米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 宅内光分配システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−193538
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−331682
出願日 平成5年(1993)12月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】武田 元敏
発明者 澤田 和男 / 久保 潔
要約 目的
光伝送システム加入者宅内のバス形態の信号分配において、従来の同軸ケーブルを広帯域特性ならびに低損失特性を有する光ファイバにすべく置き換える。

構成
光ファイバ1を伝送してきた光信号は中間用光分岐器2aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aを伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置6aに入力され、中間用光分岐器2bを通過した光信号は次の中間用光分岐器2cに入力される。中間用光分岐器2cには光入力型端末装置が接続されていないと仮定すると中間用光分岐器の光分岐比率に応じ減衰した光信号が終端用光アダプタに入力される。終端用光アダプタ8に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プクラグ3d付きの光ファイバ4dを伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置6dに入力される。
特許請求の範囲
【請求項1】 光伝送システムの加入者宅内において、少なくとも1つの中間用光分岐器を経由して終端用光アダプタまで光ファイバにより伝送される光信号を、前記中間用光分岐器の光分岐出力部および前記終端用光アダプタの光出力部に光プラグ付き光ファイバを接続することにより取り出し、前記光プラグ付き光ファイバをそれぞれ接続した光信号受信部を有する複数の光入力型端末装置に分配する構成を有することを特徴とする宅内光分配システム。
【請求項2】 前記中間用光分岐器はそれぞれ異なる光分岐比率を有することを特徴とする請求項1記載の宅内光分配システム。
【請求項3】 前記中間用光分岐器はほぼ1:2の光分岐比率を有することを特徴とする請求項1記載の宅内光分配システム。
【請求項4】 前記光入力型端末装置それぞれに制御部と無線信号送信部および無線信号受信部を設け、制御部の制御信号を無線信号送信部からアンテナを介し送信およびその送信された制御信号を他の光入力型端末装置の無線信号受信部で受信し制御部に入力することにより、前記光入力型端末装置間における制御および通信を行うことを特徴とする請求項1記載の宅内光分配システム。
【請求項5】 前記中間用光分岐器に制御信号を分岐させる機能を設け、かつ前記終端用光アダプタに制御信号を通過させる機能を設け、前記中間用光分岐器および前記終端用光アダプタをメタリックケーブルにより直列に接続した上で、光入力型端末装置それぞれに設けた制御部と前記中間用光分岐器または前記光終端用アダプタの間をメタリックケーブルにより1対1で接続することにより、前記光入力型端末装置間におけるバス形態の通信および制御を行うことを特徴とする請求項1記載の宅内光分配システム。
【請求項6】 前記光入力型端末装置の受光電力を検知し、その受光電力に対応する制御信号を前記光入力型端末装置に設けた制御部から光分岐比率を可変できる機能を有する中間用光分岐器に送信することにより、前記中間用光分岐器の光分岐比率を制御することを特徴とする請求項5記載の宅内光分配システム。
【請求項7】 少なくとも1つの前記光入力型端末装置に光信号送信部を設け、前記光信号送信部に接続された光ファイバを光分波・合波部を有する光成端器に接続することにより、光伝送システムの下り光信号および上り光信号の双方向伝送を行うことを特徴とする請求項5記載の宅内光分配システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、将来の光伝送システム,光CATVシステム等の加入者宅内におけるバス形態の光信号分配、すなわち宅内光分配システムに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の光伝送システムにおける加入者宅内の複数の端末装置への信号分配は、図11に示すように、光ファイバ71により伝送されてきた光信号は光成端器72を経由して加入者宅に入力され、光・電気変換器73で光信号から電気信号に変換され分岐器74により分岐された後、同軸ケーブル75により各端末装置76に分配される構成で行われていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、光伝送システム加入者宅内における上記従来の信号分配は、光信号を電気信号に変換した後分岐され各端末装置まで同軸ケーブルにより行われるため、同軸ケーブル長,分岐器およびコネクタ等の周波数特性が大きく伝送特性に影響を与えてしまい広帯域にわたる信号の伝送は困難であるという問題があった。本発明は、このような従来の問題を解決するものであり、光伝送システム加入者宅内のバス形態の信号分配において、従来の同軸ケーブルを広帯域特性ならびに低損失特性を有する光ファイバにすべて置き換えることにより、光入力型端末装置まで前記光ファイバの性質を活かした信号の伝送および分配が行える宅内光分配システムを提供することを目的とするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の宅内光分配システムは、上記目的を達成するために、光伝送システムの加入者宅内において、少なくとも1つの中間用光分岐器を経由して終端用光アダプタまで光ファイバにより伝送される光信号を、前記中間用光分岐器の光分岐出力部および前記終端用光アダプタの光出力部に光プラグ付き光ファイバを接続することにより、前記光プラグ付き光ファイバをそれぞれ接続した複数の光入力型端末装置に分配するようにしたものである。
