米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 磁気ヘッド支持装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−192240
公開日 平成7年(1995)7月28日
出願番号 特願平5−335727
出願日 平成5年(1993)12月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 川名 次郎
要約 目的
作業性を良好にしながら、尚かつジンバルの共振を防止することのできる磁気ヘッド支持装置を提供することにある。

構成
記録媒体の情報を読み書きする磁気ヘッド1と、該磁気ヘッド1を前記記録媒体の動きに追随して動き得るようにスリット2aを設けたジンバル2と、該ジンバルに接して前記磁気ヘッドの情報信号の伝送を担うFPC10とを有する磁気ヘッド支持装置であって、前記FPC10の端部に設けた横架部11が前記スリット2a上を横架して固定されるようにした。
特許請求の範囲
【請求項1】 記録媒体の情報を読み書きする磁気ヘッドと、該磁気ヘッドを前記記録媒体の動きに追随して動き得るようにスリットを設けたジンバルと、該ジンバルに接して前記磁気ヘッドの情報信号の伝送を担うFPCとを有する磁気ヘッド支持装置であって、前記FPCの端部に設けた横架部が前記スリット上を横架して固定されることを特徴とする磁気ヘッド支持装置。
【請求項2】 前記FPC及び横架部のジンバルに接する面部に両面テープを貼着するようにしたことを特徴とする請求項1記載の磁気ヘッド支持装置。
【請求項3】 前記横架部は前記両面テープのみで形成したことを特徴とする請求項2記載の磁気ヘッド支持装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はパーソナルコンピュータやワードプロセッサ等に使用されるフロッピーディスク装置の磁気ヘッド支持装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、このような磁気ヘッド支持装置としては特開昭59−151362号に開示されるようなものが考えられる。図3は従来の磁気ヘッド支持装置の概略を示す平面図である。図4は同正面図である。
【0003】図3において磁気ヘッド支持装置は、記録媒体に対して情報の読み書きを行う磁気ヘッド1と、スリット2aを設けて記録媒体の面部に追随するようにしたジンバル2と、前記磁気ヘッド1と図示せぬリード・ライト回路間の情報伝送を行うフレキシブルプリント基板(以下、単にFPCと称する)3と、前記ジンバル2に形成したスリット2a上を横架して該ジンバル2の互いに相対的に変位する部分の動きを制動するダンパー部材4とを有している。尚、前記磁気ヘッド1に設けた端子部1aは、ジンバル2を介して前記FPC3に半田付けにて固着されている。
【0004】上記従来の磁気ヘッド支持装置によれば、A方向への記録媒体の回転により磁気ヘッド1に振動が加えられるが、FPC3と別個に設けたダンパー部材4がジンバル2の動きを制限することにより、ジンバル2の共振を防止することができる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の磁気ヘッド支持装置によれば、ジンバル2の共振防止を有効に行うためには、ダンパー部材4の材質を柔らかい材質にし、かつスペース上コンパクトにしなければならず、ダンパー部材4の取付作業は非常に困難であった【0006】しかも、前記ジンバル2のスリット2a上にダンパー部材4を横架して取り付ける場合には、該ダンパー部材4の位置決め作業が非常に困難であり、図5に示すように作業性のバラつきが生じるといった問題点があった。
【0007】また、半田付けした端子部1a付近にダンパー部材4を固着した場合には、図6に示すように応力緩和のために該ダンパー部材4が剥がれてしまったり、また、図7に示すように磁気ヘッド1の端子部1aを逃がすように切欠部2bを形成したジンバル2においては、ダンパー部材4を取り付ける場所が無くなるといった問題点があった。
