米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 ラジオ受信機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−162322
公開日 平成7年(1995)6月23日
出願番号 特願平5−309021
出願日 平成5年(1993)12月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 中澤 省吾
要約 目的
電波が急になくなった場合の音声出力の急な音切れを防止する。

構成
ミュート回路8に、検波器6の出力を遅延器7でτ2秒遅延させて入力するとともに、中間周波増幅器5の入力を電界強度計9でピーク検波して直流電圧に変換し、それを低域通過フィルタ(LPF)10を通して入力する。ミュート回路8は、電界強度が強くLPF10の出力電圧が高いときには、遅延器7からの入力を減衰させずに出力し、電界強度が弱くLPF10の出力電圧が低いときには、減衰させて出力する。減衰量はLPF10の出力電圧に応じて連続的に変化する。電波が急になくなった場合、検波器6の出力はただちになくなるが、遅延器7の出力はそれからτ2秒後になくなる。電界強度計9の出力も電波がなくなると下がるが、LPF10の出力はその時定数に応じてゆっくりと下がるので、ミュート回路8の減衰量もゆっくりと増加し、急な音切れが起こらない。
特許請求の範囲
【請求項1】 中間周波信号を増幅して出力する中間周波増幅器と、前記中間周波増幅器の入力レベルに応じた直流電圧を出力する電界強度計と、前記中間周波増幅器の出力信号を復調して変調信号を出力する復調器と、前記復調器の出力信号を出力信号周波数に関係なく一定時間遅延して出力する遅延器と、前記電界強度計の電圧出力に時定数をもたせて出力する低域通過フィルタと、前記遅延器の出力を前記低域通過フィルタの電圧出力レベルに応じて減衰量を変えて出力するミュート回路とを備えたラジオ受信機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はラジオ受信機に関し、特に自動車等の移動体における電界強度の急激な低下に対して、急激な音切れを起こさないようにしたラジオ受信機に関する。
【0002】
【従来の技術】図4は従来のラジオ受信機の構成を示す。同図において、1はアンテナ、2はRF増幅器、3は混合器、4は局部発振器、5は中間周波増幅器、6は検波器、8はミュート回路、9は電界強度計である。
【0003】このラジオ受信機において、アンテナ1に受信されたRF信号はRF増幅器2で増幅され、混合器3で局部発振器4の出力信号と混合されて中間周波信号(IF信号)に周波数変換され、中間周波増幅器5で増幅された後、検波器6で検波され、ミュート回路8に入力される。
【0004】また、電界強度計9は中間周波増幅器5の入力をピーク検波して、直流電圧に変換して出力し、出力された直流電圧はミュート回路8に入力される。
【0005】ミュート回路8は、電界強度計9の出力電圧が高い場合には、検波器6からの入力信号をそのまま出力し、電界強度計9の出力電圧が低い場合には、検波器6からの入力信号を減衰させて出力する。その減衰量は、電界強度計9の出力電圧に応じて連続的に変化する。
【0006】よって電界強度がきわめて弱く、検波器6の出力信号がほぼノイズだけの場合には、電界強度計9の出力電圧が低くなり、ミュート回路8の減衰量が多くなるので、出力ノイズが減って、耳ざわりな弱入力ノイズが削減される。
【0007】しかしながら、このラジオ受信機では、急に電波がなくなった場合に、音声出力の急な音切れが起こる。
【0008】以下、急に電波がなくなった場合の上記従来のラジオ受信機の動作について説明する。
【0009】図5は図4に示す従来のラジオ受信機において急に電波がなくなった場合の各ブロックにおける入出力特性のタイムチャートであり、図5(a)は電界強度、図5(b)は電界強度計9の出力、図5(c)は検波器6の出力、図5(d)はミュート回路8の出力である。
【0010】ある時刻t1において、電界強度が図5(a)に示すように急に弱くなった場合、検波器6の出力は図5(c)のように時刻t1において音声信号が途絶えて、以後ノイズのみが出力される。また電界強度計9の出力は図5(b)に示すように、電界強度に合わせて時刻t1で低下するため、ミュート回路8の減衰量が時刻t1で増加し、検波器6の出力のノイズを減衰させて出力するため、ミュート回路8の出力は図5(d)のようになり、時刻t1において急に音声信号が途絶えてしまうため、聴感上好ましくない。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】以上のような構成のラジオ受信機では、受信電波が急激になくなった場合、突然音声が切れてしまい、聴感上好ましくない。
【0012】本発明は上記の問題に鑑み、電波が急になくなった場合にも徐々に音声信号の出力レベルが下がり、急な音切れのないラジオ受信機を実現することを目的としている。
