米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 ビデオシアタシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−222134
公開日 平成7年(1995)8月18日
出願番号 特願平6−11266
出願日 平成6年(1994)2月3日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】森本 義弘
発明者 西谷 和博
要約 目的
秘匿性が高い画像スクランブル処理を採用したビデオシアタシステムにおいて、スクランブル鍵に対する不正を防止するための機構を採用し、システム全体のセキュリティを向上させる。

構成
コントローラ装置4およびICカードリーダ/ライタ7の電源の遮断を探知するセンサー9を取り付け、電源の遮断後直ちにデスクランブラ3を停止し、コントローラ装置4内のスタティックRAM10の内容を消去するとともに、日時、異常の種類、この場合は電源の遮断、シアターのIDをICカードリーダ/ライタ7を通じてICカード8に書き込むようにする。また同じ情報を異常記録用のEEPROM11に書き込むようにし、さらに配給用テープ6にもその情報を記録するようにする。これによりスクランブル鍵の不正な取得は困難になり、これらから情報を得ることにより異常、または不正なスクランブル鍵の取得などを追跡できる。
特許請求の範囲
【請求項1】 配給用テープを再生するVTR装置と、コントローラ装置と、ICカード・リーダ/ライタと、スクランブル処理を解除するデスクランブル装置と、投影する装置を有し、前記スクランブル処理で必要なスクランブル鍵とビデオシアタを制御する情報をICカードに記録し、配給テープと共に送付し、前記ICカード・リーダ/ライタに前記ICカードを挿入し、前記スクランブル鍵を読み込んでスクランブル処理の解除を行うビデオシアタシステムにおいて、システム使用中システムに異常が起きた場合に、少なくとも直ちにスクランブル処理を停止する手段と、直ちにシステム内のメモリの内容を消去する手段を備えたことを特徴とするビデオシアタシステム。
【請求項2】 ICカードに使用するスクランブル鍵は暗号化されていることを特徴とする請求項1記載のビデオシアタシステム。
【請求項3】 ICカードに記録するビデオシアタ制御情報には、少なくともビデオシアタ限定情報、上映期間限定情報が記載されていることを特徴とする請求項1記載のビデオシアタシステム。
【請求項4】 ICカード・リーダ/ライタは外置きされるか、コントローラ装置またはデスクランブル装置に内蔵されることを特徴とする請求項1記載のビデオシアタシステム。
【請求項5】 システム使用中システムに異常が起きた場合に、ICカード内の情報を消去する手段と、配給テープの内容を消去あるいは書き換える手段を備えたことを特徴とする請求項1記載のビデオシアタシステム。
【請求項6】 コントローラ装置は、システム使用中システムに異常が起きたときに直ちにICカード、またはコントローラ装置内のメモリ、または配給用テープに少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とを記録する機能を有することを特徴とする請求項1記載のビデオシアタシステム。
【請求項7】 配給用テープを再生するVTR装置と、コントローラ装置と、スクランブル処理を解除するデスクランブル装置と、投影する装置を有し、前記スクランブル処理で必要なスクランブル鍵とビデオシアタを制御する情報をモデムで伝送し、シアタ内の前記コントローラ装置または前記デスクランブル装置でモデムからの情報を受信し、前記スクランブル鍵を読み込んでスクランブル処理の解除を行うビデオシアタシステムにおいて、システム使用中システムに異常が起きた場合に、少なくとも直ちにスクランブル処理を停止する手段と、直ちにシステム内のメモリの内容を消去する手段を備えたことを特徴とするビデオシアタシステム。
【請求項8】 システム使用中システムに異常が起きた場合に、配給用テープの内容を消去あるいは書き換える手段を備えたことを特徴とする請求項7記載のビデオシアタシステム。
【請求項9】 コントローラ装置は、システム使用中システムに異常が起きたときに直ちにモデムを通じて少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とを管理センターに返送する機能と、コントローラ装置内のメモリまたは配給用テープに少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とを記録する機能を有することを特徴とする請求項7記載のビデオシアタシステム。
【請求項10】 コントローラ装置はタイマーおよびカレンダーを有していることを特徴とする請求項1または請求項7記載のビデオシアタシステム。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は主として映画フィルムをテレシネし、VTR用テープで上映するビデオシアタシステムに関し、特にそのスクランブル鍵の配送に関するものである。
【0002】
