米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 コンパクトディスクメモリ検索装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−73084
公開日 平成7年(1995)3月17日
出願番号 特願平5−219629
出願日 平成5年(1993)9月3日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 安延 充生
要約 目的
検索処理中に次のインデックスデータを検索用メモリに転送して、シーケンシャルなインデックスデータの検索処理を高速に行うことができる作業性に優れたCD−ROM検索装置を提供することを目的とする。

構成
CD−ROM10から読み出したデータを格納するCD−ROM読み出し用メモリ14と、前記データを格納して検索処理を行う検索用メモリ13と、CD−ROM読み出し用メモリ14の内容を検索用メモリ13に転送するか否かを判断して転送指令を出力するデータ転送指令手段18と、データ転送指令手段18から出力された転送指令によりCD−ROM読み出し用メモリ14の内容を検索用メモリ13に転送するデータ転送手段16と、検索用メモリ13内の前記データを管理する検索用メモリ管理手段19とを備えた構成からなる。
特許請求の範囲
【請求項1】コンパクトディスクメモリ(CD−ROM)から読み出したデータを格納するコンパクトディスクメモリ読み出し用メモリと、前記データを格納して検索処理を行う検索用メモリと、前記コンパクトディスクメモリ読み出し用メモリの内容を前記検索用メモリに転送するか否かを判断して転送指令を出力するデータ転送指令手段と、前記データ転送指令手段から出力された転送指令により前記コンパクトディスクメモリ読み出し用メモリの内容を前記検索用メモリに転送するデータ転送手段と、前記検索用メモリ内の前記データを管理する検索用メモリ管理手段とを備えたことを特徴とするコンパクトディスクメモリ検索装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はコンパクトディスクメモリ(以下CD−ROMと略す)等の情報記録媒体に記憶された情報の中から必要な情報を検索して検索結果等を表示装置に表示するCD−ROM検索装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、紙媒体である辞書等の代わりとして、電子ブックのようなCD−ROMを記憶媒体として用いるCD−ROM検索装置が用いられている。
【0003】以下に従来のCD−ROM検索装置について説明する。図4は一般的なCD−ROM検索装置のハードウェア構成を示す図であり、図5は従来のCD−ROM検索装置の構成を示すブロック図であり、図6は一般的なCD−ROMの検索用インデックスの構造を示した図である。1は検索語等の入力手段としてのキーボード、2は検索語や検索結果等などを表示する表示装置としての液晶表示装置(以下LCDと略す)、3はLCD2の制御を行うLCD制御装置、4はCD−ROM検索装置全体を制御する中央演算処理装置、5はランダムアクセスメモリ(以下RAMと略す)、6はリードオンリーメモリ(以下ROMと略す)、7は大容量データベースの記録媒体となるCD−ROM、8はCD−ROMがセットされるCDドライブ、9はCDドライブ8を制御するためのCD制御装置である。図5において、10は検索対象のデータが記憶されているCD−ROM、11はCD−ROM10からデータを読み込むためのCD−ROM読み出し装置、12は指定されたキーワード等によりデータの検索処理を行う検索処理手段、13は検索処理手段が検索処理を行うデータを格納する検索用メモリ、14はCD−ROM読み出し装置11から読み出したデータを一時的に格納するCD−ROM読み出し用メモリ、15はCD−ROM読み出し用メモリ14内のデータを検索用メモリ13へ転送するための転送指令を出す要求データ転送指令手段、16は要求データ転送指令手段15の指令に基づいてCD−ROM読み出し用メモリ14内のデータを検索用メモリ13へ転送するためのデータ転送手段、17はCD−ROM10内に予め検索のためにシーケンシャルに記憶されているインデックスデータである。
