米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 ディジタル映像信号記録装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−46530
公開日 平成7年(1995)2月14日
出願番号 特願平5−189657
出願日 平成5年(1993)7月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 川口 毅 / 日▲高▼ 巌 / 池谷 章
要約 目的
ディジタルVTRに疑似同期パルスの混在するビデオ信号が入力された時においても疑似同期パルスを削除した映像信号をつくりこの映像信号から正常な同期を分離し、ディジタルVTRに前記ビデオ信号を正常に記録する。

構成
入力1に映像信号が入力され、疑似同期パルス検出回路2で疑似同期パルスが混入されているか否かの判定を受ける。選択器3により疑似同期パルスの存在しない映像信号をつくり、映像信号を利得自動制御するAGC回路4を通してAGC処理を行う。疑似同期パルスが存在しない映像信号とゲート信号発生回路7で出力するゲート信号から同期分離回路8において正確な同期を分離する。同期分離回路8によって抽出した正しい同期を基準として、磁気記録回路9にて入力映像信号を正しくディジタル記録する。以上により疑似同期パルスの混在する映像信号が入力されても正確に映像信号が記録できる。
特許請求の範囲
【請求項1】 入力映像信号から同期信号を抽出する同期分離手段と、分離された同期信号に基づいて、前記入力映像信号を処理して記録する記録手段を具備する映像記録手段であって、前記入力映像信号のブランキングインターバル中で疑似同期パルスを検出する疑似同期パルス検出手段と、前記疑似同期パルス検出手段によって疑似同期パルスが検出された場合はこの疑似同期パルスのレベルをペデスタルレベル以上に変換して前記同期分離手段に送出し、検出されない場合は入力映像信号をそのまま前記同期分離手段に送出する選択手段とを備えることを特徴とするディジタル映像信号記録装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は映像信号をディジタル化して記録するディジタルVTR等のディジタル記録機器に用いて好適なるディジタル映像信号記録装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】図2は従来のディジタルビデオにおける映像信号録画システムのブロック図であり、ビデオ信号は入力10から入力され、AGC回路11で自動的に信号レベルを所望の値になるように制御する自動利得制御(以下AGCと略記する)を受け、AGC処理されたビデオ信号とゲート信号発生回路12で出力するゲート信号を用いて同期分離回路13にて同期分離を行い、同期分離回路13にて分離した同期を基準信号とし前記AGC処理されたビデオ信号を磁気記録回路14にて記録するものである。
【0003】図3の(A)は疑似同期パルスが付加されていない通常の入力信号に対してモノマルチバイブレータを用いて入力信号の同期部立ち下がりと同期部立ち上がりを遅延したゲート信号を作り、入力信号がLo、ゲート信号がHiのとき分離同期信号をLoにする事により、等化パルスが入力信号に現れる場合においても正確に同期を分離していることを表すタイミングチャートであり、これからわかるように、正しく1/2周期のパルスが除去されている。
【0004】映像信号には等化パルスなどの水平周期の半分の周期のパルスが有る。このモノマルチバイブレータはこれらの1/2周期のパルスを除去するためのものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】図3の(B)は疑似同期パルスが付加された入力信号にモノマルチバイブレータを用いて入力信号の同期立ち下がりと同期立ち上がりを遅延したゲート信号を作り、入力信号がLo、ゲート信号がHiの時分離同期信号をLoにする事により、等化パルスが入力信号に現れる場合においては正確に同期を分離をするが、疑似同期パルスが1Hの間において等化パルスよりもパルス数が多い場合に同期分離の誤動作を起こしていることを表すタイミングチャートである。