【従来の技術】昭和30年代、約7500館の映画館を有し、日本の映像産業の主役の座を占めた映画産業は、その後テレビにその座を明け渡し近年はさらにビデオレンタルにも大きく影響を受け、平成元年には1912館まで減ってしまった。一方アメリカの状況は映画館設備の合理化が進むとともにシネマコンプレックス型の新設が盛んで、ここ数年映画館数は約2万館から2.4万館へと増加しており全体の興行収入も増えている。
【0003】日本の映画産業も前述の衰退傾向に歯止めをかけるべく、映画館設備の合理化、客席のデラックス化やさらにミニシアターの新設など様々な対応がとられているが、未だ実効が上がっていない。
【0004】映画界がこのような状況にある中、フィルムの代わりにビデオで映写するビデオシアタが各地に見られるようになってきた。これらのビデオシアタは独立した映画館というより、流通企業とジョイントしスーパーやデパートなどに設置されている。客席数は100前後からなり、オペレーションは完全自動化されている。このビデオシアタで使用される配給用のVTRテープは図3に示すようなブロックで作成され、再生される。
【0005】図3において、14は映画フィルムであり、15はその映画フィルムをVTR用テープに変換するためのテレシネ装置である。16はテレシネされた信号を記録するためのディジタルマスタ用VTRであり、ここでマスターテープ17を作り上げる。マスターテープ17をマスター用VTR18で再生した再生信号にスクランブラ20でスクランブル処理を施し、その出力をM2フォーマットのダビング用VTR(AU−650:松下電器産業製)19を用いて多数の配給用テープ6を作る。同時に、スクランブル20からスクランブル鍵を取り出し、ICカード・ライタ21でICカード8にスクランブル鍵を書き込む。
【0006】各シアタではその配給用テープ6とICカード8を使用して上映を行う。すなわち、シアタではM2フォーマットの再生用VTR5を使用し数台のVTRをコントローラ装置4に入力して出力映像を選択する。その出力をデスクランブラ3に入力する。同時にICカード8からICカード・リーダ/ライタ7を通じてスクランブル鍵を取り出し、デスクランブラ3に入力し、デスクランブル処理の施された再生信号を取り出す。取り出された映像信号をED/WDディジタルスキャンコンバータ2に入力し、倍密にしたのち、プロジェクター1から写し出す。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】このように配給用テープ6は、映画フィルムをテレシネし、マスターテープ17を作成した後、配給用のVTRテープにダビングし、各地のシアタへ供給されている。各々のシアタへ供給された配給用テープ6の管理はシアタに委ねられているため、不正にダビングされやすく、レンタルビデオ産業に影響を及ぼしかねなかった。またビデオテープにコーピーガードがなされているものも存在するが、その多くは映像信号における垂直同期信号に僅かなコピーガード処理を施したものであり、映像部分そのものはそのテープに残っており、コピーが比較的容易であった。そこで、ビデオシアタシステムにおいて、秘匿性が高い画像スクランブル処理を採用し、システム全体のセキュリティを維持させるとともに、ビデオシアタを管理するような方法が取られている。
【0008】しかしながら、装置の管理やカードの管理はやはり、各々のシアタに委ねられているため、装置自体に不正に手を加えてスクランブル鍵を取り出そうとすることに対する具体的な方策を取る必要があった。
【0009】本発明は上記問題点に鑑み、ビデオシアタシステムにおいてシステム全体のセキュリティを向上させるとともに、ビデオシアタを管理することを目的とするものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明のビデオシアタシステムは、第1の解決手段として、配給用テープを再生するVTR装置と、コントローラ装置と、ICカード・リーダ/ライタと、スクランブル処理を解除するデスクランブル装置と、投影する装置を有し、前記スクランブル処理で必要なスクランブル鍵とビデオシアタを制御する情報をICカードに記録し、配給テープと共に送付し、前記ICカード・リーダ/ライタに前記ICカードを挿入し、前記スクランブル鍵を読み込んでスクランブル処理の解除を行うビデオシアタシステムにおいて、システム使用中にいずれかの装置に対する電源が遮断されたり、開ける必要のないメンテナンス用裏ブタやケースなどが正規の手順によらずに開けられたり、ICカードが強制的に取り出されるなどのシステムに異常が起きた場合に少なくとも直ちにスクランブル処理を停止する手段と、直ちにシステム内のメモリの内容を消去する手段を備え、さらにはICカード内のスクランブル鍵などの情報を消去する手段と、配給用テープの内容を消去あるいは書き換える手段を備えたことを特徴としたものである。
【0011】さらに本発明のビデオシアタシステムは、第1の解決手段において、ICカードに使用するスクランブル鍵に暗号化させることを特徴としたものであり、また、第1の解決手段において、ICカードに記録するビデオシアタ制御情報に、少なくともビデオシアタ限定情報、上映期間限定情報を記載したことを特徴としたものであり、また第1の解決手段において、ICカード・リーダ/ライタを外置きするか、コントローラ装置またはデスクランブル装置に内蔵させたことを特徴としたものである。