【0005】
【作用】したがって、本発明によれば、光伝送システムの加入者宅内において、少なくとも1つの中間用光分岐器を経由して終端用光アダプタまで光ファイバにより伝送される光信号を、前記中間用光分岐器の光分岐出力部および前記終端用光アダプタの光出力部に光プラグ付き光ファイバを接続することで、前記光プラグ付き光ファイバをそれぞれ接続した複数の光入力型端末装置に分配することにより、光入力型端末装置まで広帯域特性ならびに低損失特性を有する光ファイバの性質を活かした信号の伝送および分配が行える。
【0006】
【実施例】以下、本発明の第1の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図1に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は中間用光分岐器2aで分岐された光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置6aに入力される。中間用光分岐器2aを通過して光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の中間用光分岐器2bに入力され同様に分岐された光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置6bに入力される。中間用光分岐器2bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の中間用光分岐器2cに入力される。中間用光分岐器2cに光入力型端末装置が接続されていないと仮定すると、中間用光分岐器2cの光分岐比率に応じ減衰した光信号が光ファイバ7cの中を伝送した終端用光アダプタ8に入力される。終端用光アダプタ8に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置6dに入力される。ただし、中間用光分岐器2cの光分岐出力部の開放はほとんど他に影響を及ぼさないと考えられる。また、接続する光入力型端末装置の台数は中間用光分岐器と光アダプタの総数以下であれば何台接続してもよく、どの中間用光分岐器または光アダプタと接続しても構わない。
【0007】次に上記第1の実施例の光伝送システムの加入者宅における配線例について図面を参照して説明する。図2に示すように、光伝送システムの加入者宅に分配された光信号は光伝送システム加入者宅近傍に配置された光成端器10に入力され各部屋ごとに適当に設置した中間用光分岐器2a〜2cを経由して光アダプタ8まで光ファイバにより伝送される。図2は、第3の部屋を除く第1の部屋,第2の部屋,第4の部屋に光入力型端末装置を設置した場合の例である。また、光伝送システム加入者宅内において、中間用光分岐器2bを壁面に埋め込み光分岐出力部をコンセントのような形態で設置した一例を図3に示す。なお、光アダプタに関しても同様に設置することができる。
【0008】このように、上記第1の実施例によれば、広帯域特性および低損失特性を有する光ファイバの性質を活かした信号の伝送および分配を行うことができ、しかも光伝送システム加入者宅内において光入力型端末装置の設置箇所および台数の選択自由度が増すという効果を有する。
【0009】以下に本発明の第2の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図4に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は1:3の光分岐比率を有する中間用光分岐器12aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置6aに入力される。中間用光分岐器12aを通過した光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の1:2の光分岐比率を有する中間用光分岐器12bに入力され同様に分岐され、光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置6bに入力される。中間用光分岐器12bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の1:1の光分岐比率を有する中間用光分岐器12cに入力され同様に分岐され光プラグ3c付きの光ファイバ4cの中を伝送して光信号受信部5cを有する光入力型端末装置6cに入力される。中間用光分岐器12cを通過した光信号は光ファイバ7cの中を伝送し終端用光アダプタ8に入力される。終端用光アダプタ8に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置6dに入力される。
【0010】このように、上記第2の実施例によれば、各中間用光分岐器の光分岐比率をそれぞれ異なった値に設定することで、各光入力型端末装置に入力される光信号電力を同じにすることができるという効果を有する。また、各中間用光分岐器の光分岐比率を変えることにより各光入力型端末装置に入力される光信号電力を自由に設定できるという効果も有する。
