米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 移植機の植付装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平9−9745
公開日 平成9年(1997)1月14日
出願番号 特願平7−166247
出願日 平成7年(1995)6月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】安田 敏雄
発明者 浜田 昭夫 / 西尾 基
要約 目的
開閉自在な一対の穿孔爪を備えた植付体の、該穿孔爪を畝に突き刺して開くことによって、植付穴を形成すると共に、該植付穴に穿孔爪間に保持したソイルブロック苗を植付けるようにした植付装置において、突き刺し易く、しかも、開くときの土の抵抗が少ないと共に、周囲に土を盛り上げず、かつ、穿孔爪の上下長さが長くならない植付体を提供すると共に、穿孔爪の下端部に土が付着し難く、該穿孔爪の下端部で苗の土部を引っ掛けることのないよう考慮する。

構成
穿孔爪48F,48Rの外部を構成する外壁体51を、平断面外方に向けて湾曲状に形成すると共に、下端側を上下方向に対して傾斜が大きくなるように形成し、穿孔爪48F,48Rの内部を構成するライニング52内面形状を、外面に比べ上下方向に対する傾斜角度の大きな変化がないように形成する。
特許請求の範囲
【請求項1】 走行体(2)に昇降自在に支持された植付体(22)を備え、この植付体(22)の下部に、上部の枢支部廻りの揺動動作によって開閉自在とされた前後一対の穿孔爪(48F),(48R)を設け、植付体(22)の下降時に、穿孔爪(48F),(48R)を閉状態で圃場に突き刺すと共に開くことによって植付穴を形成し、この植付穴内に穿孔爪(48F),(48R)間に保持したソイルブロック苗(S)を移植するようにした移植機の植付装置であって、前後穿孔爪(48F),(48R)の対向部分を側面視において下方に向かうにしたがって対向側に傾斜状となるように形成したものにおいて、前記各穿孔爪(48F),(48R)の少なくとも土突き刺し部分の外面形状を、平断面外方に向けて湾曲状に形成すると共に、下端側を上下方向に対して傾斜角度が大きくなるように形成し、各穿孔爪(48F),(48R)の内面形状を、少なくとも苗(S)の保持部分から下端にかけて、外面に比べ上下方向に対する傾斜角度の大きな変化がないように形成したことを特徴とする移植機の植付装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、多数のポット部を有する苗枠で育成されたソイルブロック苗を圃場に移植する移植機の植付装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、野菜等のポット苗を圃場に移植する移植機の植付装置として、実開昭59−16315号公報に記載されたものがある。この植付装置は、移動機体に上下動自在に支持した植付体を備えており、この植付体は上部の案内筒と、下部のオープナとから構成され、オープナは下方に向かうにしたがって先窄まりとされたくちばし状のカップ形に形成されている。
【0003】さらにオープナは前後一対の穿孔爪によって構成され、前後の穿孔爪は上部が案内筒に左右軸廻り回動可能に枢支されていて、この枢支部廻りに回動することによって開閉動作されるように構成されている。そして、植付体内には、軌跡の上部側でソイルブロック苗が落下供給され、その供給された苗は前後の穿孔爪によって挟まれるように保持される。次いで、植付体は下降の際に、穿孔爪下部が圃場の畝に突入すると共に前後に開くことによって、畝に植付穴が形成され、その植付穴に植付体内に保持されたポット苗が落下放出され、その後、覆土装置によって植付穴が覆土されると共に鎮圧されることによって、苗が移植されるようになっている。
【0004】前記オープナを図6および図7を参照してさらに詳しく説明すると、オープナ71を構成する各穿孔爪72は鋼板を加工した一枚構造であり、オープナ71の左右側面が逆三角形で、前後面が上下方向に長い長方形とされ、平断面が矩形状(したがって各穿孔爪の平断面はコ字形)とされている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】前記従来のものでは、オープナ71の前後面は平板状であるので、オープナ71を土に突き刺す際の差込み抵抗が大きく、しかも、差し込んだ後、オープナ71を開く際の抵抗も大きいことから、図6に仮想線で示すように、穿孔爪72の平断面形状を外方に向けて湾曲状に形成することが考えられている。
【0006】しかしながら、穿孔爪71の平断面形状を湾曲状に形成すると、オープナ71の前後面がそれぞれ前後にふくらみ、図7に仮想線Eで示すように、オープナ71の上下方向の寸法が長くなり、その結果苗が比較的高い位置から植付穴に落下されることとなって植付姿勢に影響を与える。なお、苗の土部は角部で保持されるので保持位置はかわらない。