【0012】さらに本発明のビデオシアタシステムは、第1の解決手段において、コントローラ装置は、システムに同様の異常が起きたときに直ちにICカード、またはコントローラ装置内のメモリ、または配給用テープに少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とを記録する機能を有することを特徴としたものである。
【0013】また本発明のビデオシアタシステムは、第2の解決手段として、配給用テープを再生するVTR装置と、コントローラ装置と、スクランブル処理を解除するデスクランブル装置と、投影する装置を有し、前記スクランブル処理で必要なスクランブル鍵とビデオシアタを制御する情報をモデムで伝送し、シアタ内の前記コントローラ装置または前記デスクランブル装置でモデムからの情報を受信し、前記スクランブル鍵を読み込んで、スクランブル処理の解除を行うビデオシアタシステムにおいて、システム使用中にいずれかの装置の電源が遮断されたり、開ける必要のないメンテナンス用裏ブタやケースなどが正規の手順によらずに開けられたり、モデムへの接続ケーブルがはずされるなどのシステムに異常が起きた場合に少なくとも直ちにスクランブル処理を停止する手段と、直ちにシステム内のメモリの内容を消去する手段を備え、さらには配給用テープの内容を消去あるいは書き換える手段を備えたことを特徴としたものである。
【0014】さらに本発明のビデオシアタシステムは、第2の解決手段において、コントローラ装置は、システムに同様の異常が起きたときに直ちにモデムを通じて少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とを管理センターに返送する機能とコントローラ装置内のメモリ、または配給用テープに少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とを記録する機能を有することを特徴としたものである。
【0015】また本発明のビデオシアタシステムは、第1または第2の解決手段において、コントローラ装置にタイマーおよびカレンダーを設けたことを特徴としたものである。
【0016】
【作用】上記構成によると、ビデオシアタシステムにおいて、システム使用中にいずれかの装置に対する電源が遮断されたり、開ける必要のないメンテナンス用裏ブタやケースなどが正規の手順によらずにあけられたり、ICカードが強制的に取り出されるなどのシステムに異常が起きたとき、それを認識することにより、スクランブル処理が停止されるので秘匿性を極めて高いレベルに保つことができる。また、同時に装置内のメモリ内容が全て消去されるので、装置を分析することによってスクランブル鍵などの情報を取り出すことが極めて難しくなる。また、配給用テープの内容が消去または書き換えられるためテープの内容を不正にコピーすることも難しくなる。その結果、秘匿性を極めて高いレベルに保つことができる。同時にICカード内の暗号化されたスクランブル鍵を消去するので、装置を分析することによってスクランブル鍵などの情報を取り出すことが極めて難しくなり、秘匿性を極めて高いレベルに保つことができる。さらに、直ちにICカード、またはコントローラ装置内のメモリ、または配給用テープに少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とが記録されるため、それらの情報を分析することにより不正な手段でのスクランブル鍵の取得やビデオのコピーに対する訴訟などのための情報を得ることができる。
【0017】また、ビデオシアタシステムにおいて、システム使用中にいずれかの装置に対する電源が遮断されたり、開ける必要のないメンテナンス用裏ブタやケースなどが正規の手順によらずにあけられたり、モデムの接続がはずされるなどのシステムに異常が起きたとき、それを認識することにより、スクランブル処理が停止されるので秘匿性を極めて高いレベルに保つことができる。また、同時に装置内のメモリ内容が全て消去されるので、装置を分析することによってスクランブル鍵などの情報を取り出すことが極めて難しくなる。また、配給用テープの内容が消去または書き換えられるためテープの内容を不正にコピーすることも難しくなる。その結果、秘匿性を極めて高いレベルに保つことができる。さらに、直ちにモデムを通じて少なくとも異常の内容とシアタ管理番号と配給用テープの内容と日時とが管理センターに返送されるため、それらの情報を分析することにより不正な手段でのスクランブル鍵の取得やビデオのコピーに対する訴訟などのための情報を得ることができる。
【0018】
【実施例】以下本発明の一実施例を図面に基づいて説明する。
(実施例1)図1は本発明の一実施例のビデオシアタシステムの構成図を示し、映画フィルムから作成された配給用テープを再生して上映できるビデオシアタを示す。ここではICカード8に使用するスクランブル鍵は暗号化され、ICカード8に記録するビデオシアタ制御情報には、ビデオシアタ限定情報、上映期間限定情報が記載されている。また、ICカード・リーダ/ライタ7とコントローラ装置4にはセンサー9が設けられ、さらにコントローラ装置4にはSRAM10およびEEPROM11が設けられるとともにタイマーおよびカレンダーが設けられている。
