そして、過負荷状態が解消されると、トルクリミッタの摩擦力により伝動可能状態にただちに回復できるので、人手を煩わすことなく自動的に正常な状態に復帰する。
【0009】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図4に、刈取収穫機の一例としてのコンバインの前部を示している。このコンバインは、左右一対のクローラ走行装置1,1で支持された機体2に、脱穀装置3、操縦部4等を搭載装備しているとともに、横軸芯P周りで上下揺動自在に刈取前処理部5を装着して構成している。
【0010】刈取前処理部5には、左右に並設された分草具6a,6b,6c,6d、穀稈引起し装置7a,7b,7c、穀稈株元掻き込み用のパッカ8a,8b,8c、穀稈の株元を刈り取るバリカン型刈取装置9、刈取穀稈を集めて後方の脱穀装置3へ搬送する縦搬送装置10等を装備して構成している。
【0011】詳述すると、図3に示すように、穀稈引起し装置7a,7b,7cは、左右に3つ並設されているとともに、各穀稈引起し装置7a,7b,7cの後方に、引起されて立毛状態となった穀稈を後方に掻き込む前記パッカ8a,8b,8cを配設している。そして、各パッカ8a,8b,8cを支持するために刈取前処理部5の支持フレーム5Aに対して固定状態で立設されている支軸11a,11b,11cの上端部には、係止突起12が所定間隔置きに設けられた無端回動ベルト13を巻き掛けたプーリ14を遊転状態で支持して補助搬送装置15を設けている。この無端回動ベルト13は、株元の刈り取られた穀稈を補助的に搬送するためのものである。
【0012】図3に示すように、左右に並設された各パッカ8a,8b,8cは、樹脂製であって、歯車状に形成している。そして、左側のパッカ8cは、刈取前処理部5の伝動ケース5Aに内装された伝動機構16より伝動駆動される回転駆動軸28によって回転駆動されるのであり、この左側のパッカ8cと中央のパッカ8bとが互いに歯合していることから、その歯合によって中央のパッカ8bも回転駆動されることになる。尚、中央のパッカ8bは左右のパッカ8a,8cより小径に構成している。さらに、この中央のパッカ8bより動力伝達されて回転駆動される第4掻き込み体17を右から2番目の分草具6bの後方に配設している。この第4掻き込み体17と右側のパッカ8aとの協働により掻き込まれた穀稈をその株元箇所を挟持して前記縦搬送装置10の搬送始端部箇所まで搬送する株元側搬送チェーン装置18を設けている。一方、右側のパッカ8aは、前記支軸11aが刈取前処理部用支持フレームとしての支持ステー38に固定状態で支持され、この支軸11aに回転可能に支持された前記パッカ8aへの伝動は、株元側搬送チェーン装置18からの伝動でなされる。すなわち、株元側搬送チェーン装置18は、図3に示すように、刈取前処理部用伝動ケース5Aに内装された伝動機構(図示せず)で回動駆動されるように伝動ケース5Aより立設された駆動軸19と、この駆動軸19と一体的に回転駆動される駆動スプロケット20と、パッカ8aの後述する駆動支軸としてのボス部25aに摩擦式のトルクリミッタ21を介して一体回転する従動スプロケット22とにわたって巻き掛けた搬送用チェーン23とで構成している。
【0013】図1に示すように、パッカ8aは、刈取前処理部用支持フレームとしての支持ステー38により一体に固定支持した支軸11aの下部側にこの支軸11aと一体に設けられた板金製の円板体24上に載置される状態で、駆動支軸11aに遊転自在に外嵌されている。この円板体24によって、藁屑等がパッカ8aと支軸11aとの間に噛み込まれないようにしている。そして、そのパッカ8aにピン39で係合された駆動支軸25もパッカ8aと同様に支軸11aに遊転状態で外嵌されている。この駆動支軸25は、円板状に形成されたフランジ部25bとこのフランジ部25bに連設されたボス部25aとで構成されている。ボス部25aには、上下一対の角板状の摩擦板21a,21bで挟持した状態で前記従動スプロケット22が遊転可能に外嵌立設されている。