米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 無線FAX装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−79312
公開日 平成7年(1995)3月20日
出願番号 特願平5−174133
出願日 平成5年(1993)7月14日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 井野 恵
要約 目的
受信電波が弱い場合にはFAX受信を行わないようにして、受信電波が弱いために通信エラーが多発しFAXデータの再送回数が増え、通信時間が必要以上に長くなることを解消出来る無線FAX装置を提供すること。

構成
FAX着信時に受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信ができるレベルであるかどうか、受信電波の電界強度を計測する電界強度計測手段37を設けることにより、FAX着信時に受信電波の電界強度を計測し、受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルである場合だけFAX受信を行うことが出来るようにして、受信電波が弱い場合に通信エラーが多発し通信時間が必要以上に長くなることを防止する。
特許請求の範囲
【請求項1】FAX原稿の読み取りを行う読み取り手段と、この読み取り手段で得られた画像データを相手端末の受信能力に合わせて縮小、拡大変換を行う画像処理手段と、この画像処理手段で変換された画像データを符号データに変換する符号手段と、この符号手段より得られる符号データをアナログ信号に変調する変調手段と、無線電話部との接続を行い、アナログ信号や制御信号を無線電話部に送ったり無線電話部から送られてくるアナログ信号や制御信号を受け取ったりする無線電話部接続手段と、この無線電話部接続手段より得られるアナログ信号を符号データに復調する復調手段と、この復調手段より得られる符号データを画像データに変換する復号手段と、この復号手段より得られる画像データを印刷する印刷手段と、各部の制御を行うFAX部制御手段とを備えたFAX部と、送信音声の入力を行うマイク部と、このマイク部からの音声信号の処理を行う送信音声処理手段と、音声信号やFAX信号を無線電話サービス網を利用して送受信するための無線通信処理手段と、無線電話サービス網の基地局との間で電波の送受信を行うアンテナ部と、このアンテナ部で受信される電波の強さを計測する電界強度計測手段と、受信音声信号の処理を行う受信音声処理手段と、この受信音声処理手段からの音声信号を音声として再生するスピーカ部と、FAX部との接続を行いアナログ信号や制御信号をFAX部に送ったり、FAX部から送られてくるアナログ信号や制御信号を受け取ったりするFAX部接続手段と、各部の制御を行う無線電話部制御手段とを備えた無線電話部とを備え、FAX着信時に電波が弱い場合は前記電界強度計測手段によりこれを検出してFAX受信を行わないようにし、受信電波が弱い場合に発生する通信エラーの多発により通信時間が必要以上に長くなるのを防止するようにしたことを特徴とする無線FAX装置。
【請求項2】前記FAX部がその動作状態等を表示するFAX部表示手段を備え、FAX着信があったが受信電波が弱かったためにFAX受信を行わなかったことをこのFAX部表示手段に表示させるようにしたことを特徴とする請求項1に記載の無線FAX装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、屋外でもFAX原稿の送受信が可能な無線FAX装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、公衆電話網を利用して文字、図形を送受信することが出来るFAX装置の発展には目覚ましいものがあり、また無線電話機と一体となって無線電話回線経由で通信が出来る無線FAX装置も登場してきている。以下、図面を参照しながら従来の無線FAX装置の構成について説明する。
【0003】図5は従来の無線FAX装置の回路構成を示すブロック図である。FAX部Aにおいて、1はデータ原稿の読み取りを行う読み取り手段、2は読み取り手段1で得られた画像データを相手端末の受信能力に合わせて縮小、拡大変換を行う画像処理手段、3は画像処理手段2で変換された画像データを符号データに変換する符号手段、4は符号手段3より得られる符号データをアナログ信号に変調する変調手段、5は無線電話部との接続を行いアナログ信号や制御信号を無線電話部に送ったり、無線電話部から送られてくるアナログ信号や制御信号を受け取ったりする無線電話部接続手段、6は無線電話部接続手段5により得られるアナログ信号を符号データに復調する復調手段、7は復調手段6より得られる符号データを画像データに変換する復号手段、8は復号手段7より得られる画像データを印刷する印刷手段、9はFAX部Aに様々な指示を行うためにボタン及びスイッチ等で構成されるFAX部操作手段、10はFAX部の動作状態等を表示するためにLED及びLCDディスプレイ等で構成されるFAX部表示手段、11はFAX部Aの制御を行うFAX部制御手段である。
