米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 スピーカ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−46691
公開日 平成7年(1995)2月14日
出願番号 特願平5−190014
出願日 平成5年(1993)7月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 山崎 裕子
要約 目的
各種音響機器に使用されるスピーカにおいて、簡単な構成で組み立ての簡略化と共に不良の削減、面共振の抑圧と歪みの低減、周波数特性の安定化を図れるスピーカを提供することを目的とする。

構成
周縁に部分的に面厚を厚くした補強部24を設け、この補強部24の内周側にエッジ20aの内周面を固着したディスクリートエッジタイプの振動板20を用いた構成とすることにより、エッジ20aの貼り付け位置の明確化とそれに伴うエッジ貼りずれ防止と不良削減、さらに振動板20の周縁の面共振を抑えて歪みを低減し、周波数特性の安定化を図ることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】 磁気ギャップを設けた磁気回路の上面にフレームを結合し、このフレームの周縁にロール状に形成されたエッジの外周部を結合し、このエッジの内周部を部分的に厚みを厚くする補強部を周縁に設けた振動板の上記補強部の内周に結合すると共にこの振動板の中心に上記磁気ギャップにはまり込むボイスコイルを結合してなるスピーカ。
【請求項2】 補強部が振動板の周縁に複数に分割して設けられたものである請求項1記載のスピーカ。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は各種音響機器に使用されるスピーカに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、この種のスピーカは図5に示すように構成されていた。すなわち、センターポール1を有する下部プレート2上にリング状のマグネット3と、同じくリング状の上部プレート4を組み込んで構成した磁気回路5の上部プレート4にフレーム6を結合し、このフレーム6の周縁部にガスケット7と共に振動板8の外周に結合されたエッジ8aを接着し、この振動板8の中心部に上記磁気回路5により構成された磁気ギャップ9に偏心することなくはまり込んだボイスコイル10を結合し、このボイスコイル10のボビン中間部をダンパー11にて保持し、さらに振動板8の中央部上面にダストキャップ12を組み込んで構成されていた。
【0003】また、ここで説明した振動板8はエッジ8aの内周面より外径を大きくし、再生帯域拡大を図ったものであり、以下、この振動板8をディスクリートエッジタイプと呼ぶ。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記従来の構成では、ディスクリートエッジタイプの振動板8の周縁とエッジ8aの内周との結合を製造工程上で行っており、その際、貼りずれ防止に高度な製造技術を要すると共に貼りずれ不良も少なくない。又、エッジ8aで固定されていない振動板8の外周部から、面共振や歪みが発生する等の問題があった。
【0005】本発明は上記従来の問題を解決するもので、簡単な構成でエッジと振動板の貼りずれ不良を防止すると共に周波数特性の安定化を図ることのできるスピーカを提供することを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明によるスピーカは、磁気ギャップを設けた磁気回路の上面にフレームを結合し、このフレームの周縁にロール状に形成されたエッジの外周部を結合し、このエッジの内周部を部分的に厚みを厚くする補強部を周縁に設けた振動板の上記補強部の内周に結合すると共にこの振動板の中心に上記磁気ギャップにはまり込むボイスコイルを結合した構成としたものである。
【0007】
【作用】この構成により部分的に厚みを厚くする補強部が振動板の周縁を強化し、これによって面共振を防止し歪みを抑え、周波数特性の安定化を図ることができると共に、補強部の段差が振動板とエッジを貼り付ける際の位置決めの役割を果たすことができるようになって貼合わせ不良を無くすることができる。
【0008】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を用いて説明する。図1は本発明のスピーカの構成を示す半断面図であり、図2は同実施例に用いる部分的に厚みを厚くする補強部を設けたディスクリートエッジタイプの振動板の半断面図、図3は同振動板の下面図、図4は他の実施例を示す振動板の下面図である。
【0009】本発明のスピーカは図1に示すようにセンターポール13を有する下部プレート14上にリング状のマグネット15と、同じくリング状の上部プレート16を積層した磁気回路17の上部プレート16にフレーム18を結合し、このフレーム18の周縁部にガスケット19と共にディスクリートエッジタイプの振動板20の周縁部に接着されたエッジ20aを結合し、この振動板20を駆動させるためのボイスコイル22を振動板20の中心に結合すると共に、このボイスコイル22を上記磁気回路17に形成された磁気ギャップ21にはめ込み、このボイスコイル22の中間部をフレーム18に接着したダンパー23にて保持し、さらに振動板20の中心の上面にダストキャップ25を結合して構成している。
【0010】また、上記ディスクリートエッジタイプの振動板20はその詳細を図2,図3に示すように、振動板20の周縁に部分的に厚みを厚くする補強部24を設け、この補強部24の内周にエッジ20aの内周部を結合した構成としている。
【0011】このような構成とすることにより、振動板20の周縁でエッジ20aに結合されない、フリーな状態の部分は面厚を厚くした補強部24の効果によって強化され、これによって面共振を防止して歪みを抑え、周波数特性の安定化を図ることができるようになる。
【0012】さらに、上記補強部24の内周をガイドにしてエッジ20aの内周部を位置決めして両者を貼合わせることにより、従来のように偏心して貼合わせ不良となることを防ぎ、精度良く両者を貼合わせることができるようになる。
【0013】なお、上記実施例ではディスクリートタイプの振動板20の周縁に設ける補強部24は、振動板20の周縁部全周に円環状に設けた構成としたが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば図4に示すように振動板20の周縁に複数に分割して補強部24を設ける構成としても良く、このような構成とすることによって上記実施例と同様の効果を得ることができる他に、軽量化を図ることができるものである。
【0014】
【発明の効果】以上のように本発明によるスピーカは、エッジを振動板の周縁に貼合わせる際に貼り付け位置が明確になりエッジの貼りずれを防止すると共に貼り付け作業も簡単になり、また振動板の周縁より発生する面共振を防ぎ歪みを低減して周波数特性の安定化を図ることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013