米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 充電器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−193621
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−332933
出願日 平成5年(1993)12月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 佐野 信二 / 帯刀 寿和
要約 目的
充電式マイクロホンの充電器において、この充電器のひとつの充電端子に対して、一種類の形状のマイクロホンだけでなく、数種類の形状のマイクロホンの充電が可能である。

構成
蓋12を充電器3から取り外した状態で、底面積の広いマイクロホンのうちマイクロホンを挿入部11に挿入すると、このマイクロホンの充電機能とこの挿入部11の底部に設置されている充電端子とが密着することにより充電する。角型マイクロホンにおいては、充電器10の凹部15に蓋12を固定させ、挿入口14に差し込むことによって充電する。一般的な丸型マイクロホンにおいては、角型マイクロホンと同様に、蓋12を凹部15に固定し挿入口14に差し込むことによって充電する。
特許請求の範囲
【請求項1】 内周が第1のマイクロホンの外周に沿って形成された第1の挿入口と、この第1のマイクロホンと異なる外観をもつ第2のマイクロホンの外周に沿って形成され、かつ前記第1の挿入口に交差して配置された第2の挿入口と、この交差の範囲内に設けられ、第1のマイクロホン及び第2のマイクロホンに対する充電手段と、使用者がマイクロホンを充電する場合に、前記第1、第2の挿入口の中からこのマイクロホンの外周に沿った挿入口を選び、このマイクロホンをこの挿入口に通してこのマイクロホンの充電機能がこの挿入口の下に設けられている前記充電手段に密着して充電することを特徴とする充電器。
【請求項2】 第1、第2の挿入口が交差した形状で切り抜かれた蓋部と、内周が第3のマイクロホンの外周に沿って形成された第3の挿入口と、この第3の挿入口上に前記蓋部を被せた場合、第3の挿入口に対する充電手段及び前記第1、第2の挿入口の交差の範囲とが一致する位置に蓋部を固定する固定手段とを備えた請求項1記載の充電器。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、充電機能を内蔵したコードレスマイクロホン等に対する充電器に関する。
【0002】
【従来の技術】近年のマイクロホン1は、使いやすさからワイヤレスタイプが普及している。図14は、従来からの非接点充電方式を示すマイクロホンが充電している際のマイクロホンと充電器の主要断面側面図であり、図15は、従来からの非接点充電方式を示すマイクロホンが充電している際のマイクロホンと充電器の概略構成回路図である。
【0003】図14において、従来より充電器3は、マイクロホン1の充電手段であり、このマイクロホン1の充電機能に対する充電端子4が設けられ、この充電端子4の周囲に沿って充電器側コイル5が内蔵されている。この充電器3に対して、マイクロホン1は、底部に凹みの形状の充電機能が設けられ、この凹みを囲むようにマイク側コイル2を内蔵している。
【0004】図15において、充電器側コイル5は、交流電源6に接続し、マイク側コイル7は、充電用電池8とダイオード9に対して並列に接続している。
【0005】充電器3における充電端子4に対して、マイクロホン1の充電機能が差し込まれることによって、充電器側コイル5とマイク側コイル2とが密着した状態となることから、マイク側コイル2に誘起電圧が生じ、この交流電圧をダイオード9によって直流にし、充電用電池8に充電する。
【0006】このように、従来の充電器3は、この充電器3の充電端子4に対してマイクロホン1の凹みを差し込むことによって充電することができる。
【0007】また、この充電端子4がマイクロホン1の外形に沿った筒の底部に設けられることにより、このマイクロホン1は、この筒に差し込むだけで、マイクロホン1の凹みと、充電器3とが合致することにより充電できる。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、最近、マイクロホンの形状の多様化が進み、上記従来の充電器では、各々のマイクロホンの外形に合わせた筒を、各々の充電器に設けなければならないという問題を有していた。
【0009】本発明は上記従来の問題を解決するものであり、形状の異なるマイクロホンを、一台で充電できる優れた充電器を提供することを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するために、(1)充電器に、内周が第1のマイクロホンの外周に沿って形成された第1の挿入口と、この第1のマイクロホンと異なる外観をもつ第2のマイクロホンの外周に沿って形成され、かつ前記第1の挿入口に交差して配置された第2の挿入口と、この交差の範囲内に設けられ、第1のマイクロホン及び第2のマイクロホンに対する充電手段とを設け、使用者がマイクロホンを充電する場合に、前記第1、第2の挿入口の中からこのマイクロホンの外周に沿った挿入口を選び、このマイクロホンをこの挿入口に通してこのマイクロホンの充電機能がこの挿入口の下に設けられている前記充電手段に密着して充電することを特徴としたものである。
