米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 電子カタログ装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−114594
公開日 平成7年(1995)5月2日
出願番号 特願平5−259651
出願日 平成5年(1993)10月18日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 田中 淳司 / 西▲崎▼ 敦子
要約 目的
従来のカタログ本以上の情報量を、安価で、簡単に早く利用できるようにする。

構成
図形情報、文字情報をフロッピーディスク3に保存する情報格納手段2と、フロッピーディスク3に保存された情報を表示する表示装置6と、表示装置6に対応して、表示を制御する表示制御手段7と、フロッピーディスク3に保存されていない情報をファクシミリ12に送信させるファクシミリ要求手段8と、フロッピーディスク3に保存されていない情報を通信により、フロッピーディスク3に格納する情報更新処理手段15と、フロッピーディスク3に保存された情報を外部記憶装置に出力する情報出力手段16と、各種手段、前記装置2,7,8,15,16を制御するシステム制御装置17とを備えた。
特許請求の範囲
【請求項1】 図形または文字の少なくとも一方の第1の情報を保存する情報格納手段と、前記情報格納手段により前記第1の情報が保存された記憶装置と、前記記憶装置に保存された前記第1の情報を表示する表示装置と、前記表示装置に対応して、表示を制御する表示制御手段と、前記記憶装置に保存されていない第2の情報をファクシミリにより送信させるファクシミリ送信要求手段と、前記記憶装置に保存されていない第3の情報を通信により、前記記憶装置に格納する情報通信格納手段と、前記記憶装置に保存された前記第1または第3の情報を外部記憶装置に出力する情報出力手段と、前記情報格納手段、前記表示制御手段、前記ファクシミリ送信要求手段、前記情報通信格納手段および前記情報出力手段を制御するシステム制御手段とを備えた電子カタログ装置。
【請求項2】 記憶装置がフロッピーディスクである請求項1に記載の電子カタログ装置。
【請求項3】 図形または文字の少なくとも一方の第1の情報を保存する情報格納手段が、複数の異なる図形情報作成装置と、前記図形情報作成装置の異なる形式の図形の情報を1つの情報形式に変換する複数の情報変換手段と、前記情報変換手段により変換された前記図形の情報を圧縮する情報圧縮手段と、前記情報圧縮手段により圧縮された圧縮情報を記憶装置に保存する記憶装置格納手段とを備えた請求項1または請求項2に記載の電子カタログ装置。
【請求項4】 ファクシミリ送信手段が、記憶装置に保存されていない第2の情報をファクシミリにより送信させるファクシミリ要求手段と、前記ファクシミリ要求手段の出力であるファクシミリ要求信号を受けて通信網を通じて、前記第2の情報のファクシミリ送信を要求し、送信させるファクシミリ送受信装置とを備えた請求項1、請求項2または請求項3に記載の電子カタログ装置。
【請求項5】 情報通信格納手段が、記憶装置に保存されていない第3の情報を通信網を通じて、情報更新を要求する情報更新要求手段と、前記情報更新要求手段からの情報更新要求により、前記第3の情報を前記通信網を通じて送信させ、前記記憶装置に保存させる情報更新処理手段とを備えた請求項1、請求項2、請求項3または請求項4に記載の電子カタログ装置。
【請求項6】 表示制御手段が、表示装置を含む使用パーソナルコンピュータの機種を選択するパーソナルコンピュータ機種選択手段と、前記パーソナルコンピュータ機種選択手段により指定された前記パーソナルコンピュータの機種に応じて、第1の情報を表示できるように処理する表示依頼手段と、前記表示依頼手段により処理された前記第1の情報を前記表示装置に表示する表示処理手段とを備えた請求項1、請求項2、請求項3、請求項4または請求項5に記載の電子カタログ装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、膨大な量の製品、特に電子部品の情報の中から所望の最適電子部品の情報を容易に、かつ高速に入手できるようにした電子カタログ装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、電子部品は製品開発技術の高度化、商品サイクルの短縮化、ユーザニーズの多用化に伴い、商品のラインナップが増大の一途をたどっている。従来、電子部品の製品情報は紙によるカタログ本として提供されてきたが、その情報量も増大の一途をたどり、このような膨大な量のカタログ本から各種ニーズを満たす製品情報を捜し出すには、膨大な労力と時間が必要になる。また、そうして得られた製品情報が要望するニーズに対して、最適なものであるかどうかは、カタログ本をいかに詳細に注意深く利用したかに依存する。そこで、注目されてきたのが、電子カタログである。通常、電子カタログには、記録媒体として、記憶装置、CD−ROM、光ディスク等で配布する一方向の提供方式、電話回線等のネットワークを利用し、電子カタログ専用装置にアクセスする通信方式がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、配布方式には情報の更新ができないという問題がある。通信方式には遠隔地との通信によるコスト高と通信スピードが問題であり、また、電子カタログ専用装置として利用できるパーソナルコンピュータの機種を利用者が選択できないという問題点がある。さらに、電子カタログとして表示できる情報量に限界があり、表示できない情報を利用者に伝えられないことや、製品情報を得る場合の検索方式が利用者に馴染みにくいこと、電子カタログとして提供された情報を直接取り込み、利用できないこと等多くの問題がある。さらに、電子カタログとして表示できる情報量を文字情報だけでなく、図形情報(CAD図面等)まで拡張する場合、通常CD−ROMあるいは光ディスク等を用いるが、それら記録媒体から情報を引き出すためには高価な装置が必要になるという問題点がある。