【0004】また無線電話部Bにおいて、12は送信音声の入力を行うマイク部、13はマイク部12からの音声信号の処理を行う送信音声処理手段、14は音声信号やFAX信号を無線電話サービス網を利用して送受信するための無線通信処理手段、15は無線電話サービス網の基地局との間で電波の送受信を行うアンテナ部、16は受信音声信号の処理を行う受信音声処理手段、17は受信音声処理手段16からの音声信号を音声として再生するスピーカ部、18はFAX部Aとの接続を行いアナログ信号や制御信号をFAX部Aに送ったり、FAX部Aから送られてくるアナログ信号や制御信号を受け取ったりするFAX部接続手段、19は電話番号の入力や無線電話部にいろいろな指示を行うためにボタン及びスイッチ等で構成される無線電話部操作手段、20は無線電話部の動作状態等を表示するためにLED及びLCDディスプレイ等で構成される無線電話部表示手段、21は無線電話部の制御を行う無線電話部制御手段である。
【0005】以上の様に構成された従来の無線FAX装置について、以下その動作を説明する。
【0006】まずFAX原稿を送信する場合の動作について説明する。オペレータにより読み取り手段1にFAX原稿がセットされると読み取り手段1はFAX部制御手段11にFAX原稿がセットされたことを通知する。FAX部制御手段11からFAX部表示手段10にFAX原稿セットOKの表示指示が出され、FAX部表示手段10はFAX原稿セットOKを表示する。オペレータにより無線電話部操作手段19から送信先電話番号が入力されると、無線通信処理手段14で発呼処理が行われる。無線通信処理手段14は送信相手との接続完了を検出すると、無線電話部制御手段21に接続完了を通知する。無線電話部制御手段21はFAX部接続手段18、無線電話部接続手段5を介してFAX部制御手段11に接続完了を通知する。
【0007】FAX部制御手段11は無線電話部接続手段5、FAX部接続手段18、無線通信処理手段14を介してプリメッセージ処理を行った後、読み取り手段1に読み取り開始を指示する。読み取り手段1はFAX原稿の読み取りを始める。読み取り手段1は画像データを画像処理手段2に送り、画像処理手段2では送信相手の端末の受信能力に合わせて拡大、縮小などの画像サイズの変換を行う。画像サイズ変換後の画像データは符号手段3に送られ、符号手段3で符号データに変換される。符号データは変調手段4に送られ、変調手段4でアナログ信号に変調される。このアナログ信号は無線電話部接続手段5、FAX部接続手段18を介して無線通信処理手段14に送られ、アンテナ部15から電波として送出される。FAX部制御手段11はFAX原稿の読み込みが終了しFAXデータの送出が終わったことを検出すると、送信終了処理を行う。送信終了処理が終わると待機状態に移行する。
【0008】次にFAX原稿を受信する場合の動作について説明する。無線FAX装置のアンテナ部15に無線回線から電波を介して着信があり、FAX着信であった場合、オペレータが無線電話部操作手段19からFAX受信の操作を行うと、無線電話部操作手段19から無線電話部制御手段21にFAX受信要求が出される。無線電話部制御手段21は無線通信処理手段14に着信応答処理を指示する。無線通信処理手段14は応答の処理を行い、無線電話部制御手段21に着信受け付けを通知する。無線電話部制御手段21からFAX部接続手段18、無線電話部接続手段5を介してFAX部制御手段11にFAX着信が通知されると、FAX部制御手段11は無線電話部接続手段5、FAX部接続手段18、無線通信処理手段14を介してプリメッセージ処理を行い、復調手段6、復号手段7、印刷手段8にFAXデータの受信指示を送る。
【0009】無線回線から電波として送られてくるFAXデータはアンテナ部15を介して無線通信処理手段14でアナログ信号として取り出され、FAX部接続手段18、無線電話部接続手段5を介して復調手段6に送られる。送られてきたアナログ信号は復調手段6で符号データに復調され、符号データは復号手段7で画像データに変換される。画像データは印刷手段8で印刷される。FAX部制御手段11はFAXデータの受信終了を検出すると、受信終了処理を行う。受信終了処理が終わると無線FAX装置は待機状態に移行する。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の従来の構成では、FAXデータの受信において受信電波が弱い状態であっても着信に応答出来れば、送信側のFAX装置からFAXデータが送られてくるが、受信電波が弱いために通信エラーが多発しFAXデータの再送回数が増え、通信時間が必要以上に長くなるという課題を有していた。
【0011】本発明は、上記課題を解決するもので、受信電波の強さを電界強度計測手段で計測することが出来、FAX着信時の受信電波の強さが弱い場合、FAX受信を行わないようにすることが可能な無線FAX装置を提供することを目的とする。
【0012】
【課題を解決するための手段】このために本発明は、FAX着信時に受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信ができるレベルであるかどうか、受信電波の電界強度を計測する電界強度計測手段を設けた。
【0013】
【作用】上記構成により、FAX着信時に受信電波の電界強度を電界強度計測手段で計測し、受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルである場合だけ、FAX受信を行うことが出来るようにしたので、受信電波が弱い場合に通信エラーが多発し通信時間が必要以上に長くなることを防ぐことが出来る。
