米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 プリント配線板及びこれを用いた磁気ディスク装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−192435
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−335831
出願日 平成5年(1993)12月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 乙部 敏郎 / 戸田 明夫 / 松村 敏明 / 山口 剛 / 柳 正博
要約 目的
磁気ディスク装置等に用いられるプリント配線板およびこれを用いた磁気ディスク装置に関するものであり、位置固定される部分と位置調整がされるトラック0センサ部を制御回路部に連結し、信頼性の向上を目的とするものである。

構成
ライトプロテクトセンサ1及び回転数検出センサ2はネジによって位置決め固定される。トラック0センサ3は、位置調整がされるようにプリント配線板10aに蛇行部4が設けられている。この構成によって、ライトプロテクトセンサ1、回転数検出センサ2、トラック0センサ3を一枚のプリント配線板10a上に配置する事ができるため、コネクタ等の部材の削減及び半田付作業等が不要となり製造時間の短縮ができる。さらに、接続部がなく信頼性の向上が図れるものである。
特許請求の範囲
【請求項1】 少なくとも位置固定すべき一方のセンサ部と、位置調整可能な他のセンサ部と、この両センサ部の間を連結する蛇行部と上記他のセンサ部に設けられた位置調整穴より構成されるプリント配線板。
【請求項2】 少なくともライトプロテクトセンサと回転数検出センサを装着した第1のセンサ部と、ヘッドキャリッジの基準位置を検出するトラック0センサを装着した第2のセンサ部と、上記第1,第2のセンサ部間を連結する蛇行部と上記ヘッドキャリッジ装着後、上記蛇行部を伸縮させて上記トラック0センサの位置を決めて固定する上記第2のセンサ部に設けた位置調整穴より構成される請求項1記載のプリント配線板を用いた磁気ディスク装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は位置調整が必要とされるセンサを有した磁気ディスク装置等に用いられるプリント配線板及びこれを用いた磁気ディスク装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、磁気ディスク装置は取扱いが簡単で信頼性が高く価格の安いランダムアクセスメモリーとしてワープロ、パソコン等に広く利用されている。
【0003】以下に従来の磁気ディスク装置について図3,図4により説明する。同図において、17は磁気ディスクであり、磁気ディスクカートリッジ18に収納される。19は磁気ディスク17を回転させる磁気ディスク回転機構であり、モータ21でベルト20を介して磁気ディスク17を駆動する。22は磁気ディスク17の表面に接するように配置された磁気ヘッドであり、ヘッドキャリッジ23に接着されている。24はヘッドキャリッジ23を磁気ディスク17の半径方向に移動させるための磁気ヘッド送り機構である。10は磁気ヘッド22による磁気ディスク17への記録または再生の制御及びモータ21、磁気ヘッド送り機構24の制御を行う制御回路部が構成されたプリント配線板であり、ライトプロテクトセンサ1、磁気ディスク17の回転数検出センサ2がリード線27を介して接続されるとともに、ヘッドキャリッジ23の基準位置であるトラック0を検出するトラック0センサ3もリード線28を介して接続されている。
【0004】以上のように構成された磁気ディスク装置について、以下にプリント配線板10の構造及びトラック0センサ位置の調整方法について説明すると図4において制御回路部を構成したプリント配線板10にセンサ1及び2をフレキシブルなリード線27および28により接続されるが、接続方法としては図示したリード線を半田付けする方法、或いはフレキシブルケーブルとコネクタを用いて接続する方法等がある。図3において、ライトプロテクトセンサ1、回転数検出センサ2はシャーシ11によって位置決めがなされ、ネジ等によってシャーシにまず固定する。次に制御回路部が構成されたプリント配線板10をシャーシに仮固定した後、トラック0センサ3をシャーシ11に精度良く固定する必要から、基準となる磁気ディスクを用いてヘッドキャリッジ23を正規の位置に移動させヘッドキャリッジ23に固定されて一体として移動する遮光板25がトラック0センサ3を遮った状態になるようトラック0センサ3を磁気ディスク17の半径方向に動かし調整し、ネジ等により固定している。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記の従来の構成では、キャリッジの基準位置を検出するトラック0センサ3とライトプロテクトセンサ1及び回転数検出センサ2と制御回路部を複数のリード線27,28等にて接続する必要があり、部材コストがかかった。さらに、接続の方法としてコネクタや半田付け等が用いられるが、製造時間がかかるばかりでなく、半田付け不良により断線やショート等不具合の発生する可能性があり信頼性の向上を妨げていた。
