米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 情報記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−44921
公開日 平成7年(1995)2月14日
出願番号 特願平5−186011
出願日 平成5年(1993)7月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 牛込 恒 / 大嶋 光昭
要約 目的
情報記録媒体の電磁変換特性と耐久性を向上させることを目的とする。

構成
光記録層を持つ円盤状の記録媒体の反対面に磁気記録層を設け、この磁気記録層が非磁性支持体4上に磁性層5、隠蔽層6、印刷層8、印刷保護層9を順に塗布してなる磁気記録層であり、磁性層5の樹脂が塩化ビニル系共重合体樹脂の単独、隠蔽層6の樹脂がポリウレタン樹脂の単独である構成とする。
特許請求の範囲
【請求項1】光記録層または光磁気記録層を持つ円盤状の記録媒体の反対面に磁気記録層を設ける情報記録媒体において、この磁気記録層が非磁性支持体上に磁性層、隠蔽層、印刷層、および印刷保護層を順に塗布してなる磁気記録層であり、前記磁性層および隠蔽層の樹脂が各々単一の樹脂であることを特徴とする情報記録媒体。
【請求項2】磁性層の樹脂が塩化ビニル系共重合体樹脂であり、かつ隠蔽層の樹脂がポリウレタン樹脂である請求項1記載の情報記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は情報記録媒体に関するものであり、CDやMDにおいて磁気記録の録再が可能となるような磁気記録層を付与した情報記録媒体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、CDやMDの発展は長足の進歩を遂げ、益々の高性能化が求められている。また、再生機能だけのCDやMDに対して、磁気記録の録再機能を付与した媒体の開発が求められてきている。これらの媒体では、磁性層とその上のレ−ベル印刷のための下地層としての隠蔽層、更にその上に印刷層、および印刷保護層を形成させることになる。ここで、各層にはそれぞれ要求される物性特性がある。即ち、電磁変換特性の点からは磁性層は磁性粉の高充填性が必要であり、耐久性の点からは印刷保護層は強靱で優れた耐久性を持つことが必要である。
【0003】従来の技術では、このような各層の構成に関しては要求項目を満足するための設計思想には確固たるものがなく、多層構造の媒体の樹脂設計に関して開示された特許などは無かった。従って、このような4層構造の塗布型磁気記録媒体の耐久性向上への抜本的な対策の手法は明らかになっていなかった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本情報記録媒体の磁気記録層において、4層構造(図1参照)の塗膜の構成を検討して、耐久性と電磁変換特性に優れた情報記録媒体を具現化することが本発明の解決すべき課題である。
【0005】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するために本発明は、光記録層または光磁気記録層を持つ円盤状の記録媒体の反対面に磁気記録層を設ける情報記録媒体において、この磁気記録層が非磁性支持体上に磁性層、隠蔽層、印刷層、および印刷保護層を順に塗布してなる磁気記録層であり、磁性層の樹脂が単独樹脂で望ましくは塩化ビニル系共重合体樹脂であり、かつ隠蔽層の樹脂が単独樹脂で望ましくはポリウレタン樹脂である構成とする。
【0006】
【作用】塩化ビニル系共重合体樹脂は磁性粉との吸着性に優れ磁性粉の分散性が良いことが特長であり、特にTgが60℃以上のものは塗膜としては堅くて強い。他方、ポリウレタン樹脂は磁性粉への吸着性や分散性は塩化ビニル系共重合体樹脂よりも劣るが、しなやかさがあり特にTgが常温(25℃)以下で更に20℃以下のものは柔軟性に優れ耐久性が良い。
【0007】従って、本情報記録媒体の磁気記録層は4層構造であることを考慮すれば、各層ごとの物性設計ができることになる。即ち、磁性層は最下層であり従って何よりも磁性粉の高分散性と高充填性が求められるので磁気特性の重視が設計思想となる。他方、印刷保護層は最上層であり何よりも耐久性が重要であるが、中間の層としての隠蔽層は白色の顔料粉体を分散させるための樹脂としての分散性は必要だが、同時に印刷・印刷保護層を介してのヘッドからの衝撃を緩衝させるバッファ−としての働きも重要である。従って、この隠蔽層の樹脂としてはポリウレタン樹脂は有用と言うことになる。基本的には、印刷保護層は堅く、隠蔽層は柔らかく、磁性層は堅くなるような系、即ち、隠蔽層の樹脂はポリウレタン、磁性層の樹脂は塩化ビニル系共重合体樹脂のそれぞれ単独樹脂系にすることが、電磁変換特性と耐久性の両方を向上させる結果となる。
【0008】
【実施例】以下、本発明の実施例について具体的に説明する。
【0009】下記の材料を用いて予備実験を行い、まず分散性の尺度となる樹脂吸着量の値を実測するための予備実験1〜6を行う。尚、Tgはガラス転移温度である。
磁性粉:Baフェライト(東芝(株)製、品番;BFG−30V8)
隠蔽層用の白色顔料:酸化チタン(石原産業(株)製、品番;R−580)
塩ビ系共重合体樹脂(日本ゼオン(株)製、品番;MR−110、Tg=69℃)
ポリウレタン樹脂(東洋紡(株)製、品番;UR−8530、Tg=17℃)
上記の各材料の内、通常の方法を用いて樹脂吸着量を測定した。同様にVSM測定での磁気測定を行った。これらの結果を(表1)に記載する。
【0010】
【表1】

