米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 文字放送受信装置内蔵テレビジョン受信機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−193761
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−333384
出願日 平成5年(1993)12月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 永井 美帆 / 三好 圭哉
要約 目的
本発明は文字放送受信装置内蔵受像機に関するもで、文字放送番組の選択を簡便に行なうことが可能な操作手段を提供することを目的とするものである。

構成
文字放送から文字放送番組一覧表を提示するために必要な文字信号を検索、抽出する一覧表抽出手段と、一覧表抽出手段が抽出した文字信号から番組番号を検索、抽出する番組番号抽出手段と、提示した番組一覧表あるいは番組番号上を番組単位で移動、希望する番組を検索する移動検索手段と、移動検索手段により検索された番組を確定する番組確定手段と、番組確定手段により確定された番組番号の番組データを信号蓄積手段により蓄積された信号の中から検索、抽出する番組抽出手段とを設けることにより、簡弁な番組選択を提供することができる。
特許請求の範囲
【請求項1】 文字放送信号を受信する文字放送受信手段と、前記文字放送受信手段により受信した映像信号から文字信号を分離する文字信号分離手段と、前記文字信号分離手段で分離した文字信号の誤りを訂正した後、文字放送データを復号する文字信号処理手段と、前記文字信号分離手段が分離した文字信号を蓄積しておく信号蓄積手段と、前記信号蓄積手段が蓄積した文字信号の中から文字放送番組一覧表を提示するために必要な文字信号を検索、抽出する一覧表抽出手段と、前記一覧表抽出手段で抽出した文字信号の中から番組番号を検索、抽出する番組番号抽出手段と、前記一覧表抽出手段および前記番組番号抽出手段が抽出した文字信号を前記文字信号処理手段で復号したデータを書き込む表示データ蓄積手段と、前記表示データ蓄積手段に書き込まれた表示データを受像管上に表示する表示制御手段と、前記表示制御手段が提示した文字放送番組一覧表あるいは番組番号上を番組単位で移動し、希望する番組を検索する移動検索手段と、前記移動検索手段により検索された番組を確定する番組確定手段と、前記番組確定手段により確定された番組番号の番組データを前記信号蓄積手段により蓄積された信号の中から検索、抽出する番組抽出手段とを具備し、前期表示データ蓄積手段は前期番組抽出手段が抽出した文字信号を前記文字信号処理手段で復号したデータを書き込む機能も有するをことを特徴とする文字放送受信装置内蔵テレビジョン受像機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は番組一覧表を利用して文字放送番組の選択を簡便に行なう文字放送受信装置内蔵テレビジョン受像機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、文字放送受信装置内蔵テレビジョン受像機の普及にともない、文字放送番組も増加の傾向にあることから、希望する文字放送番組の簡便な選択方法が望まれている。従来、希望する番組を選択するために番組番号を直接入力していた。以下、従来の文字放送受信内蔵テレビジョン受像機の構成について図面を参照しながら説明する。
【0003】図4において、aはテレビの映像信号で、1は映像信号aから垂直帰線消去期間内に重畳して伝送されてきた文字信号を分離する文字信号分離部、2は文字信号分離部1で分離された文字信号の誤りを訂正した後、文字放送データを復号する文字信号処理部、3は文字信号分離部1で分離した文字信号をを蓄積しておくバッファメモリ部、4は文字信号処理部2で復号されたデータを受像管に表示する表示制御部、5は表示制御部4で受像管に実際に表示する表示データを記憶するビデオメモリ部である。
【0004】図5は文字信号の重畳位置を示しており、文字信号は、垂直帰線消去期間の水平走査線第14Hから第16H、および第21Hの4Hに重畳される。
【0005】図7は文字信号の持つ機能を階層的に分解して示したものである。階層1は物理層で電気物理的信号としての文字信号の諸元を示している。ここで、Tcは文字信号の1ビット当たりの周期で、Tc=1/364fh(秒)
