米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 情報記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−44928
公開日 平成7年(1995)2月14日
出願番号 特願平5−186015
出願日 平成5年(1993)7月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 菰田 英明 / 大嶋 光昭
要約 目的
光学的な記録再生または再生機能と磁気的な記録再生機能を持つ情報記録媒体において、出力特性を損なうことなくオーバーライト特性の優れた磁気的機能を有する情報記録媒体を得ることを目的とした。

構成
磁気記録層の反対面に光記録面を有する磁気記録媒体において、磁気記録層に非磁性基体3と少なくとも磁性層2、非磁性隠蔽層1を含み、磁気記録層の非磁性基体3と光記録面を有する基体5との間に接着層4を有するという構成を持つ。
特許請求の範囲
【請求項1】磁気記録層の反対面に光記録面を有する情報記録媒体において、磁気記録層に非磁性基体と少なくとも磁性層、非磁性隠蔽層を含み、前記磁気記録層の非磁性基体と光記録面を有する基体の間に接着層を有することを特徴とする情報記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ディスク等の情報記録媒体に関するもので、光学的な記録再生または再生機能と磁気的な記録再生機能を同時に持つ情報記録媒体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】情報メディアの分野においてメディア記録容量は年々増加している。その中で光学的な再生を行うCD−ROMは記録容量が大きく、安価に製造できることで非常に有用なメディアである。しかしながら、CD−ROMはそれ自身に記録機能がないため、使用用途が限定される傾向がある。昨今、CD−ROMに磁性層を付与し記録機能を有するメディアの提案がなされている。このようなメディアの磁性層は、プリペイドカードのように身の回りにある磁石により記録が消されないような高いHcが必要であり、通常高抗磁力の磁性粉を作り易いバリウムフェライト磁性粉を用いる。また生活傷に耐えるような隠蔽層や保護層を必要とする。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ディスク状基板に磁性層を付与する方法として従来スピンコート等の方法が提案されているが、塗布厚が薄く充分な出力が得られないという欠点を有している。
【0004】本発明の目的は、出力特性に優た情報記録媒体を提供するものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明の磁気記録媒体は磁気記録層に非磁性基体と少なくとも磁性層、非磁性隠蔽層を含み、磁気記録層の非磁性基体と光記録面を有する基体の間に接着層を有するという構成を備えたものである。
【0006】
【作用】本発明は上記した構成により磁気記録媒体の出力特性を向上することになる。
【0007】
【実施例】以下、本発明の一実施例について説明する。
【0008】(実施例1)磁性層塗料を金属鉄を主成分とする針状磁性微粉末(Hc:1950 Oe、σs:143 emu/g、BET比表面積:56 m2/g)(以下メタル磁性粉と表記)を用い下記の組成によりサンドミルで3時間混合分散し塗工直前に硬化剤としてデスモジュールL(デュポン社製)を6重量部加えて作成した。
【0009】
メタル磁性粉 100重量部 カーボンブラック 6重量部 アルミナ 15重量部 MR−110(日本ゼオン社製) 15重量部 ポリウレタン樹脂 15重量部 オレイン酸オレイル 5重量部 デスモジュールL(デュポン社製) 6重量部 MEK 120重量部 トルエン 120重量部 シクロヘキサノン 40重量部隠蔽層用塗料として酸化チタン粉末(粒系:0.28μm)を用い下記の組成によりボールミルで70時間混合分散し塗工直前に硬化剤としてデスモジュールL(デュポン社製)を3重量部加えて作成した。
【0010】
酸化チタン粉末 100重量部 アルミナ 8重量部 ポリウレタン樹脂 15重量部 オレイン酸 2重量部 ステアリン酸 2重量部 デスモジュールL(デュポン社製) 3重量部 MEK 120重量部 トルエン 120重量部 シクロヘキサノン 40重量部磁性層塗料と隠蔽層塗料を厚さ62μmのポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム上におのおの厚さ2μmおよび厚さ3μmとなるようにダイ塗工法により同時塗布し交流磁界で磁性体の配向を除去し乾燥後カレンダー処理の後、60℃の雰囲気で24時間硬化を行った。硬化後、PETフィルムの磁性層の塗布していない面にアクリル系熱可塑樹脂を乾燥厚4μmで塗布した後、12cmCDに貼付けられるよう内径40mm外径117mmに金型で打ち抜き、レーベル印刷を行っていないCD-ROMの光読みだし面の反対面に熱融着させディスク状の試料を作成した。
【0011】出力はセンダストバルクヘッド(ギャップ幅30μm、トラック幅1.3mm)を用い、相対速度1.3m/secで回転させ5.1kHzの記録周波数で矩形波を記録し、再生波形のオシロスコープ上での振幅により測定した。記録電流は最大出力電圧の80%の出力を発生する記録電流の200%の電流値を用いた。
【0012】(比較例1)実施例1と同様の磁性塗料を予め水溶性ポリエステル樹脂で処理したポリカーボネートディスク上に磁性層塗料をスピンコート法により塗布し、60℃の雰囲気で24時間硬化させ、表面研磨をした後、隠蔽層塗料をスピンコートし磁気ディスクを作成した。磁性層の厚さは1μm、隠蔽層の厚さは1.2μmであった。
【0013】以上の実施例の構成とその特性を比較例と比較して(表1)に示す。
【0014】
【表1】

【0015】(表1)から明らかなように非磁性基体と光記録面を有する基体の間に接着層を有する磁気ディスクはスピンコート法による磁気ディスクに比べ出力の向上が見られる。
【0016】なお、本実施例で用いた磁性層の磁性粉体はメタル純鉄であるが、Co−γ酸化鉄、γ酸化鉄、バリウムフェライトなどのヘキサゴナルフェライト、窒化鉄、炭化鉄などでも同様の効果を表す。磁性層とディスクの間の接着層に用いる樹脂は、本実施例に用いた種類のみでなく塩化ビニル系、ポリウレタン系、エポキシ系など一般的な熱可塑性樹脂、熱硬化樹脂を用いても同様の効果が得られる。接着層は非磁性基板に予め着ける方法、シート状樹脂を用いる方法によっても同様の効果が得られる。隠蔽層上に図形の印刷、保護層の塗布を行っても効果は薄れない。
【0017】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、磁性磁気記録層に非磁性基体と少なくとも磁性層、非磁性隠蔽層を含み、磁気記録層の非磁性基体と光記録面を有する基体との間に接着層を有することで磁気記録媒体の出力特性を向上するという効果が得られる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013