【0008】本発明は上記問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、作業性を良好にしながら、尚かつジンバルの共振を防止することのできる磁気ヘッド支持装置を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために本発明は、記録媒体の情報を読み書きする磁気ヘッドと、該磁気ヘッドを前記記録媒体の動きに追随して動き得るようにスリットを設けたジンバルと、該ジンバルに接して前記磁気ヘッドの情報信号の伝送を担うFPCとを有する磁気ヘッド支持装置であって、前記FPCの端部に設けた横架部が前記スリット上を横架して固定されることを特徴とする。
【0010】
【作用】かかる構成により、FPCに設けた横架部がジンバルのスリット上を横架して固定されているので、特にダンパー部材等の専用部品を設けることなく、部品個数を削減しながら、磁気ヘッドの振動によるジンバルの共振を防止することができる。
【0011】しかも、前記ジンバルのスリット上に前記横架部を横架する為の位置決め作業は、作業工数を追加することなく前記磁気ヘッドの端子部を該FPCに半田付けする作業と同時に行われ、しかも該横架部を設けたFPC自体は取り扱いやすい大きさなので、著しく作業性を向上させることができる。
【0012】
【実施例】以下、図面に基づいて本発明の磁気ヘッド支持装置について説明する。図1は本発明の磁気ヘッド支持装置の概略を示す平面図である。図2は同正面図である。尚、従来技術と重複するものには、同一の符号を付すと共に、その構成及び動作の説明は省略する。
【0013】図1において本発明の磁気ヘッド支持装置は、端子部1aを有する磁気ヘッド1と、スリット2aを有するジンバル2と、フレキシブルプリント基板(以下、単にFPCと称する)10とを有している。
【0014】前記FPC10の両端部には、その両端を伸ばすことにより横架部11が形成してあり、該FPC10のジンバル2側の面部には図示せぬ両面テープが貼着してあり、前記ジンバル2とFPC10とを接着している。
【0015】前記FPC10はジンバル2を介して磁気ヘッド1の端子部1aを半田付けにて固着し、該ジンバル2を両面テープにて固着してある。また、同時に該FPC10の横架部11の裏面部に貼着した両面テープを介して前記ジンバル2のスリット2a上を横架して、該ジンバル2の互いに相対的に変位する部分の動きを制動する。
【0016】上記実施例によれば、特にダンパー部材等の専用部品を設けることなく、該FPC10に設けた横架部11をジンバル2のスリット2a上に横架するように固定することにより、ジンバル2の動きを制限することができるので、部品個数を削減しながら、磁気ヘッド1の振動によるジンバル2の共振を防止することができる。
【0017】しかも、前記ジンバル2のスリット2a上に前記横架部11を横架する為の位置決め作業は、作業工数を追加することなく前記磁気ヘッド1の端子部1aを該FPC10に半田付けする作業と同時に行われ、しかも該横架部11を設けたFPC10自体は取り扱いやすい大きさなので、著しく作業性を向上させることができる。
【0018】尚、上記実施例においてはFPC10の両端部に二つの横架部11を設けるようにしたが、ジンバル2のスリット2a上を横架するのであれば、その横架部11の位置及び個数はこの限りではない。
【0019】また、上記実施例においてはFPC10自体に横架部11を設けるようにしたが、該FPC10の裏面部に貼着した両面テープのみに横架部11を設けるようにすれば、両面テープのみを改良するだけで済むので、上記効果は言うまでもなく、より一層コストの低減を図ることができる。
【0020】
【発明の効果】上記のように構成された本発明の磁気ヘッド支持装置によれば、特にダンパー部材等の専用部品を設けることなく、該FPCに設けた横架部をジンバルのスリット上に横架するように固定することにより、ジンバルの動きを制限することができるので、部品個数を削減しながら、磁気ヘッドの振動によるジンバルの共振を防止することができる。
【0021】しかも、前記ジンバルのスリット上に前記横架部を横架する為の位置決め作業は、作業工数を追加することなく前記磁気ヘッドの端子部を該FPCに半田付けする作業と同時に行われ、しかも該横架部を設けたFPC自体は取り扱いやすい大きさなので、著しく作業性を向上させることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013