米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 カセット装着装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−121956
公開日 平成7年(1995)5月12日
出願番号 特願平5−262143
出願日 平成5年(1993)10月20日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 辛坊 正澄
要約 目的
記録媒体としてカセットを使用している各種記録再生装置に利用されているスロットイン方式カセット装着装置において、カセット排出時のカセットのつかみ代の最大長さが制限される事を解決し、より大きなつかみ代を設定できるスロットイン方式カセット装着装置を実現する事を目的とする。

構成
カセット排出時は、カセットホルダー1のカセット上面押さえ部2をブラインダーパネル3の下に入り込ませる事により大きなつかみ代Sを確保する。カセット4が取り出された事をカセット排出位置でのカセットの有無を検出部8により検出した後、カセットホルダー1を移動させ、ブラインダーパネル3を閉じ、再びカセット挿入待ちの状態となる。
特許請求の範囲
【請求項1】 カセットを装着するカセットホルダーと、前記カセットホルダーを駆動し前記カセットホルダー内に装着されたカセットを記録再生装置に装着する駆動手段と、前記カセットの装着と排出に連動してカセットの装着・排出口を開閉するブラインダーパネルと、カセット排出位置でカセットの有無を検出する検出手段とを有し、カセット排出時に前記カセット排出位置で前記検出手段によりカセットが取り出された事を検出し、前記カセットホルダーを駆動する事を特徴とするカセット装着装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、VCR等のカセット状の記録再生媒体を使用した記録再生装置へカセットを装着するカセット装着装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、DAT,VCR等のカセットを媒体とした記録再生装置のカセット装着機構として通称スロットインと呼ばれる方式がみられる。
【0003】スロットイン方式カセット装着装置では、筐体の前面に設けられた目かくし板が装備されたカセット挿入口にカセットを挿入する事により記録再生装置にカセットを装着し、カセットの排出時には、カセットを前述のカセット挿入口から取り出すものである。
【0004】このスロットイン方式カセット装着装置の例を図4に示し、以後図4を参照して説明する。
【0005】図4に示されるようにスロットイン方式のカセット装着装置は、カセット4を保持するカセットホルダー1とカセット挿入口を塞ぐ目かくし板であるブラインダーパネル3とカセットホルダー1の動作を規制するためにカセットホルダーに固定されたガイドピン10とガイド溝5とカセットホルダーの駆動部11とから構成されている。
【0006】図4(a)に示されるようにカセット4が挿入されていない状態で、矢印A方向に、カセット4がブラインダーパネル3を押し開けて挿入される。
【0007】カセット4は、図4(b)に示されるようにカセットホルダー1に装着され、カセット4が装着されたカセットホルダー1は、カセット4の押圧力によりカセットホルダーに固定されたガイドピン10と共にガイド溝5に沿って移動する。
【0008】カセットホルダー位置検出部7によりカセット4が装着されたカセットホルダー1の移動を検出し、カセット4が装着されたカセットホルダー1が駆動部11により駆動され、カセットホルダーに固定されたガイドピン10と共にガイド溝5に沿って移動し、図4(c)に示されるようにカセット4が記録再生装置のカセット支持部9に装着される。
【0009】この時、カセット4は駆動部11からカセットホルダー1のカセット上面押さえ部2を介して記録再生装置のカセット支持部9に押しつけられる。
【0010】カセット上面押さえ部2は、カセット4を記録再生装置のカセット支持部9に安定して押しつけるために図中のカセット4のほぼ中央を押圧するように設けなければならない。
【0011】カセットの排出動作では、途中ブラインダーパネル3が開けられ、前述の過程を逆に動作し、図4(b)のカセット排出完了の状態となる。
【0012】図4(b)のカセット排出完了の状態では、ブラインダーパネル3は、カセット4の上面により保持され、装置本体のフロントパネル6からカセット4が突出している部分をつかんで、カセット4を筐体から取り出す事によりブラインダーパネル3が閉じる。