【0004】本発明は、上記課題を解決し、安価で、従来のカタログ本以上の情報量を簡単に早く利用できる電子カタログ装置を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明の電子カタログ装置は、図形または文字の少なくとも一方の第1の情報を保存する情報格納手段と、前記情報格納手段により前記第1の情報が保存された記憶装置と、前記記憶装置に保存された前記第1の情報を表示する表示装置と、前記表示装置に対応して、表示を制御する表示制御手段と、前記記憶装置に保存されていない第2の情報をファクシミリにより送信させるファクシミリ送信要求手段と、前記記憶装置に保存されていない第3の情報を通信により、前記記憶装置に格納する情報通信格納手段と、前記記憶装置に保存された前記第1または第3の情報を外部記憶装置に出力する情報出力手段と、前記情報格納手段、前記表示制御手段、前記ファクシミリ送信要求手段、前記情報通信格納手段および前記情報出力手段を制御するシステム制御手段とを備えている。
【0006】
【作用】本発明の電子カタログ装置の構成によれば、ファクシミリ送信要求手段および情報通信格納手段を備えているため、記憶装置に保存しきれない情報をも入手できるため、利用できる情報量を大幅に増やすことができる。
【0007】
【実施例】図1は本発明の一実施例における電子カタログ装置の構成図である。図1において、1はカタログ本、2はカタログ本1の内容に相当する図形情報および文字情報を電子データに変換し、記憶装置に保存する情報格納手段、3は電子データを保存する記憶装置としてのフロッピーディスク、4はフロッピーディスク3に保存された電子データを読み出すためのフロッピー装置、5はフロッピーディスク3に保存されている情報から必要な情報だけを取り出す検索手段、6は検索手段5で得られた電子データを表示する表示装置、7は表示装置6を制御する表示制御手段、8はフロッピーディスク3に保存されていない情報をファクシミリで送信することを要求するファクシミリ要求手段、9はカタログ本1の図形情報をイメージとして電子データ化するイメージ入力装置、10はイメージ入力装置9により得られた情報を保存しておくイメージ記憶装置、11はファクシミリ要求手段8からの指示で、イメージ記憶装置10にアクセスし、イメージ情報をファクシミリ送信させるファクシミリ送受信装置、12は送信されたイメージ情報を受け取り、出力するファクシミリ、13はフロッピーディスク3に保存されていない最新情報を通信伝送により、更新するよう要求する情報更新要求手段、14はカタログ本1の最新情報を記憶している最新情報記憶手段、15は情報更新要求手段13からの指示で、通信回線を通じて、最新情報記憶手段14にアクセスし、最新情報を取り込む情報更新処理手段、16はフロッピーディスク3に保存された電子データを他の電子装置に対応するデータとして出力する情報出力手段、17はフロッピー装置4、検索手段5、表示制御手段7、ファクシミリ要求手段8、ファクシミリ送受信装置11、情報更新要求手段13、情報更新処理手段15および情報出力手段16を制御するシステム制御装置である。
【0008】以下、本発明の一実施例における電子カタログ装置の動作を説明する。最初に、情報格納手段2により、カタログ本1の内容に相当する図形情報および文字情報を電子データに変換し、記憶装置に保存する。この場合、カタログ本1から直接情報を読み取ってもいいし、コンピュータから文字、図形を入力して、図形情報および文字情報を作成してもよい。
【0009】情報格納手段2について、図2に示す構成図を用い、さらに詳細に説明する。まず、種々のCAD装置20〜22で文字、図形を入力して、形式の異なる図形情報および文字情報を作成する。種々のCAD装置20〜22で作成された図形情報および文字情報は形式が異なるため、1枚のフロッピーディスク3に情報を保存するには形式を統一する必要がある。情報変換手段23〜25はそれぞれCAD装置20〜22で作成された情報をある1つの統一形式情報に変換する。変換された統一形式情報は情報圧縮手段26により、データ圧縮され、その情報量は少なくなる。データ圧縮された統一形式情報はフロッピーディスク格納手段27により、フロッピーディスク3に保存される。
