米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 携帯無線電話装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−79479
公開日 平成7年(1995)3月20日
出願番号 特願平5−221165
出願日 平成5年(1993)9月6日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】武田 元敏
発明者 田中 雅裕
要約 目的
セルラー/コードレス携帯無線電話装置をセルラーモードで通話中においても、コードレス親機(録音機能あり)との通話可能な範囲内に入れば、セルラーモードでの通話音声をコードレス親機へ録音することを、またはコードレス親機との三者通話を可能とする。

構成
携帯無線電話装置1がセルラーモードで通話中であっても、コードレス親機との通話可能な範囲に入れば、キー入力部10により録音開始、または三者通話を起動することで音声処理部8の音声の経路が切り替わり、コードレス無線部5を介して親機との間でコードレスの通話リンクを行うと同時に、コードレス親機への録音を起動し、セルラーモードでの通話をコードレス親機に録音可能とする、またはセルラー通話とコードレス親機との三者通話を可能とする。
特許請求の範囲
【請求項1】 セルラー通話モードとコードレス通話モードを持った携帯無線電話装置において、アンテナ部を介してセルラー基地局との間で送受信される無線信号の変調と復調を行うセルラー無線部と、他のアンテナ部を介しコードレス親機との間で送受信される無線信号の変調と復調を行うコードレス無線部と、外部信号を取り込むマイク部と、外部へ音声信号を出力するスピーカ部のそれぞれに接続され、コードレス通話モード時は録音機能を有した前記コードレス親機と通話可能であり、かつセルラー通話モード時で通話中、前記コードレス親機と通話可能な範囲に入ると、セルラー通話モードの通話音声を前記コードレス親機へ録音できる音声信号経路を形成する音声処理部とを備え、前記音声処理部はキー入力部からのキー信号に基づき、装置全体を制御する制御部により前記音声信号経路を形成することを特徴とする携帯無線電話装置。
【請求項2】 前記音声信号処理部は、前記セルラー無線部からの受信音声を前記スピーカ部へ出力制御するための第1のスイッチと、前記マイク部からの音声入力を前記セルラー無線部へ出力制御するための第2のスイッチと、前記コードレス無線部からの受信音声を前記スピーカ部へ出力制御するための第3のスイッチと、前記マイク部からの音声入力を前記コードレス無線部へ出力制御するための第4のスイッチと、前記セルラー無線部からの受信音声を前記コードレス無線部へ出力制御するための第5のスイッチとにより、音声信号経路を形成することを特徴とする請求項1記載の携帯無線電話装置。
【請求項3】 セルラー通話モードとコードレス通話モードを持った携帯無線電話装置において、アンテナ部を介してセルラー基地局との間で送受信される無線信号の変調と復調を行うセルラー無線部と、他のアンテナ部を介しコードレス親機との間で送受信される無線信号の変調と復調を行うコードレス無線部と、外部信号を取り込むマイク部と、外部へ音声信号を出力するスピーカ部のそれぞれに接続され、コードレス通話モード時は録音機能を有した前記コードレス親機と通話可能であり、かつセルラー通話モード時で通話中、前記コードレス親機と通話可能な範囲に入ると、セルラー基地局側と本携帯無線電話装置と前記コードレス親機との三者間の音声信号経路を形成する音声処理部とを備え、前記音声処理部はキー入力部からのキー信号に基づき、装置全体を制御する制御部により前記音声信号経路を形成することを特徴とする携帯無線電話装置。
【請求項4】 前記音声処理部は、前記セルラー無線部からの受信音声を前記スピーカ部へ出力制御するための第1のスイッチと、前記マイク部からの音声入力を前記セルラー無線部へ出力制御するための第2のスイッチと、前記コードレス無線部からの受信音声を前記スピーカ部へ出力制御するための第3のスイッチと、前記マイク部からの音声入力を前記コードレス無線部へ出力制御するための第4のスイッチと、前記セルラー無線部からの受信音声を前記コードレス無線部へ出力制御するための第5のスイッチと、前記コードレス無線部からの受信音声を前記セルラー無線部へ出力制御するための第6のスイッチとにより、音声信号経路を形成することを特徴とする請求項3記載の携帯無線電話装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、セルラー通話モードとコードレス通話モードを有する携帯無線電話装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、携帯無線電話装置が急速に使用されるようになっている。また、セルラー通話モードと、宅内で使用するコードレス通話モードの両モードを使用することが可能な携帯無線電話装置がある。