【0013】図4(b)に示すようにカセットのつかみ代Sは、カセットの排出状態で、カセット4が筐体のフロントパネル6から突出している長さとなり、カセット4が取り出される事により図4(a)に示されるようにブラインダーパネル3が閉じなければならない事から、カセットホルダー1のカセット上面押さえ部2とブラインダーパネル3との干渉は許されない。
【0014】
【発明が解決しようとする課題】前述の従来のスロットイン方式カセット装着装置では、排出状態でのカセットのつかみ代Sがカセットホルダー1のカセット上面押さえ部2とブラインダーパネル3との干渉条件からその最大量が定められていた。
【0015】本発明は、排出状態でのカセットのつかみ代Sをカセットホルダー1のカセット上面押さえ部2とブラインダーパネル3との干渉を考慮せずに大きく設定する事を目的としている。
【0016】
【課題を解決するための手段】本発明は、前述の課題を解決するために、カセットを装着するカセットホルダーと、カセットホルダーを駆動しカセットホルダー内に装着されたカセットを記録再生装置に装着する駆動手段と、カセットの装着と排出に連動してカセットの装着・排出口を開閉するブラインダーパネルと、カセット排出位置でカセットの有無を検出する検出手段とを有し、カセット排出時にカセット排出位置で検出手段によりカセットが取り出された事を検出し、カセットホルダーを駆動するものである。
【0017】
【作用】この構成により、カセット排出時に大きなカセットのつかみ代を確保し、カセット装着待ちの状態ではブラインダーパネルを閉じている事を実現できる。
【0018】
【実施例】以下、本発明の一実施例を図1,図2,図3を参照して説明する。
【0019】図中、図4に示す構成要素と同一構成要素には同一番号を付与して、説明を省略する。
【0020】図1(a)に示されるようにカセット4が挿入されていない状態で、矢印B方向に、カセット4がブラインダーパネル3を押し開けて挿入される。
【0021】カセット4は、図1(b)に示されるようにカセットホルダー1に装着され、カセット4が装着されたカセットホルダー1は、カセット4の押し込み力によりカセットホルダーに固定されたガイドピン10とガイド溝5によって規制される方向に移動する。
【0022】カセットホルダー位置検出部7によりカセット4が装着されたカセットホルダー1の移動を検出し、カセット4が装着されたカセットホルダー1が駆動部11により駆動され、カセットホルダー1はカセットホルダーに固定されたガイドピン10と共にガイド溝5に沿って移動し、図1(c)に示すようにカセットホルダー1のカセット上面押さえ部2によってカセット4が記録再生装置のカセット支持部9に押しつけられ、カセット4が記録再生装置に装着される。
【0023】カセットの排出動作では、途中ブラインダーパネル3が開けられ、駆動部11によりカセット4が装着されたカセットホルダー1がカセットホルダーに固定されたガイドピン10と共にガイド溝5に沿って図1(b)の状態になった後、図2に示すカセット排出状態となる。
【0024】図2に示すカセット排出状態では、カセットホルダー1はカセット上面押さえ部2がブラインダーパネル3の下に入り込む位置まで移動し、十分なカセットのつかみ代Sを確保する。
【0025】カセット4が取り出された事を、カセット排出位置でのカセットの有無を検出部8により検出し、図3に示す動作手順に基づいて、駆動部11によりカセットホルダー1を図1(a)に示される位置にカセットホルダーに固定されたガイドピン10と共にガイド溝5に沿って移動させ、ブラインダーパネル3を閉じ、再びカセット挿入待ちの状態となる。
【0026】以上のように、カセット排出時にカセットホルダー1のカセット上面押さえ部2をブラインダーパネル3の下に入り込ませ、カセット4が取り出された事をカセットの排出位置でのカセットの有無を検出部8により検出し、カセットホルダー1をカセット挿入待ちの状態に戻すカセット装着装置では、カセット排出時のカセットつかみ代Sをカセットホルダー1のカセット上面押さえ部2とブラインダーパネル3との干渉を考慮せずに大きく設定する事ができる。
【0027】
【発明の効果】以上の説明から本発明によれば、従来と同一のカセット装着性を保ち、カセット取り出し時のカセットつかみ代を大きくする事により、カセットの取り出し易さを向上できるスロットイン方式カセット装着装置を実現できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013