(2)充電器に、第1、第2の挿入口が交差した形状で切り抜かれた蓋部と、内周が第3のマイクロホンの外周に沿って形成された第3の挿入口と、この第3の挿入口上に前記蓋部を被せた場合、第3の挿入口に対する充電手段及び前記第1、第2の挿入口の交差の範囲内とが一致する位置に蓋部を固定する固定手段とを設けたものである。
【0011】
【作用】本発明は上記(1)の手段により、第1のマイクロホンを充電する場合には、第1の挿入口に第1のマイクロホンを差し込み、第2マイクロホンを充電する場合には、第2の挿入口に第2のマイクロホンを差し込むことで、第1、第2のマイクロホンの充電機能と充電器の充電手段とが密着し、充電する。
【0012】また、上記(2)の手段より、第1、第2のマイクロホンを充電する場合には、蓋部を第3の挿入口上に固定手段によって固定して、それぞれ第1、第2の挿入口に差し込み、第3のマイクロホンを充電する場合には、第3の挿入口上に固定された蓋部を取り外して、この第3の挿入口に差し込むことで、第3のマイクロホンの充電機能と充電器の充電手段とが密着し、充電する。
【0013】
【実施例】以下、本発明の一実施例について、図面を用いて説明する。図1は、本発明の実施例における充電器の外観斜視図である。
【0014】図1において、充電器10は、充電機能をもつ第1マイクロホンに対する充電手段である。挿入部11は、あらかじめこの第1マイクロホンの形状に沿って切り抜かれた穴であり、底部に、この第1マイクロホンに対する充電手段を備えている。蓋12は、この第1マイクロホンと形状が異なる第2マイクロホンと第3マイクロホンに対する各々の挿入口13、14を設けた蓋であり、この蓋12を使用する場合、前記挿入部11上を被せる。凹部15は、挿入部11の周囲に設け、蓋12の広さを持つ凹みであり、この凹部15に対して蓋12がはめ込まれ固定される。
【0015】図2(a)は本発明の実施例における丸型マイクロホンの外観側面図であり、図2(b)は本発明の実施例におけるマイクロホンの外観側面図であり、図2(c)は本発明の実施例における丸型マイクロホンの外観底面図である。図2(a)において、丸型マイクロホン20は、備えつけられた充電端子21から充電する円柱型のマイクロホンである。充電端子21は、図2(b)に示しように、この丸型マイクロホン20の底部の中央に位置しているとする。また、図1(c)に図示したマイクロホン22のように、丸型マイクロホン20と先端の形状が異なるマイクロホンに関しては、丸型マイクロホン20と同様に扱う。
【0016】図3(a)は本発明の実施例における角型マイクロホンの外観斜視図であり、図3(b)は本発明の実施例における角型マイクロホンの外観底面図である。図3において、角型マイクロホン23は、丸型マイクロホン20と同様に充電端子24から充電される角型のマイクロホンである。充電端子24は、この角型マイクロホン23の底部の中央に位置しているとする。
【0017】図4(a)は本発明の実施例におけるトランシーバ型マイクロホンの外観斜視図であり、図4(b)は本発明の実施例におけるトランシーバ型マイクロホンの外観底面図である。図4において、トランシバー型マイクロホン25は、丸型マイクロホン20、角型23と同様に、充電端子26から充電されるトランシバー型のマイクロホンである。
【0018】図5(a)は本発明の実施例における充電器の主要外観上面図であり、図5(b)は本発明の実施例における充電器の主要断面側面図である。図5において、充電器10は、トランシバー型マイクロホン25の外周に沿って切り抜かれている挿入部11と、この挿入部11にこのマイクロホン25を挿入した場合に、このマイクロホン25の充電機能に密着する位置に充電端子4を備えている。
【0019】図6(a)は本発明の実施例における蓋の外観上面図であり、図6(b)は本発明の実施例における蓋の断面側面図である。図6において、蓋12は、丸型マイクロホン20及び角型マイクロホン23の外周に沿って切り抜かれた筒状の挿入口13、14が設けられている。
【0020】次に、上記実施例の動作について説明する。図7(a)は本発明の実施例における蓋を装着した際の充電器の主要外観上面図であり、図7(b)は本発明の実施例における蓋を装着した際の充電器の主要断面側面図であり、図7において、蓋12は、凹部15に対してはめ込むことで固定する。蓋12を充電器10に装着させた場合、蓋12の挿入口13、14の位置は、この挿入口13、14の中心に充電器10の充電端子4が位置するように設けられている。