【0011】(表1)の結果から明らかなように、樹脂吸着性、磁気特性に関しては塩化ビニル系共重合体樹脂の方が大きい値であり、分散性や磁性粉の充填性は優れている。
【0012】次に、単一樹脂系の場合で隠蔽層の膜厚変化の例を実施例1〜3とし、混合樹脂系の場合でも隠蔽層の膜厚変化の例を比較例1〜3とする。上記の材料を混合分散し、磁性層用塗料、及び隠蔽層用塗料を調製する。いずれも、サンドミルで充分に分散調製した。組成表は(表2)に記載する。
【0013】混合有機溶剤(MEK/トルエン/シクロヘキサノン)=3/3/1(重量比)は、磁性層用塗料、隠蔽性用塗料のNV(不揮発成分の重量%)が各々57%、32%になるように調整して添加する。この両塗料はサンドミルで充分に分散調製した。
【0014】次に、まず磁性層用塗料を62μm厚のPETベ−ス上に汎用の塗工機を用いて塗布して膜厚が約2μmの磁性層を形成し、その上に隠蔽層用塗料を同様に塗布して膜厚の異なる隠蔽層を形成して2層膜とし、90℃−300kg/cmでカレンダ−処理を施した。更にこの上に、印刷層用塗料で任意の文字を印刷し、最後に印刷保護層用塗料で2μm厚に印刷保護層を形成した。印刷および印刷保護層用塗料は汎用のUV樹脂を使用する塗料を用いた。次に、試作媒体の耐久試験を以下のようにして行った。
【0015】上述するように、PETベ−ス、磁性層、隠蔽層、印刷層、印刷保護層からなる試料塗膜を3.5インチFDサイズに打ち抜き、その2枚のFDのベ−ス同士を互いに内側同士にして接着剤で張り合わせて両面塗布膜の媒体とする。この媒体を3.5インチのFDのセルケ−スに入れ、3.5インチFD用のFDD(松下通信工業(株)製、品番;JU−253)で7日間の常温常湿での耐久試験を行った。ヘッドの位置はTr=16とし、300rpmのディスクの回転数で行った。この結果での印刷層の文字の乱れ具合を目視で判定し、5段階表示とした。
印刷層の文字が完全なもの・・・・・指数=5印刷層の文字がほぼ完全なもの・・・指数=4印刷層の文字が僅かに擦れたもの・・指数=3印刷層の文字がやや擦れたもの・・・指数=2印刷層の文字がかなり擦れたもの・・指数=1上記の基準に基づいて、各試料の判定を行なった結果を(表2)に示す。
【0016】
【表2】

【0017】(表2)の結果に示すように、いずれも比較例と比較して、実施例は良好な結果を示していることが明らかである。
【0018】
【発明の効果】以上の結果から明らかなように、磁性層、隠蔽層を混合樹脂系とするより単一の樹脂系にする方が明らかに耐久性が向上している。特に、磁性層の樹脂としては塩化ビニル系共重合体樹脂の単独、隠蔽層の樹脂としてはポリウレタン樹脂の単独であることが良いことが明らかである。この理由として、単独樹脂で分散調製する方が粉体(磁性粉)の充填性が上がることが考えられる。また、上層の樹脂のTgが下層の樹脂のTgよりも小さく、両者のTgの差の値が大きいほど上層(隠蔽層)が緩衝層として作用する働きが大きいと考られる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013