米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 テレビジョン受像機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−193760
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−333401
出願日 平成5年(1993)12月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 町野 豊 / 三好 圭哉
要約 目的
文字放送を利用して、チャンネル切り替え時や、テレビ番組表示モード時に現在に放送されているテレビ番組の番組名等の情報を表示する。

構成
文字放送のテレビ番組表番組からテレビ番組のデレビ番組データを抽出する手段15、テレビ番組データを蓄積するバッファメモリ6と、日付時刻を計時するタイマー8、タイマー8の示す日付時刻情報とバッファメモリ6よりのテレビ番組データを比較してテレビ番組名等を検索するテレビ番組デ−タを検索手段7、テレビ番組デ−タを表示する表示制御部9と、掲示有無の要求を出す掲示要求手段10、チャンネル切替の指示が出力された時、表示制御部9に掲示の要求をするチャンネル切替掲示要求手段16で構成される。
特許請求の範囲
【請求項1】 チューナと、前記チューナからの出力を映像信号に再生するテレビ信号再生部と、前記チューナで受信するチャンネルを切替る為のチャンネル切替制御部と、前記チャンネル切替制御部にチャンネル切替の要求を指示するチャンネル切替要求手段と、前記チャンネル切替要求手段から前記チャンネル切替制御部に指示したチャンネルのチャンネル番号を記憶するチャンネル番号記憶部と、前記テレビ信号再生部から出力される映像信号から垂直帰線期間に重畳された文字信号を抜き取る文字放送受信手段と、前記文字放送受信手段で抜き出された文字放送の中から、テレビ番組の日付、テレビ番組開始時刻、テレビ番組終了時刻、テレビ番組名、放送局名を含むテレビ番組表番組を抽出するテレビ番組表番組抽出手段と、前記テレビ番組表番組抽出手段より抽出したテレビ番組表番組からテレビ番組の日付、テレビ番組開始時刻、テレビ番組終了時刻、テレビ番組名、放送局名のテレビ番組データを抽出するテレビ番組データ抽出手段と、前記テレビ番組データ抽出手段で抽出したテレビ番組データを蓄積するバッファメモリと、現在日付時刻をカウントするタイマーと、前記タイマーの示す現在の日付時刻情報と前記テレビ番組表番組抽出手段の示すテレビ番組データを比較してテレビ番組名、番組開始時刻、番組終了時刻、放送局名を検索するテレビ番組デ−タ検索手段と、前記検索手段の結果より現在時刻に放送されているテレビ番組のテレビ番組データを表示する表示制御部と、前記テレビ信号再生部から出力される映像信号にテレビ番組表示デ−タを加算する加算器と、ディスプレイを具備する事を特徴としたテレビジョン受像機。
【請求項2】 表示制御部で表示されるテレビ番組データがテレビ番組のテレビ番組名である請求項1記載のテレビジョン受像機。
【請求項3】 表示制御部で表示されるテレビ番組データがテレビ番組のテレビ番組開始時間である請求項1記載のテレビジョン受像機。
【請求項4】 表示制御部で表示されるテレビ番組データがテレビ番組のテレビ番組終了時間である請求項1記載のテレビジョン受像機。
【請求項5】 表示制御部で表示されるテレビ番組データがテレビ番組の放送局名である請求項1記載のテレビジョン受像機。
【請求項6】 前記表示制御部に掲示有無の要求を出す掲示要求手段を具備する事を特徴とした請求項1記載のテレビジョン受像機。
【請求項7】 前記チャンネル切替要求手段よりチャンネル切替の指示が出力された時、前記表示制御部に掲示の要求をするチャンネル切替時掲示要求手段を具備する事を特徴とした請求項1記載のテレビジョン受像機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は放送局から送られて来る文字放送番組の一つである番組表番組を利用したテレビジョン受像機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のテレビジョン受像機は、チャンネル切り替え時や、チャンネル番号表示モード時に、現在見ている放送局のチャンネル番号が表示されるものであった。従来のテレビジョン受像機についての例を、図2を用いて説明する。