で示される。但し、fhは水平同期信号の周波数である。階層2はリンク層で文字信号は1、0の論理データとして扱われる。一つの走査線の文字信号で伝送される一連のデータをデータラインと呼び、データラインは同期部とデータパケットから構成されている。同期部には、ビット同期をとるためのビット同期符号(CR:クロックライン)とバイト同期をとるためのバイト同期符号(FC:フレーミングコード)がある。また、データパケットは誤り訂正符号((279、190)短縮化差集合巡回符号)による誤り保護を行なっている。階層3はネットワーク層で主としてプリフィックスの機能を示している。データパケットはプリフィックスとデータブロックから構成されており、プリフィックスには符号化伝送方式を識別するためのサービス識別部(SI:Service Identification)と、データパケットを伝送制御するためのパケットコントロール部(PC:Packet Control)がある。また、データブロックには、符号化された文字、図形、付加音のデータ、それらを制御するための符号、および誤り検出符号が付加されている。階層4はトランスポート層でデータグループの機能を示している。データグループは1または複数のデータブロックにより送出される情報データの1群であるデータグループからなる。階層5はセッション層で番組のデータ構成、番組の識別制御のための機能などを示している。階層6はプレゼンテーション層で提示の符号化の諸機能を示している。ここでは、文字、図形の表示、付加音の表出のための符号化が規定されている。
【0006】図6は文字信号の構成を示す。文字放送の一つの番組の全データを番組データと呼び、番組データは番組全体にかかわる番組管理データと、画像情報のデータと付加情報のデータを含む各ページデータから構成されている。番組の選択、ページの選択、データユニットの識別などを行なう。
【0007】以上のように構成されたテレビジョン受像機の動作について、以下図4を用いて説明する。
【0008】入力された映像信号aから文字信号分離部1は図5の第14H、第15H、第16H、および第21Hに重畳して伝送されてきた文字信号を分離する。文字信号処理部2はバッファメモリ部3に蓄積するとともに、外部から番組番号が入力されると、蓄積された文字信号の中から入力された番組番号と一致する番組番号の番組データを検索、抽出し文字放送データの復号を行なう。この復号されたデータは、表示制御部4をつうじて、ビデオメモリ部5に書き込まれ、表示制御部4はビデオメモリ部5に書き込まれた番組の文字図形情報を順次読み出し受像管上に表示する。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記のような構成のテレビジョン受像機では、希望する番組を提示するためには、希望する番組の番組番号を直接入力する必要があり、誤入力などの問題を有していた。また、希望する番組番号を検索するためには、文字放送番組一覧表を提示させる必要があり、検索方法と選択方法とは別操作になるため、操作が複雑であるなどの問題をも有していた。本発明は上記問題に鑑み、番組番号を直接入力せずに簡便に、しかも希望する文字放送番組を検索しながら、番組を選択する方法を提供するものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】上記問題を解決するために本発明の文字放送受信装置内蔵テレビジョン受像機は、文字放送信号を受信する文字放送受信手段と、前記文字放送受信手段により受信した映像信号から文字信号を分離する文字信号分離手段と、前記文字信号分離手段で分離した文字信号の誤りを訂正した後、文字放送データを復号する文字信号処理手段と、前記文字信号分離手段が分離した文字信号を蓄積しておく信号蓄積手段と、前記信号蓄積手段が蓄積した文字信号の中から文字放送番組一覧表を提示するために必要な文字信号を検索、抽出する一覧表抽出手段と、前記一覧表抽出手段で抽出した文字信号の中から番組番号を検索、抽出する番組番号抽出手段と、前記一覧表抽出手段および前記番組番号抽出手段が抽出した文字信号を前記文字信号処理手段で復号したデータを書き込む表示データ蓄積手段と、前記表示データ蓄積手段に書き込まれた表示データを受像管上に表示する表示制御手段と、前記表示制御手段が提示した文字放送番組一覧表あるいは番組番号上を番組単位で移動し、希望する番組を検索する移動検索手段と、前記移動検索手段により検索された番組を確定する番組確定手段と、前記番組確定手段により確定された番組番号の番組データを前記信号蓄積手段により蓄積された信号の中から検索、抽出する番組抽出手段とを具備する【0011】
