米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 情報記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−44922
公開日 平成7年(1995)2月14日
出願番号 特願平5−186012
出願日 平成5年(1993)7月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 牛込 恒 / 大嶋 光昭
要約 目的
情報記録媒体の磁気記録層の保護隠蔽層を簡便に作製し、低電気抵抗性、高耐久性、透明性を同時に実現すること。

構成
光記録層を持つ円盤状の記録媒体の反対面に磁気記録層を設け、この磁気記録層が非磁性支持体4上に磁性層5、隠蔽層6、印刷層8、印刷保護層9を順に塗布してなる磁気記録層であり、印刷保護層9が導電性高分子の膜で、特にポリアニリン膜である構成とする。
特許請求の範囲
【請求項1】光記録層または光磁気記録層を持つ円盤状の記録媒体の反対面に磁気記録層を設ける情報記録媒体において、この磁気記録層が非磁性支持体上に磁性層、隠蔽層、印刷層、および印刷保護層を順に塗布してなる磁気記録層であり、前記印刷保護層が導電性高分子の膜であることを特徴とする情報記録媒体。
【請求項2】導電性高分子がポリアニリンであることを特徴とする請求項1記載の情報記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は情報記録媒体に関するものであり、CDやMDにおいて磁気記録の録再が可能となるような磁気記録層を付与した情報記録媒体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、CDやMDの発展は長足の進歩を遂げ、益々の高性能化が求められている。また、再生機能だけのCDやMDに対して、磁気記録の録再機能を付与した媒体の開発が求められてきている。これらの媒体では、磁性層とその上のレ−ベル印刷のための下地層としての隠蔽層、更にその上に印刷層、および印刷保護層を形成させることになる(図1参照)。ここで、各層にはそれぞれに要求される物性特性がある。即ち、例えば印刷保護層は電気抵抗値が低くなければ塵埃を付着しやすく、付着した塵埃はこれらの媒体の実用上の信頼性の低下を招来し問題となる。また、透明に近くなければ下層の印刷層が見えなくなる。更に、強靱でなければヘッドの接触状態での摺動に対する耐久性がもたなくなる。 従来の技術では、このような3点の重要な要求項目を満足する材料は知られていなかった。僅かに開示された関連特許としては特開平4−64938号公報があるが、この特許内容は光磁気記録層の上に保護層を形成する構成で、保護層は粒子径が0.1〜0.3μmの導電性酸化錫を含有した硬化型樹脂となっている、という内容である。この方法は硬化型樹脂に導電性酸化錫を分散させるという面倒な方法であり、他の実用上の簡便な方法の検討が求められていた。
【0003】また、導電性と透明性に関しては特開平4−295613号公報があるが、ビデオテ−プのリ−ダ−テ−プに関するものであり、本発明と関連する耐久性については言及されていない内容である。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本情報記録媒体において、保護隠蔽層に求められる低電気抵抗性、高耐久性、透明性を同時に実現する塗膜を具現化することが本発明の解決すべき課題である。
【0005】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するために本発明は、光記録層または光磁気記録層を持つ円盤状の記録媒体の反対面に磁気記録層を設ける情報記録媒体において、この磁気記録層が非磁性支持体上に磁性層、隠蔽層、印刷層、および印刷保護層を順に塗布してなる磁気記録層であり、保護隠蔽層が導電性高分子の膜であり、特にポリアニリン膜とする構成としている。
【0006】
【作用】導電性高分子の膜は、低い電気抵抗性が簡単に実現でき、またその膜は強靱であり、優れた耐久性を有する。ただ、固有の色を持っているが、膜厚が薄い場合は色も薄くなりほとんど透明に近くなる。具体的に、導電性高分子がポリアニリンの場合は、ポリアニリンの印刷保護層としての膜は、106 Ω/□台の低い表面電気抵抗性、優れた強靱性(ヘッドに対する接触摺動性)、透明性(僅かに薄い若草色)であり、3点の要求項目をすべて満足する。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例について具体的に説明する。ポリアニリンを印刷保護層の膜として使用する場合で、膜厚を変化させたものを予備実験1〜3、同様にポリウレタン樹脂を印刷保護層の膜として使用する場合で、膜厚を変化させたものを予備実験4〜6して記述する。下記の材料を(表1)に示す配合で混合し実施例に供試する印刷保護層用塗料として調製する。ここでp−トルエンスルホン酸は、ポリアニリンに対するド−パントである。
ポリアニリン(Nメチル−2ピロリドンの8.0重量%溶液)・・・表1に記載p−トルエンスルホン酸(Nメチル−2ピロリドンの8.0重量%溶液)
・・・・表1に記載この塗料をPETベ−スフィルム上に塗布した試料を作製し、電気抵抗値を測定する。同様に、下記の材料を(表1)に示す配合で混合し比較例に供試する印刷保護層用塗料として調製する。
ポリウレタン樹脂(東洋紡(株)製、品番;UR−8530)・・・表1に記載硬化剤(日本ポリウレタン(株)製、品番;H−101)・・・・・表1に記載この塗料をPETベ−スフィルム上に塗布した試料を作製し、電気抵抗値を測定する。高電気抵抗測定機(YHP 製、機種:4329A)を用いて、測定電圧=100V、試料巾=1.5cm、端子間距離=5.0cmとし、読み取りの実測値(単位;Ω)をAとし、表面電気抵抗値=1.5×2×A/5=0.6×A(単位;Ω/□)に換算した。この結果を(表1)に記載する。
【0008】
【表1】