【0014】
【実施例】以下、本発明の実施例について図面を参照しながら説明する。
【0015】図1は本発明の一実施例における無線FAX装置の回路構成を示すブロック図である。FAX部Cにおいて、22はFAX原稿の読み取りを行う読み取り手段、23は読み取り手段22で得られた画像データを相手端末の受信能力に合わせて縮小、拡大変換を行う画像処理手段、24は画像処理手段23で変換された画像データを符号データに変換する符号手段、25は符号手段24より得られる符号データをアナログ信号に変調する変調手段、26は無線電話部との接続を行い、アナログ信号や制御信号を無線電話部に送ったり、無線電話部から送られてくるアナログ信号や制御信号を受け取ったりする無線電話部接続手段、27は無線電話部接続手段26より得られるアナログ信号を符号データに復調する復調手段、28は復調手段27より得られる符号データを画像データに変換する復号手段、29は復号手段28により得られる画像データを印刷する印刷手段、30はFAX部にいろいろな指示を行うためにボタン及びスイッチ等で構成されるFAX部操作手段、31はFAX部Cの動作状態等を表示するためにLED及びLCDディスプレイ等で構成されるFAX部表示手段、32はFAX部Cの制御を行うFAX部制御手段である。
【0016】無線電話部Dにおいては、33は送信音声の入力を行うマイク部、34はマイク部33からの音声信号の処理を行う送信音声処理手段、35は音声信号やFAX信号を無線電話サービス網を利用して送受信するための無線通信処理手段、36は無線電話サービス網の基地局との間で電波の送受信を行うアンテナ部、37はアンテナ部36で得られる受信電波の強さを計測する電界強度計測手段、38は受信音声信号の処理を行う受信音声処理手段、39は受信音声処理手段38からの音声信号を音声として再生するスピーカ部、40はFAX部との接続を行いアナログ信号や制御信号をFAX部に送ったり、FAX部から送られてくるアナログ信号や制御信号を受け取ったりするFAX部接続手段、41は電話番号の入力や無線電話部にいろいろな指示を行うためにボタン及びスイッチ等で構成される無線電話部操作手段、42は無線電話部Dの動作状態等を表示するためにLED及びLCDディスプレイ等で構成される無線電話部表示手段、43は無線電話部Dの制御を行う無線電話部制御手段である。
【0017】以上の様に構成された無線FAX装置について、以下その動作を図1及び図2,3,4を用いて説明する。図2はFAXデータの送信動作を示すフローチャートである。まず図2に基づいて、FAX原稿を送信する場合の動作について説明する。オペレータにより読み取り手段22にFAX原稿がセットされると(ステップ1)、読み取り手段22はFAX部制御手段32にFAX原稿がセットされたことを通知する。するとFAX部制御手段32からFAX部表示手段31にFAX原稿セットOKの表示指示が出され、FAX部表示手段31はFAX原稿セットOKを表示する。次にオペレータにより無線電話部操作手段41から送信先電話番号が入力されると(ステップ2)、無線通信処理手段35で発呼処理が行われる(ステップ3)。
【0018】無線通信処理手段35は送信相手との接続完了を検出すると、無線電話部制御手段43に接続完了を通知する。また無線電話部制御手段43はFAX部接続手段40、無線電話部接続手段26を介してFAX部制御手段32に接続完了を通知し、FAX部制御手段32は無線電話部接続手段26、FAX部接続手段40、無線通信処理手段35を介してプリメッセージ処理(ステップ4)を行った後、読み取り手段22に読み取り開始を指示する。読み取り手段22はFAX原稿の読み取りを始める(ステップ5)。
【0019】次に読み取り手段22は画像データを画像処理手段23に送り、画像処理手段23では送信相手の端末の受信能力に合わせて拡大、縮小などの画像サイズの変換を行う(ステップ6)。また画像サイズ変換後の画像データは符号手段24に送られ、符号手段24で符号データに変換される(ステップ7)。次に符号データは変調手段25に送られ、変調手段25でアナログ信号に変調される(ステップ8)。このアナログ信号は無線電話部接続手段26、FAX部接続手段40を介して無線通信処理手段35に送られ、アンテナ部36から電波として送出される(ステップ9)。FAX部制御手段32はFAX原稿の読み込みが終了しFAXデータの送出が終わったことを検出すると、送信終了処理を行い(ステップ10)、送信終了処理が終わると待機状態に移行する(ステップ11)。
【0020】次にFAX原稿を受信する場合の動作について説明する。図3はFAXデータの受信動作を示すフローチャートである。図3において、無線FAX装置の無線電話部に無線回線から電波を介して着信があり、FAX着信であった場合、オペレータが無線電話部操作手段41からFAX受信の操作を行うと(ステップ12)、無線電話部操作手段41から無線電話部制御手段43にFAX受信要求が出される。すると無線電話部制御手段43は電界強度計測手段37に電界強度の計測要求を出し、電界強度計測手段37はアンテナ部36で受信されている電波の強さを計測し(ステップ13)、計測結果を無線電話部制御手段43に通知する。無線電話部制御手段43は電界強度計測手段から通知された計測結果で、受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルであるかどうかを判断する(ステップ14)。
