米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 無線電話装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−75155
公開日 平成7年(1995)3月17日
出願番号 特願平5−219631
出願日 平成5年(1993)9月3日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 須河内 利明
要約 目的
複数の外線と複数の子機の間を接続する無線電話装置において、親機から子機を呼び出す際に制御チャネルを占有する時間を削減できる手段を提供すること。

構成
外線2と通信するための複数の外線制御手段3と、無線電話子機7と通信するための複数の無線制御手段4と、外線制御手段3と無線制御手段4を自在な組み合わせで接続するための交換制御手段5を設けた。
特許請求の範囲
【請求項1】無線電話機としての機能と構内自動交換機としての機能を備え、親機と複数の子機とから構成されており、親機には外線を制御する外線制御手段と、前記子機と通信するための無線制御手段と、前記外線制御手段と前記無線制御手段を自在に接続するための交換制御手段と、電波を送受信するためのアンテナとを備え、制御チャネル方式で前記親機と前記子機間の通信を行う無線電話装置であって、外線からの着信時、親機から子機に着信させる際に、制御チャネルでは前記子機に音声チャネル番号を含む着信指示を送信し、同時に前記親機の別の無線制御手段からは前記子機に対しベル要求を送信し、前記子機は制御チャネルで着信指示を受信すると前記指定音声チャネルへチャネルを切り替え、指定音声チャネルで前記親機からの前記ベル要求を受信すればベル応答を前記親機に送信し、前記親機が前記子機から音声チャネルでベル応答を受信すれば制御チャネルでの前記着信指示を停止するようにしたことを特徴とする無線電話装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は複数の外線と複数の子機の間を自在に接続できる無線電話装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の複数の外線、複数の子機を持つ無線電話機としての機能と構内自動交換機としての機能を備えた無線電話装置の構成を図2に示す。無線電話装置親機(以下「親機」という)1は、1本の外線2を制御するための外線制御手段3がm個と、指定されたチャネルで子機と通信するための無線制御手段4がn個と、各無線制御手段4と各外線制御手段3を自在な組み合わせで接続するための交換制御手段5と、無線子機に対して電波を送受信するためのアンテナ6を備えている。また無線電話装置子機(以下「子機」という)7は、各種操作を行うための操作ボタン8を備えている。
【0003】上記従来の無線電話装置の親機1、子機7間での着信時の手順は幾つかあるが、代表的な手順について以下、図面を参照しながら説明する。
【0004】図3は従来の代表的な着信動作を表している。待機状態では、親機1はn個ある無線制御手段4のうち1個を選択し、選択した無線制御手段4を用いて子機7からの発信要求を受信できるように制御チャネルを監視している。この選択された無線制御手段4を以下無線制御手段#1とする。また子機7も同様に親機1からの着信要求を受信できるように制御チャネルを監視している。
【0005】前記の待機状態にある親機、子機において、親機から子機1、子機2からなる子機グループ1に着信させる場合、親機はまず無線制御手段#1を用いて制御チャネルで呼出対象の子機群であるグループ1に対して着信指示を送信する。子機1、子機2は待機状態において、自分が所属するグループ宛の前記着信指示を受信すると、ベル鳴動を開始し、使用者に着信を知らせる(ステップ1)。
【0006】その後、使用者がベル鳴動している子機1で操作ボタン8によりオフフック動作を行うと、子機1は親機に対してオフフック通知を制御チャネルで送信する(ステップ2)。
【0007】子機1からオフフック通知を無線制御手段#1で受信した親機は、子機1に対して音声チャネル指示を送信することで、指定音声チャネルへのチャネル切り替えを指示する(ステップ3)。
【0008】子機1に対し、音声チャネル指示を送信し終えた親機は無線制御手段#1の送受信チャネルをステップ3で指定した音声チャネルに切り替える。更に、無線制御手段#1が音声チャネルに切り替わることで、親機側で制御チャネルを監視する無線制御手段が無くなるので、別の無線制御手段を1個選択し(無線制御手段#2)、制御チャネルを監視させる。また音声チャネル切り替えを指示された子機1も同様に送受信チャネルを切り替え、オフフック動作を行わなかった子機2は、一定時間着信指示を受信しなくなると、ベルを停止し待機状態に戻る(ステップ4)。
【0009】親機は無線制御手段#1の音声チャネルへの切り替えを終了すると、子機1に対して現チャネルでの通信が可能か確認するために無線制御手段#1から音声チャネル確認要求を送信する。子機1は音声チャネル確認要求を受信すると、親機に対し音声チャネル確認応答を送信する(ステップ5)。