【0019】具体的には、シアタに配給された配給用テープ6を再生用VTR5で再生し、ICカード8をICカード・リーダ/ライタ7に挿入して、暗号化された情報をデスクランブラ3に転送し、暗号したスクランブル鍵を復元させる。また再生用VTR5で出力した映像信号をコントローラ装置4でセレクトしてデスクランブラ3に入力し、復元させたスクランブル鍵を元に、スクランブル状態にある映像信号を復元させ、復元した画像をED/WDディジタルスキャンコンバータ2に入力し、倍密にした後に、プロジェクタ1で投影する。
【0020】ここで、システム使用中にコントローラ装置4あるいはICカード・リーダ/ライタの電源の遮断をセンサー9が探知したり、開ける必要のないメンテナンス用裏ブタやケースなどが正規の手順によらずに開けられたり、ICカードが強制的に取り出されたりすると、直ちにデスクランブラ3を停止し、コントローラ装置4内で記録されているSRAM10の内容を消去し、ICカード内のスクランブル鍵などの情報を消去し、装置を分析することによってスクランブル鍵などの情報を取り出すことを難しくするとともに、配給用テープ6の内容の消去あるいは書き換えを行うためテープ内容を不正にコピーすることも難しく、その結果秘匿性を極めて高いレベルに保つようにしている。
【0021】さらに、システムに同様の異常が起きた場合、コントローラ装置4は、電源遮断の事実とシアタを示すID、日時を暗号化し、ICカード・リーダ/ライタ7を通じてICカード8に書き込むようにし、または、同じ情報をコントローラ装置4内に特別に設けられたEEPROM11に書き込み、同じく再生用VTR5を通じて配給用テープ6に書き込むようにする。これらから情報を得ることにより異常、若しくは不正なスクランブル鍵の取得などを追跡でき、さらには配給用テープの内容も消去されるために不正なコピーは困難になる。
【0022】なお、ICカード・リーダ/ライタ7は本実施例のように外置きされても、コントローラ装置4またはデスクランブラ3に内蔵されてもよい。
【0023】(実施例2)図2は、本発明の他の実施例のビデオシアタシステムの構成図を示し、図1の本発明のICカードを用いている部分をモデムに置き換えたものを使用している。ここでシアタ内のモデム12はセンター側モデム13からの信号を受信し、モデム12とコントローラ装置4にはセンサー9が設けられ、さらにコントロール装置4にはSRAM10およびEEPRAM11が設けられるとともにタイマーおよびカレンダーが設けられている。具体的には、スクランブル処理に用いたスクランブル鍵をセンター側モデム13を用いて2400bit/secでシアタに転送し、シアタ内のモデム12で受信するとデスクランブラ3のメモリに送信し、映像信号を復元させる。
【0024】この場合、システム使用中にコントローラ装置4あるいはモデム12の電源の遮断をセンサー9が探知すると、電源の遮断後直ちにデスクランブラ3を停止し、また開ける必要のないメンテナンス用裏ブタやケースなどが正規の手順によらずに開けられたり、モデム12への接続ケーブルがはずされるなどの異常がシステムに起きた場合、直ちにスクランブルを停止し、コントローラ装置4内でデータを記録しているSRAM10の内容を消去し、装置を分析することによってスクランブル鍵などの情報を取り出すことを難しくするとともに、配給用テープの内容の消去あるいは書き換えを行うためテープ内容を不正にコピーすることも難しく、その結果秘匿性を極めて高いレベルに保つようにしている。
【0025】さらに、日時、異常の種類、この場合は電源の遮断、シアタのIDをモデム12を通じてセンター側モデム13に送信する機能を付加している。これにより、不正にスクランブル鍵を取得しようとする試みが直ちにセンター側に知らせられることになる。また同じ情報を異常記録用のEEPROM11に書き込み、さらに配給用テープ6にもその情報を記録するようにしている。これらから情報を得ることにより異常、若しくは不正なスクランブル鍵の取得などを追跡できる。さらには配給用テープの内容も消去されるために不正なコピーは困難になる。
【0026】このように、ビデオシアタにおいて、装置に手を加えることにより不正にスクランブル鍵を取得しようとしても容易には取り出せない。よってスクランブル鍵の内容を保護できビデオシアタシステム全体のセキュリティを更に高く維持できる。
【0027】
【発明の効果】以上のように本発明のビデオシアタシステムによると、ビデオシアタに配給されるスクランブル処理が施されたVTR用テープから映像を復元するためのスクランブル鍵をICカードまたはモデムでビデオシアタに転送される。しかし、ICカードやモデムから不正にスクランブル鍵を取得しようとしても、装置自体に不正に手が加えられた場合、スクランブル鍵を消去したりメモリの内容を消去するしくみが組み込まれているため、スクランブル鍵の内容を更に高いレベルで保護でき、ビデオシアタシステム全体のセキュリティを向上させることができる。また、配給用テープの内容を消去するため、不正なコピーは困難になる。また異常の内容をICカードや装置内の特別なメモリ、VTR用テープに記録するため不正を追跡できる。さらには、不正なスクランブル鍵の取得にたいする心理的な抑止効果も期待できる。これらの特徴を有していることから、本発明の工業的価値は極めて大なるものがある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013