米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 同期信号発生装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−87356
公開日 平成7年(1995)3月31日
出願番号 特願平5−225587
出願日 平成5年(1993)9月10日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 加地 仁美 / 細川 拓央 / 奥谷 晃
要約 目的
NTSC映像信号処理装置の同期信号発生装置において、入力映像信号がノーインターレース信号やVTR.LDの特殊再生時にも同期のとれた映像出力を実現したものである。

構成
NTSC映像信号処理装置の同期信号発生装置において、映像信号からクロックと、1水平走査期間毎に出力されるパルスと、その倍の周波数をもつパルスと、1フィールド毎に出力されるパルスを得る手段と、同期信号aを発生する同期信号発生手段22と、簡易同期信号bを発生する同期信号発生手段21と、入力映像信号が標準NTSC信号か否かを判別する手段7と、前記手段7の判別信号により、同期信号発生手段22の同期信号aと簡易同期信号発生手段21の簡易同期信号bとを切り換えるための手段8とで構成される。
特許請求の範囲
【請求項1】 映像信号よりクロックと1水平走査期間毎出力されるパルスと1フィールド毎に出力されるパルスを得る手段と、前記クロックと前記1水平走査期間毎に出力されるパルスから、水平同期パルスと、垂直同期パルスと、等化パルスを発生する各パルス発生手段と、前記水平同期パルスと、垂直同期パルスと、等化パルスから構成される同期信号を発生する第1の同期信号発生手段と、前記水平同期パルスから構成される同期信号を発生する第2の同期信号発生手段と、前記1フィールド毎に出力されるパルスが特定の周期で出力されているのか否かを判別する判別手段と、前記判別手段により1フィールド毎に出力されるパルスが特定の周期で出力されていると判断した時は前記第1の同期信号発生手段により発生する同期信号を、出力されていないと判断した時は前記第2の同期信号発生手段により発生する同期信号を出力する切り換え手段を備えた同期信号発生装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、映像信号処理装置における同期信号発生装置に関する。
【0002】
【従来の技術】以下、図面を参照しながら従来の映像信号処理装置における同期信号発生装置について説明する。図5は従来の同期信号発生装置を示すブロック図である。
【0003】図5において、1は水平同期パルス発生装置、2は垂直同期パルス発生装置、3は等化パルス発生装置、4は切り換え信号発生装置、5は切り換え装置である。
【0004】また、図4は図5に示す同期信号発生装置を用いた映像信号処理装置の構成を示すブロック図である。図4において、9はPLLを含むクロック再生装置、10はA/D変換器、11は信号処理装置、12はD/A変換器、13はエンコーダ、14はバーストフラッグパルス発生装置、15はブランキングパルス発生装置、16は同期信号発生装置である。
【0005】NTSC映像信号が図4の映像信号処理装置に入力されると、9のクロック再生装置により14.3MHzのクロックと、1水平走査期間毎に出力されるパルス(以下、Hパルス)と、その倍の周波数のパルス(以下、H/2パルス)と、1フィールド毎に出力されるパルス(以下、Vパルス)を得る。10のA/D変換器では入力映像信号をアナログからディジタルに変換し、11の信号処理装置でA/D変換器10の出力信号をを信号処理する。そして12のD/A変換器で信号処理装置11の出力信号をアナログに変換する。また、14のバーストフラッグパルス発生装置、15のブランキングパルス発生装置、16の同期信号発生装置では、クロック再生装置9の出力をもとに映像信号をエンコードするために必要なバーストフラッグパルス、ブランキングパルス、同期信号を発生している。
【0006】A/D変換器10、バーストフラッグパルス発生装置14、ブランキングパルス発生装置15、同期信号発生装置16の出力をエンコーダ13に入力して映像信号を出力する。
【0007】次に従来の同期信号発生装置16について図4、図5を用いて説明する。図4のクロック再生装置9で得たクロック及びHパルスを水平同期パルス発生装置1、垂直同期パルス発生装置2、等化パルス発生装置3に入力して、1水平走査期間中にクロックを910カウントし、それぞれ水平同期パルス、垂直同期パルス、等化パルスを発生させるタイミングをデコードする。H/2パルス、Vパルスを切り換え信号発生装置4に入力して、1フィールド期間にH/2パルスを525カウントし、水平同期パルス、垂直同期パルス、等化パルスを切り換えるタイミングをデコードし、切り換え信号を発生する。
