米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 光ディスク記録再生装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−192400
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−333183
出願日 平成5年(1993)12月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】蔵合 正博
発明者 苅 田 吉 博 / 守 屋 充 郎 / 山 口 博 之 / 山 田 真 一 / 山 口 修
要約 目的
光ディスク記録再生装置において、ゾーンCLVフォーマットディスクの複数ゾーンに渡る連続的な記録再生を可能とする。

構成
データクロックをN/M分周する分周器11と、この分周器11の出力信号とディスクから再生されて同期信号抽出回路10で抽出された同期信号とを交互に切り換える切換スイッチ12、13と、各切換スイッチ12、13に接続されて、分周カウンターのリセット機能を有する一対のPLL発振器14、15と、それぞれのPLL発振器14、15の出力を交互に選択してデータクロックとして出力する切換スイッチ16とを備え、互いに連動する各切換スイッチ12、13、16を切り換えることにより、ゾーンCLVフォーマットディスクの複数ゾーンに渡る連続的な記録再生を可能とする。
特許請求の範囲
【請求項1】 記録再生に用いるデータクロックをN/M分周する分周器と、前記分周器の出力信号と光ディスクから再生された同期信号とを交互に切り換えて入力するとともに、分周カウンターのリセット機能を有する一対のPLL発振器と、前記それぞれのPLL発振器の出力を交互に選択してデータクロックとして出力する切り換えスイッチとを備えた光ディスク記録再生装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ゾーンCLVフォーマットされた光ディスクの記録再生を行なう光ディスク記録再生装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、大容量のデータ記録媒体として光ディスクが注目されている。以下、従来の光ディスク記録再生装置について説明する。
【0003】まず、図2は従来使用されているCAVフォーマットのディスクの模式図である。図2において、20は情報記録トラック、21はセクターマークである。情報記録トラック20は、ディスクの内周から外周に向けて螺旋状に形成されており、これに沿ってデータが記録再生される。また、セクター単位の記録再生のために、情報記録トラック20は円周方向にN等分(図2では8等分)されており、その位置を示すためにセクターマーク21が形成されている。
【0004】図3はCAVフォーマットディスクに対して記録容量を大きくするために開発されたゾーンCLVフォーマットディスクの模式図である。図3において、30は情報記録トラック、31はセクターマーク、32は第1ゾーン、33は第2ゾーン、34はゼロセクター、35はゼロセクターマーク、36は第2ゾーンの最初のセクターである。
【0005】ディスクを同心円状に複数のゾーン(図3では2ゾーン)に分け、線記録密度がほぼ一定になるように、外周側のゾーンほどセクター数を多くしてデータ記録容量を増やしている。ゼロセクターマーク35は、全てのゾーンにわたって一列に配置されたセクターマークで、各ゾーンの最初のセクターのセクターマークはこの中に含まれる。ゼロセクター34は、ゼロセクターマーク35に対応したセクターである。記録再生のデータ転送速度を一定にするために、各ゾーンには、内周ゾーンから外周ゾーンに行くに従って小さくなるような1対1に対応したディスク回転速度が定められている。
【0006】図4は従来の光ディスク記録再生装置のブロック図を示すものである。図4において、41は光ディスク、42はディスクモーター、43はモーターFG、44はモーター駆動回路、45は分周器、46は基準クロック発生回路、47は光ヘッド、48はデータ復調回路、49はデータ変調回路、50は同期信号抽出回路、51はPLL回路である。