【0011】以下に、本発明の第3の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図5に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は1:Xの光分岐比率を有する中間用光分岐器22aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置6aに入力される。中間用光分岐器22aを通過した光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の1:Xの光分岐比率を有する中間用光分岐器22bに入力され同様に分岐され光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置6bに入力される。中間用光分岐器22bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の1:Xの光分岐比率を有する中間用光分岐器22cに入力され同様に分岐され光プラグ3c付きの光ファイバ4cの中を伝送して光信号受信部5cを有する光入力型端末装置6cに入力される。中間用光分岐器22cを通過した光信号は光ファイバ7cの中を伝送し終端用光アダプタ8に入力される。終端用光アダプタ8に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置6dに入力される。ただし、各中間用光分岐器の上記光分岐比率に用いたXは同じ値である。ここで、将来、一光加入者当たり設置される光入力型端末装置の数を4台と想定し、光分岐比率Xをパラメータにして、4つの各光入力型端末装置に分配される光信号電力の差(最大値)を理論計算した結果を図10を示す。この結果より、光分岐比率X=2の近傍で各光入力型端末装置に分配される光信号電力の差は最小となることがわかる。
【0012】このように、上記第3の実施例によれば、各中間用光分岐器の光分岐比率をほぼ1:2に設定し各光入力型端末装置に分配される光信号電力の差を小さくすることで各光入力型端末装置を安定に動作させることができるという効果を有する。また、中間用光分岐器の仕様をすべて同じにすることができるため光加入者が負担するコストを削減できるという効果も有する。
【0013】以下に本発明の第4の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図6に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は中間用光分岐器32aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置36aに入力される。中間用光分岐器32aを通過した光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の中間用光分岐器32bに入力され同様に分岐され光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置36bに入力される。中間用光分岐器32bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の中間用光分岐器32cに入力され同様に分岐され光プラグ3c付きの光ファイバ4cの中を伝送して光信号受信部5cを有する光入力型端末装置36cに入力される。中間用光分岐器32cを通過した光信号は光ファイバ7cの中を伝送し終端用光アダプタ8に入力される。終端用光アダプタ8に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置36dに入力される。
【0014】次に、光入力型端末装置間における制御および通信について説明する。複数の光入力型端末装置にはそれぞれ制御部と無線信号送信部および無線信号受信部が備わっていて、例えば、図6において、光入力型端末装置36aと光入力型端末装置36c間の制御および通信を仮定すると、光入力型端末装置36aの情報は制御部37aで制御され無線信号送信部38aを介しアンテナ40aより空間に送出される。送出された無線信号は光入力型端末装置36cのアンテナ40cに至り無線信号受信部39cで受信され制御部37cで有効な情報に変換される。なお、同様に各光入力型端末装置間で双方向の空間伝送を行うことができる。このように上記第4の実施例によれば、各光入力型端末装置間でお互いに情報を交換することができ、1つの光入力型端末装置から他の光入力型端末装置の動作状態等を確認または制御することができるという効果を有する。
【0015】以下に本発明の第5の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図7に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は中間用光分岐器42aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置46aに入力される。中間用光分岐器42aを通過した光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の中間用光分岐器42bに入力され同様に分岐され光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置46bに入力される。中間用光分岐器42bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の中間用光分岐器42cに入力され同様に分岐され光プラグ3c付きの光ファイバ4cの中を伝送して光信号受信部5cを有する光入力型端末装置46cに入力される。中間用光分岐器42cを通過した光信号は光ファイバ7cの中を伝送し終端用光アダプタ43に入力される。終端用光アダプタ43に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置46dに入力される。
