米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 ディスクおよびディスク再生装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−38840
公開日 平成7年(1995)2月7日
出願番号 特願平5−156672
出願日 平成5年(1993)6月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 升野 渉
要約 目的
副信号部にグラフィック静止画データを記録したディスクを用い、圧縮動画のエッジを鮮明に表示できるようにする。

構成
ディスク1からの読み出し信号を主/副信号分離手段3で主信号データと副信号データとに分離する。音声/画像分離手段3は主信号データを圧縮音声データと圧縮動画データとに分離する。圧縮音声データは圧縮音声データ復号化手段5で復号化されて出力される。圧縮画像データは圧縮画像データ復号化手段6において復号化される。副信号データは副信号解析部7において解析され、その内のグラフィック静止画データは副信号画像処理手段10によって処理されグラフィック静止画として出力される。圧縮画像データ復号化手段6から出力された動画と副信号画像処理手段10から出力されたグラフィック静止画は、画像合成手段11で合成して同一画面上の画像として出力する。
特許請求の範囲
【請求項1】 主信号部に圧縮音声データと圧縮画像データを記録し、副信号部に主信号部の圧縮音声データもしくは圧縮画像データに関連した静止画データを記録したことを特徴とするディスク。
【請求項2】 請求項1記載のディスクと、前記ディスクの主信号と副信号を分離する主/副信号分離手段と、前記分離した主信号をさらに圧縮音声データと圧縮画像データとに分離する音声/画像分離手段と、前記分離した圧縮音声データを復号化する圧縮音声データ復号化手段と、前記分離した圧縮画像データを復号化する圧縮画像データ復号化手段と、前記分離した副信号を処理する副信号画像処理手段と、前記復号化した圧縮画像データの画像出力と前記処理した副信号の画像出力とを合成して出力する画像合成手段とを有することを特徴とするディスク再生装置。
【請求項3】 画像合成手段は、圧縮画像データを復号化した画像出力を表示するためのプレーンと、副信号を処理した画像出力を表示するためのプレーンとを有し、これら2つのプレーンを合成することで復号化した圧縮画像データの画像出力と処理した副信号の画像出力とを同時に出力することを特徴とする請求項2記載のディスク再生装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、主信号部に圧縮音声データと圧縮画像データを記録し、副信号部に主信号部の圧縮音声データもしくは圧縮画像データに関連した静止画データを記録したディスクと、そのディスクを再生するディスク再生装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、コンパクトディスク(以下CDと称す)は広く一般家庭にまで普及するにいたり、音楽CDの他にゲーム機器等で使われるCD−ROMディスクも一般家庭で取り扱われるようになった。最近では動画の画像と音声を圧縮してCDに記録し、そのディスクを再生する動画プレーヤが市場にみられるようになってきた。
【0003】以下に、従来の動画CDの再生装置について説明する。図2は従来の動画CD再生装置の構成を示したものである。1は圧縮動画が記録されたディスク、2はディスク1からの信号を読み取る信号読み取り部、3はディスク1から読み取った信号を主信号と副信号とに分離する主/副信号分離手段、4は分離された主信号からのデータをさらに圧縮音声データと圧縮動画データとに分離する音声/画像分離手段、5は圧縮音声データを復号化し出力する圧縮音声データ復号化手段、6は圧縮動画データを復号化し出力する圧縮画像データ復号化手段、7は分離された副信号を解析する副信号解析部、8は解析された副信号に基づいて信号読み取り部2を制御する信号読み取り制御部、9は使用者からの再生指示を入力する再生指示入力手段である。
【0004】以上のように構成された動画CDの再生装置について、以下その動作について説明する。
【0005】まず、ディスク1から信号読み取り部2によって読み出された信号は、主/副信号分離手段3において主信号データと副信号データとに分離される。分離された主信号データは更に音声/画像分離手段4において圧縮音声データと圧縮動画データとに分離され、圧縮音声データは圧縮音声データ復号化手段5において復号化されてから出力され、圧縮画像データは圧縮画像データ復号化手段6において復号化されてから出力される。副信号データは副信号解析部7において解析され、その内容と再生指示入力手段9の指示に基づいて信号読み取り制御部8が信号読み取り部2をコントロールする。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記の従来の構成では、画像内の文字等のエッジがはっきりした部分において、圧縮をかけた後の復号化の際に輪郭部分が不鮮明になり、文字が読みにくくなるという問題点を有していた。