【0007】以上のように構成された光ディスク記録再生装置について、以下その動作について説明する。まず、基準クロック発生回路46から出力された基準クロックは、分周器45に入力され、光ディスク41の回転速度を指示するディスクモータークロックとして出力される。モーター駆動回路44は、このディスクモータークロックとモーターFG43から出力されるFG信号の比較を行ない、ディスクモータークロックとFG信号の周波数が等しくなるようにディスクモーター42の回転速度を制御し、光ディスク41を角速度一定で回転させる。
【0008】光ヘッド47は、光ディスク41の情報記録トラックをトレースし、信号を再生して、データ復調回路48と同期信号抽出回路50に出力する。同期信号抽出回路50は、光ヘッド47から入力された再生信号から、セクターマークを示す同期信号を抽出してPLL回路51に送る。PLL回路51は、1セクターに含まれる情報ビット数に従って入力された同期信号を逓倍して、記録再生に用いるデータクロックを発生し、データ復調回路48とデータ変調回路49に送る。データ復調回路48は、上記データクロックによって、光ヘッド47からの再生信号を復調し、再生データとして出力する。 データ変調回路49は、上記データクロックによって入力されたデータを変調し、光ヘッド47に送って光ディスク41の情報記録トラック上にデータの記録を行なう。
【0009】上記従来の光ディスク記録再生装置において、ゾーンCLVフォーマットディスクを記録再生する場合には、それぞれのゾーンによって分周器45の分周比を切り換え、ディスクモーター42の回転速度を切り換えて、データ転送速度をほぼ一定に制御しながら記録再生を行なうことになる。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の従来の構成では、ゾーンCLVフォーマットディスクを複数ゾーンにわたって連続的に記録再生を行なおうとしても、あるゾーンから次のゾーンに入った瞬間は、ディスクモーターの回転速度は一瞬に切り変わらないために、再生データの転送速度はステップ状に高くなるが、データクロックを生成しているPLL回路51の発振周波数はその変化に追従できないので、データ転送速度とデータクロック周波数が一致せず、ゾーンが切り変わってしばらくの間記録再生ができないという問題点を有していた。
【0011】本発明は、上記従来の問題点を解決するもので、ゾーンCLVフォーマットディスクにおいて、複数ゾーンに渡って連続的に記録再生ができる光ディスク記録再生装置を提供することを目的とする。
【0012】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明の光ディスク記録再生装置は、データクロックをN/M分周する分周器と、この分周器の出力信号と光ディスクから再生された同期信号とを交互に切り換えて入力するとともに、分周カウンターのリセット機能を有する一対のPLL発振器と、それぞれのPLL発振器の出力を交互に選択してデータクロックとして出力する切換スイッチとを備えたものである。
【0013】
【作用】本発明は、上記した構成により、一方のPLL発振器にディスクから再生された同期信号が入力され、その出力をデータクロックとして記録再生を行なっている間に、他方のPLL発振器は、適切な分周比で、現在使用しているデータクロックを分周した信号を入力されて、次のゾーンで使用されるデータクロックをあらかじめ発振しており、記録再生するゾーンが切り変わると同時にデータクロックを切り換えることにより、次のゾーンの先頭セクターからの記録再生を可能としている。
【0014】
【実施例】以下本発明の一実施例について、図面を参照しながら説明する。図1は本発明の一実施例における光ディスク記録再生装置のブロック図を示すものである。図1において、1は光ディスク、2はディスクモーター、3はモーターFG、4はモーター駆動回路、5は分周器、6は基準クロック発生回路、7は光ヘッド、8はデータ復調回路、9はデータ変調回路、10は同期信号抽出回路であり、これらは図4に示した従来例と同じものである。11は記録再生に用いるデータクロックをN/M分周する分周器、12、13は分周器11の出力信号と同期信号抽出回路10から出力された同期信号とを交互に切り換えるための切換スイッチ、14、15はそれぞれ切換スイッチ12、13に接続された一対のPLL発振器、16はPLL発振器14、15のいずれかの出力を選択するための切換スイッチであり、切換スイッチ12、13と連動している。
【0015】切換スイッチ16の出力はデータクロックとしてデータ復調回路8とデータ変調回路9に入力されると同時に、分周器11に入力されている。切換スイッチ12、13および16は、制御信号により全て同時にa接点からb接点あるいはb接点からa接点に切り換えが行なわれる。
