米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 送信装置及び受信装置及び、マイクロ・コード更新システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−87468
公開日 平成7年(1995)3月31日
出願番号 特願平5−230075
出願日 平成5年(1993)9月16日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 石井 友規
要約 目的
マイクロ・コードを、画像データと多重して送信し、受信側に用意されたRAM1jにダウン・ロードすることによって、従来の、マイクロ・コード変更時に於ける受信側でのマイクロ・コードが書かれたROMの交換作業を不必要ならしめ、マイクロ・コードの変更や更新が容易に行えるという優れた特性を持つマイクロ・コード更新システムの実現を目的とする。

構成
送信側から画像データと多重化されて送られてきたマイクロ・コード・データに対し、受信側でその多重を解き、画像データは画像処理プロセッサ1iへ送られ、マイクロ・コード・データはRAM1jへ書き込まれる。画像処理プロセッサ1iは、このRAM1jにダウン・ロードされたマイクロ・コードを読み込んで動作する。
特許請求の範囲
【請求項1】画像データを圧縮符号化するエンコーダと、前記エンコーダより出力された画像データと受信側での画像処理プロセッサ用プログラム(以下、マイクロ・コード)を多重化し、伝送データを出力するマルチプレクサと、前記伝送データを送出する送信機を備えた送信装置。
【請求項2】送信側より伝送されてきた、画像データとマイクロ・コードが多重化された伝送データを受信する受信機と、前記伝送データから画像データとマイクロ・コードの多重化を解くデマルチプレクサと、マイクロ・コードをダウン・ロードする記憶手段と、前記記憶手段上に蓄えられた前記マイクロ・コードをプログラムとして画像伸張処理を行う画像処理プロセッサを備えた受信装置。
【請求項3】送信側は、画像データを圧縮符号化するエンコーダと、前記エンコーダより出力された画像データとマイクロコードを多重化し、伝送データを出力するマルチプレクサと、前記伝送データを送出する送信機を備え、受信側は、送信側より伝送されてきた前記伝送データを受信する受信機と、前記伝送データから画像データとマイクロ・コードの多重化を解くデマルチプレクサと、マイクロ・コードをダウン・ロードする記憶手段と、前記記憶手段上に蓄えられた前記マイクロ・コードをプログラムとして画像伸張処理を行う画像処理プロセッサを備えたマイクロ・コード更新システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は画像信号送受信装置に関するものであり、特に受信側の画像処理プロセッサのマイクロ・コード更新方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、画像信号の圧縮伝送は、通信分野に於いて、重要視されている。
【0003】以下に従来の伝送方法について説明する。図2は従来の画像信号伝送システムの受信側の構成を示すものである。図2の送信側に於いて、2aは画像信号を発生する映像ソース、2bは画像信号を圧縮符号化するエンコーダ、2cは画像データを送信するための送信機である。受信側に於いて、2dは送られてきた画像信号を受信する為のチューナ、2eは画像処理プロセッサ2fを含み、画像データの伸張や、その他の画像処理を行うデコーダ、2gは画像処理プロセッサ2fのマイクロ・コードが書き込まれているROM、2hは処理された画像データを画像として表示する為のモニタである。
【0004】以上のように構成された画像データ伝送システムについて、以下その動作を説明する。まず、映像ソース2aから送られてきた画像データは、エンコーダ2bにより圧縮符号化され、送信機2cにより送信される。受信側に於いて、送られてきた画像データは、チューナ2dで受信され、デコーダ2eへと送られる。ここで、画像処理プロセッサ2fにより、画像データの伸張処理が行われるが、この画像処理プロセッサ2fは、データ・バスにより、結合された、ROM2gからマイクロ・コードを読み込むことによって画像データ処理手順を得て、動作する。こうして、画像データはデコードされ、画像信号となってモニタ2hへ送られ、画像として表示される。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記の従来の構成では、画像処理プロセッサ2fの動作手順に必要なマイクロ・コードが、データ・バスによって結合されたROM2gに書き込まれている為、マイクロ・コードの更新や変更があった場合、受信側で、ROM2gをその都度取り替えなくてはならず、マイクロ・コードのバージョン・アップや手直しが困難であるという問題点を有していた。