【0016】次に、光入力型端末装置間における制御および通信について説明する。複数の光入力型端末装置にはそれぞれ制御部が備わっていて、例えば、図7において、光入力型端末装置46aと光入力型端末装置46c間の制御および通信を仮定すると、光入力型端末装置46aの情報は制御部47aで制御されメタリックケーブル50aの中を伝送し、中間用光分岐器42a内の制御信号線路に至る。その後、順にメタリックケーブル44a、中間用光分岐器42b内の制御信号線路、メタリックケーブル44bの中を伝送する。中間用光分岐器42c内の制御信号線路に至った制御信号は分岐され、メタリックケーブル50cの中を伝送し、光入力型端末装置46cの制御部47cで有効な情報に変換される。なお、同様に各光入力型端末装置間でバス形態の双方向制御および通信を行うことができる。このように、上記第5の実施例によれば、各光入力型端末装置間でお互いに情報を交換することができ、1つの光入力型端末装置から他の光入力型端末装置の動作状態等を確認または制御することができるという効果を有する。
【0017】以下に本発明の第6の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図8に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は中間用光分岐器52aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置46aに入力される。中間用光分岐器52aを通過した光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の中間用光分岐器52bに入力され同様に分岐され光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置46bに入力される。中間用光分岐器52bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の中間用光分岐器52cに入力され同様に分岐され光プラグ3c付きの光ファイバ4cの中を伝送して光信号受信部5cを有する光入力型端末装置46cに入力される。中間用光分岐器52cを通過した光信号は光ファイバ7cの中を伝送し終端用光アダプタ43に入力される。終端用光アダプタ43に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置46dに入力される。なお、光入力型端末装置間における制御および通信については、第5の実施例で説明を行ったものと同様であるためここでは省略する。
【0018】次に、中間用光分岐器の光分岐比率の制御について説明する。光入力型端末装置46aの光信号受信部5aに入力された光信号電力を検知し、光入力型端末装置46aを正常に動作させるために必要な光信号電力が得られるように制御部57aから制御信号をメタリックケーブル50aを介して伝送し、制御信号により光分岐比率を可変できる機能を有する光分岐比率制御部55aにより中間用光分岐器52aを制御する。このように、上記第6の実施例によれば、各光入力型端末装置間でお互いに情報を交換することができ、1つの光入力型端末装置から他の光入力型端末装置の動作状態等を確認または制御することができるという効果を有する。さらに、各中間用光分岐器の光分岐比率を制御できることから各光入力型端末装置に効率よく光信号を分配できるという効果も有する。
【0019】本発明の第7の実施例の宅内光分配システムについて図面を参照して説明する。図9に示すように、光ファイバ1の中を伝送してきた光信号は光分波・合波部69を有する光成端器70を経由し中間用光分岐器42aで分岐され光プラグ3a付きの光ファイバ4aの中を伝送して光信号受信部5aを有する光入力型端末装置56に入力される。中間用光分岐器42aを通過した光信号は光ファイバ7aの中を伝送し、次の中間用光分岐器42bに入力され同様に分岐され光プラグ3b付きの光ファイバ4bの中を伝送して光信号受信部5bを有する光入力型端末装置46bに入力される。中間用光分岐器42bを通過した光信号は光ファイバ7bの中を伝送し、次の中間用光分岐器42cに入力され同様に分岐され光プラグ3c付きの光ファイバ4cの中を伝送して光信号受信部5cを有する光入力型端末装置46cに入力される。中間用光分岐器42cを通過した光信号は光ファイバ7cの中を伝送し終端用光アダプタ43に入力される。終端用光アダプタ43に入力された光信号はほとんど減衰することなく光プラグ3d付きの光ファイバ4dの中を伝送して光信号受信部5dを有する光入力型端末装置46dに入力される。光入力型端末装置間における制御および通信については、第6の実施例で説明を行ったと同様のためここでは省略する。
【0020】次に、光伝送システムの双方向光伝送について説明する。各光入力型端末装置の情報は光入力型端末装置56に備えられた制御部67で制御され光信号送信部66に入力される。光信号に変換された制御信号は光伝送システムの上り光信号として光ファイバ68の中を伝送し、光分波・合波器69を有する光成端器70で下り信号に合波される。このように、上記第7の実施例によれば、各光入力型端末装置間でお互いに情報を交換することができ、1つの光入力型端末装置から他の光入力型端末装置の動作状態等を確認または制御することができるという効果を有する。さらに、各加入者宅内の光入力型端末装置それぞれの情報を光伝送システムの上り光信号として下り光信号に合波することにより、各光伝送システム加入者宅の情報を収集できるという効果も有する。
【0021】
【発明の効果】本発明は、上記各実施例より明かなように、光伝送システムの加入者宅内において、少なくとも1つの中間用光分岐器を経由して終端用光アダプタまで光ファイバにより伝送される光信号を、前記中間用光分岐器の光分岐出力部および前記終端用光アダプタの光出力部に光プラグ付き光ファイバを接続することにより、前記光プラグ付き光ファイバをそれぞれ接続した複数の光入力型端末装置を分配する構成であるので、光入力型端末装置まで広帯域特性ならびに低損失特性を有する光ファイバの性質を活かした信号の伝送および分配を行うことができ、しかも加入者宅内における光入力型端末装置の設置箇所および台数の選択自由度が増すという効果を有する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013