【0021】無線電話部制御手段43は受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルでない場合はFAXデータの受信は行わず、すぐに受信終了処理を行い(ステップ20)、無線FAX装置は待機状態に移行する(ステップ21)。一方受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルである場合は、無線電話部制御手段43は無線通信処理手段35に着信応答処理を指示する。すると無線通信処理手段35は応答の処理を行い(ステップ15)、無線電話部制御手段43に着信受け付けを通知する。無線電話部制御手段43からFAX部接続手段40、無線電話部接続手段26を介してFAX部制御手段32にFAX着信が通知されると、FAX部制御手段32は無線電話部接続手段26、FAX部接続手段40、無線通信処理手段35を介してプリメッセージ処理を行い(ステップ16)、復調手段27、復号手段28、印刷手段29にFAXデータの受信指示を送る。
【0022】無線回線から電波として送られてくるFAXデータはアンテナ部36を介して無線通信処理手段35でアナログ信号として取り出され、FAX部接続手段40、無線電話部接続手段26を介して復調手段27に送られる。送られてきたアナログ信号は復調手段27で符号データに復調され(ステップ17)、符号データは復号手段28で画像データに変換され(ステップ18)、画像データは印刷手段29で印刷される(ステップ19)。FAX部制御手段32はFAXデータの受信終了を検出すると、受信終了処理を行い(ステップ20)、受信終了処理が終わると無線FAX装置は待機状態に移行する(スッテプ21)。
【0023】次に受信電波が弱かったために、FAX部受信を行わなかったことをFAX部表示手段31に表示させるようにした場合の動作について、図4のFAXデータ受信中止動作を示すフローチャートを参照しながら説明する。FAX原稿を送信する場合の動作は前述の実施例と同じである。
【0024】無線FAX装置の無線電話部に無線回線から電波を介して着信があり、FAX着信であった場合、オペレータが無線電話部操作手段41からFAX受信の操作を行うと(ステップ22)、無線電話部操作手段41から無線電話部制御手段43にFAX受信要求が出され、無線電話部制御手段43は電界強度計測手段37に電界強度の計測要求を出す。すると電界強度計測手段37はアンテナ部36で受信されている電波の強さを計測し(ステップ23)、計測結果を無線電話部制御手段43に通知する。無線電話部制御手段43は電界強度計測手段から通知された計測結果で、受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルであるかどうかを判断する(ステップ24)。受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルである場合の動作は前述の実施例と同じである。一方、無線電話部制御手段43は受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルでない場合はFAXデータの受信は行わず、すぐに受信終了処理を行う(ステップ25)。
【0025】無線電話部制御手段43は受信終了処理が終わったら、FAX部接続手段40、無線電話部接続手段26を介してFAX部制御手段32に受信電波が弱いためにFAX受信を中止したことを通知し、FAX部制御手段32はFAX部表示手段31にFAX受信中止理由の表示指示を出す。するとFAX部表示手段31は受信電波が弱かったためにFAX受信を行わなかったことを表示する(ステップ26)。次にオペレータがFAX部表示手段31の表示内容を確認して、FAX部操作手段30で確認操作を行うと(ステップ27)、FAX部操作手段30はFAX部制御手段32に確認操作が行われたことを通知し、FAX部制御手段32はFAX部表示手段31にFAX受信中止理由の表示消去指示を出す。するとFAX部表示手段31はFAX受信中止理由の表示消去を行い、無線FAX装置は待機状態に移行する(ステップ28)。
【0026】
【発明の効果】以上説明したように本発明は、FAX着信時に受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信ができるレベルであるかどうか、受信電波の電界強度を計測する電界強度計測手段を設けることにより、FAX着信時に受信電波の電界強度を計測し、受信電波の強さが通信エラーの発生頻度が少ない状態でFAX受信が出来るレベルである場合だけFAX受信を行うので、受信電波が弱い場合に通信エラーが多発し通信時間が必要以上に長くなることを防止することが出来、またFAXの通信料金を少なくしたり、また携帯型の無線FAX装置では電池の消耗を少なくすることも可能となる。さらには、FAX受信中止の理由をFAX部表示手段で確認出来ることによりオペレータはFAX受信中止の理由を知ることが出来るので、無線FAX装置の受信電波が弱くない場所への移動等の対策も可能となるなど優れた無線FAX装置を実現出来る。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013