図2において、21はチューナ、bは垂直帰線期間に文字信号が重畳された映像信号、25は所望のテレビ番組を選択する為のチャンネル切替要求手段、22はチャンネル切替要求手段25から指示されたチャンネル番号によりチューナ21のチャンネルを制御するチャンネル切替制御部、23はチャンネル切替部22がチャンネル切替要求手段25から指示されたチャンネル番号を記憶しておく現在チャンネル番号記憶部、24はチューナ21の出力から映像信号を再生するテレビ信号再生部、28はテレビ番組データの掲示有無を要求する掲示要求手段、27は現在チャンネル番号記憶部より得たチャンネル番号を掲示要求手段の指示に従って加算器29に出力する表示制御部、29はテレビ信号再生部から出力される映像信号に表示制御部27からのチャンネル番号表示データを加算させる加算器、30はディスプレイ、26はチャンネル切替要求手段25よりチャンネル切替の指示が出力された時、表示制御部27に掲示の要求をするチャンネル切替時掲示要求手段である。以上のように構成された従来テレビジョン受像機について、以下その動作を説明する。図2において、チャンネル切替要求手段25よりチャンネル切替の指示が出た場合、チャンネル切替制御部22は、チューナ21に新しいチャンネルを受信する為の指示を出し、チャンネル切替時掲示要求手段26は、表示制御部27にチャンネル番号の掲示を要求する。表示制御部27は現在チャンネル番号記憶部23から得たチャンネル番号表示データを加算器29に送る。加算器29では、チューナ21の出力をテレビ信号再生部24で再生した映像信号に、表示制御部27より出力されたチャンネル番号表示データを加算しディスプレイ30に送りディスプレイでは、切り替わったチャンネル番号と映像信号を写す。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記のような表示だけでは、ユーザーが切替えたチャンネル番号を認知することは可能であるが、テレビ番組を認知することは困難である。また、切り替えたチャンネルがコマーシャル中であった場合、何の番組が放送されているかを知るためには、コマーシャルが終わるのを待つか、もしくは新聞や雑誌のテレビ番組欄を見るしかなかった。 本発明は上記問題に鑑み、チャンネル切替え時やチャンネル番号表示モード時に現在放送されている番組の番組名を掲示することで、素早く的確なチャンネル選択を提供するものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】チューナと、前記チューナからの出力を映像信号に再生するテレビ信号再生部と、前記チューナで受信するチャンネルを切替る為のチャンネル切替制御部と、前記チャンネル切替制御部にチャンネル切替の要求を指示するチャンネル切替要求手段と、前記チャンネル切替要求手段から前記チャンネル切替制御部に指示したチャンネルのチャンネル番号を記憶するチャンネル番号記憶部と、前記テレビ信号再生部から出力される映像信号から垂直帰線期間に重畳された文字信号を抜き取る文字放送受信手段と、前記文字放送受信手段で抜き出された文字放送の中から、テレビ番組の日付、テレビ番組開始時刻、テレビ番組終了時刻、テレビ番組名、放送局名を含むテレビ番組表番組を抽出するテレビ番組表番組抽出手段と、前記テレビ番組表番組抽出手段より抽出したテレビ番組表番組からテレビ番組の日付、テレビ番組開始時刻、テレビ番組終了時刻、テレビ番組名、放送局名のテレビ番組データを抽出するテレビ番組データ抽出手段と、前記テレビ番組データ抽出手段で抽出したテレビ番組データを蓄積するバッファメモリと、現在日付時刻をカウントするタイマーと、前記タイマーの示す現在の日付時刻情報と前記テレビ番組表番組抽出手段の示すテレビ番組データを比較してテレビ番組名、番組開始時刻、番組終了時刻を検索するテレビ番組デ−タ検索手段と、前記検索手段の結果より現在時刻に放送されているテレビ番組のテレビ番組名、テレビ番組開始時間、テレビ番組終了時間、放送局名を含むテレビ番組デ−タを掲示する表示制御部と、前記テレビ信号再生部から出力される映像信号にテレビ番組表示デ−タを加算する加算器と、ディスプレイと、前記表示制御部に掲示有無の要求を出す掲示要求手段と、前記チャンネル切替要求手段よりチャンネル切替の指示が出力された時、前記制御部に掲示の要求をするチャンネル切替時掲示要求手段とから構成される。
【0005】
