米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 インターホン装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−222141
公開日 平成7年(1995)8月18日
出願番号 特願平6−12506
出願日 平成6年(1994)2月4日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】蔵合 正博
発明者 石 塚 出 / ▲吉▼田 和 弘
要約 目的
小型で見やすく低価格なインターホン装置を実現する。

構成
送受器3に小型液晶ユニット19およびスピーカーホン機能を備えた通話回路21を組み込む。使用者は送受器3を手に持って液晶画面の視野角を調整しながら見やすい状態で通話を行なうことができる。また、液晶画面の前面に拡大レンズ20を配置することにより、例えばビューファインダー用の小型液晶ユニットでも使用でき、送受器3の一層の小型化および低価格化を図ることができる。さらにインターホン親機1および送受器3を小型に構成できるので、音声のみのインターホン装置と置き換える場合でも、設置場所に制約を受けることがない。
特許請求の範囲
【請求項1】 親機に接続された送受器内に、戸外の映像を映し出す小型液晶ユニットおよびスピーカーホン機能を備えた通話回路を一体に備えたインターホン装置。
【請求項2】 小型液晶ユニットの画面の前面に拡大レンズを備えた請求項1記載のインターホン装置。
【請求項3】 カメラ付きのインターホン子機とモニター付きのインターホン親機との間で送受器を介して通話を行なうインターホン装置において、インターホン親機が、インターホン子機からの呼出を検出する呼出検出回路と、電源を供給する電源回路とを備え、前記インターホン親機に接続される送受器が、前記インターホン子機から送信されたきた映像信号を復調する復調回路と、映像を表示する小型液晶ユニットと、前記小型液晶ユニットの画面の前面に配置された拡大レンズと、スピーカーホン機能を有する通話回路とを備えたインターホン装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、屋内から戸外の来訪者の様子を映像で確認しながら通話をするためのインターホン装置に関する。
【0002】
【従来の技術】図3は従来のモニター付きインターホン装置の構成を示している。図3において、101はモニター付きのインターホン親機であり、102はカメラ付きのインターホン子機であり、両者は2線で接続されている。103はインターホン親機101にコードで接続されたハンドセットタイプの送受器である。インターホン親機101において、104は液晶ユニット、105は液晶画面のコントラストを調整するためのコントラストボリウム、106は復調回路、107は呼出検出回路、108はスピーカー、109は起動回路、110は起動スイッチ、111は電源回路、112は通話回路である。インターホン子機102において、113はカメラユニット、114は変調回路、115は呼出回路、116は呼出スイッチ、117は受電回路、118は通話回路、119はスピーカー、120はマイクである。送受器103において、121はレシーバー、122はマイクである。
【0003】次に上記従来例の動作について説明する。図3において、インターホン子機102の呼出スイッチ116が押されると、呼出回路115から呼出信号がインターホン親機101へ送出される。その信号をインターホン親機101の呼出検出回路107で検出すると、スピーカー108に呼出音を送出するとともに、起動回路109にトリガをかけて、電源回路111からインターホン子機102へ昇圧した電圧を供給する。インターホン子機102の受電回路117は、この電圧を検出すると、カメラユニット113へ電源回路111からの電源を供給する。電源を供給されたカメラユニット113は、来訪者を撮像した映像信号を変調回路114へ送出し、そこで映像信号が変調され、通話回路118を介してマイク120から入力された音声信号とともに直流に重畳されてインターホン親機101に送出される。インターホン親機101の復調回路106に入力された映像信号は、元の映像信号に復調され、液晶ユニット104の液晶画面に訪問者の映像が映し出される。使用者は、自分の見やすい映像を確保するために、コントラストボリウム105を調節する。音声信号は、ベースバンドで通話回路112に入力され、送受器103のレシーバー121とマイク122によって入出力される。
【0004】このように、上記従来のインターホン装置でも、使用者はその送受器を耳と口に当てながら、液晶画面に映し出される来訪者の映像を見ながらインターホン親機および子機を介して訪問者と通話することができる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来のインターホン装置では、液晶ユニット自体の容積が大きいため、インターホン親機が大型になり、このため、このインターホン親機を従来の音声のみのインターホン親機と置き換える場合には、その大きさのために設置場所が制限されることがあった。また、液晶画面には、上下の視野角があるため、画面と目の位置関係によって画面が見えにくくなることがあり、身長の異なる人が画面を見るときは、それぞれコントラスト調整用のボリウムを操作しながら見なければ、映像を確認しづらいという問題があった。さらに、液晶ユニットのサイズが大きいため、それ分だけ価格が高くなるという問題があった。