【0003】以下、図面を参照しながら従来のセルラー/コードレス携帯無線電話装置についての使用法を説明する。図6は従来のセルラー/コードレス携帯無線電話装置の使用形態を示すシステム構成図である。図6において、21はセルラー基地局、22はセルラー基地局21のセルラー通話可能範囲、23は宅内の録音機能付きコードレス親機、24はコードレス親機23のコードレス通話可能範囲、25および26はセルラー/コードレス携帯無線電話装置(1),(2)である。
【0004】まず、録音機能付きコードレス親機23は、コードレス通話可能範囲24内の携帯無線電話装置と通話可能であり、図6においてはセルラー/コードレス携帯無線電話装置(2)26と通話可能である。また、セルラー基地局21はセルラー通話可能範囲22内の携帯無線電話装置と通話可能であり、図6においては、セルラー/コードレス携帯無線電話装置(1)25とセルラー/コードレス携帯無線電話装置(2)26の両方と通話可能である。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来のセルラー/コードレス携帯無線電話装置は、セルラーモードで通話中はセルラーモードのみの通話を、コードレスモード通話時はコードレスモードのみの通話しかできない。そのために、宅内のコードレス親機23の通話可能範囲内でセルラーモードでの通話中において、または宅内のコードレス親機23の通話可能範囲外でセルラーモードでの通話中に移動し、コードレス親機の通話可能範囲へ移動した場合においても、セルラーモードで通話している限りは、通話中の通話内容を録音したい場合でも録音できない。
【0006】また、一部の機種においては、セルラーモード通話中の通話をコードレス親機へ録音可能であるが、受信音声の録音しかできず、後で再生した場合でも通話の内容が不明になるという問題が発生している。また、セルラーモード通話時にコードレス通話可能な範囲に入ったとき、コードレス親機側と三者通話を行う要望が起きている。
【0007】本発明は上記課題を解決し、セルラーモードで通話中においても、コードレス親機との通話範囲内に入れば、録音機能付きコードレス親機へ通話内容を録音可能とするとともに、セルラー基地局側と携帯無線電話装置とコードレス親機間での三者通話を可能とすることを目的としている。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するために、セルラー通話モードとコードレス通話モードを持った携帯無線電話装置において、アンテナ部を介してセルラー基地局との間で送受信される無線信号の変調と復調を行うセルラー無線部と、他のアンテナ部を介しコードレス親機との間で送受信される無線信号の変調と復調を行うコードレス無線部と、外部信号を取り込むマイク部と、外部へ音声信号を出力するスピーカ部のそれぞれに接続され、コードレス通話モード時は録音機能を有した前記コードレス親機と通話可能であり、かつセルラー通話モード時で通話中、前記コードレス親機と通話可能な範囲に入ると、セルラー通話モードの通話音声を前記コードレス親機へ録音できる音声信号経路を形成する音声処理部、またはセルラー基地局側と本携帯無線電話装置と前記コードレス親機との三者間の音声信号経路を形成する音声処理部とを備え、前記音声処理部はキー入力部からのキー信号に基づき、装置全体を制御する制御部により前記音声信号経路を形成することを特徴とする。
【0009】
【作用】本発明によれば、セルラーモード通話中であっても、コードレス通話可能範囲に入れば、通話音声をコードレス親機へ録音可能とするとともに、セルラー基地局側と携帯無線電話装置とコードレス親機間の三者通話を可能とすることにより、機能の向上を図るものである。
【0010】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照しながら説明する。
