米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 ボタン電話装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−95276
公開日 平成7年(1995)4月7日
出願番号 特願平5−237959
出願日 平成5年(1993)9月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 酒井 哲也
要約 目的
短縮記憶域への登録操作を行う場合に、短縮記憶域が使用済みかどうかの確認を不要にしたボタン電話装置を提供する。

構成
外線発信ダイヤルや発信手順を予め登録しておく短縮記憶域1と、短縮記憶域1にデータを登録するとともに空きの短縮記憶域を調べる短縮記憶域登録部2と、短縮記憶域1に登録したデータによる動作を指示する短縮記憶域登録機能動作指示部3と、短縮記憶域1に登録されたデータで動作する短縮発信部4を備える構成にした。
特許請求の範囲
【請求項1】 外線発信ダイヤルや発信手順を予め登録しておく短縮記憶域と、前記短縮記憶域にデータを登録するとともに使用できる空きの短縮記憶域を調べる短縮記憶域登録部と、前記短縮記憶域に登録したデータによる動作を指示する短縮記憶域登録機能動作指示部と、前記短縮記憶域に登録されたデータで動作する短縮発信部とを備えたボタン電話装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は外線発信等に使用するダイヤル番号を短縮記憶域に記憶して利用するボタン電話装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種のボタン電話装置は短縮記憶域に外線発信用のダイヤルや手順を記憶させて外線発信時に簡単な操作で外線発信を行ったり、外線発信ダイヤルの押し間違いを防ぐことが出来るように構成されている。そして予めこの短縮記憶域に使用者が外線発信ダイヤル等を記憶させる手段を有している。
【0003】図2は、従来のボタン電話装置の構成を示している。図2において、11は外線発信ダイヤルや発信手順を予め登録しておく短縮記憶域、12は短縮記憶域11にデータを登録する短縮記憶域登録部、13は短縮記憶域11に登録したデータによる動作を指示する短縮記憶域登録機能動作指示部、14は短縮記憶域1に登録されたデータで動作する短縮発信部、15は短縮記憶域11が登録済みかどうかの確認を指示する短縮記憶域確認指示部、16は短縮記憶域確認部である。
【0004】次に上記従来例の動作について説明する。図2において、使用者が新たに短縮記憶域11を使用する場合、これから登録しようとする短縮記憶域11が既に使用されているかどうかを短縮記憶域確認指示部15を操作して短縮記憶域確認部16に出力させる。短縮記憶域確認部16の出力により空いている短縮記憶域11または破壊できる短縮記憶域11の場所を探す。使用する短縮記憶域11を決定してから短縮記憶域登録部12に使用する短縮記憶域11を指示し、さらに短縮記憶域11に登録するダイヤルや発信手順を登録する。
【0005】このように、上記従来のボタン電話装置は短縮記憶域確認指示部15と短縮記憶域確認部16を用いて使用する短縮記憶域11を探せば、短縮記憶域登録部12を操作することで短縮記憶域11にダイヤルや発信手順を登録できる【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来のボタン電話装置では、新たに短縮記憶域11にダイヤルを登録する場合に、既にその短縮記憶域が使用されているかどうか予め調べておく必要があり、調べずに短縮記憶域を使用したり、調べても短縮記憶域登録部12を操作する時に正しく指示しないと、既に登録してある短縮記憶域11内のデータが破壊される可能性があるという問題があった。
【0007】本発明はこのような従来の問題を解決するものであり、短縮記憶域を新たに使用してデータを登録する場合に、使用済みかどうかの確認を不要にしたボタン電話装置を提供することを目的とするものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するために、外線発信ダイヤルや発信手順を予め登録しておく短縮記憶域と、前記短縮記憶域にデータを登録するとともに使用できる空きの短縮記憶域を調べる短縮記憶域登録部と、前記短縮記憶域に登録したデータによる動作を指示する短縮記憶域登録機能動作指示部と、前記短縮記憶域に登録されたデータで動作する短縮発信部とを備える構成にした。
【0009】
【作用】したがって、本発明によれば、新しいデータを登録するとき、短縮記憶域登録部が空きの短縮記憶域を調べ、この空きの短縮記憶域にデータを登録するから、短縮記憶域を新たに使用する場合に使用しようとする短縮記憶域が使用済みかどうか確認する必要がなく、また未使用であることを確認した短縮記憶域の位置を間違って使用している短縮記憶域を破壊することもないという効果を有する。
【0010】
【実施例】図1は本発明の一実施例の構成を示すものである。
【0011】図1において、1はRAM等からなる記憶部であり、外線発信ダイヤルや発信手順を予め登録しておく短縮記憶域1aを備える。2は短縮記憶域1aにデータを登録するとともに空きの短縮記憶域1aを検索する短縮記憶域登録部、3は短縮記憶域1に登録したデータによる動作を指示する短縮記憶域登録機能動作指示部、4は短縮記憶域1aに登録されたデータで動作する短縮発信部である【0012】次に上記実施例の動作について説明する。上記実施例において、短縮記憶域登録部2により短縮記憶域1に新しいデータを登録する場合は、最初に短縮記憶域1の中から使用できる空きの短縮記憶域1aを調べ、この空きの短縮記憶域1aに対して短縮記憶域登録部2からの登録データを登録する。
【0013】短縮記憶登録部2の操作により登録された短縮記憶域1aのデータは、短縮記憶域登録機能動作指示部3からの指示に従い短縮発信部4を制御して外線発信動作を行う。
【0014】このように、上記実施例によれば短縮記憶域登録部2の操作のみにより外線発信ダイヤル等のデータを短縮記憶域1aに登録することができる。
【0015】
【発明の効果】本発明は上記実施例より明らかなように短縮記憶域に新しい登録を行う場合に登録済みのデータを破壊するという問題を解決することができるほか短縮記憶域登録部の操作自体を簡単にすることができるという効果を有する



 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013