米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 ファクシミリ装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−74902
公開日 平成7年(1995)3月17日
出願番号 特願平5−215690
出願日 平成5年(1993)8月31日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】岡田 和秀
発明者 ▲高▼津城 邦夫
要約 目的
記憶した複数の受信情報の中から目的とする受信情報を迅速,容易に選択することができるファクシミリ装置を提供する。

構成
表示手段4と入力手段5と受信相手先指定手段7とを用いて、受信相手先を指定し、メモリ手段8を受信相手先別に複数個の領域に分割指定する。受信時において通信情報認識手段17により相手先を識別し、該当する相手先の領域に受信情報を記録する。
特許請求の範囲
【請求項1】 画像情報の通信を行う通信手段と、相手先情報を認識する通信情報認識手段と、前記通信手段が受信する画像情報を記憶するメモリ手段と、画像情報を前記メモリ手段に記録するための記録手段と、キー入力を介して入力する入力手段と、キー操作編集のメッセージをディスプレイに表示する表示手段と、前記入力手段と表示手段を用いて受信相手先を指定したとき受信相手先別に前記メモリ手段を複数個の領域に分割指定する受信相手先指定手段と、前記通信情報認識手段により相手先を識別し識別された相手先に応じて前記分割された領域のうちの該当する領域に受信情報を記録するように構成したことを特徴とするファクシミリ装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、受信情報をメモリに記憶することができるメモリ付きのファクシミリ装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、ファクシミリ装置において、受信情報を紙などに印刷したり、メモリに記憶したりしたりすることは広く行われている。
【0003】以下、従来のメモリ付きのファクシミリ装置について説明する。
【0004】図3は従来のファクシミリ装置の基本構成を示すブロック図である。図3において、18はFAX装置(ファクシミリ装置)27の通信制御を行う通信手段、19は通信手段18を介して送られてくる相手先情報(相手先電話番号,相手先略称など)を認識する情報認識手段、20は通信手段18を介して送られてくる文書データなどの受信情報を記憶するためのメモリ手段、21は通信手段18で送られてきた受信情報をメモリ手段20に記録するための記録手段、22は前記メモリ手段20と記録手段21とを備えた原稿記憶装置、23は操作編集を行うキーよりなるキーボードなどの入力手段、24はメモリ手段20に記憶された受信情報やキー操作編集のメッセージなどをディスプレイに表示する表示手段、25は受信条件などを記憶する受信条件記憶手段、26は原稿記憶装置22に記憶された受信情報を印刷する原稿印刷手段である。
【0005】以上のように構成されたファクシミリ装置について、以下にその動作を説明する。
【0006】まず、入力手段23と表示手段24と受信条件記憶手段25を用いて、表示手段24に表示された受信条件をキー入力により選択/設定する。例えば、メモリ受信にするか紙に受信するかなどを設定する。
【0007】ここで、メモリに受信する場合、通信手段18を介して複数の相手先からの送信原稿を受信し、それら複数の受信文書を原稿記憶装置22に記憶するとき、受信時刻や相手先電話番号などをデータのファイル名として書き込むため、受信文書一覧を表示手段24に表示しても、その文書がどの相手先からのものかが分からないという事態が発生する。
【0008】また、表示手段24の表示領域が狭い場合、受信文書一覧から目的の受信文書を検索するのに時間がかかる。図4にその画面表示例を示す。このような場合、ある特定相手先からの受信文書を選択するには、受信文書一覧を表示手段24に表示してその中からランダムに選択し、選択された文書を原稿記憶装置22から呼び出し、表示手段24に表示できるデータに変換して表示する必要がある。この処理のフローを図5に示す。
【0009】また、印刷して必要な受信データだけを検索するには、不必要なデータまで原稿印刷手段26で印刷できるデータに変換して印刷する必要がある。この処理を図6に示す。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記構成の従来のファクシミリ装置では、メモリに受信する場合、受信文書一覧のみを見て目的の文書を選択することは、受信文書の数が多いときなどは非常に困難を伴うことになり、毎回、図5あるいは図6に示す手順をふまなければならず、それでは時間がかかり、非常に操作効率が悪いという問題があった。
【0011】本発明は、このような事情に鑑みて創案されたものであって、記憶した複数の受信情報の中から目的とする受信情報を迅速,容易に選択することができるファクシミリ装置を提供することを目的とする。
【0012】