【0010】子機1から音声チャネル確認応答を無線制御手段#1で受信することで、親機は現チャネルでの通信が可能と判断し、子機1に対して通話開始指示を無線制御手段#1で送信すると共に、着信した外線制御手段と無線制御手段#1を交換制御手段5を用いて接続する。子機1は通話開始指示を受信すると、ベル鳴動を停止し、マイク及びスピーカーを動作開始させ、通話状態に入る(ステップ6)。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記した従来の着信手順において制御チャネルを占有する時間は、無線制御手段#1が着信指示を送信開始する時点(ステップ1)から、無線制御手段#1がオフフック通知を受信し、音声チャネルに切り替え始める(ステップ4)までである。言い替えると親機が着信を検知してから使用者がオフフック動作を行うまで(または着信が消失するまで)制御チャネルは占有され、この間、他の着信に関係ない子機が制御チャネルで発信要求を送信しようとするのが妨げられるという問題点を有していた。
【0012】この問題を解決するために、従来は制御チャネルを複数チャネル設け、使用可能な制御チャネルを常に1個存在させることで、発信要求が妨害されるのを避けるなどしていたが、着信時に1個の制御チャネルが長く占有されるという問題の根本的解決にはなっていなかった。
【0013】そこで本発明は、親機から特定の子機グループに着信させる際に、制御チャネルの占有時間を大巾に短縮して、制御チャネルの有効利用を図れる無線電話装置を提供することを目的とする。
【0014】
【課題を解決するための手段】本発明の無線電話装置は上記の問題点を解決するために、着信手順を変更し、外線からの着信時、親機から子機に着信させる際に、制御チャネルでは子機に音声チャネル番号を含む着信指示を送信し、同時に親機の別の無線制御手段からは子機に対しベル要求を送信し、子機は制御チャネルで着信指示を受信すると指定音声チャネルへチャネルを切り替え、指定音声チャネルで親機からのベル要求を受信すればベル応答を親機に送信し、親機が前記子機から音声チャネルでベル応答を受信すれば制御チャネルでの着信要求を停止するようにしたものである。
【0015】
【作用】上記構成によれば、従来の着信手順では親機での着信検知から子機がオフフック動作を行うまで、または着信が消失するまでだった制御チャネル占有時間を、親機での着信検知から指定子機グループが音声チャネルに切り替え終えるまでに短縮出来る。
【0016】
【実施例】以下、本発明の一実施例を図面を参照しながら説明する。
【0017】無線電話装置の親機、子機の構成は、図2の従来例と同様であり、その説明は省略する。
【0018】図1は本発明の一実施例の着信手順の一実施例を示している。待機状態では、親機1はn個ある無線制御手段4のうち1個を選択し、選択した無線制御手段4を用いて子機7からの発信要求を受信できるように制御チャネルを監視している。この選択された無線制御手段4を以下無線制御手段#1とする。また子機7も同様に親機1からの着信要求を受信できるように制御チャネルを監視している。
【0019】前記の待機状態にある親機、子機において、親機から子機1、子機2からなる子機グループ1に着信させる場合、親機はまず無線制御手段#1を用いて制御チャネルで呼出対象の子機群であるグループ1に対して音声チャネル番号付きの着信指示を送信する。更に別の無線制御手段4から着信指示で指定した音声チャネルでグループ1に所属する全ての子機(子機1、子機2)に対してベル要求を送信する(ステップ11)。
【0020】子機1、子機2は待機状態において、自分が所属するグループ宛の着信指示を受信すると、ベル鳴動を開始し、使用者に着信を知らせ、着信指示で指定された音声チャネルへチャネル切り替えを行う(ステップ12)。
【0021】音声チャネルへ切り替えた子機1、子機2は無線制御手段#2から自分宛のベル要求を受信すると、現音声チャネルへの切り替えが無事終了したことを親機に通知するため、ベル応答を送信する(ステップ13)。
【0022】親機1は無線制御手段#2により、ベル応答をグループ1に所属する全ての子機(子機1、子機2)から受信すると、無線制御手段#1で送信し続けている着信指示の送信を停止し、制御チャネルの監視に戻る(ステップ14)。
【0023】その後、使用者がベル鳴動している子機1で操作ボタン8によりオフフック動作を行うと、子機1は親機1からベル要求を受信した際にベル応答でなく、オフフック通知を送信する(ステップ15)。
【0024】子機1からオフフック通知を無線制御手段#2で受信した親機1は、子機1に対して通話開始指示を無線制御手段#2で送信すると共に、着信した外線制御手段3と無線制御手段#2を交換制御手段5を用いて接続する。子機1は通話開始指示を受信すると、ベル鳴動を停止し、マイク及びスピーカーを動作開始させ、通話状態に入る。また、オフフック動作を行わなかった子機2は、一定時間自分宛のベル要求が受信できなくなると、自動的にベル鳴動を停止し、通信チャネルを制御チャネルに戻し、再び待機状態に入る(ステップ16)。
【0025】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、オフフック動作または着信消失がなくても、指定子機グループに属する全子機が音声チャネルに切り替えた時点で、親機は制御チャネルでの送信を停止することが出来るため、他の子機の発信を妨げる制御チャネル占有時間を大幅に短縮することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013