【0006】本発明は上記従来の問題点を解決するもので、マイクロ・コードの更新や変更に際しての、受信側でのROMの交換作業の不必要なマイクロ・コード更新システムを提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】この目的を達成する為に、本発明のマイクロコード更新システムは、送信側に、画像データを圧縮符号化するエンコーダと、前記エンコーダより出力された画像データと受信側の画像処理プロセッサ用プログラム(以下、マイクロ・コード)を多重化し、伝送データを出力するマルチプレクサと、前記伝送データを送出する送信機とを備え、受信側に、送信側より伝送されてきた前記伝送データを受信する受信機と、前記伝送データから画像データとマイクロ・コードの多重化を解くデマルチプレクサと、マイクロ・コードをダウン・ロードするRAMと、前記RAM上に蓄えられた前記マイクロ・コードをプログラムとして画像伸張処理を行う画像処理プロセッサとを備えている。
【0008】
【作用】この構成に於いて、マイクロ・コードの更新や変更の必要性が生じた際に、送信側から画像データと共にマイクロ・コードも送出し、これを受信側に搭載されたRAMにダウン・ロードすることによりマイクロ・コードを書き換え、画像処理プロセッサは、RAMに記憶されているマイクロ・コードを読みだすことによって動作するように作用する。
【0009】
【実施例】以下本発明の一実施例について、図面を参照しながら説明する。
【0010】図1の送信側において、1aはマイクロ・コード、1bは画像信号を発生する映像ソース、1cは映像ソースからの画像信号を圧縮符号化する為のエンコーダ、1dは前記画像データと、前記マイクロ・コード・データとを多重化し伝送データを出力するマルチ・プレクサ、1eは多重化された前記伝送データを送出する為の送信機である。受信側に於いて、1fは送信されてきた伝送データを受ける為のチューナ、1gは画像データとマイクロ・コード・データの多重化を解く為のデマルチプレクサ、1hは画像処理プロセッサ1iを含み、画像データの伸張や、その他の画像処理をする為のデコーダ、1jは画像処理プロセッサ1iとデータ・バスにより結合された、マイクロ・コードを記憶しておくためのたとえばRAM等の記憶手段、1kはデコーダで再生された画像信号を表示する為のモニタである。
【0011】以上のように構成されたマイクロ・コード更新システムについて、図1を用いてその動作を説明する。まず、映像ソース1bから送られてきた画像データに対し、エンコーダ1cで圧縮等の画像処理加工を加える。この加工された画像データは、マルチプレクサ1dで、マイクロ・コード1aからのマイクロ・コード・データと多重され、前記マルチプレクサより伝送データとなって、送信機1eで送信される。送信された前記伝送データは、受信側のチューナ1fで受信され、デマルチプレクサ1gで多重を解かれ、画像データとマイクロ・コード・データが再生される。前記マイクロ・コード・データは、RAM1jにダウン・ロードされ、画像データは、デコーダ1hで伸張などの画像処理を受ける。この際、画像処理プロセッサ1iは、RAM、1jから、マイクロ・コードを読み込み、マイクロ・コードに記述された画像処理手順に従って再生された画像信号は、モニタ1kに送られ、画像として表示される。
【0012】尚、本実施例では画像を対象としたが、音声あるいはその他の信号処理に於けるシステムでも用いることができるのは言うまでもない。
【0013】また、本実施例は衛星放送のような無線通信で構成したが、CATV等の有線通信でも良い。
【0014】
【発明の効果】以上のように本発明は、送信側から、マイクロ・コードと画像データを多重化して伝送し、送られた来たマイクロ・コードをRAMにダウン・ロードすることにより、マイクロ・コードの変更や更新を、受信側の部品交換といった煩雑な手続きなしに簡単に行うことができる優れたマイクロ・コード更新システムを実現できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013