【0007】そこで、図7に仮想線Fで示すように、穿孔爪72の下端側の傾斜角度を上下方向に対して大きくなるようにして、穿孔爪72の上下方向の寸法が長くならないようにすればよいが、そうすると、該穿孔爪72の下端側にソイルブロック苗のブロック土の土が付着しやすく、しかも、苗を植付穴に落下させる際に穿孔爪72の先端でブロック土を引っ掛けて苗を傾けて植付けるという新たな問題が生じる。
【0008】本発明は、前記問題点に鑑みて、オープナの差込み抵抗及び開く際の抵抗の減少を図るとともに、オープナの下端部の土付き防止及び該下端部による苗の土部の引っ掛け防止をも考慮した移植機の植付装置を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明が前記目的を達成するために講じた技術的手段は、走行体2に昇降自在に支持された植付体22を備え、この植付体22の下部に、上部の枢支部廻りの揺動動作によって開閉自在とされた前後一対の穿孔爪48F,48Rを設け、植付体22の下降時に、穿孔爪48F,48Rを閉状態で圃場に突き刺すと共に開くことによって植付穴を形成し、この植付穴内に穿孔爪48F,48R間に保持したソイルブロック苗Sを移植するようにした移植機の植付装置であって、前後穿孔爪48F,48Rの対向部分を側面視において下方に向かうにしたがって対向側に傾斜状となるように形成したものにおいて、前記各穿孔爪48F,48Rの少なくとも土突き刺し部分の外面形状を、平断面外方に向けて湾曲状に形成すると共に、下端側を上下方向に対して傾斜角度が大きくなるように形成し、各穿孔爪48F,48Rの内面形状を、少なくとも苗Sの保持部分から下端にかけて、外面に比べ上下方向に対する傾斜角度の大きな変化がないように形成した点にある。
【0010】
【作用】各穿孔爪48F,48Rの少なくとも土突き刺し部分の外面形状を、平断面外方に向けて湾曲状に形成することによって、穿孔爪48F,48Rを土に突き刺し易く、しかも、開くときの土の抵抗も少ないと共に、周囲に土を盛り上げることもない。
【0011】また、各穿孔爪48F,48Rの下端側を上下方向に対して傾斜角度が大きくなるように形成することによって、前記のように各穿孔爪48F,48Rの土突き刺し部分の外面形状を平断面外方に向けて湾曲状に形成したものであっても、穿孔爪48F,48Rが上下方向に長くならない。さらに、各穿孔爪48F,48Rの内面形状を、少なくとも苗Sの保持部分から下端にかけて、上下方向に対する傾斜角度の大きな変化がないように形成することによって、前記のように各穿孔爪48F,48Rの下端側を上下方向に対して傾斜角度が大きくなるように形成したものであっても、穿孔爪48F,48Rの下端側に土が付着するのが防止されると共に、苗S放出の際に穿孔爪48F,48Rの下端側で苗Sの土部を引っ掛ける惧れも少ない。
【0012】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1乃至図4は第1実施例を示し、図2において、野菜移植機1は、走行車両(走行体)2の後部に操縦ハンドル3を有する歩行型であって、畝4を跨いでその長手方向に走行しつつ、ソイルブロック苗をマルチフィルムで覆われた畝4に所定間隔をおいて植付けるものである。なお、移植機1の進行方向を前後方向といい、進行方向に直交する横方向を左右方向という。
【0013】走行車両2は、支持フレーム5と、この支持フレーム5の前端部に設けられた架台6等とを備え、支持フレーム5の前部は下向きに曲がっていて架台6の側部に固定されており、後部は上向きに曲がっていて該後部に操縦ハンドル3が取着されている。架台6上にはエンジン7が搭載され、このエンジン7はボンネット8で覆われており、架台6の後部にはミッションケース9が固定され、このミッションケース9内の動力伝達機構にエンジン7の動力が伝動される。
【0014】ミッションケース9内に入力された動力は、左右側方に突出する車輪伝動軸10に伝達されると共に、この車輪伝動軸10よりも後方に設けられて左右側方に突出する第1PTO軸11と、後上方に突出する第2PTO軸12とから取出せるようになっている。車輪伝動軸10の左右両端部にはその軸心回りに上下揺動自在な伝動ケース13を介して左右の後輪14が支持され、この後輪14には車輪伝動軸10から伝動ケース13内の動力伝達機構を介してエンジン7の動力が伝達される。また、走行車両2の前部には、左右一対の前輪15、畝高さ検出ローラ16が備えられている。