【0006】図3の(A)の入力信号が入力される場合、入力信号のAGC処理を行ってのち同期分離回路13により同期分離を行った同期信号は、磁気記録回路14の基準信号となり、この基準信号を基準として入力信号が磁気記録回路14により記録されるが、図3の(B)の疑似同期パルスが付加された入力信号に対してAGC処理を行ったのち同期分離回路13により同期分離を行うと正しい同期分離が困難となり、その結果、図3の(B)の同期分離を行った同期信号を基準信号として磁気記録回路14に入力信号を記録すると正しく映像が記録されない。
【0007】本発明の目的は、上記従来の課題を解決し、疑似同期パルスがある場合においても正常な記録を可能にするディジタル映像信号記録装置を提供することであり、以下に示す新たな手段を備えるものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明のディジタル映像信号記録装置は、入力映像信号から同期信号を抽出する同期分離手段と、分離された同期信号に基づいて、前記入力映像信号を処理して記録する記録手段を具備する映像記録手段であって、前記入力映像信号のブランキングインターバル中で疑似同期パルスを検出する疑似同期パルス検出手段と、前記疑似同期パルス検出手段によって疑似同期パルスが検出された場合はこの疑似同期パルスのレベルをペデスタルレベル以上に変換して前記同期分離手段に送出し、検出されない場合は入力映像信号をそのまま前記同期分離手段に送出する選択手段を備えたものである。
【0009】
【作用】本発明は、上述した構成によって、ディジタルVTRに疑似同期パルスの混在するビデオ信号が入力されたとき、疑似同期パルス検出器により疑似同期パルスを検出し、疑似同期パルスを削除もしくは疑似同期パルスの負値をペデスタルレベルにして正常なゲート信号を発生し、ゲート信号と疑似同期信号を削除したビデオ信号より正常な同期分離を行い、同期分離より得られる正常な同期を基準としてディジタルVTRにビデオ信号を正常に記録できる。
【0010】
【実施例】図1は本発明の一実施例におけるディジタル映像信号記録装置の構成を示すブロック図である。図1において、まず、入力1に映像信号が入力される。入力された映像信号は疑似同期パルス検出回路2で疑似同期パルスが混入されているか否かの判定を受ける。選択器3は、第1に疑似同期パルス検出回路2で入力信号から疑似同期パルスが検出されないときは映像信号をそのまま出力する。第2に疑似同期パルスが検出されると映像信号中の疑似同期パルスの負値をペデスタルレベルにした映像信号を出力する。このようにして映像信号から疑似同期パルスの負値を削除し疑似同期パルスが混在しない映像信号を、AGC回路4に通してAGC処理を行う。また、入力信号に対して行う疑似同期パルス検出や、AGC処理にかかる時間を入力映像信号に反映するために、遅延回路5で入力信号を遅延する。そして、AGC回路4で得た利得に合わせて、遅延回路5の出力すなわち疑似同期パルスが存在する入力映像信号を増幅する増幅回路6に入力し、入力信号を増幅する。AGC処理した映像信号を、等化パルスが入力信号に現れる場合においても正確に同期を分離するためにモノマルチバイブレータを用いて入力信号の同期部立ち下がりと同期部立ち上がりを遅延したゲート信号を作るゲート信号発生回路7に通す。同期分離回路8において疑似同期パルスが存在しない映像信号とゲート信号から正確な同期を分離し、抽出した正しい同期を基準として、磁気記録回路9にて入力映像信号を正しくディジタル記録する。
【0011】なお、疑似同期パルス検出回路2からの疑似同期パルスの検出信号は、磁気記録回路9へも送られる。こうすることで、磁気記録回路9では、この疑似同期パルスの検出信号に基づいて、映像信号そのものの記録を中止もしくは、映像信号を変形して記録させる制御も可能になる。一般的には、疑似同期信号が付加された映像信号は、コピーを防止するために設けられた場合が多いからである。
【0012】
【発明の効果】本発明のディジタルVTR記録システムは、以上示したように、入力映像信号中に疑似同期パルスの存在がある場合においても、正確に同期分離を行うことができ、その結果、正確なディジタル録画を可能にする。したがって、ディジタルVTRやディジタル磁気または光ディスク等、ディジタル映像機器に用いて大きな実用的効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013