【作用】本発明は、以上の構成により、文字放送のテレビ番組表番組を利用し、チャンネル切替え時や、テレビ番組表示モード時に現在時刻に放送されているテレビ番組の番組名、番組開始時間、番組終了時間を掲示することができる。
【0006】
【実施例】以下、本発明の一実施例におけるテレビジョン受像機について、図面を参照しながら説明する。図1は本発明の一実施例のにおけるテレビジョン受像機のブロック図を示すものである。
【0007】図1において、1はチューナ、aは垂直帰線期間に文字信号が重畳された映像信号、13は所望のテレビ番組を選択する為のチャンネル切替要求手段、2はチャンネル切替要求手段13から指示されたチャンネル番号によりチューナ1のチャンネルを制御するチャンネル切替制御部、3はチャンネル切替部2がチャンネル切替要求手段13から指示されたチャンネル番号を記憶しておく現在チャンネル番号記憶部、4は映像信号aから垂直帰線期間に重畳されている文字信号を抜き取る文字放送受信手段、5は文字放送受信手段4で抜き取った文字信号からテレビ番組表番組のデータを抽出するテレビ番組表番組抽出手段、6はテレビ番組表番組抽出手段5により抽出したテレビ番組表番組のデータを一時蓄えておく為のバッファメモリ、8は現在の日時情報を出力するタイマー、7はタイマー8より出力される日時情報と現在チャンネル番号記憶部3より出力されるチャンネル番号情報からバッファメモリ6に蓄えられたテレビ番組表番組の中で、現在時刻に現在チャンネルで放送されているテレビ番組のテレビ番組名、番組開始時刻、番組終了時刻などを検索するテレビ番組データ検索手段、14はチューナ1の出力から映像信号を再生するテレビ信号再生部、10はテレビ番組データの掲示有無を要求する掲示要求手段、9はテレビ番組データ検索手段7より得たテレビ番組名、番組開始時刻、番組終了時刻、放送局名などを掲示要求手段10の指示に従って加算器11に出力する表示制御部、11はテレビ信号再生部14から出力される映像信号に表示制御部9からの番組表表示データを加算させる加算器、12はディスプレイ、15はテレビ番組表番組抽出手段5より抽出したテレビ番組表番組からテレビ番組の日付、テレビ番組開始時刻、テレビ番組終了時刻、テレビ番組名、放送局名などのテレビ番組データを抽出するテレビ番組データ抽出手段、16はチャンネル切替要求手段13よりチャンネル切替の指示が出力された時、表示制御部9に掲示の要求をするチャンネル切替時掲示要求手段である。
【0008】図3はテレビ番組表番組抽出手段5で抽出されたテレビ番組表番組である。以上のように構成されたテレビジョン受像機について以下その動作を説明する。
【0009】映像信号aから垂直帰線期間に重畳されている文字信号を文字信号受信手段4により抜取り、テレビ番組表番組抽出手段5により抽出したテレビ番組表番組からテレビ番組の日付、テレビ番組開始時刻、テレビ番組終了時刻、テレビ番組名、放送局名のテレビ番組データをテレビ番組データ抽出手段15で抽出し、テレビ番組データ抽出手段15で抽出したテレビ番組データを、バッファメモリ6に蓄積しておく作業を予め全てのチャンネルについて行っておき、ユーザーがチャンネルを切替えたりテレビ番組表示モードにした時、現在日時と現在見ているチャンネル番号の情報によりバッファメモリ6に蓄積したテレビ番組デ−タを検索し該当するテレビ番組の番組名、番組開始時間、番組終了時間をディスプレイ12の画面上にさせるものである。
【0010】例えば、ある日時(例えば1993年9月27日8時20分)に、あるチャンネル(例えばNHK総合)を見ていたとして、ユーザーがテレビ番組デ−タ表示を所望すると、バッファメモリ6よりある日時(例えば1993年9月27日8時20分)のあるチャンネル(例えばチャンネル番号1)で放送されている番組をテレビ番組データ検索手段により検索した結果、番組名(例の場合、”ええにょぼ”)と番組開始時間(例の場合、8時15分)、番組終了時間(例の場合、8時30分)、放送局名(例の場合、NHK総合)を得ることができ、このデ−タを表示制御部9を通し、加算器11を経てディスプレイ12の画面上に表示される。
【0011】
【発明の効果】本発明は、文字放送を利用したテレビジョン受像機に関するもので、文字放送のテレビ番組表番組を利用し、チャンネル切替え時や、テレビ番組表示モード時に現在時刻に放送されているテレビ番組の番組名、番組開始時間、番組終了時間を掲示することで的確なチャンネル切り替えを行えることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013