【0007】本発明は上記従来の問題点を解決するもので、従来の主信号部の圧縮動画データとは別に副信号部にグラフィック静止画データを記録したディスクと、そのディスクの再生装置を提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するために本発明のディスク再生装置は、ディスクの主信号と副信号を分離する主/副信号分離手段と、分離した主信号をさらに圧縮音声データと圧縮画像データとに分離する音声/画像分離手段と、分離した圧縮音声データを復号化する圧縮音声データ復号化手段と、圧縮画像データを復号化する圧縮画像データ復号化手段と、副信号を処理する副信号画像処理手段とを有し、画像合成手段において、復号化した圧縮画像データの画像出力を表示するためのプレーンと、処理した副信号の画像出力を表示するためのプレーンとを有し、これらの2つのプレーンを合成することで復号化した圧縮画像データの画像出力と処理した副信号の画像出力とを同時に出力する機能を有している。
【0009】
【作用】本発明は上記した構成により、主信号部に圧縮動画を記録し、副信号部に文字等をグラフィック静止画で記録したディスクについて、再生する際に復号化した動画と文字等のグラフィック静止画を同一画面上に表示することで、エッジのはっきりした文字等も鮮明に表示できるディスク再生装置を供給することを可能にする。
【0010】
【実施例】以下、本発明の一実施例について、図面を参照しながら説明する。
【0011】図1は本発明の実施例におけるディスク再生装置の構成を示すものである。図1において、1は主信号部に圧縮動画を、副信号部にグラフィック静止画を記録してあるディスクであり、2はディスク1から信号を読み取る信号読み取り部、3はディスク1から読み取られた信号を主信号部データと副信号部データに分離する主/副信号分離手段、4は主信号データをさらに圧縮音声データと圧縮動画データとに分離する音声/画像分離手段、5は圧縮音声データを復号化し出力する圧縮音声データ復号化手段、6は圧縮動画データを復号化し出力する圧縮画像データ復号化手段、7は分離された副信号データを解析する副信号解析部、8は解析された副信号データのうちの信号読み出しに関する情報と、再生指示入力手段9からの指示に基づいてディスクからの信号読み出しを制御する信号読み取り制御部、9は使用者からの再生指示を入力する再生指示入力手段、10は解析された副信号データのうちのグラフィック静止画データを処理して出力する副信号画像処理手段、11は圧縮動画データを復号化してできた動画とグラフィック静止画データを合成して同一画面上に表示する画像合成手段である。
【0012】以上のように構成された本実施例のディスク再生装置について、以下その動作について説明する。まず、ディスク1から信号読み取り部2によって読み出された信号は、主/副信号分離手段3において主信号データと副信号データとに分離される。分離された主信号データは更に音声/画像分離手段4において圧縮音声データと圧縮動画データとに分離され、圧縮音声データは圧縮音声データ復号化手段5において復号化されてから出力され、圧縮画像データは圧縮画像データ復号化手段6において復号化される。副信号データは副信号解析部7において解析され、その内の信号読み出しに関する情報は、再生指示入力手段9の指示とともに信号読み取り制御部8が信号読み取り部2をコントロールする情報になる。副信号の内のグラフィック静止画データは副信号画像処理手段10によって処理されグラフィック静止画として出力される。圧縮画像データ復号化手段6から出力された動画と副信号画像処理手段10から出力されたグラフィック静止画は、画像合成手段11の内部に各々もうけられた動画用プレーンと静止画用プレーンに入力される。画像合成手段11では入力された動画とグラフィック静止画を合成して同一画面上の画像として出力する。
【0013】以上のように本実施例によれば、ディスクの主信号部の圧縮動画データとは別に副信号部にグラフィック静止画データを記録し、各データを処理する手段とそれらの処理後の画像を合成して出力する手段を設けることにより、圧縮動画が不得意としていたエッジのはっきりした文字なども鮮明に表示することができる。
【0014】
【発明の効果】以上のように本発明は、ディスクの主信号部の圧縮動画データとは別に副信号部にグラフィック静止画データを記録したディスクを用い、各データを処理する手段とそれらの処理後の画像を合成して出力する手段を設けることにより、従来の圧縮動画ディスク再生装置よりも付加価値を持ったディスク再生装置を供給することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013