米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 磁気ディスク記憶装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−192381
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−335859
出願日 平成5年(1993)12月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 本房 敏治 / 竹野 昇一 / 戸田 明夫 / 松村 敏明
要約 目的
磁気ディスク記憶装置に関するものであり、特にインデックス信号検出回路におけるインデックス信号の出力タイミングの変動を押さえ信頼性に優れた磁気ディスク記憶装置を提供することを目的とするものである。

構成
ターンテーブル2の磁気記録開始位置にN極もしくはS極の単極部7を設け、更に同一円周上の単極部7を除く部分に単極部7の反対極8を設けることによりバイアス回路を省き電源電圧変動、抵抗値バラツキ、環境変化によるインデックス信号の出力タイミングの変動を押さえ信頼性に優れた磁気ディスク記憶装置を提供するものである。
特許請求の範囲
【請求項1】 少なくとも組立ての基盤となるシャーシと、磁気記憶再生可能な磁気ディスクを一定に回転させるための磁性体で構成されたターンテーブルと、前記ターンテーブルに圧入もしくはインサート成型された軸を支持する軸受け部材と、前記磁気ディスクに磁気記憶再生を行う磁気ヘッドアセンブリと、ターンテーブルの回転に対して前記磁気ヘッドが前記磁気ディスクに磁気記憶再生の開始位置を検出するインデックスセンサーと、前記インデックスセンサーを実装した回路配線基板とを備え、ターンテーブルの磁気記憶再生開始位置にN極またはS極の単極部を設け、更に同一円周上の前記単極部を除く部分に前記単極部の反対極を設けたことを特徴とする磁気ディスク記憶装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は各種OA機器に利用される磁気ディスク記憶装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の磁気ディスク記憶装置について図4のインデックス信号検出部の回路図により説明する。同図によると、5は素子内を通過する磁束を感知して出力電圧を発生するインデックスセンサーであり、電源電圧9、グランド10に接続されて電圧を印加することにより駆動する。11は抵抗であり、電源電圧9によりバイアス電圧を印加する。12はインデックスセンサー5の出力を差動増幅するアンプ回路である。バイアス電圧はインデックスセンサー5の出力端子間不平衡電圧や、アンプ回路12の入力オフセット電圧を補正するための電圧である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来の磁気ディスク記憶装置の構成では電源電圧の変動および抵抗値のバラツキによるバイアス電圧の変動、環境変化によるインデックスセンサー出力電圧の変動により磁気ディスク記憶装置の書き込み、読み出しの基準となるインデックス信号の出力タイミングを変動させ、読み出しエラーを発生させる可能性があり信頼性の向上を妨げていた。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明は、バイアス回路を取り除き、磁性体で構成されたターンテーブルの磁気記憶再生開始位置にN極もしくはS極の単極部を設け、更に同一円周上の前記単極部を除く部分に前記単極部と反対極を設けた構成としたものである。
【0005】
【作用】この構成によって、バイアス電圧回路がなくなり電源電圧変動、抵抗値バラツキ、環境変化によってこの回路が及ぼすインデックス信号の出力タイミングの変動をなくし、これにより読み出しエラーの発生を防止したものである。
【0006】
【実施例】以下本発明の磁気ディスク記憶装置の一実施例を図1〜図3により説明する。図1は本発明の実施例における磁気ディスク記憶装置の断面図を示すものである。同図によると、1はシャーシ、2はターンテーブル、3はターンテーブル2に圧入もしくはインサート成型された軸であり、4は軸を支持する軸受け部材である。5は素子内を通過する磁束を感知して出力電圧を発生するインデックスセンサー、6はインデックスセンサー5を実装した回路配線基板である。7はターンテーブル2の磁気記録開始位置に設けられたN極もしくはS極の単極部であり、8は単極部7と円周上の単極部7を除く部分に設けられた反対極であり、着磁によりターンテーブルに形成されている。この着磁部分がインデックスセンサー5の素子上を通過すると磁束を感知して出力電圧を発生する。
【0007】インデックスセンサー5は電源電圧Vcc9のグランド10間に接続され電圧が印加されることにより駆動する。12はインデックスセンサー5の出力を差動増幅するアンプ回路である。尚、上記の実施例ではインデックスセンサー5と7,8の着磁部分が軸3と同方向に配置されているが、ターンテーブル2の側面に着磁をし、インデックスセンサー5はターンテーブル2の側面に接する位置に配置しても同様の効果を得ることができる。
【0008】
【発明の効果】以上のように本発明は、少なくとも組立ての基盤となるシャーシと、磁気記憶再生可能な磁気ディスクを一定に回転させるための磁性体で構成されたターンテーブルと、前記ターンテーブルに圧入もしくはインサート成型された軸を支持する軸受け部材と、前記磁気ディスクに磁気記憶再生を行う磁気ヘッドアセンブリと、ターンテーブルの回転に対して前記磁気ヘッドが前記磁気ディスクに磁気記憶再生の開始位置を検出するインデックスセンサーと、前記インデックスセンサーを実装した回路配線基板とを備え、ターンテーブルの磁気記憶再生開始位置にN極またはS極の単極部を設け、更に同一円周上の前記単極部を除く部分に前記単極部と反対極を設けることにより電源電圧変動、抵抗値バラツキ、環境変化によるインデックス信号の出力タイミングの変動を押さえ信頼性に優れた磁気ディスク記憶装置を実現できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013