【0009】(表1)の結果より、ポリアニリンの塗膜の膜厚を変化させても、電気抵抗値は十分に低下していることが明らかである。また、ポリウレタン膜の電気抵抗値は高過ぎる値であり実用的ではないことが明らかである。以下、実際に磁性層、隠蔽層、印刷層、印刷保護層の4層を順に形成した試料塗膜について、印刷保護層が導電性高分子:ポリアニリンの膜で膜厚を変化させたものを実施例1〜3とし、印刷保護層が導電性高分子ではないポリウレタン樹脂の膜で同様に膜厚を変化させたものを比較例1〜3とする。また、印刷層用塗料は市販のUV樹脂を使用する印刷層用塗料を用いた。ところで、酸化チタンを隠蔽層用塗料に使用する場合の、隠蔽層の材料組成を示す。
【0010】下記の材料を下に示す配合で混合分散し、隠蔽層用塗料として調製する。
酸化チタン(石原産業(株)製、品番;R−580)・・・・・・100重量部塩ビ系共重合体樹脂(日本ゼオン(株)製、品番;MR−110)・10重量部ポリウレタン樹脂(東洋紡(株)製、品番;UR−8530)・・・10重量部混合有機溶剤(MEK/トルエン/シクロヘキサノン)=3/3/1(重量比)は、塗料がNV(不揮発成分の重量%)=57%になるように調整して添加する。
【0011】同様に、下記の材料を混合分散し、磁性層用塗料として調製する。
Baフェライト磁性粉(東芝(株)製、品番;BFG−30V8)100重量部塩ビ系共重合体樹脂(日本ゼオン(株)製、品番;MR−110)・13重量部ポリウレタン樹脂(東洋紡(株)製、品番;UR−8300)・・・・6重量部混合有機溶剤(MEK/トルエン/シクロヘキサノン)=3/3/1(重量比)は、塗料がNV=32%になるように調整して添加する。隠蔽層用塗料、磁性層用塗料はいずれも、サンドミルで充分に分散調製した。次に、まず磁性層用塗料を62μm厚のPETベ−ス上に汎用の塗工機を用いて塗布して磁性層(5μm厚み)を形成し、その上に隠蔽層用塗料を同様に塗布して隠蔽層(3μm厚み)を形成して2層膜とし、90℃−300kg/cmでカレンダ−処理を施した。更にこの上に、印刷層用塗料で任意の文字を印刷し、最後に印刷保護層用塗料で(表2)に記載の膜厚で印刷保護層を形成する。ここで、上記と同様の測定により、電気抵抗値を測定した。この結果を(表2)に記載する。
【0012】
【表2】

【0013】(表2)の結果に示すように、比較例と比較して実施例では明らかに電気抵抗値は低下する。
【0014】次に、試作媒体の耐久試験を以下のように行った。上述するように、PETベ−ス、磁性層、隠蔽層、印刷層、印刷保護層からなる試料塗膜を3.5インチFDサイズに打ち抜き、その2枚のFDのベ−ス同士を互いに内側同士にして接着剤で張り合わせて両面塗布膜の媒体とする。この媒体をFDのセルケ−スに入れ、3.5インチFD用のFDD(松下通信工業(株)製、品番;JU−253)で7日間の常温常湿度耐久試験を行った。ヘッドの位置はTr=16とし、300rpmのディスクの回転数で行った。この結果での印刷層の文字の乱れ具合を目視判定で5段階表示とする。
印刷層の文字が完全なもの・・・・・指数=5印刷層の文字がほぼ完全なもの・・・指数=4印刷層の文字が僅かに擦れたもの・・指数=3印刷層の文字がやや擦れたもの・・・指数=2印刷層の文字がかなり擦れたもの・・指数=1上記の基準に基づいて、各試料の判定を行なった結果を(表3)に示す。
【0015】
【表3】

【0016】(表3)の結果に示すように、いずれも比較例と比較して、実施例は良好な結果を示していることが明らかである。
【0017】
【発明の効果】以上の結果から明らかなように、印刷層保護層を導電性高分子のポリアニリンにした場合は、しない場合と比較して明らかに耐久性が向上している。この理由として、導電性高分子か機械的強度が強いこと、特にポリアニリンが強靱なことが耐久性を向上させている理由として考えられる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013