【0021】図8は本発明の実施例における丸型マイクロホンを充電する際の充電器の外観斜視図である。図8を用いて、丸型マイクロホン20を充電させる動作について説明する。まず、充電器3に蓋12を装着させ、丸型マイクロホン20または、マイクロホン21を挿入口13に挿入する。挿入口13は、丸型マイクロホン20に沿って予め切り抜かれ、この丸型マイクロホン20をこの挿入口13に挿入する。
【0022】図9は本発明の実施例における丸型マイクロホンを充電する際の充電器の主要断面側面図である。図9において、蓋12が充電器10に装着された状態で、使用者が丸型マイクロホン20をこの蓋12の挿入口13に挿入すると、充電器10に設けられた充電端子4に対する充電手段21の位置が決定されることから、充電端子4と充電手段21とを密着の状態となり、充電を開始する。
【0023】次に、上記実施例の動作について角型マイクロホン23を用いた場合を説明する。図10は、本発明の実施例における角型マイクロホンを充電する際の充電器の外観斜視図である。図10において、蓋12が充電器10に装着した場合で、角型マイクロホン23は、丸型マイクロホン20を挿入した挿入口13ではなく、挿入口14に対して挿入する。挿入口14は、予め角型マイクロホン23に沿って切り抜かれている。
【0024】図11は本発明の実施例における角型マイクロホンを充電する際の充電器の主要断面側面図である。図11において、蓋12が充電器10に装着された状態で、使用者が角型マイクロホン23をこの蓋12の挿入口14に挿入すると、充電器10に設けられた充電端子4に対する充電手段24の位置が決定されることから、充電端子4と充電手段24とを密着の状態となり、充電を開始する。
【0025】次に、上記実施例の動作について、図12、図13を用いてトランシーバ型マイクロホン25を用いた場合を説明する。図12は本発明の実施例におけるトランシーバ型マイクロホンを充電する際の充電器の外観斜視図であり、図13は本発明の実施例におけるトランシーバ型マイクロホンを充電する際の充電器の主要断面側面図である。
【0026】図12において、充電器10から蓋12を取り外した状態で挿入部11に対してトランシーバ型マイクロホン25を挿入する。挿入部11は、充電器10本体にトランシーバ型マイクロホン25の形状に沿って予め切り抜かれている。図13において、蓋12が充電器10から取り外された状態で、使用者がトランシーバ型マイクロホン25を充電器10の挿入部11に挿入すると、充電器10に設けられた充電端子4に対する充電手段26の位置が決定されることから、充電端子4と充電手段26とを密着の状態となり、充電を開始する。
【0027】このように、上記実施例によれば、一つの挿入口で複数のマイクロホンを挿入でき、また、蓋に挿入口を設け充電器の挿入口に被せることで、より多くのマイクロホンを一つの充電器で充電することができるという利点を有する。
【0028】
【発明の効果】本発明は上記実施例より明らかなように、充電器に、内周が第1のマイクロホンの外周に沿って形成された第1の挿入口と、この第1のマイクロホンと異なる外観をもつ第2のマイクロホンの外周に沿って形成され、かつ前記第1の挿入口に交差して配置された第2の挿入口と、この交差の範囲内に設けられ、第1のマイクロホン及び第2のマイクロホンに対する充電手段とを設け、使用者がマイクロホンを充電する場合に、前記第1、第2の挿入口の中からこのマイクロホンの外周に沿った挿入口を選び、このマイクロホンをこの挿入口に通してこのマイクロホンの充電機能がこの挿入口の下に設けられている前記充電手段に密着して充電することを特徴としたものであり、第1のマイクロホンを充電する場合には、第1の挿入口に第1のマイクロホンを差し込み、第2マイクロホンを充電する場合には、第2の挿入口に第2のマイクロホンを差し込むことで、第1、第2のマイクロホンの充電機能と充電器の充電手段とが密着し、充電するため、一つの充電手段に対して、異なる外観を二つのマイクロホンの充電ができるという効果を有する。
【0029】また、本発明は充電器に、第1、第2の挿入口が交差した形状で切り抜かれた蓋部と、内周が第3のマイクロホンの外周に沿って形成された第3の挿入口と、この第3の挿入口上に前記蓋部を被せた場合、第3の挿入口に対する充電手段及び前記第1、第2の挿入口の交差の範囲内とが一致する位置に蓋部を固定する固定手段とを設け、第1、第2のマイクロホンを充電する場合には、蓋部を第3の挿入口上に固定手段によって固定して、それぞれ第1、第2の挿入口に差し込み、第3のマイクロホンを充電する場合には、第3の挿入口上に固定された蓋部を取り外して、この第3の挿入口に差し込むことで、第3のマイクロホンの充電機能と充電器の充電手段とが密着し、充電するため、ひとつの充電手段に対して3種類のマイクロホンの充電ができるという効果を有する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013