【課題を解決するための手段】本発明に係るファクシミリ装置は、画像情報の通信を行う通信手段と、相手先情報を認識する通信情報認識手段と、前記通信手段が受信する画像情報を記憶するメモリ手段と、画像情報を前記メモリ手段に記録するための記録手段と、キー入力を介して入力する入力手段と、キー操作編集のメッセージをディスプレイに表示する表示手段と、前記入力手段と表示手段を用いて受信相手先を指定したとき受信相手先別に前記メモリ手段を複数個の領域に分割指定する受信相手先指定手段と、前記通信情報認識手段により相手先を識別し識別された相手先に応じて前記分割された領域のうちの該当する領域に受信情報を記録するように構成したことを特徴とするものである。
【0013】
【作用】受信するときに相手先に応じて受信相手先別の記憶領域に受信情報を記録するので、ある特定相手先からの受信情報を迅速,容易に選択することができる。
【0014】
【実施例】以下、本発明の一実施例のファクシミリ装置について、図面を参照しながら説明する。
【0015】図1は実施例に係るファクシミリ装置の構成を示すブロック図である。図1に示すように、このファクシミリ装置は、操作編集処理部1のブロックとFAX部2のブロックとに分かれ、それぞれをCPU11が連結した構成をとっている。
【0016】操作編集処理部1は、編集制御装置3と、表示手段4と、入力手段5と、原稿記憶装置6と、受信相手先指定手段7と、メモリ手段8と、記録手段9と、受信BOXメモリ手段10とを含んだ構成となっている。FAX部2は、FAX制御装置12と、通信手段13と、印刷手段14と、原稿読取手段15と、通信条件記憶手段16と、通信情報認識手段17とを含んだ構成となっている。
【0017】次に、以上のように構成されたファクシミリ装置について、その動作を説明する。
【0018】まず、前記2つのブロックである操作編集処理部1とFAX部2とをCPU11がコントロールする。ファクシミリ受信をCPU11が検知すると、受信データはFAX部2の通信手段13から操作編集処理部1に送られる。操作編集処理部1は、CPU11と編集制御装置3の制御により、送られてきた受信情報を原稿記憶装置6に書き込む。受信情報は、原稿記憶装置6の容量を考慮してデータ圧縮(MH圧縮,MR圧縮等)された状態で記憶される。このとき、送られてくる受信情報は、送られてくる相手先(相手先電話番号等)を認識できる情報(例えばTSI:送信端末識別)が付加されている場合が多く、この情報を見ればどこからきた受信情報であるのか認識できる場合が多い。このことを利用して、予め、受信相手先別の受信BOXメモリ手段10を準備しておき、受信時に受信相手先情報を認識し、受信BOXメモリ手段10ごとに記憶する。これにより、受信BOXメモリ手段10の個別指定により、ある特定先からの受信情報のみを表示または印刷において容易に取得することができる。この動作を図2のフローチャートを用いて説明する。
【0019】まず、ステップ1において、表示手段4と入力手段5を用いてメモリ手段8の分割数を指定することにより、メモリ手段8を複数個の受信領域に分割し、受信BOXメモリ手段10を作成する。次に、ステップ2において、作成された受信BOXメモリ手段10ごとに、通信情報認識手段17で認識される受信相手先情報(例えばTSI:送信端末識別)と同一情報を表示手段4と入力手段5を用いて設定する。以上のメモリ手段8における操作編集は受信相手先指定手段7が実行する。
【0020】次に、ステップ3において、通信手段13を用いて画像情報および通信情報等の受信データを受信する。ステップ4において、通信手段13を介して送られてくる相手先情報を認識する通信情報認識手段17を用いて受信相手先を識別し、ステップ5において、前記ステップ1,2で設定された原稿記憶装置6内の受信相手先別の受信BOXメモリ手段10へ記録手段9により受信データを記録する。ステップ6で受信終了を確認し、ステップ3からステップ5までの一連の処理を受信終了まで行う。
【0021】次に、ある特定相手先の画像受信データを印刷あるいは表示したいときは、ステップ7において、編集制御装置3を用いて希望の受信BOXメモリ手段10の選択を行う。ステップ8において、メモリ手段8より前記の選択された受信BOXメモリ手段10から受信データを取り出す。ステップ9において、圧縮された受信データを伸長し、ステップS10において、表示手段4あるいは印刷手段14に表示あるいは印刷可能なデータに変換し、次いで、ステップ11において、表示手段4あるいは印刷手段14を用いて画像受信データの表示あるいは印刷を行う。
【0022】このように本実施例のファクシミリ装置によれば、メモリ手段8において受信相手先別に領域を確保しているため、通信手段13により送られてくる受信情報を受信相手先別に受信BOXメモリ手段10へ記録することができる。また、受信BOXメモリ手段10ごとに表示あるいは印刷する手段を備えており、ある特定相手先からの受信情報を迅速,容易に取得することが可能となる。相手先情報(例えばTSI:送信端末識別)はCCITT勧告T.3のものであるため、自社機だけでなく、他社機間の通信でも区分した領域ごとに受信情報を記録することができる。
【0023】なお、本発明は上記した画面レイアウトや表示法などに特に限定されるものではない。
【0024】
【発明の効果】以上のように本発明は、受信相手先別にメモリ手段を複数個の領域に分割指定し、受信時に相手先を識別し、その相手先に応じて該当する領域に受信情報を記録するように構成したので、メモリ手段から特定相手先の受信情報を迅速,容易に取得することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013