【0010】情報圧縮手段26では、図形、文字の情報を簡単な描画属性と描画情報として圧縮し、CAD装置20〜22の情報量と比較すると、圧縮後の情報量は1/4〜1/1000になる。これは、情報圧縮手段26では、情報をそのまま利用できる段階までの圧縮であり、特定のハードウェアーを用いて解読可能な情報まで加工する必要はないため、CAD装置20〜22の情報が持つ冗長度を削除することにより実現される。これにより、高価で高記録密度を持つCD−ROM,光ディスク等の記録媒体とほぼ同一の情報をフロッピーディスク3に格納することが可能となる。以上のことより、通常の半導体部品の外見図を平均3Kバイトとすると1枚のフロッピーディスクに約340個の図面の情報が格納でき、電子カタログとして充分使用できるものである。
【0011】このようにして保存されたフロッピーディスク3の情報は、フロッピー装置4により読み出され、検索手段5で必要なデータが検索され、システム制御装置17、表示制御手段7で制御されて、所望の表示が表示装置6に得られる。
【0012】表示装置について、さらに詳細を図3を用いて説明する。パーソナルコンピュータ(以下、パソコンと記す)を利用した電子カタログ装置を考えた場合、パソコンを限定して利用者に提供する必要がある。これはパソコンのグラフィック表示方式がパソコンメーカ毎に異なるためにパソコンメーカ毎に対応させた電子カタログ装置を提供しなければならないところによる。しかし、利用者は種々のメーカのパソコンを保有しており、複数メーカのパソコン全てに対応する電子カタログを提供することは現実的でない。そこで、表示制御手段7は、情報データを読み込むパソコンの機種を選択し、システム制御装置17に情報データ種別の指示を出すパソコン機種選択手段30と、システム制御装置17の指示により、フロッピーディスク3の情報をパソコンの機種に応じてデータ変換する表示依頼手段31と、表示依頼手段31からの情報データを指定されたパソコンの機種に応じて表示環境を整える表示処理手段32〜34とから構成され、表示装置6は各種パソコンに対応した表示装置35〜37からなる。ここで、このパソコン機種選択手段30によるパソコンの機種選択は一度行えば、次に変更するまで有効である。この選択を行えば、電子カタログ装置においては、システム制御装置17が表示依頼手段31に対し、表示すべき情報を渡す。表示依頼手段31は表示情報の処理を行い、既に選択されている表示処理手段32〜34に表示を依頼する。表示処理手段32〜34は対応するメーカの表示装置35〜37に情報を表示する。この構造により、複数メーカのパソコンを1つの電子カタログ装置でカバーできる。
【0013】フロッピーディスク3に格納する対象情報をカタログ本全てとした場合、その情報量は膨大なものとなる。それゆえに、電子カタログ装置としては、表示装置6に描画できる情報とそれ以外の情報に分割する必要がある。表示装置6に表示されない、つまりフロッピーディスク3に格納されていない情報は、ファクシミリ要求手段8により紙面で転送されることになる。
【0014】フロッピーディスク3に格納されていないカタログ本1の図形情報等は、イメージ入力装置9により、イメージデータとして電子データ化され、イメージ記憶装置10に保存されている。ファクシミリ要求手段8により、この格納されていない情報のファクシミリ伝送を要求すると、システム制御装置17からファクシミリ送受信装置11を通じて、イメージ記憶装置10にアクセスし、イメージ情報をファクシミリ送信させるよう指示が出され、所望の情報をファクシミリ12に紙面で出力させる。これにより、表示装置6で直接表示される情報とは別に必要な詳細全情報をタイムリーに利用者に提供することができる。
【0015】フロッピーディスク3に格納されている情報も時間の経過とともに古くなり、最新の情報が常に必要になる。情報更新要求手段13はフロッピーディスク3に保存されていない最新情報を通信伝送により取り込み、フロッピーディスク3の情報を最新のものに更新するものである。最新情報は常に最新情報記憶手段14に保存されている。情報更新要求手段13により、データ更新要求が出されると、システム制御装置17から情報更新処理手段15を通じて、最新情報記憶手段14にアクセスし、最新情報を通信網により送信させるよう指示が出され、所望の情報をフロッピーディスク3に電子データとして出力させる。ここで、最新情報記憶装置14から情報更新処理手段15に渡される情報は、更新すべき情報のみであり、追加・削除・変更の情報である。この更新すべき情報とフロッピーディスク3に保存された現状の情報から最新情報を作り出す。これにより、通信網を介して転送される情報を最小限にし、転送時間短縮、通信コストの削減を実現している。
【0016】電子カタログ装置の情報を利用者が取り出して再利用できる機能として、情報出力手段16がある。情報出力手段16は情報格納手段2とは逆の働きをし、フロッピーディスク3に保存されている情報を各種CAD装置に対応するような情報形式に変換して出力するものである。
【0017】
【発明の効果】本発明の電子カタログ装置によれば、図面情報の圧縮技術により、豊富な情報が保存された安価なフロッピーディスクでの利用ができ、フロッピーディスクでの配布方式にもかかわらず、通信網を用い情報更新ができ、さらに、フロッピーディスクに保存しきれない情報をファクシミリの伝送により入手できる。また、提供したフロッピーディスクから情報を取り出し、再利用することにより、転記の必要がなくなる。総合的には、安価で従来のカタログ本以上の情報量を便利な検索機能により簡単に早く利用することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013