【0011】図1は本発明の一実施例における携帯無線電話装置の構成を示すブロック図である。図1において、1は携帯無線電話装置、2は携帯無線電話装置1がセルラーモード動作時のアンテナ部、3は携帯無線電話装置1がコードレスモード動作時のアンテナ部、4は携帯無線電話装置1がセルラーモード動作時の無線信号の変調と復調を行うセルラー無線部、5は携帯無線電話装置1がコードレスモード動作時の無線信号の変調と復調を行うコードレス無線部、6は外部の音声信号を入力するマイク部、7は外部へ音声信号を出力するスピーカ部、8は音声信号の処理を行う音声処理部、9は通信の制御データを送信・受信するデータ処理部、10は外部よりキー入力を行うキー入力部、11は携帯無線電話装置1全体の制御を行う制御部である。
【0012】また、図2は図1においてセルラーモード通話中に、コードレス親機へ通話内容を録音可能な携帯無線電話装置の音声処理部8における音声信号の経路と経路のオン/オフスイッチの一例を示す構成図である。図3は図1においてセルラーモード通話中に、コードレス親機と三者通話可能な携帯無線電話装置の音声処理部8における音声信号の経路と経路のオン/オフスイッチの一例を示す構成図である。
【0013】以上のように構成されたセルラー/コードレス携帯無線電話装置で、まず本発明に係る携帯無線電話装置がセルラーモードで通話中に、コードレス親機との通話可能な範囲に入った場合の音声通話のコードレス親機への録音動作について、図2および図4の動作フローを参照しながら説明する。携帯無線電話装置1がセルラーモードで動作する場合、音声処理部8内のスイッチSW1とスイッチSW2はオンとなる。データ処理部9と制御部11により、セルラー無線部4を介してデータの送受を行い、セルラー基地局と音声通話が可能となる。ここで、携帯無線電話装置1がコードレス親機との通話可能範囲に入り、コードレス親機への録音要求が発生した場合について説明する。
【0014】セルラーモード通話中(図4の(a),以下、図番は省略)に操作者は、キー入力部10により録音要求を発生する(b)。これを受けて、制御部11はコードレス無線部5を起動(c)するとともに、コードレス親機とのリンクを開始し(d)、その間でデータ処理部9を介して制御データの送受を行い、コードレスモードでの通話も可能とし、かつコードレス親機の録音の起動を要求し(e)、コードレス親機は録音を開始する(f)。それと同時に制御部11は、音声処理部8のスイッチSW4とスイッチSW5をオンとし(g)、セルラーモードの通話音声をコードレス無線部5を介してコードレス親機へ送信し録音を行う。そして、録音終了要求を行い(h)、コードレス親機の録音を終了し(i)、音声処理部8のスイッチSW4,SW5をオフする(j)。
【0015】次に、本発明に係る携帯無線電話装置がセルラーモードで通話中に、コードレス親機との通話可能な範囲に入った場合の、コードレス親機との三者通話動作について、図3に示す図1の音声処理部8のオン/オフスイッチの一例を示す構成図と、図5の動作フローにより説明する。本発明の携帯無線電話装置がセルラーモードで動作する場合、音声処理部8内のスイッチSW1とスイッチSW2はオンとなる。データ処理部9と制御部11によりセルラー無線部4を介してデータの送受を行い、セルラー基地局と音声通話が可能となる。ここで、携帯無線電話装置1がコードレス親機との通話可能範囲に入り、コードレス親機との三者通話要求が発生した場合について説明する。セルラーモード通話中(図の5(a),以下、図番は省略)に操作者は、キー入力部10により録音要求を発生する(b)。これを受けて、制御部11はコードレス無線部5を起動(c)するとともに、コードレス親機とリンクを開始し(d)、その間でデータ処理部9を介して制御データの送受を行い、コードレスモードでの通話も可能とし、かつコードレス親機でのオンフックを促し、コードレス親機側で三者通話を要求し(e)、それが可能となると同時に制御部11は、音声処理部8のスイッチSW3とスイッチSW4とスイッチSW5とスイッチSW6をオンとし(f)、セルラー基地局と携帯無線電話装置とコードレス親機間の三者通話を行う。以後、三者通話終了とともに終了要求(g)、スイッチSW3,4,5,6をオフする(h)。
【0016】また、ここで本実施例では、コードレス親機との三者通話としたが、コードレス親機に接続される他の子機でも構わない。
【0017】
【発明の効果】以上説明したように、本発明のセルラー通話モードとコードレス通話モードを持った携帯無線電話装置は、音声処理部のスイッチを操作して音声信号の経路を構成することにより、セルラーモードでの通話中でも、コードレスモード通話可能な範囲へ入れば、セルラーモード通信の通話音声をコードレスの親機に録音することが可能であるとともに、セルラー基地局側と携帯無線電話装置とコードレス親機間の三者通話が可能となる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013