【0006】本発明は、このような従来の問題を解決するものであり、小型で見やすく低価格なインターホン装置を提供することを目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記目的を達成するために、親機に接続された送受器内に、戸外の映像を映し出す小型液晶ユニットおよびスピーカーホン機能を備えた通話回路を一体に設けたものである。
【0008】
【作用】したがって、本発明によれば、送受器に小型液晶ユニットとスピーカー機能を備えた通話回路が組み込まれているため、送受器を手に持って液晶画面の位置を調整しながら通話することができ、小型で見やすく低価格のインターホン装置を実現することができる。
【0009】
【実施例】図1は本発明の一実施例の構成を示すものである。図1において、1はインターホン親機であり、2はカメラ付きのインターホン子機であり、両者は2線で接続されている。3はインターホン親機1に接続コード4で接続されたハンドセットタイプの送受器である。インターホン親機1において、5は呼出検出回路、6はスピーカー、7は起動回路、8は起動スイッチ、9は電源回路である。インターホン子機2において、10はカメラユニット、11は変調回路、12は呼出回路、13は呼出スイッチ、14は受電回路、15は通話回路、16はスピーカー、17はマイクである。送受器3において、18は復調回路、19は小型液晶ユニット、20は小型液晶ユニット19の画面の前面に配置された拡大レンズ、21はスピーカーホン機能を備えた通話回路、22はスピーカー、23はマイクである。
【0010】図2は上記実施例におけるインターホン親機1と送受器3の外観を示しており、インターホン親機1は壁に取り付けられて固定され、送受器3はインターホン親機1に着脱可能に係止するようになっている。
【0011】次に上記実施例の動作について説明する。図1において、インターホン子機2の呼出スイッチ13が押されると、呼出回路12から呼出信号がインターホン親機1へ送出される。その信号をインターホン親機1の呼出検出回路5で検出すると、スピーカー6に呼出音を送出するとともに、起動回路7にトリガをかけて、電源回路9からインターホン子機2へ昇圧した電圧を供給する。インターホン子機2の受電回路14は、この電圧を検出すると、カメラユニット10へ電源回路9からの電源を供給する。電源を供給されたカメラユニット10は、来訪者を撮像した映像信号を変調回路11へ送出し、そこで映像信号が変調され、通話回路15を介してマイク17から入力された音声信号とともに直流に重畳されてインターホン親機1に送出される。変調された映像信号およびベースバンドの音声信号は、インターホン親機1を通過して送受器3の復調回路18および通話回路21に入力される。映像信号は、復調回路18で元の映像信号に復調され、小型液晶ユニット19の液晶画面に来訪者の映像が映し出され、その映像が拡大レンズ20により拡大される。使用者は、送受器3を手に取り、液晶画面を自分の見やすい角度に自由に調整しながら、インターホン親機1の起動スイッチ8をオンすると、電源回路9から送受器3内部の通話回路21に電源が供給され、通話回路21が動作して、スピーカー22から訪問者の音声が出力され、使用者が送受器3に向かって話した音声は、マイク23に入力され、通話回路21を通してインターホン親機1からインターホン子機2へ送出される。
【0012】このように、上記実施例によれば、手に持てる大きさの送受器3内部に小型液晶ユニット19を組み込むことにより、液晶画面の視野角をいち早く調整することができる。また、送受器3内部にはスピーカーホン機能を備えた通話回路21が組み込まれているので、使用者は、液晶画面を見ながら送受器3を耳と口から離したままで通話することができる。さらに、小型液晶ユニット19としてムービーカメラのビューファインダー用に使用されているような0.7インチクラスのものを使用しても、映し出された映像が拡大レンズ20で拡大されるので見やすくなり、送受器3の一層の小型化と低価格化を実現することができる。さらにまた、インターホン親機1および送受器3を小型に構成できるため、本装置を一般の音声のみのインターホン装置と置き換える場合でも、設置場所に制約を受けることがない。
【0013】なお、上記実施例は、本発明を専用のインターホン装置に適用した例であるが、本発明は、ボタン電話装置のドアホン子機にも適用することができ、同様の効果を有する。
【0014】
【発明の効果】本発明は、上記実施例から明らかなように、以下に示す効果を有する。
(1)送受器に小型液晶ユニットおよびスピーカーホン機能を備えた通話回路が組み込まれているため、使用者は送受器を手に持って液晶画面の視野角を調整しながら見やすい状態で通話を行なうことができる。
(2)液晶画面の前面に拡大レンズを配置することにより、例えばビューファインダー用の小型液晶ユニットでも使用できるので、送受器の一層の小型化および低価格化を図ることができる。
(3)インターホン親機および送受器を小型に構成できるので、音声のみのインターホン装置と置き換える場合でも、設置場所に制約を受けることがない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013