米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 磁気記憶装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−192450
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−336361
出願日 平成5年(1993)12月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 塩津 正士 / 戸田 明夫
要約 目的
各種OA機器に利用される磁気記憶装置に関するものであり、特に薄型化を目的とするものである。

構成
フレキシブル回路板よりなるセンサー回路基板2aの端子部2bをシャーシに設けたホルダー8によって固定するとともにこのホルダー位置においてコントロール回路基板6に実装したコネクター9と電気的に接続するようにしてセンサー回路基板に従来設けられていたコネクターを省略し、薄型化を図ったものである。
特許請求の範囲
【請求項1】 少なくとも組立てのベースとなるシャーシと、記憶再生する磁気ディスクを回転させるスピンドルモータと、上記スピンドルモータを制御するための回転数センサーなどを実装したフレキシブル回路板よりなるセンサー回路基板と、上記磁気ディスクに記憶再生する磁気ヘッドと、上記磁気ヘッドを上記磁気ディスクの径方向に移動させるためのモータと、それらをコントロールするコントロール回路基板とを備え、上記センサー回路基板の端子部と接続される前記コントロール回路基板に装着されたコネクターと、上記センサー回路基板の端子部を固定する上記シャーシに設けられたホルダーとで構成される磁気記憶装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は各種OA機器に利用される磁気記憶装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の磁気記憶装置について図3により説明する。図3は従来の磁気記憶装置の分解斜視図を示すものである。同図によると、1はシャーシ、2はシャーシ1に取り付けられた回転数を検出するためのセンサーなど(図示せず)を装着したセンサー回路基板であり、3はスピンドルモータ、4はスピンドルプーリ、5はスピンドルモータ3の駆動力をスピンドルプーリ4に伝達するためのベルトであり、6は制御部からなるコントロール回路基板であり、7aはセンサー回路基板2とコントロール回路基板6とを電気的に接続するためにセンサー回路基板2に実装されたコネクターであり、7bはコネクター7aが挿入されるコントロール回路基板6に実装されたピンコネクターであり、10はコントロール回路基板6をシャーシ1に固定するビスである。
【0003】この構成により、スピンドルプーリ4の回転数の情報をセンサー回路基板2からコネクター7a,7bを介してコントロール回路基板6へと伝達している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の磁気記憶装置の構成では、センサー回路基板とコントロール回路基板との電気的接続に一対のピンコネクターを用いているが、セットの低価格化、薄型化に伴い、磁気記憶装置としても薄型化の障害となっていた。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明は、センサー回路基板をフレキシブル回路基板とし、シャーシ外壁にて固定し、コントロール回路基板に実装したコネクターに接続するようにしたものである。
【0006】
【作用】上記のようにフレキシブル回路基板によって2枚の回路基板の導通をとることができるので、コネクターを不要とし、コスト削減と磁気記憶装置の薄型化を図ったものである。
【0007】
【実施例】本発明の一実施例について、図1,図2により説明する。なお、従来技術と同一部分は同一番号を付して説明すると、1はシャーシ、2はフレキシブル回路板よりなるセンサー回路基板、3はスピンドルモータ、4はスピンドルプーリ、5はベルト、6はコントロール回路基板である。また8はセンサー回路基板2aの端子部2bをシャーシ1に固定するためのホルダーであり、9はコントロール回路基板6に実装したセンサー回路基板2aの端子部2bと接続されるコネクターであり、10はコントロール回路基板6をシャーシ1に固定するためのビスである。即ち、センサー回路基板2aの端子部2bをシャーシ1の壁に沿って90°持ち上げてホルダー8に固定し、コントロール回路基板6のコネクター9に接続して、センサー回路基板2aとコントロール回路基板6を電気的に接続するものである。
【0008】
【発明の効果】以上のように本発明は、磁気記憶装置の2枚の回路基板間を一方の基板フレキシブル回路板とし、他方の基板のコネクターに直接接続することで、装置の薄型化を実現した。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013