【0004】以上のように構成されたCD−ROM検索装置について、以下その動作について説明する。図7は従来のCD−ROM検索装置のインデックスデータ読み出し処理の概略フローチャートである。図7において、まず、キーボード1等から入力された検索語に基づいて、検索処理手段12はCD−ROM読み出し装置11にインデックスデータ17の読み出し要求を出す(S1)。次に、CD−ROM読み出し装置11は、検索処理手段12の読み出し要求に基づいて、CD−ROM10からインデックスデータ17を1ブロック読み出してCD−ROM読み出し用メモリ14へ格納する(S2)。次に、要求データ転送指令手段15は、CD−ROM読み出し用メモリ14に格納されたインデックスデータ17が検索処理手段12から要求されたインデックスデータ17であるか調べる(S3)。Noである場合は、CD−ROM読み出し装置11に次のインデックスデータ17読み出し要求を出してS2へジャンプし、Yesである場合は、CD−ROM読み出し用メモリ14内のインデックスデータ17を検索用メモリ13へ転送するためにデータ転送手段16へ転送指令を出し、データ転送手段16は要求データ転送指令手段15から転送指令に基づいて、CD−ROM読み出し用メモリ14に格納されているインデックスデータ17を検索用メモリ13に転送する(S4)。次に、検索処理手段12はインデックスデータ17が格納された検索用メモリ13をアクセスして、入力された検索語と一致するインデックスキーが存在するかどうかの検索処理を行う。検索用メモリ13内に該当するインデックスキーを発見できない場合は、CD−ROM読み出し装置11に次のインデックスデータ17の読み出し要求を行い、検索用メモリ13内で入力された検索語と一致するインデックスキーを発見した場合は、該当するインデックスキーの他に目的とする情報が記憶されているアドレスポインタ等も取得され、このアドレスポインタ等に基づいて、目的の情報がアクセスされて表示装置に表示される。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記従来の構成では、CD−ROM読み出し装置11にインデックスデータ17の読み出し要求を出してからそのインデックスデータ17が検索用メモリ13に転送されるまでの間、検索処理が中断され検索処理に時間がかかり作業性に欠けるという問題点を有していた。
【0006】本発明は上記従来の問題点を解決するもので、検索処理中に次のインデックスデータを検索用メモリに転送して、シーケンシャルなインデックスデータの検索処理を高速に行うことができる作業性に優れたCD−ROM検索装置を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するために本発明のCD−ROM検索装置は、CD−ROMから読み出したデータを格納するCD−ROM読み出し用メモリと、前記データを格納して検索処理を行う検索用メモリと、前記CD−ROM読み出し用メモリの内容を前記検索用メモリに転送するか否かを判断して転送指令を出力するデータ転送指令手段と、前記データ転送指令手段から出力された転送指令により前記CD−ROM読み出し用メモリの内容を前記検索用メモリに転送するデータ転送手段と、前記検索用メモリ内の前記データを管理する検索用メモリ管理手段とを備えた構成を有している。
【0008】ここで、データ転送指令手段としては、検索用メモリ管理手段からのデータ読み出し要求に先だってデータの読み出し指示を行ったり、要求データに続くデータを検索用メモリ管理手段の要求を持たずに検索メモリに転送すること等を行うものが用いられる。また、検索用メモリ管理手段としては、検索用メモリを常時監視し、必要に応じてデータの読み出し要求を出すとともに、検索用メモリに複数ブロックのデータの格納を可能にしたり、検索実行中でもデータを格納できるようにするとともに、検索処理手段に目的とするデータが格納されているアドレスの通知等を行うものが用いられる。
【0009】
【作用】この構成によって、検索用メモリ管理手段を備えることによって、検索用メモリに複数ブロックのデータの格納をすることができるとともに、検索実行中でもデータを検索用メモリに転送することができる。また、データ転送指令手段によって要求データブロックに続くデータブロックは要求の有無に関係なく検索用メモリに転送されるので検索処理を高速に実行することができる。
【0010】