【0008】切り換え装置5は、切り換え信号発生装置4の切り換え信号をもとに水平同期パルス、垂直同期パルス、等化パルスを切り換えて、水平同期パルス、垂直同期パルス、等化パルスから構成される同期信号を発生する。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】しかしながらノーインターレースの信号、またはVTR・LD等の特殊再生信号のように1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできない映像信号の場合には、切り換え信号発生装置4において垂直同期パルスと等化パルスを切り換えるタイミングをデコードすることができず、そのため切り換え信号を発生しないため、同期信号を発生することができない。そのため、出力の映像信号が同期乱れを起こしてしまうという問題があった。
【0010】本発明はこのような従来の問題点を解決するものであり、入力の映像信号がノーインターレースの信号、VTR・LD等の特殊再生のような信号の場合にも、常に同期のとれた映像を出力するための同期信号発生装置を提供することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するために、水平同期パルスと、垂直同期パルスと、等化パルスより構成される同期信号を発生するための同期信号発生装置と、水平同期パルスのみで構成される同期信号(以下、簡易同期信号と記す)を発生するための装置(以下、簡易同期信号発生装置と記す)と、入力の映像信号が1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできる映像信号か否かを判別する判別装置と、前記判別装置による判別信号によって、1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできる場合には前記同期信号発生装置による同期信号を出力し、1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできない場合には簡易同期信号発生装置による簡易同期信号を切り換えて出力する切り換え装置を備えたものである。
【0012】
【作用】本発明は上記の構成により、入力映像信号が1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできる映像信号か否かの判別を行い、1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできる場合には水平同期パルスと、垂直同期パルスと、等化パルスとで構成される同期信号を発生し、1フィールド期間にH/2パルスを525カウントできない場合には水平同期パルスのみで構成される簡易同期信号を切り換えて発生することで、映像出力の同期流れを防止する。
【0013】
【実施例】以下、本発明の一実施例である映像信号処理装置における同期信号発生装置を図面を参照しながら説明する。図4、図5と同じ符号の付されたものについては上述した説明と同じであるため、ここでは説明を省略する。
【0014】6は簡易同期信号用デコーダで、ゲート17と簡易同期信号発生装置21を構成する。7は映像信号判別装置、切り換え装置8は映像信号判別装置7より出力される判別信号により、同期信号発生装置22より出力される同期信号aと簡易同期信号発生装置21より出力される簡易同期信号bとを切り換えて出力する。
【0015】以上のような構成ブロックで成る映像信号処理装置における同期信号発生装置について、以下にその動作を説明する。水平同期パルス発生装置1、垂直同期パルス発生装置2、等化パルス発生装置3において、図2に示すような水平同期パルスと、垂直同期パルスと、等化パルスより構成される同期信号を発生する。また簡易同期信号用デコーダ6では、クロック再生装置9の出力のH/2パルスをカウントし、図3に示す簡易同期信号bを発生するように水平同期パルスをマスクするタイミングをデコードする。そしてゲート17において水平同期パルス発生装置1の出力と簡易同期信号用デコーダ6の出力を合成し、簡易同期信号発生装置21より簡易同期信号bを発生する。
【0016】一方、映像信号判別装置7では、図4のクロック再生装置9の出力よりVパルスを基準にしてH/2パルスをカウントし、1フィールド期間に525カウントできれば入力映像信号が標準NTSC信号、1フィールド期間に525カウントできない場合には入力映像信号が非標準NTSC信号であると判別し、判別パルスを出力する。そして映像信号判別装置7の判別パルスより入力映像信号が標準NTSC信号であると判別する場合は同期信号発生装置22より発生する同期信号aを、入力の映像信号が非標準NTSC信号と判別する場合には、簡易同期信号発生装置21より発生する簡易同期信号bを、切り換えて出力する。
【0017】このように本実施例によれば、入力の映像信号が標準NTSC信号である場合であっても、非標準NTSC信号になった場合にも出力映像は同期流れを起こさない。
【0018】
【発明の効果】以上の実施例から明らかなように本発明の映像信号処理装置における同期信号発生装置は、入力映像がノーインターレース信号、VTRの特殊再生等の非標準NTSC信号の場合にも同期のとれた出力映像を提供できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013