【0015】走行車両2の後部には、移植作業部20が設けられている。この移植作業部20は、苗供給装置21と、該苗供給装置21から供給されるソイルブロック苗を植付体22によって畝4に植付ける植付装置23と、苗が植付けられる位置に予めマルチフィルムに移植用の孔を穿けるマルチフィルム穿孔装置24等を有している。なお、苗供給装置21は第2PTO軸12の回転動力により駆動され、植付装置23及びマルチ穿孔装置24は第1PTO軸11の回転動力により駆動される。
【0016】苗供給装置21は、支持フレーム5上に装着されており、ソイルブロック苗が育苗されたポット部25aが縦横に多数配設された苗トレイ25を横方向及び縦方向に移送しつつ、この苗トレイ25から、植付装置23に対して所定の苗取出位置にて苗取出爪26によりソイルブロック苗を一つずつ取り出して、該ソイルブロック苗を植付装置23上方まで移送した後に植付体22内に落とし込むように構成されている。
【0017】なお、苗トレイ25は樹脂製で可撓性を有し、縦横に多数配列したポット部25aが背面に突出して備えられており、各ポット部25aにソイルブロック苗が育苗されている。前記植付装置23及びマルチフィルム穿孔装置24は、図3及び図4に示すように、ミッションケース9の第1PTO軸11に上下揺動自在に支持された装置フレーム27上に備えられている。この装置フレーム27は、角パイプ状の左右フレーム27L,27Rと、これら左右フレーム27L,27Rを連結する連結フレーム28とから主構成されている。右フレーム27Rの前端部にはボルトによってブラケット29が着脱自在に取付けられ、このブラケット29の前端部と左フレーム27Lの前端部とに設けられたベアリング30が第1PTO軸11に外嵌されて支持されている。
【0018】また、装置フレーム27の後端部は支持フレーム5に上下方向位置調整可能に吊持されており、装置フレーム27の後部には覆土・鎮圧ローラ31が設けられている。前記植付装置23は、苗供給装置21から供給されるソイルブロック苗を畝4に所定間隔で植付けるべく畝4に対して突き刺し運動される植付体22と、この植付体22を上下揺動自在に支持する揺動リンク機構32とから主構成されている。揺動リンク機構32は、下端側が前後揺動自在となるように上端部が装置フレーム27に軸支された第1平行リンク33を備え、この第1平行リンク33の下端部に揺動プレート34を枢結し、この揺動プレート34に第2平行リンク35の前端部を枢結し、この第2平行リンク35の後端部に植付体22を枢結している。
【0019】また、第2平行リンク35の上側リンク35aには、軸受36が固定され、装置フレーム27の左右フレーム27L,27R間には左右のベアリング37を介して回転自在に支持されたクランク軸38が設けられ、このクランク軸38のクランクアーム38a間のクランクピンが前記軸受36に挿通されている。クランク軸38の左端部にはスプロケット39が設けら、このスプロケット39と、第1PTO軸11の左端部に設けたスプロケット40とに亘って伝動チェン41が掛装されて、エンジン7からの回転動力がクランク軸38に伝動されるようになっている。
【0020】したがって、第1PTO軸11からの動力により、クランク軸38が図3で反時計回りに回転することで、第1,第2平行リンク33,35により植付体22が上下に揺動しながら前後にも揺動するようになっている。図1に示すように、植付体22は、上部の案内筒42と、下部のオープナ43とから主構成され、案内筒42は上下開口状の断面矩形の筒体からなり、上部が上方に向かうにしたがって開口が広がっており、第2平行リンク35の後端部に枢支連結されている。
【0021】案内筒42の下端側には、左右方向に配置された前後一対の支持筒44が固着され、各支持筒44に挿通された支軸45を介して支持部材46が左右方向の軸心回りに回動自在に支持され、これら前後支持部材46は左右方向のピン47を介して枢支連結されている。オープナ43は前後に対向状とされた一対の穿孔爪48F,48Rによって構成されており、前側の穿孔爪48Fは前側の支持部材46に、後側の穿孔爪48Rは後側の支持部材46にそれぞれ上端部が固着されており、前後の穿孔爪48F,48Rが支軸45回りに前後方向に揺動自在とされ、これによりオープナ43が前後に開閉自在とされている。また、前後の穿孔爪48F,48Rにはそれぞれ掛合片49が固着され、各掛合片49に引張りコイルバネ50の端部が掛合され、このバネ50の付勢力によってオープナ43が閉じられるように付勢されている。
【0022】また、オープナ43は閉じた状態において、全体として下方に向けて先窄まりとされたくちばし状のカップ形に形成され、上端開口状とされている。各穿孔爪48F,48Rは、外側の外壁体51と内側のライニング52とから構成され、外壁体51は鋼板から形成され、オープナ43が閉じた状態において、前後の外壁体51は、上部から中途部にかけて平断面略円形状(あるいは極めて円に近い楕円形状)を呈しており(図1(B)に示す)、下部側では下方にいくにしたがって、円形に近似した楕円形(図1(C)に示す)から徐々に偏平状の楕円形(図1(D)に示す)となるように形成されている。