【作用】本発明は上記した構成によって、文字放送番組の一覧表と番組番号を提示し、一覧表あるいは番組番号上を移動する移動手段によって、希望する番組を検索し番組確定手段によって確定された番組の文字図形情報を表示手段で受像管上に表示させることで番組選択を可能にしている。
【0012】
【実施例】以下本発明の一実施例の文字放送受信内蔵テレビジョン受像機の構成について図面を参照しながら説明する。
【0013】図1は本発明の一実施例におけるテレビジョン受像機のブロック図である。図1において、aはテレビの映像信号で、1は映像信号aから垂直帰線消去期間内に重畳して伝送されてきた文字信号を分離する文字信号分離部、2は文字信号分離部1で分離された文字信号の誤りを訂正した後、文字放送データを復号する文字信号処理部、3は文字信号分離部1で分離した文字信号をを蓄積しておくバッファメモリ部、4は文字信号処理部2で復号されたデータを受像管に表示する表示制御部、5は表示制御部4で受像管に実際に表示する表示データを記憶するビデオメモリ部である。さらに、10は文字放送番組の一覧表を提示するために必要な文字信号を文字信号分離部1で分離された文字信号、およびバッファメモリ部3の中から検索、抽出する一覧表抽出部、11は一覧表抽出部10で抽出された文字信号の中から番組番号を検索、抽出する番組番号抽出手段、12は一覧表抽出部10、番組番号抽出部11で抽出された文字信号を、文字信号処理部2で復号したデータを、表示制御部をつうじて受像機に提示した一覧表あるいは番組番号上を番組単位で移動、希望する番組を検索する移動検索部である。13は移動検索部12で検索された番組を確定する番組確定手段で、14は番組確定部で確定された番組番号の番組データを文字信号分離部1で分離された文字信号およびバッファメモリ部3の中から検索、抽出する番組番号抽出部である。
【0014】以上のように構成されたテレビジョン受像機の動作について、図2、図3を用いて説明する。一覧表と番組番号が提示された時に図3のプログラムの手順に従って番組が確定される。図2は、文字放送番組の一覧表と番組番号を受像管上に提示させた時の一例である。
【0015】図1に於て、入力された映像信号aから文字信号分離部1は図5の第14H、第15H、第16H、および第21Hに重畳して伝送されてきた文字信号を分離する。文字信号処理部2は文字信号分離部1で分離された文字信号をバッファメモリ部3に蓄積する。さらに一覧表抽出部10により文字放送番組一覧表を提示するために必要な文字信号が文字信号分離部1で分離された文字信号、およびバッファメモリ部3の中から検索、抽出され、番組番号抽出部11により一覧表抽出部10で抽出された文字信号の中から番組番号が検索、抽出される。文字信号処理部2は一覧表抽出部10、番組番号抽出部11で抽出されたデータを復号し、表示制御部4をつうじてビデオメモリ部5に書き込まれ、表示制御部4はビデオメモリ部5に書き込まれた番組の文字図形情報を順次読み出し受像管上に表示する。ステップ20で一覧表と番組番号が提示されると、番組番号上を番組単位で移動する移動手段がステップ21で番号・番号・番号・#への移動をストップするかどうかを判断する。番号・番号・番号・#への移動をストップした場合、移動手段が確定したものとし、移動手段が示す番号・番号・番号・#の番組番号をもつ番組が選択される。ステップ22で番組番号抽出部14はその番組番号の番組データを文字信号分離部1で分離された文字信号、およびバッファメモリ部3の中から検索、抽出し、抽出されたデータは文字信号処理部2により復号され、表示制御部4をつうじてビデオメモリ部5に書き込まれ、表示制御部4はビデオメモリ部5に書き込まれた番組の文字図形情報を順次読み出し受像管上に表示する。
【0016】
【発明の効果】以上のように本発明の番組選択方法によれば、文字信号を受信する文字信号受信手段と、文字信号の中から文字放送番組一覧表を提示するために必要な文字信号を検索、抽出する一覧表抽出手段と、一覧表抽出手段が抽出した文字信号の中から番組番号を検索、抽出する番組番号抽出手段と、提示した文字放送番組一覧表あるいは番組番号上を番組単位で移動、希望する番組を検索する移動検索手段と、移動検索手段により検索された番組を確定する番組確定手段と、番組確定手段により確定された番組番号の番組データを信号蓄積手段により蓄積された信号の中から検索、抽出する番組抽出手段とを設けることにより、簡単な番組選択を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013