【実施例】以下本発明の一実施例について、図面を参照しながら説明する。図1は本発明の一実施例におけるCD−ROM検索装置の構成を示すブロック図である。10はCD−ROM、11はCD−ROM読み出し装置、12は検索処理手段、13は検索用メモリ、14はCD−ROM読み出し用メモリ、16はデータ転送手段であり、これらは従来例と同様なものなので同一の符号を付し説明を省略する。18はCD−ROM読み出し用メモリ14の内容を検索用メモリ13に転送するか否かを判断して転送指令を出すデータ転送指令手段、19は検索用メモリ13内のデータの管理を行う検索用メモリ管理手段である。
【0011】以上のように構成されたCD−ROM検索装置について、以下その動作を説明する。図2は本発明の一実施例におけるCD−ROM検索装置のデータ転送指令手段の概略フローチャートであり、図3は本発明の一実施例におけるCD−ROM検索装置の検索用メモリ管理手段の概略フローチャートである。初めに、全体の処理について説明する。まず、キーボード1等から入力された検索語に基づいて、検索処理手段12は検索用メモリ管理手段19に対して検索対象であるインデックスデータ17が格納されている検索用メモリ13のアドレスを要求し、このアドレスに基づいて検索用メモリ13内で検索処理が行われる。一方、検索用メモリ管理手段19は常時検索用メモリ13に目的のインデックスデータ17が格納されているかチェックしている。そして目的のインデックスデータ17が格納されていないか、又は検索処理済で更に格納することが可能な場合はCD−ROM読み出し装置11へインデックスデータ17の読み出し要求を出す。CD−ROM読み出し装置11は検索用メモリ管理手段19からの読み出し要求に基づきCD−ROM10からインデックスデータ17を1ブロック読み出してCD−ROM読み出し用メモリ14に格納する。データ転送指令手段18は、CD−ROM読み出し用メモリ14にインデックスデータ17が目的のインデックスデータ17であるか否かをチェックし、目的のインデックスデータ17であればデータ転送手段16に対してCD−ROM読み出し用メモリ14内のインデックスデータ17を検索用メモリ13へ転送するように転送指令を出す。
【0012】次に、データ転送指令手段18の概要について、図2を用いて説明する。まず、データ転送指令手段18は検索用メモリ管理手段19からインデックスデータ17の読み出し要求が出されているか調べる(S5)。Noである場合は、S9へジャンプし、Yesである場合は、CD−ROM読み出し用メモリ14内に読みだされているインデックスデータ17が目的のインデックスデータ17であるか調べる(S6)。Noである場合は、CD−ROM読み出し装置11に次のインデックスデータ17を1ブロック読み出すように指示を出して、インデックスデータ17がCD−ROM読み出し用メモリ14に格納されるのを待って、インデックスデータ17がCD−ROM読み出し用メモリ14に読み込まれたらS5へジャンプして処理を繰り返し(S10)、Yesである場合は、目的のインデックスデータ17を検索用メモリ13に転送する旨の転送フラグをONにする(S7)。次に、データ転送手段16へ転送指令を出して処理を終了する(S8)。S5で検索用メモリ管理手段19からインデックスデータ17の読み出し要求が出されていない場合は、目的のインデックスデータ17を転送した直後かどうかを転送フラグで調べる(S9)。Noである場合は、処理を終了し、Yesである場合は、S8へジャンプする。
【0013】次に、検索用メモリ管理手段19の概要について、図3を用いて説明する。検索用メモリ管理手段19は、検索処理手段12から要求されたインデックスデータ17が検索用メモリ13に格納されているか調べる(S11)。Noである場合は、CD−ROM読み出し装置11にインデックスデータ17の読み出しを要求して(S12)処理を終了し、Yesである場合は、インデックスデータ17が格納されている検索用メモリ13のアドレスを取得して(S13)処理を終了する。
【0014】
【発明の効果】以上のように本発明は、データ転送指令手段を改良することにより複数のデータブロックを検索用メモリに転送することができ、また検索用メモリ管理手段を備えることにより検索用メモリに複数ブロックのデータを格納することができるとともに、検索実行中でもデータを検索メモリに転送することができ、検索処理を高速に行うことができるために、オペレータの待ち時間を少なくすることができる作業性に優れたCD−ROM検索装置を実現できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013