【0006】本発明は上記従来の問題点を解決するもので、ライトプロテクトセンサ、及び回転数検出センサの位置固定される部分と位置調整がなされるトラック0センサ部を制御回路部に連結し、ライトプロテクトセンサ、回転数検出センサ及びトラック0センサと制御回路部を接続する部材を省いたプリント配線板を提供するものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するために本発明のプリント配線板はライトプロテクトセンサ、及び回転数検出センサの位置固定される部分と位置調整がなされるトラック0センサ部を連結する蛇行部と上記ヘッドキャリッジ装着後、上記蛇行部を伸縮させて上記トラック0センサの位置を決めて固定する上記トラック0センサ部に設けた位置調整穴により構成されている。
【0008】
【作用】この構成によって、ライトプロテクトセンサ、回転数検出センサ部、トラック0センサ部、制御回路部を一枚のプリント配線板上に配置する事ができるため、リード線、フレキシブルケーブル、コネクタ等の部材の削減及び半田付作業、リード線の配置作業、コネクタの嵌合作業等が不要となり製造時間の短縮ができる。さらに、半田付け部、あるいはコネクタ等の接続部がなく信頼性の向上が図れるものである。
【0009】
【実施例】以下本発明の一実施例について、従来技術と同一部分は同一番号を付して図1,図2より説明すると、同図において1はライトプロテクトセンサ、2は回転数検出センサであり、ライトプロテクトセンサ1及び、回転数検出センサ2はそれぞれプリントライトプロテクト位置固定ネジ穴5および、回転数検出センサ固定ネジ穴6によってシャーシ11に位置決め固定される。3はトラック0センサであり、シャーシ11に固定するためプリント基板10aに設けられた固定ネジ穴9を中心とした円弧を描くように位置調整がされることになる。ただし、位置調整範囲が小さいためほぼ直線変位となる。4はプリント配線板10aに設けられた蛇行部であり、トラック0センサ3を位置調整する際、プリント配線板10aの歪みを吸収し伸縮する働きを持っている。7及び、8もプリント配線板10aに設けられたトラック0センサ位置調整固定穴であり、位置調整を可能とするために若干大きく作られている。
【0010】以上のように構成されたプリント配線板を用いた磁気ディスク装置について組立手順を説明すると、まず、ライトプロテクトセンサ1、回転数検出センサ2、トラック0センサ3を制御回路部が構成されているプリント配線板10aに配置し半田付け等により接続する。次に上記プリント配線板10aをシャーシ11に配置し、ライトプロテクトセンサ1、及び回転数検出部2をネジ12,13により固定した後、固定ネジ穴9を用いて固定ネジによってプリント配線板10aを仮止めし、さらにプリント配線板10aの蛇行部4を伸縮させトラック0センサ3の位置を調整し、トラック0センサ3の位置を調整し、トラック0センサ位置調整固定ネジ14,15によりそれぞれトラック位置調整固定穴7,8において固定し、固定ネジ16を締めてプリント基板10aの固定を行うものである。
【0011】
【発明の効果】以上のように本発明はプリント配線板にライトプロテクトセンサ、及び回転数検出センサ位置固定される部分と位置調整が必要なトラック0センサ部を連結する蛇行部とヘッドキャリッジ装着後、蛇行部を伸縮させてトラック0センサの位置を決めて固定するトラック0センサ部分に設けた位置調整穴を設けることにより、ライトプロテクトセンサ、回転数検出センサ部、トラック0センサ部、制御回路部を一枚のプリント配線板上に配置する事ができリード線、フレキシブルケーブル、コネクタ等の部材の削減及び半田付作業、リード線の配置作業、コネクタの嵌合作業等が不要となり製造時間の短縮、さらに、半田付け部、或いはコネクタ等の接続部をなくして信頼性の向上が図れるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013