【0013】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するために、本発明のラジオ受信機は、検波器の出力信号を一定時間遅延させてミュート回路へ出力する遅延器と、電界強度計の電圧出力に時定数を持たせる低域通過フィルタ(以下LPFという)とを備えている。
【0014】
【作用】この構成によって、急激な電界強度の低下によって遅延器の出力が急に途切れる前に、LPFの出力電圧が徐々に下がりミュート回路の減衰量も徐々に上がるため、ミュート回路の出力信号は突然途切れる事なくゆっくりと減衰していき、急な音切れを防ぐことができる。
【0015】
【実施例】以下、本発明の一実施例について、図面を参照しながら説明する。
【0016】図1は本発明の第一の実施例におけるラジオ受信機の構成を示すものである。図1において、1はアンテナ、2はRF増幅器、3は混合器、4は局部発振器、5は中間周波増幅器、6は検波器、7は遅延器、8はミュート回路、9は電界強度計、10はLPF、701はA/D変換器、702はメモリ装置、703はD/A変換器、101は抵抗、102は容量である。
【0017】本実施例のラジオ受信機において、アンテナ1に受信されたRF信号はRF増幅器2で増幅され、混合器3で局部発振器4の出力信号と混合されて中間周波信号(IF信号)に周波数変換され、中間周波増幅器5で増幅された後、検波器6で検波される。
【0018】遅延器7では、検波器6からのアナログ信号をA/D変換器701によりデジタル信号に変換してメモリ装置702に記録して行く。D/A変換器703は、τ2秒前にメモリ装置702に記録されたデジタル信号を読みだしてアナログ信号に変換して出力する。よって検波器6の出力信号は遅延器7によりある一定の遅延時間τ2秒だけ遅れてミュート回路8へ入力される。
【0019】また、電界強度計9は中間周波増幅器5の入力をピーク検波して、直流電圧に変換して出力し、出力された直流電圧はLPF10で時定数を持ってミュート回路8へ出力される。なおLPF10の時定数は抵抗101と容量102で設定される。
【0020】ミュート回路8は、LPF10の出力電圧が高い場合には、遅延器7からの入力信号をそのまま出力し、LPF10の出力電圧が低い場合には、遅延器7からの入力信号を減衰させて出力する。その減衰量は電界強度計9の出力電圧に応じて連続的に変化する。
【0021】次に受信電波が急になくなった場合の本発明の一実施例におけるラジオ受信機の動作について以下に説明する。
【0022】図3は図1に示す本発明の一実施例におけるラジオ受信機において、急に電波がなくなった場合の各ブロックにおける入出力特性のタイムチャートであり、図3(a)は電界強度、図3(b)は電界強度計9の出力とLPF10の出力、図3(c)は検波器6の出力、図3(d)は遅延器7の出力、図3(e)はミュート回路8の出力である。
【0023】ある時刻t1において、電界強度が図3(a)に示すように急に弱くなった場合、検波器出力は図3(c)のように時刻t1において音声信号が途絶えて、以後ノイズのみが出力される。検波器6の出力は遅延器7に入力されて一定時間τ2秒遅延された後出力され、その出力信号は図3(d)に示すようになる。
【0024】また、電界強度計9の出力は図3(b)に示すように、電界強度に合わせて時刻t1で低下するが、LPF10の出力は図3(b)に示すように、時刻t1で電界強度計9の出力電圧が下がっても急には下がらずに、LPF10の時定数により設定される時間τ2秒かけて徐々に下がる。LPF10の出力に合わせてミュート回路8の減衰量は時刻t1から徐々に増加するため、ミュート回路8の出力は図3(e)のようになり、時刻t1から徐々に音声信号が減衰するため、従来のラジオ受信機で起こっていたような急な音切れを防ぐことができる。
【0025】図2は、本発明の第2の実施例におけるラジオ受信機を示すものであり、701はA/D変換器、712はシフトレジスタ、703はD/A変換器であり、シフトレジスタ712のシフト数は入力された信号がτ2秒後に出力されるように設定されている。検波器6からのアナログ信号はA/D変換器701によりデジタル信号に変換されて、シフトレジスタ712に入力される。シフトレジスタ712に入力された信号はτ2秒後に出力され、D/A変換器703でアナログ信号に変換されてミュート回路8へ入力される。よって検波器6の出力信号は遅延器7により一定の遅延時間τ2秒だけ遅れてミュート回路8へ入力される。
【0026】
【発明の効果】本発明は、検波器の出力信号を一定時間遅延させる遅延器と、電界強度計の出力にLPFを設けることにより、電波が急になくなった場合の出力の急な音切れを防止することができる優れたラジオ受信機を実現するものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013