これら摩擦板21a,21bは、それぞれ、従動スプロケット22の円板部に形成された角型の凹部に相対回転不能に嵌合されており、上側の摩擦板21aは、ボス部25aにナットNで位置規制された皿バネ21cにより座板40を介して下向きに弾性付勢されている。従って、前記搬送チェーン23からの伝動は、従動スプロケット22を回転させ、この回転力を上下に摩擦接触状態で挟持した摩擦板21a,21bのうち下側の摩擦板21bと、前記フランジ25との摩擦接触により、及び座板40と、上側の摩擦板21aとの摩擦接触によりパッカ8aに伝えられることになる。そして、パッカ8aが過負荷状態となると、摩擦板21bとフランジ25との間、座板40と上側の摩擦板21aとの間でスリップが生じて従動スプロケット22の駆動軸25に対する空転を許すように構成している。さらに、前記補助搬送装置15の駆動プーリ14と、従動スプロケット22とは、図1に示すように、板金加工された連結部材27によって一体的に連動連結されている。尚、駆動プーリ14は、支軸11aに対して遊転可能に外嵌されている。ここで、摩擦板21a,21b及び皿バネ21c等は、摩擦式トルクリミッタ21を構成している。
【0014】次に、前記右側のパッカ8cについて簡単に説明する。図2に示すように、伝動ケース5A内の伝動機構16を介して駆動回転する回転駆動軸28に装着の小径平歯車29と、パッカ8cを支持する支軸11cにパッカ8cの下面側で相対回転自在にブッシュBを介して装着の大径平歯車30とを歯合させて、パッカ8cを縦軸芯周りに減速駆動回転可能に構成している。すなわち、パッカ8cと一体回転するようピン41で嵌合されるフランジ31を、このフランジ31に連設のボス部31aを上にして支軸11cに相対回転自在に外嵌するとともに、大径平歯車30に一体回転自在に上方から係合させ、上下の中心角形凹部に嵌合させた一対の金属製の角板32で上下から相対回転不能に挟持されたパッカ8cを、前記ボス部31aに角板32とともに相対回転自在に外嵌している。そして、ボス部31aに外嵌装着状態で上側の角板32に座板33を介して当接させた皿バネ34を、ボス部31aの上端雄ねじ部に螺合したナット35で締め付けることにより、パッカ8cの基端部を一定の圧力で挟圧して、パッカ8cと角板32とがフランジ31に対して一定の負荷の範囲内で一体回転可能に、それ以上の負荷が加わるとスリップしてパッカ8cの回転が停止し得るように構成している。さらに、図2に示すように、大径平歯車30をパッカ8cに近接配置し、底板36aの周部に環状の立ち上がり側壁36bを連設して、小径平歯車29・大径平歯車30を下方から覆う薄板状のギアカバー36を設けている。その立ち上がり側壁36bの上端部が、パッカ8cの下面側凹部に係入されるように位置させた状態で、支軸11c及び支持ケース5Aに連設の円板状の固定部37にギアカバー36を固定している。この構成によれば、パッカ8cが回転しても、ギアカバー36は、固定部37に固定されたままである。これにより、小径平歯車29・大径平歯車30を、穀稈等の他物との干渉やごみから保護できるから、パッカ8cの下面から下方への膨らみを小さくできて、パッカ8cの下面側での穀稈の押し倒しを防止できる。
【0015】上記構成によれば、パッカ8aに過負荷が付加された状態となると、従動スプロケット22とパッカ8aとはトルクリミッタ21により相対的にスリップする状態となる。しかしながら、従動スプロケット22と補助搬送装置15の駆動プーリ14とは連結部材27で一体的に連動連結されているから、従動スプロケット22と連動して補助搬送装置15の駆動が継続される。このため、パッカ8aの掻き込み作用が停止しているときでも穀稈の搬送が継続され、一時的にその搬送が停止することがなく、停止に伴う搬送姿勢の乱れが抑制される。そして、一時的な過負荷が解消してパッカ8aが回転駆動されるとその搬送される穀稈等もパッカ8aで掻き込みされ、株元側搬送チェーン装置18に穀稈が円滑に受け渡されることになる。
【0016】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013