【0016】以上のように構成された本実施例の光ディスク記録再生装置について、以下その動作について説明する。まず、あるゾーンの記録再生を行なっている際には、切換スイッチ12、13および16はa接点側に切換えられているものとする。第1のPLL発振器14には、光ディスク1から再生された同期信号が同期信号抽出回路10から入力され、PLL動作によってデータクロックが生成され、切換スイッチ16を経由して、データ復調回路8およびデータ変調回路9に送られる。これにより、データクロックは、光ディスク1の偏心およびディスクモーター2の回転速度変動に追従して、正確なデータクロックを発生することができる。
【0017】さらに、そのデータクロックは、分周器11に入力され、適切な分周比N/Mによって、現在のディスク回転数における次のゾーンの同期信号周波数に等しい周波数の信号が生成され、その信号は切換スイッチ13を経由して第2のPLL発振器15に入力されて、ゾーンが切り変わった直後に使用されるデータクロックが準備されている。このデータクロックは、ディスクの偏心などに追従している現在使用中のデータクロックから生成されているため、同様に偏心などに追従しており、高い精度が確保できている。
【0018】現在のゾーンの最終セクターの記録再生が終了し、次のゾーンの最初のセクターマークが検出された瞬間に、切換えスイッチ12、13および16がb接点側に切り換えられる。この瞬間から、記録再生に用いられるデータクロックは、新しいゾーンの再生速度に一致した周波数となり、新しいゾーンの最初のセクターから記録再生が可能となる。
【0019】また、同時に、第1および第2のPLL発振器14と15の位相比較器がリセットされ、リセット前までは一致していなかった分周器11の出力信号と同期信号抽出回路10から出力される同期信号の位相が、リセット後は一致するようになり、第2のPLL発振器15はスムーズに新しいゾーンのデータ転送速度に追従してゆく。
【0020】新しいゾーンの記録再生が始まると、ゾーンCLVフォーマットに従って記録再生の線速度を一定にするために、ディスクモーター2の回転速度を制御する分周器5の分周比が変更されて、ディスクモーター2の回転速度はゾーンに対応して定められた回転速度になるように制御される。この時、第2のPLL発振器15は、光ディスク1から再生される同期信号が入力されているので、その周波数変化に追従して、正確なデータクロックを発生し続けることができる。
【0021】また、分周器11には、さらに次のゾーンに対応した分周比が設定され、その出力はb接点側に切り換えられている切換スイッチ12を経由して第1のPLL発振器14に入力され、新たなデータクロックが準備される。
【0022】なお分周器11は、N逓倍のPLL発振器と1/M分周器とによって構成することにより、N/Mの分周を実現できる。また第1および第2のPLL発振器14、15の位相比較器のリセットは、PLL発振器の発振周波数の逓倍率を決定している分周カウンターのリセットによって実現できる。
【0023】以上のように、本実施例によれば、データクロックをN/M分周する分周器11と、この分周器11の出力信号と光ディスク1から再生されて同期信号抽出回路10で抽出された同期信号とを交互に切り換えるための切換スイッチ12、13と、それぞれの切換スイッチ12、13に接続されて、分周カウンターのリセット機能を有する一対のPLL発振器14および15と、それぞれのPLL発振器14、15の出力を交互に選択してデータクロックとしてデータ復調回路8、データ変調回路9および分周器11に出力する切換スイッチ16とを備えているので、各切換スイッチ12、13、16を切り換えることにより、ゾーンCLVフォーマットディスクの複数ゾーンに渡る連続的な記録再生を行なうことができる。
【0024】
【発明の効果】本発明は、上記実施例から明らかなように、データクロックをN/M分周する分周器と、この分周器の出力信号と光ディスクから再生された同期信号と交互に切り換えて入力するとともに、分周カウンターのリセット機能を有する一対のPLL発振器と、それぞれのPLL発振器の出力を交互に選択してデータクロックとして出力する切換スイッチとを備えているので、ゾーンCLVフォーマットディスクの複数ゾーンに渡る連続的な記録再生を行なうことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013