【0023】また、前側の外壁体51の前壁部および後側の外壁体51の後壁は、側面視において下方に向かうに従って対向側に傾斜状とされていて、オープナ43は側面視において略三角状に形成されている。さらに、前後各外壁体51は下端側では、下方に向かうに従って対向側に湾曲状に屈曲されていて、前後壁部の上下方向に対する傾斜角度が大きくなるように形成されている。
【0024】ライニング52は樹脂から形成され、各外壁体51の内面に貼付けられており、上部から中途部にかけては肉厚は薄く、下方にいくにしたがって徐々に厚くなり、外壁体51の屈曲部分で最も厚く、下端部では若干薄くなっており、ライニング52の内面は、上下方向に対して傾斜角度の変化の少ない滑らかな形状とされている。なお、ライニング52の内面は円滑面に形成され、側断面視において、傾斜角度の変化のないストレート状としてもよい。
【0025】前記構成において、植付体22には、その軌跡の上端側でソイルブロック苗Sが上方から落下供給されると共に、ソイルブロック苗Sの土部Tが前後穿孔爪48F,48Rの下部間で保持され、その後植付体22は下降し、軌跡の下端側で、穿孔爪48F,48Rの下部が圃場の畝4に突入し、次いで、連動具53によって穿孔爪48F,48Rがバネ50の付勢力に抗して前後に開かされて畝4に植付穴を形成すると共に、その植付穴にソイルブロック苗Sが落下供給されるようになっている。
【0026】この際において、オープナ43の外壁体51下部の断面形状が、下方に向かうに従って円形に近似した楕円形から徐々に偏平状の楕円形とされているので、土に突き刺し易く、開いたときの土の抵抗が少ないと共に、周囲に土を盛り上げないとういう利点を有する。また、穿孔爪48F,48Rの内面はライニング52によって上下方向に対する傾斜角度の変化の少ない滑らかな形状でかつ円滑面とされていることから、土が付着する惧れが及び穿孔爪48F,48Rの下端側でソイルブロック苗Sの土部Tを引っ掛ける惧れが極めて少ない。
【0027】なお、植付穴にソイルブロック苗Sを落下供給した後は、軌跡の上端部に至るまでに穿孔爪43a,43bが閉じられる。そして、以上の動作が繰返し行われることによって、畝4に沿って走行しながら順次苗Sが植付けられる。また、植付穴は覆土・鎮圧ローラ31によって覆土されると共に、周囲が鎮圧される。前記構成において、ライニング52は、樹脂製接着剤又はコーティング剤等を塗布することにより形成してもよい。また、外壁体51とライニング52とを一つの部材で一体形成してもよい。
【0028】図5は第2実施例を示し、穿孔爪48F,48Rの下部を二重構造としたものを示している。すなわち、各穿孔爪48F,48Rは、鋼板からなる本体部54と、同じく鋼板からなる下部外郭体55とから構成されている。本体部54は、上部が前記第1実施例の外壁体51上部の断面形状と同様に構成され、中間部において対向側に屈曲されると共に、この屈曲部分54aから下部側が第1実施例のライニング52下部の内面形状と略同様に構成されている。
【0029】下部外郭体55は本体部54の下部外側に配置され、第1実施例の外壁体51の下部と同様、オープナ43が閉じた状態における平断面形状が、下方に向かうに従って円形に近似した楕円形から徐々に偏平状の楕円形となるように構成されている。したがって、オープナ43の外面形状および内面形状は、第1実施例と略同様とされている。
【0030】なお、前記構成において、下部外郭体55を本体部54側に一体形成し、本体部54の下部を別体に形成してもよい。
【0031】
【発明の効果】本発明によれば、各穿孔爪48F,48Rの少なくとも土突き刺し部分の外面形状を、平断面外方に向けて湾曲状に形成したので、穿孔爪48F,48Rを土に突き刺し易く、しかも、開くときの土の抵抗も少ないと共に、周囲に土を盛り上げることもない。
【0032】また、各穿孔爪48F,48Rの下端側を上下方向に対する傾斜角度が大きくように形成したので、前記のように各穿孔爪48F,48Rの土突き刺し部分の外面形状を平断面外方に向けて湾曲状に形成したものであっても、穿孔爪48F,48Rが上下方向に長くならない。さらに、各穿孔爪48F,48Rの内面形状を、少なくとも苗Sの保持部分から下端にかけて、外面に比べ上下方向に対する傾斜角度の大きな変化ないように形成したので、前記のように各穿孔爪48F,48Rの下端側を上下方向に対して傾斜角度が大きくなるように形成したものであっても、穿孔爪48F,48Rの下端側に土が付着するのが防止されると共に、苗S放出の際に穿孔爪48F,48Rの下端側で苗Sの土部を引っ掛ける惧れも少ない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013